AD翔太

言わば「広告」。

20200704 私の本棚(朝日新聞 読書面)

 7月4日,土曜日の朝日新聞,読書面から読んでみたい本をピックアップ。

●ひもとく 悩む「フルキャリ」女性

■ 『フルキャリマネジメント 子育てしながら働く部下を持つマネジャーの心得』武田佳奈,東洋経済新報社



■ 『女と文明』梅棹忠夫,中公文庫



■ 『仕事と家庭は両立できない? 「女性が輝く社会」のウソとホント』アン=マリー・スローター,NTT出版


● 書評から

■ 『「勤労青年」の教養文化史』福間良明,岩波新書


■ 『絶望を希望に変える経済学』アビジット・V・バナジー,エステル・デュフロ,日経BP


■ 『イエスの学校時代』J・M・クッツェー,早川書房


■ 『学校の社会学 フランスの教育制度と社会的不平等』M・ブランシャール,J・カユエット=マリー・スローターランブリエール,明石書店


■ 『首都改造 東京の再開発と都市政治』源川真希,吉川弘文館



● 著者に会いたい

■ 『スーベニア』しまおまほ,文藝春秋社



● 新書

■ 『ことばの危機』安部公彦ほか,集英社新書



■ 『理系の文章術』更科功,講談社ブルーバックス



■ 『ルポ 技能実習生』澤田晃宏,ちくま新書



■ 『地方議員は必要か』NHKスペシャル取材班,文春新書



000000;font-size:12px;line-height:1.4em;margin:5px;word-wrap:break-word">


■ 『萩原編集長 危機一髪!』萩原浩司,ヤマケイ新書

| | コメント (0)

20200629・30 私の本棚

 6月29日からの新聞広告から読んでみたい本をピックアップ。

■ 『ビジュアルマップ 大図鑑世界史』DK社,東京書籍



■ 『マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学するII』丸山俊一,NHK出版新書



■ 『英文法をこわす 感覚による再構築』大西泰斗,NHK出版新書



■ 『ギリシア・ローマ神話大事典』ジャン=クロード・ベルフィオール,大修館書店


| | コメント (0)

20200627 私の本棚(朝日新聞 読書面)

 6月27日,土曜日の朝日新聞,読書面から読んでみたい本をピックアップ。

●ひもとく 検察と政治

■ 『完訳 統治二論』ジョン・ロック,岩波文庫


■ 『法の精神』モンテスキュー,中公クラシックス


■ 『増補 政治制度としての陪審制 近代日本の司法権と政治』三谷太一郎,東京大学出版会



● 売れてる本

■ 『#名画で学ぶ主婦業』田中久美子,宝島社


■ 『#名画で学ぶ主婦業 主婦は再びつぶやく』田中久美子,宝島社



● 情報フォルダー

■ 『学校が子どもを殺すとき 「教える側」の質が劣化したこの社会で』渋井哲也,論創社


■ 『フェイクを見抜く最強の武器 批判力』えらいてんちょう,実業之日本社


■ 『美術館って、おもしろい!』モラヴィア美術館編,河出書房新社



● 書評から

■ 『岩佐又兵衛風絵巻の謎を解く』黒田日出男,角川選書



■ 『哲学の誤配』東浩紀,ゲンロン



■ 『深宇宙ニュートリノの発見 宇宙の巨大なエンジンからの使者』吉田磁,光文社新書



■ 『私の考え』三浦瑠麗,新潮新書


| | コメント (0)

20200622-27 私の本棚

 6月22日からの新聞広告から読んでみたい本をピックアップ。

■ 『ヤバい選挙』宮澤暁,新潮新書


■ 『マックス・ヴェーバー』今野元,岩波新書


■ 『上方落語ノート 第三集』桂米朝,岩波現代文庫


■ 『ビザンツ帝国』中谷功治,中公新書


■ 『万葉集の起源』遠藤耕太郎,中公新書


■ 『カール・シュミット』蔭山宏,中公新書


■ 『数学する精神 増補版』加藤文元,中公新書


■ 『人生に必要な教養は中学校教科書ですべて身につく』池上彰/佐藤優,中央公論新社


■ 『ヒトラーと映画』ビル・ニーヴン,白水社


■ 『生物の進化大図鑑』M・J・ベントン監修,河出書房新社


■ 『知らないと恥をかく世界の大問題11』池上彰,角川新書


| | コメント (0)

20200620 私の本棚(朝日新聞 読書面)

 6月20日,土曜日の朝日新聞,読書面から読んでみたい本をピックアップ。

●ひもとく 沖縄戦から75年

■ 『沖縄戦を知る事典』吉浜忍ほか編,吉川弘文館


■ 『クジャ幻視行』崎山多美,花書院



■ 『「沖縄」に生きる思想』岡本恵徳,未来社



● 情報フォルダー

■ 『英語原典で読む現代経済学』根井雅弘,白水社



■ 『図解 心理学用語大全』齊藤勇監修,田中正人編著,誠文堂新光社


● 書評から

■ 『人類と病』詫摩佳代,中公新書


■ 『言葉を使う動物たち』エヴァ・メイヤー,柏書房



■ 『ファシズムの教室』田野大輔,大月書店


 この本,以前新聞広告で取り上げたが書評でも掲載されたので再掲。

■ 『もうダメかも 死ぬ確率の統計学』M・ブラストランド,D・シュピーゲルハルター,みすず書房


■ 『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』コーリー・スタンパー,左右社


● 新書

■ 『県警VS暴力団』藪政孝,文春新書


■ 『熊野から読み解く記紀神話』池田雅之,三石学,扶桑社新書


■ 『炎上CMでよみとくジェンダー論』瀬知山角,光文社新書


■ 『映画には「動機」がある』町山智浩,インターナショナル新書


■ 『お父さんは認知症』田中亜紀子,中公新書ラクレ


| | コメント (0)

20200614-20 私の本棚

 6月14日からの新聞広告から読んでみたい本をピックアップ。

■ 『時代劇ベスト100+50』春日太一,光文社知恵の森文庫


■ 『日本の名作あらすじ300』造事務所編,光文社知恵の森文庫


■ 『ことばの危機』安部公彦/沼野充義/納富信留/大西克也/安藤宏,集英社新書


■ 『「慵斎叢話(ようさいそうわ)」15世紀朝鮮奇譚の世界』野崎充彦,集英社新書


■ 『平和学入門1』多賀秀敏,勁草書房


■ 『サッカーと感染症』岩田健太郎,カンゼン


■ 『世界哲学史6』ちくま新書


■ 『部活魂! この文化部がすごい』読売中高生新聞編集室,ちくまプリマー新書


| | コメント (0)

20200613 私の本棚(朝日新聞 読書面)

 6月13日,土曜日の朝日新聞,読書面から読んでみたい本をピックアップ。

●ひもとく 大人にこそ絵本を

■ 『めを とじて みえるのは』マック・バーネット,評論社


■ 『最初の質問』,長田弘,いせひでこ,講談社


■ 『100年たったら』,石井睦美,あべ弘士,アリス館


● 売れてる本

■ 『志村流』志村けん,王様文庫


■ 『変なおじさん 完全版』志村けん,新潮文庫


● 書評から

■ 『徳川秀忠』山本博文,吉川弘文館


■ 『「関ヶ原」の決算書』山本博文,新潮新書


■ 『エゴ・ドキュメントの歴史学』長谷川貴彦,岩波書店


| | コメント (0)

20200608-11 私の本棚

 6月8日からの新聞広告から読んでみたい本をピックアップ。

■ 『教養として知っておきたい33の経済理論』大村大次郎,彩図社


■ 『職場のざんねんな人図鑑』石川幹人,技術評論社


■ 『人気ラジオ番組完全ガイド2020』晋遊社


■ 『映画には「動機」がある』町山智浩,インターナショナル新書


■ 『大和魂のゆくえ』島田裕巳,インターナショナル新書


| | コメント (0)

20200606 私の本棚(朝日新聞 読書面)

 6月6日,土曜日の朝日新聞,読書面から読んでみたい本をピックアップ。

●ひもとく コロナ禍読書日記

■ 『フィフティ・ピープル』チョン・セラン,亜紀書房


■ 『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』レイチェル・ギーザ,DU BOOKS 


■ 『この国の不寛容の果てに 相模原事件と私たちの時代』雨宮処凜,大月書店


■ 『チョンキンマンションのボスは知っている アングラ経済の人類学』小川さやか,春秋社


●売れてる本

■ 『プラスチック・フリー生活 今すぐにできる小さな革命』シャンタル・プラモンドン,ジェイ・シンハ,NHK出版


● 情報フォルダー

■ 『現代アメリカ政治外交史 「アメリカの世紀」から「アメリカ第一主義」まで』青野利彦,倉科一希,宮田伊知郎編著,ミネルヴァ書房



■ 『現代中国ゼミナール 東大駒場連続講義』東大社研現代中国研究拠点編,東京大学出版会


● 書評から

■ 『建築の東京』五十嵐太郎,みすず書房


■ 『もう一つの上の日本史 『日本国紀』読書ノート・古代~近世篇』浮世博史,幻戯書房


■ 『もう一つの上の日本史 『日本国紀』読書ノート・近代~現代篇』浮世博史,幻戯書房


■ 『惚れるマナー』大下一真,小島ゆかりほか著,中央公論新社


■ 『タコの知性 その感覚と思考』池田譲,朝日新書


■ 『カラスは飼えるか』松原始,新潮社


● みる

■ 『篠原榮太のテレビタイトル・デザイン』篠原榮太,グラフィック社


● おすすめ

■ 『失われたいくつかの物の目録』ユーディット・シャランスキー,河出書房新社


●新書

■ 『そして、みんなバカになった』橋本治,河出新書


■ 『「自閉症」の時代』竹中均,講談社現代新書


■ 『音楽が聴けなくなる日』宮台真司,永田夏来,かがりはるき,集英社新書


■ 『現代アートをたのしむ』原田マハ,高橋瑞木,祥伝社新書


■ 『まんが訳 酒呑童子絵巻』大塚栄志監修,山本忠宏編,ちくま新書


● 古典百名山

■ 『月と六ペンス』サマセット・モーム


| | コメント (0)

20200601 私の本棚

 6月1日の新聞広告から読んでみたい本をピックアップ。



 プロ野球語辞典の著者は長谷川晶一さん。
 Session-22のプロ野球特集などで私にはなじみのある人。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧