月イチあミュージアム

博物館に行こう。街を歩こう。

【毎日東博】20200705 広目天(四天王立像のうち)@本館11

Dsc_7187_20200706205401

Dsc_7189_20200706205401

Dsc_7190

Dsc_7188

 平安時代後期の神将形像を代表する美作として著名な四天王像中の1躯です。この時期に流行した九体阿弥陀堂(くたいあみだどう)の現存唯一の遺構として知られる浄瑠璃寺本堂に伝来しました。華麗な彩色(さいしき)・截金(きりかね)文様に飾られた本体だけでなく、光背(こうはい)·台座(だいざ)まで造像当初の姿をよく残しています。

| | コメント (0)

【毎日東博】20200705 大日如来坐像@本館11

Dsc_7183

Dsc_7185

Dsc_7186

Dsc_7184

 密教において、大日如来は森羅万象の根源であり、あらゆる仏はその化身とされます。仏の王とされるため、如来としては珍しく王族の姿で表わされます。胸前で両手を組むのは、『金剛頂経(こんごうちょうきょう)』という経典に説かれる姿です。細身の体つきや、なだらかな衣文に平安時代後期の特色を示します。

| | コメント (0)

【毎日東博】20200705 菩薩立像@本館11

Dsc_7179

Dsc_7182

Dsc_7180

Dsc_7181

 切れ長な両眼や涼やかな顔立ち、細身の体つき、彫りの深い複雑な衣の襞(ひだ)など、 鎌倉時代の仏師・肥後定慶(ひごじょうけい)(1184~?)の作風に近い特色をみせます。頭髪などをのぞき、彩色や漆箔を施さず、着衣に金箔を細く切った截金(きりかね)を用いるのは、稀少材である白檀(びゃくだん)を模した檀像風の表現です。

| | コメント (0)

【毎日東博】20200705 十一面観音菩薩立像@本館11

Dsc_7175

Dsc_7176

Dsc_7177

Dsc_7178

 体幹部を一材より彫出する一木造(いちぼくづくり)の像で、起伏に富む肉づきや背を反らせた姿勢、衣の襞(ひだ)を 鋭く刻むところに、平安時代初期の特色がみられます。両腕は後に補われ、面部にも彫り直しがみられますが、同様に補われた頭飾や天衣を修理によって取り外すことで、面目を一新しました。

| | コメント (0)

【毎日東博】20200705 菩薩立像@本館11

Dsc_7170

 コロナ禍の影響で休館していた東京国立博物館(「東博」)。
 6月から一部の展示が開き,徐々に動き出してきた。

 しかし,多くの人々が集中しないように入館に際しては日時指定の予約制になった。
 これまで,思いついたらふらっと行っていた東博だが,しばらくの間はそういうわけにはいかない。

 今回賛助会更新を兼ねて訪問してみた。

 いつもなら,本館2階の「日本美術の流れ」を真っ先に見るのだが,当該展示はお休み中。
 本館1階のジャンル別展示から眺めることにした。

Dsc_7171

Dsc_7174

Dsc_7172

Dsc_7173

 正確な名称は知られませんが、類品から弥勒 菩薩と考えられます。この像は目や唇に水晶を 嵌(は)めることで、生々しさを醸しているのが特色です。肌に金粉を膠(にかわ)で溶いた金泥(きんでい)を施すのも含めて、未来に到来する仏に現実感を与える工夫といえます。特徴的な切れ長の目は善円の作風に近いです。

| | コメント (0)

20200516 私の本棚

 5月16日の新聞広告から読んでみたい本をピックアップ。

■ 『世界哲学史5』ちくま新書


 ちくま新書の「世界哲学史」シリーズ。いったい何冊まで続くのだろうか。

■ 『思考の技法』グレアム・ウォーラス,ちくま学芸文庫


| | コメント (0)

20200509 私の本棚(朝日新聞 読書面)

 5月9日,土曜日の朝日新聞,読書面から読んでみたい本をピックアップ。

●ひもとく パンデミック史に学ぶ

■ 『史上最悪のインフルエンザ 忘れられたパンデミック』アルフレッド・W・クロスビー,みすず書房



■ 『1976 起きなかった大流行 豚インフルエンザ事件と政策決断』R・E・ニュースタット,H・V・ファインバーグ,時事通信社



■ 『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ 人類とウイルスの第一次世界戦争』速水融,藤原書店



●情報フォルダー

■ 『北大総合博物館のすごい標本』北海道大学総合博物館編,北海道新聞社



● 書評から

■ 『中学生の質問箱 禅ってなんだろう?』石川清純,平凡社



■ 『時代劇入門』春日太一,角川新書



● 堀部篤史が薦める 文庫 この新刊!

■ 『つげ義春日記』つげ義春,講談社文芸文庫



■ 『喫茶店の時代 あのとき こんな店があった』林哲夫,ちくま文庫



■ 『暮しの数学』矢野健太郎,中公文庫


| | コメント (0)

20160211 [ぐるパ'15冬]VisitほっとZOO2016葛西臨海水族園 その2

Sh3g0955

16/02/11
[ぐるパ'15冬]VisitほっとZOO2016葛西臨海水族園
葛西臨海水族園

Sh3g0954

 中に入ると,家族連れで混雑,また,マグロの水槽は餌やりで水が濁り,あまり私にとってはいい環境とは言えなかった。
 早々に退散。


 この項おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20160211 [ぐるパ'15冬]VisitほっとZOO2016葛西臨海水族園 その1

Sh3g0950

16/02/11
[ぐるパ'15冬]VisitほっとZOO2016葛西臨海水族園
葛西臨海水族園

Sh3g0949

Sh3g0951

 夢の島熱帯植物館が終わったら次はここ。
 葛西臨海水族園。

 ドームの一部が工事中。何になるのだろうか。
 その後訪問していないので不明である。

 さぁ,中に入るとするか。

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20160211 [ぐるパ'15冬]夢の島カカオ&チョコレート展@夢の島熱帯植物館 その7

Sh3g0947

16/02/11
[ぐるパ'15冬]夢の島カカオ&チョコレート展
夢の島熱帯植物館

 コダチヤハズカズラ。
 難しい名前。

Sh3g0948

 この項 おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧