« 20201004 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ+リクエスト」 PATA PATA / MIRIAM MAKEBA | トップページ | 20201004 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ+リクエスト」 CRY BABY / GARNET MIMMS »

【毎日東博】20200922 6 武士の装い 平安~江戸

Dsc_8242

6 武士の装い 平安~江戸

 平安時代末期・12世紀末から江戸時代までの約700年間は、武士が政治の実権を握った時代です。武士は公家の文化を模範としながら、仏教や庶民の文化を取り入れて、質実で力強い独自の文化を形づくりました。

 この展示室では、武士の姿を伝える肖像画、歴史上著名な武士の書状、武士の道具の中でもっとも大切にされた刀剣や刀を納める鞘(さや)などの刀装(とうそう)、武士が戦場で身にまとった甲冑(かっちゅう)や陣羽織(じんばおり)、馬具(ばぐ)や弓具(きゅうぐ)といった武器・武具類、そしてふだん着用した衣服などを通して、武士の装いを紹介します。これらの武器・武具は、時代とともに大きく変化し、武士の身分によっても作りや形状が異なります。また、さまざまな素材と工芸技術を駆使して製作されており、世界的にみても彩り豊かなものです。これらは、武家としての歴史や格式を示す象徴として伝えられ、時には将軍や大名たちの贈答にも用いられました。また、武士の信仰心を表すものとして、神社や寺院に奉納されることもありました。

Dsc_8243

甲冑(かっちゃう)の種類と変遷

 ここでは甲胃を中心に展示しています。日本の甲胃は大鎧(おおよろい)・胴丸(どうまる)・腹巻(はらまき)・当世具足(とうせいぐそく)の四種類に大きく分けられ、各時代の戦い方や武器の変化に対応しています。また、つくられた地域や着用者の身分によっても構造や装飾に違いがあります。甲冑は武士が戦場で着用した晴れ着でもあることから、実用性と人目を引く美しさが求められ、そのデザインには武士の好みが強く表現されています。

Dsc_8244

|

« 20201004 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ+リクエスト」 PATA PATA / MIRIAM MAKEBA | トップページ | 20201004 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ+リクエスト」 CRY BABY / GARNET MIMMS »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 20201004 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ+リクエスト」 PATA PATA / MIRIAM MAKEBA | トップページ | 20201004 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ+リクエスト」 CRY BABY / GARNET MIMMS »