« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月の記事

20200119 山下達郎 サンデーソングブック 「『ねずみ』で棚からひとつかみ」 MICKEY MOUSE MARCH / JULIE LONDON

 もう一回,ミッキーマウスマーチ。

 このあと,CM開けの どぶねずみ / サンハウス は,諸般の事情により省略。

 あ,そうそう。
 今月のキャッチアップ大作戦はここまで。
 明日からサンソン曲紹介は,1日1曲。

| | コメント (0)

20200131 金曜キネマ

 1月31日金曜日。朝日新聞夕刊に載っていた映画から。

■ 風の電話


■ ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密


■ テリー・ギリアムのドン・キホーテ


■ 彼らは生きていた


■ 前田建設 ファンタジー営業部


| | コメント (0)

20200119 山下達郎 サンデーソングブック 「『ねずみ』で棚からひとつかみ」 MUSKRAT LOVE / CAPTAIN & TENNILLE

 濃いのが続いたので少し柔らかめのものを。

| | コメント (0)

20200119 山下達郎 サンデーソングブック 「『ねずみ』で棚からひとつかみ」 RAT RACE / IMPELLITTERI

 びっくりした。
 サンソンでメタルがかかるとは。

| | コメント (0)

20200119 山下達郎 サンデーソングブック 「『ねずみ』で棚からひとつかみ」 RAT RACE / THE DRIFTERS

 なるほどぉ。出世競争のことを「ラット・レース」って言うんだ。

| | コメント (0)

20200119 山下達郎 サンデーソングブック 「『ねずみ』で棚からひとつかみ」MICKEY MOUSE / JIMMY SMITH

 そうだよな。ねずみ年ならまずこの曲だよな。
 でも,どのアーティストのバージョンかは悩むところ。
 達郎さんは,ジミー・スミスできた。

| | コメント (0)

20200119 山下達郎 サンデーソングブック 「『ねずみ』で棚からひとつかみ」 いのちの歌 / 竹内まりや

 今週のサンソンは,これまた吉例,干支で棚からひとつかみ。
 とはいうものの,昨年はいのしし年だったので断念。
 今年はネズミということで見事に復活。

 で,その前にオリコン1位になった,まりやさんのこの曲を。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いのちの歌 [ 竹内まりや ]
価格:1047円(税込、送料無料) (2020/1/23時点)


| | コメント (0)

20200112 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 DON'T LET THE OLD MAN IN / TOBY KEITH

 今日はこの辺で。
 今日はいっぱいかかった。

 本日(1月12日)のプレイリスト「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」

1. 月への旅路 / ザ・リンクス
2. DEVIL SURFER / SCOTT ENGEL
3. SHOTGUN / THE PLAYBOYS
4. CARD SHARK / THE STRANGERS
5. EASY LIVIN' / THE STRANGERS
6. VENUS / BOBBY JASON
7. LET ME DREAM / GEORGIA GIBBS
8. HEAVENLY ANGEL / THE VISCAYNES
9. DOWN AND OUT / GEORGE FREEMAN
10. SEPTEMBER RAIN / THE CHARLIE CALELLO SINGERS
11. DON'T LET THE OLD MAN IN / TOBY KEITH

| | コメント (0)

20200112 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 SEPTEMBER RAIN / THE CHARLIE CALELLO SINGERS

 今回はいろいろと曲が紹介されるなぁ。
 この曲は聴いたことがあると思ったら,昔,フランキー・ヴァリのバージョンで当ブログで紹介済み。

| | コメント (0)

20200112 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 DOWN AND OUT / GEORGE FREEMAN

 この曲はさすがに Youtube での再生回数が多いなぁ。

| | コメント (0)

今週のたなくじ & たぬくじ

 今週のたなくじは以下のとおり。
「寝る前に、明日の荷物をまとめると吉」
「夢中(チュー)になれることが見つかる吉」
「今週のラッキー贅沢 こたつでアイス」
「家族ファーストが吉 家族のことを最優先すると吉」
「米吉 おにぎり・チャーハン・パエリアなどを食べると吉」
「大吉KINGサイズ」

 今週のたぬくじは以下のとおり。
「スーパー大吉」
「LOVE吉」
「はみがき吉」
「プリン吉」
「おしり吉」
「ヘラクレスオオ吉」

| | コメント (0)

20200112 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 HEAVENLY ANGEL / THE VISCAYNES

 この HEAVENLY ANGEL というタイトルも同名異曲が多い気がする。

 こちらの曲は,私が1990年代初めに好きだったグループの HEAVENLY ANGEL 。
 番組とは関係ないか。

 あ,そうそう,今日から今月いっぱいは吉例 キャッチアップ大作戦。
 一日2回アップ予定。よろしゅうに。

| | コメント (0)

20200112 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 LET ME DREAM / GEORGIA GIBBS

 こんなマイナーな曲(私にとっては)なのに,出演者二人は「これ持っている」とかいうんだもん,すごいよな。

| | コメント (0)

20200112 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 VENUS / BOBBY JASON

「ビーナス」といっても,あっちのビーナスではない。こっちのビーナスである。

| | コメント (0)

20200125 私の本棚(朝日新聞 読書面)

 1月25日,土曜日の朝日新聞,読書面から読んでみたい本をピックアップしてみよう。

●ひもとく 中村哲さんと国際貢献 ジャーナリスト 安田純平

■ 『アフガニスタンの診療所から』中村哲,筑摩書房



■ 『医者 井戸を掘る アフガン旱魃との闘い』中村哲,石風社



■ 『天、共に在り アフガニスタン三十年の闘い』中村哲,NHK出版



● 売れてる本

■ 『危機と人類』ジャレド・ダイアモンド,日本経済新聞出版社



●書評から 『オリジン・ストーリー 138億年全史』デイヴィッド・クリスチャン,筑摩書房



■ 『私は本屋が好きでした あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏』永江朗,太郎次郎社エディタス



● 情報フォルダー

■ 『藤森照信 現代住宅探訪記』藤森 照信,世界文化社



| | コメント (0)

20200125 私の本棚

 1月25日,土曜日の新聞広告から気になる本をピックアップ。

■ 『中学の知識でオイラーの公式がわかる』鈴木貫太郎,光文社新書



■ 『21世紀落語史』広瀬和生,光文社新書



■ 『プチプラ防災』辻直美,扶桑社


 ここで取り上げたからと言って読むわけではない。読みたい,ただそれだけ。

| | コメント (0)

20200112 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 EASY LIVIN' / THE STRANGERS

 この曲も再生回数が少ないなぁ。
 2011年にアップしてまだ500回再生されていない……。
 音が悪いのはご容赦を。

| | コメント (0)

20200112 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 EASY LIVIN' / THE STRANGERS

 この曲も再生回数が少ないなぁ。
 2011年にアップしてまだ500回再生されていない……。
 音が悪いのはご容赦を。

| | コメント (0)

20200124 金曜キネマ

 1月24日金曜日。朝日新聞夕刊に載っていた映画から。

■ リチャード・ジュエル


■ イーディ、83歳 はじめての山登り


■ 盗まれたカラヴァッジョ

| | コメント (0)

20200112 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 CARD SHARK / THE STRANGERS

 それにしても,今週のサンソンはマニアックだなぁ。かかる曲かかる曲, Youtube では再生回数が軒並み少なすぎる。
 この曲も6年で1,000回程度の少なさ。

| | コメント (0)

20200112 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 SHOTGUN / THE PLAYBOYS

 オンエアーの曲と Youtube の曲とが微妙に違うような気がするんだけどなぁ。
 ちょっと心配。

| | コメント (0)

20200112 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 DEVIL SURFER / SCOTT ENGEL

 今週(1月12日)の山村も引き続き,宮治淳一さんと新春放談。
 で,1曲目 月への旅路 / ザ・リンクス は, Youtube で見つけられず。どうやらインディーズのようだった。
 それで2曲目のこれからスタート。

| | コメント (0)

20200105 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 EVER SINCE YOU'RE GONE / BRINSLEY SCHWARZ

 今日はこの辺で。

 本日(1月5日)のプレイリスト「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」
1. ORANGE BLOSSOM SPECIAL / THE SPOTNICKS
2. SUAVECITO / MALO
3. NEVER LET HIM GO / JODY MILLER
4. SUSPICIONS / BETTYE LAVETTE
5. I DON'T WANNA GO / THE MOMENTS
6. YOU DON'T NEED A GYPSY / ROBERT JOHN
7. EVER SINCE YOU'RE GONE / BRINSLEY SCHWARZ

| | コメント (0)

20200105 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 YOU DON'T NEED A GYPSY / ROBERT JOHN

 宮治さん曰く「アトランティックだから入れられた。」

| | コメント (0)

20200105 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 I DON'T WANNA GO / THE MOMENTS

 THE MOMENTS は,ちょくちょくサンソンでかかっているグループ。わたしも聞き覚えがある。

| | コメント (0)

20200118 私の本棚(朝日新聞 読書面)

 1月18日,土曜日の朝日新聞,読書面から読んでみたい本をピックアップしてみよう。

●ひもとく 8050問題 朝日新聞編集委員 清川卓史

■ 『8050問題の深層 「限界家族」をどう救うか』川北稔著,NHK出版新書



■ 『「ひきこもり」経験の社会学』関水徹平著,左右社


■ 『ルポ「8050問題」 高齢親子"ひきこもり死"の現場から』池上正樹著,河出新書



● 売れてる本

■ 『英文 詳説世界史 WORLD HISTORY for High School』橋場弦ほか監修,山川出版社



● 古典百名山

■ 『みだれ髪』与謝野晶子著,新潮文庫



● 新書

■ 『「頭がいい」の正体は読解力』樋口裕一著,幻冬舎新書


■ 『韓国 行き過ぎた資本主義 「無限競争社会」の苦悩』金敬哲著,講談社現代新書


■ 『証言 治安維持法 「検挙者10万人の記録」が明かす真実』NHK「ETV特集」取材班著,


■ 『見えない戦争』田中均著,中公新書ラクレ


| | コメント (0)

20200118 私の本棚

 1月18日,土曜日の新聞広告から気になる本をピックアップしていこう。

■ 『ラストレター』岩井俊二著,文春文庫



 『ラストレター』は映画も気になるところ。併せて読みたいが。

■ 『世界哲学史1』ちくま新書



 ちくま新書は最近,入門ものや歴史物が多い気がするのは気のせいか。

■ 『国語教育 混迷する改革』紅野謙介著,ちくま新書


■ 『近世史講義 女性の力を問いなおす』高埜利彦編,ちくま新書


■『皇室法入門』園部逸夫著,ちくま新書


■ 『真鍋博の植物園と昆虫記』真鍋博著,ちくま文庫


■ 『ふしぎ地名巡り ふしぎな地名巡り』今尾恵介著,ちくま文庫



 かつて,TBSテレビ「東京ウォーキングマップ」で散歩師を務めた今尾さんの本。

| | コメント (0)

20200105 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 SUSPICIONS / BETTYE LAVETTE

 また,達郎さんはいい曲を引っ張り出してくる……。

| | コメント (0)

20200117 金曜キネマ

 1月17日金曜日。朝日新聞夕刊に載っていた映画。

■ 男と女 人生最良の日々

■ ラストレター

■ ジョジョ・ラビット

■ パラサイト 半地下の家族

■ リチャード・ジュエル

■ オリ・マキの人生で最も幸せな日

| | コメント (0)

20200105 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 NEVER LET HIM GO / JODY MILLER

 この Youtube ,2018年のアップなので消される可能性があるかも。
 その時は失礼。

| | コメント (0)

20200105 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 SUAVECITO / MALO

 流石にこの曲は本ブログ初登場。
 でもいい曲だなぁ。

| | コメント (0)

20200105 山下達郎 サンデーソングブック 「新春放談(ゲスト:宮治淳一)」 ORANGE BLOSSOM SPECIAL / THE SPOTNICKS

 (サンソン的には)あけましておめでとうございます。
 2020年一発目のサンソンは,祝!復活!新春放談。
 まずはこの曲から。

 こんな曲が正月からかかるのはサンソンだけ。

| | コメント (0)

20191229 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 いのちの歌 / 竹内まりや

 今日はこの辺で。

 本日(12月22日)のプレイリスト「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」
1. RECIPE(レシピ) / 山下達郎
2. 旅のつづき / 竹内まりや
3. プラスティック・ラヴ / 竹内まりや
4. シングル・アゲイン / 竹内まりや
5. GET BACK IN LOVE(LIVE) / 山下達郎 "19/08/10中野サンプラザ"
6. 恋のひとこと (SOMETHING STUPID) / 竹内まりや&大瀧詠一
7. いのちの歌 / 竹内まりや

| | コメント (0)

今週のたなくじ & たぬくじ

 今週のたなくじは以下のとおり。
「爪吉 爪を切ると吉」
「野菜をお目にとると吉」
「薄めの味付けが吉」
「布団から一発で出ると吉」
「相手の身になって考えると吉」
「週末に近づけば近づくほど大吉」

 今週のたぬくじは以下のとおり。
「大吉日本一」
「大吉 金メダル」
「ドラゴン大吉」
「大吉 おまけつき」
「スター大吉」

| | コメント (0)

20191229 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 恋のひとこと (SOMETHING STUPID) / 竹内まりや&大瀧詠一

 この上の Youtube ,ニコール・キッドマンに見つめられたら,もう身体動かなくなっちゃうよな。

| | コメント (0)

20191229 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 GET BACK IN LOVE(LIVE) / 山下達郎

 この曲,14カラット・ソウルがカバーしたんだよなぁ。

| | コメント (0)

20200111 私の本棚(朝日新聞 読書面)

 さて,朝日新聞読書面の中から興味を持った本をピックアップしよう。
 読めるかどうかは別の話。

● ひもとく 富士山 エッセイスト 宮田珠己

■ 『千変万化に描く北斎の冨岳三十六景 アートセレクション 』大久保純一著,小学館


■ 『富士山はどうしてそこにあるのか 地形から見る日本列島史』山崎晴雄著,NHK出版新書


■ 『「富士見」の謎 一番遠くから富士山が見えるのはどこか?』田代博著,祥伝社新書


● 売れている本

■ 『「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実』山口慎太郎著,光文社新書


● 広告より

■ 『どこからお話ししましょうか 柳家小三治自伝』柳家小三治著,岩波書店


● 書評から

■ 『ナポレオン 1 台頭篇』佐藤 賢一著,集英社


■ 『ナポレオン 2 野望篇』佐藤 賢一著,集英社


■ 『ナポレオン 3 転落篇』佐藤 賢一著,集英社


■ 『宇宙から帰ってきた日本人 日本人宇宙飛行士全12人の証言』稲泉連著,文藝春秋


■ 『星宙の飛行士 宇宙飛行士が語る宇宙の絶景と夢』油井亀美也著,実務教育出版


■ 『天皇と軍隊の近代史』加藤陽子著,けいそうブックス


■ 『こんなにも面白い万葉集』山口博著,PHP研究所


● 著者に会いたい

■ 『古くてあたらしい仕事』島田潤一郎著,新潮社



 島田潤一郎さんがやっている出版社,聞いたことがあるなぁと思ったら,TBSラジオSession-22で取り上げられた出版社だった。

● 山田航が薦める文庫 この新刊!

■ 『絶滅危惧職、講談師を生きる』神田松之丞著,新潮文庫



| | コメント (0)

20200101-0111 私の本棚

 ここ数年,新聞のスクラップをするようになった。
 興味のある記事をコピーし,ノートに貼る作業をしてきた。

 しかし,あれもこれもと手を広げるうちに,時間的にも空間的にも立ちゆかない状況になってしまった。
(現在,スクラップする記事を選ぶ作業をしているが1ヶ月以上前の新聞を読んでいる。)

 そこで,スクラップする記事のうち,いくつかをこのブログにアップしておこうと思った次第。
 そうすれば,少なくても物理的なスペース(スクラップするノート)は減っていくことだろう。

 その第2弾として今回は書籍の話題を。
 まずは,新聞広告からピックアップ。
 これは量が多いので,朝日新聞 読書面とそれ以外は分けておくことに。

■ 『花ごよみ365日』雨宮ゆか著,誠文堂新光社


■ 『星ごよみ365日』星空さんぽ編集部,誠文堂新光社


■ 『コンパスローズ英和辞典』赤須薫編/大西泰斗、ポール・マクベイ「語のイメージ」監修,研究社


■ 『シャーロック・ホームズ語辞典』北原尚彦文/えのころ工房絵,誠文堂新光社


■ 『談志語辞典』立川談慶著,誠文堂新光社
 誠文堂新光社が4冊並んだが,何も意味はない。


■ 『日本国憲法』,松本弦人著,TAC出版


■ 『「国境なき医師団」になろう!』いとうせいこう著,講談社現代新書


■ 『「国境なき医師団」を見に行く』いとうせいこう著,講談社


■ 『高校世界史でわかる科学史の核心』小山慶太著,NHK出版新書


■ 『壬申の乱 天皇誕生の神話と史実』遠山美都男著,中公新書


■ 『承久の乱 真の「武者の世」を告げる大乱』坂井孝一著,中公新書


■ 『観応の擾乱 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い』亀田俊和著,中公新書


■ 『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』呉座勇一著,中公新書


 10日間新聞広告をチェックしただけでこれだけの量か。とても読む暇はなさそうだ。

| | コメント (0)

20191229 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 シングル・アゲイン / 竹内まりや

 この曲,いつの曲だっけ?
 もう,スタンダードに近い。

| | コメント (0)

20200110 金曜キネマ

 ここ数年,新聞のスクラップをするようになった。
 興味のある記事をコピーし,ノートに貼る作業をしてきた。

 しかし,あれもこれもと手を広げるうちに,時間的にも空間的にも立ちゆかない状況になってしまった。
(現在,スクラップする記事を選ぶ作業をしているが1ヶ月以上前の新聞を読んでいる。)

 そこで,スクラップする記事のうち,いくつかをこのブログにアップしておこうと思った次第。
 そうすれば,少なくても物理的なスペース(スクラップするノート)は減っていくことだろう。

 その第1弾として映画の話題を。

 本日(1月10日(金))の朝日新聞夕刊に紹介されている映画(広告含む。)のうち,私の見たい映画を紹介していこう。

■ オルジャスの白い馬(森山未來・主演)

■ パラサイト 半地下の家族

■ 私の知らないわたしの素顔

■ この世界のさらにいくつもの片隅に

■ フォードvsフェラーリ

■ ラストレター

■ マザーレス・ブルックリン

■ コンプリシティ/優しい共犯

■ 音楽

■ 山中静夫氏の尊厳死

| | コメント (0)

20191229 山下達郎 サンデーソングブック プラスティック・ラヴ / 竹内まりや

 この曲も2019年は流行ったなぁ。

| | コメント (0)

20191229 山下達郎 サンデーソングブック 旅のつづき / 竹内まりや

 この曲も2019年公開映画の主題歌だったかぁ。

| | コメント (0)

20191229 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 RECIPE(レシピ) / 山下達郎

 今週(12月29日)のサンソンも好例,年忘れ夫婦放談。
 まずはこの曲から。

| | コメント (0)

【試行】週末何スル(1月11日(土)~13(月・祝))

 はてさて,今週末はどうしようか。

 まずは,今週末(正確には13日(月)まで)の長谷川等伯『松林図屏風』を見ておきたい。
 何回か見ているけど人気作品なので,人が多い。
 金曜夜間開館を利用して,見ておこうか。

 11日(土)からの三連休は,ぐるっとパスで回ろう。
 天気予報から考えると非常に難しい。それでもなんとか考えて回ってみよう。
 東京都庭園美術館の展覧会が13日(月)までなので,まずれそれが優先。

 もう一つ優先すべきは,NHKスタジオパークへの訪問。
 NHKスタジオパークは2020年10月を持って閉館する。
 NHK放送センター自体のリニューアルのための閉館である。小学生の頃に訪問したが,それは20世紀の話。21世紀にもう一度訪問しておきたい。
 ちなみに,NHKはこれまで東京都内では,逓信総合博物館(ていぱーく)・NHK放送博物館・NHKスタジオパークの3館体制でミュージアム事業を展開してきた(と私は思っている)が,NHKスタジオパークの閉館により,NHK放送博物館1館に集約してのミュージアム事業となる。
 ま,これはこれで良しとしよう。

| | コメント (0)

20191222 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS / 山下達郎

 今日はこの辺で。

 本日(12月22日)のプレイリスト「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」
1. クリスマス・イブ / 山下達郎
2. すてきなホリデイ / 竹内まりや
3. SPECIAL DELIVERY ~特別航空便~ (LIVE) / 竹内まりや
4. WINTER LOVERS / 竹内まりや
5. SMOKE GETS IN YOUR EYES (LIVE) / 山下達郎 "19/08/17 神奈川県民ホール"
6. RECIPE(レシピ) / 山下達郎
7. THE CHRISTMAS SONG / 竹内まりや
8. HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS / 山下達郎

| | コメント (0)

今週のたなくじ & たぬくじ

 今週のたなくじは新春たなくじ。以下のとおり。
「金運ほくほく吉」
「夢中(チュー)になれることが見つかる吉」
「月イチ大吉 毎月1回いいことがあるでしょう」
「大吉一年分」
「堅実吉 とにかくまじめにがんばれ!」
「年間運気予報 中吉のち大吉」
「10年に1度の特大吉!」
「最低限→中吉 最大限→超大吉」
「何やら変化がある年」
「無病息災 & 金運倍増」
「尻上がり大吉(年後半ほど吉来たる)」
「笑う門には大吉来たる」
「大大大吉」
「富士・鷹・なすび吉 こうううんがまとめてやってくる!」
「大躍進の1年!」
「いまだかつてない大吉」

 今週のたぬくじは以下のとおり。
「やさい吉」
「大大大吉」
「しゅくだい大吉」
「かなりの大吉」
「レインボー大吉」
「大吉130%」

| | コメント (0)

20191222 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 THE CHRISTMAS SONG / 竹内まりや

 こういうスタンダードな曲と同じように達郎さんの「クリスマス・イブ」もスタンダードになるんだろうなぁ。
(というか,もうなっているかな?)

| | コメント (0)

20191222 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 RECIPE(レシピ) / 山下達郎

 年忘れ夫婦放談でも当然この曲はかかります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CD/RECIPE(レシピ)/山下達郎/WPCL-13149
価格:1100円(税込、送料無料) (2019/12/26時点)


| | コメント (0)

20191222 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 SMOKE GETS IN YOUR EYES (LIVE) / 山下達郎

 番組では達郎さんのライブだが,ここでは The Platters のバージョンで。

| | コメント (0)

20191222 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 WINTER LOVERS / 竹内まりや

 クリスマス前の夫婦放談だから,そちら関係の曲の比率が高い。
 まぁ,仕方ないか。

| | コメント (0)

20191222 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 すてきなホリデイ / 竹内まりや

 達郎さんの「クリスマス・イブ」の後はこれでしょう。
 もう鉄板ネタ。

 次の曲 SPECIAL DELIVERY ~特別航空便~ (LIVE) / 竹内まりや については,カバー曲を見つけられなかった。

| | コメント (0)

今年のたなくじ

 新年一発目 今年のたなくじは以下のとおり。

「↑↑尻上がり大吉(年後半ほど吉来たる)」
「夢中(チュー)になれることが見つかる吉」
「天下太平吉(穏やかな良い年になるでしょう)」
「10年に1度の特大吉!」
「今年、幸せのピークが2回来る」
「笑う門には大吉来たる」
「実りの多い一年になるでしょう」
「チャレンジが実を結ぶ年」
「堅実吉 とにかくまじめにがんばれ!」
「富士山吉 富士山のように大きな吉」
「大吉 中吉 小吉 ミックス吉」
「大大大吉」
「大吉新記録!」
「大吉は寝て待て 寝れば寝るほど大吉」
「いまだかつてない大吉」

| | コメント (0)

20200101 謹賀新年

Dsc_5534

 新しい年になりました。
 本年もよろしくお願い申し上げます。

 2020年になりました。
 このブログを始めてから,15年も経ちました。
 その間,ネット環境は,ブログからmixi,ツイッターからフェイスブックを通じて現在はインスタグラム全盛時代。
 私のように,ブログにこだわっているのは,化石のようなものです。

 それでも,このブログにこだわっているのは,新しいものについていけなくなった年齢のせいもある。
 でもまぁ,このココログが続いている限りは続けていこうと思っている次第。

 今年の目標,というよりテーマですが,

「何とかしよう」

 どうも自分の身の回りのものが,いろいろとたまりすぎてあふれかえっている状態である。
 その状況をなんとか打破しなければいけない,そう思い始めました。

 昨年1月に購入したWindows10のパソコンも開封したのが12月29日。いまだにMicrosoft Officeをインストールしていません(笑)
 どうしましょ。

 新しいパソコンへのデータ移行はもちろんのこと,このブログも,自分の思うように動いていない気がする。
 もう少し,現在の状況より2・3倍くらいは上手く機能して欲しいなぁ,とは思っている。

 そのためにも,なんとかしなければいけないと思っている。
 ブログだけではない。
 今月末の人間ドックに向けて,お腹周りもなんとかしないとね(笑)

 いろいろと意味を込めて,今年は「何とかしよう」と思っている。

 今年もどうぞごひいきに。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »