« 2016年1月3日 - 2016年1月9日 | トップページ | 2016年1月17日 - 2016年1月23日 »

2016年1月10日 - 2016年1月16日の記事

20151222 たまむすび「町山智浩 アメリカ流れ者」

<町山智浩さん関連リンク>
【まとめ】2015年に紹介した映画
http://goo.gl/lxh1uZ
【まとめ】2014年に紹介した映画
http://goo.gl/M9HfiO
【まとめ】2012年に紹介した映画
https://goo.gl/Al30mZ
https://goo.gl/ImvNbB
【まとめ】2011年に紹介した映画
https://goo.gl/aM7Eg1
【まとめ】2010年に紹介した映画
https://goo.gl/B1kU3q
【まとめ】2009年に紹介した映画
https://goo.gl/hU8Ztb

【blog】
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/
【Twitter】
https://twitter.com/info_tomomachi
【著書】 映画の見方がわかる本
http://goo.gl/w3zhLX
【著書】自由にものが言える時代、言えない時代
http://goo.gl/HjElri

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151024 J1第15節,FC東京(3-4)浦和レッズ@味の素スタジアム

Sh3g0445

Stadium 15-49

15/10/24
J1第15節,FC東京(3-4)浦和レッズ
味の素スタジアム

Sh3g0443

(プレビュー)
 FC東京が年間順位1位を取るための大一番。これに勝たないと1位はない。前売り完売。満員必至。気温22.9℃,湿度55%。
「今日のスタメンは90分で勝ち点3を取る布陣。」by調布FMラジオ中継解説の佐藤由紀彦さん。
 スタメン。GK46,DF2,4,3,6。4がアンカー。7,22がインサイドハーフ。17トップ下,38,20のツートップ。
 SUB13,29,50,37,8,23,39。

Sh3g0446

(前半)
1' 倒される38。起き上がれず。PA内かと思ったがPA外でPKではないようだ。「東京の選手は『チャンスは少ない』と言っていた。」by佐藤由紀彦さん。
7' 槙野,20を倒す。FK。槙野は倒れて時間稼ぎ。
11' 浦和のクロスを46がパンチング。こぼれたところを浦和,柏木がゴール。(0-1)。
13' クリアのボールがズラタンに渡り,シュート打たれるも46キャッチ。
14' 浦和のシュートが決まって(2-0)。
16' スルーパスに抜けて,38ゴール。(1-2)。右45°のまさに38角度。「マッシモ,4-4-2への変更サイン。」by藤田R。
19' FC東京,ワンタッチパスの連続で前へ行くもミスパス。
20' 7のスルーパス。オフサイドはなく38へ。
21' 4のロングシュート。Gkキャッチ。「浦和はワイドにピッチを使って中に入る。東京はそれに付き合ってはいけない。中を締めて外へ出て攻撃。」by佐藤由紀彦さん。
24' 20倒される。審判は槙野に注意。
27' 関根に決められる。(1-3)。「東京,DFラインがいつも以上に低い。もう何mか高くても良い。(1-3)のスコアなので,前目になるはず。」
29' 「3と言う数字をマッシモが示している。どこが3なのか?」by藤田R。
 4がDFラインに吸収され,5バック気味。22と7がダブルボランチ。
 「浦和は距離感が良いので,ミスがミスになりにくい。一方の東京は選手間が長いので,ミスが大きく響きやすい。」by佐藤由紀彦さん。
38' 柏木に黄。
41' ズラタン倒れる。3に黄。
44' スルーパスに17反応するもオフサイド。「これはOK。」by佐藤由紀彦さん。
45' CK。外に跳ね返される。
 前半終了。(1-3)。ブーイング@G裏。
 17が消えている時間が多い。交代か?
 「失点を重ねても攻撃的に行くのではなく,守備でリズムを作って勝ちに行くパターン。これはイタリア人監督特有の考え方。」by佐藤由紀彦さん。

(後半)
1' 17のドリブルから38シュートも枠外。
3' FK6→オフサイド。
6' 森脇のハンドでFK。20m。
7' 東京17out,39in。
10' 浦和CK。槙野頭も枠外。
12' FK。25m。6'のときと似たところ。
13' ワイドに広げられ,中に入って興梠シュート。両サイドのDFが広がりにつられている。「50が呼ばれた。」by藤田R。
14' 22out,50in。4バックに戻したようだ。
17' 槙野のゴールが決まって(1-4)。1stステージと同じスコアに。「あと1mが寄せられない。」by佐藤由紀彦さん。
19' スルーパスから38シュートも枠外。
20' 39のドリブルからグランダーのクロスも20追いつかず。
25' CK。「何か変化が欲しい。」by佐藤由紀彦さん。
26' 浦和21out,20in。
27' 東京がミドルシュート。この辺りからでもシュート打たないと。
29' 6のクロスから4頭。(2-4)。
30' 浦和3out7in。
33' 浦和24out,14in。
34' 森脇に黄。「ズラタンがいなくなり,起点が無くなった。」
37' 2out,23in。
38' 39シュート→西川が弾いてCK→4が決め(3-4)。
 「浦和は攻めるか守るかで迷っている。」by佐藤由紀彦さん。
42' 6クロスから38頭でオフサイド。
45'+2' クロスからもはね返されCKに。39倒されるも笛ならず。
 試合終了。(3-4)。
 終了後,G裏では拍手があったが負けは負け。ブーイングするくらいじゃないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その9

15/10/18
[TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅

今回のコース
新橋駅 ~ ポンヌッフ ~ 旧新橋停車場鉄道歴史展示室 ~ アドミュージアム東京は休館日 ~ カレッタ汐留46F展望スペース ~ パナソニック汐留ミュージアム ~ 共同通信ニュースアート ~港区立イタリア公園 ~ 新橋駅

Sh3g0432

 もちろん,SL広場と言うだけあって,SLが展示してある。

Sh3g0433

Sh3g0434

 隣には「愛の像」が。


Sh3g0435

 新橋駅を出発し,新橋駅に戻ってきてしまったが結構楽しいものだった。

 この項終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151220 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 MY GIFT TO YOU

 番組では達郎さんLIVEバージョンだったが, Alexander O'Neal で。
 ラスト すてきなホリデイ / 竹内まりや は吉例により省略。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その8

15/10/18
[TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅

今回のコース
新橋駅 ~ ポンヌッフ ~ 旧新橋停車場鉄道歴史展示室 ~ アドミュージアム東京は休館日 ~ カレッタ汐留46F展望スペース ~ パナソニック汐留ミュージアム ~ 共同通信ニュースアート ~港区立イタリア公園 ~ 新橋駅

Sh3g0428

 さて,今回は港区立イタリア公園あたりで終わりにしておきますか。新橋駅へ戻るとしよう。
 戻る道すがら,虎ノ門ヒルズが見えた。今度はあっち方面へ言ってみようか。

Sh3g0429

 新橋駅に戻ると像が私をお出迎え。

 「乙女と盲導犬の像」とのこと。

 盲導犬は、視覚に障害のある方の歩行を助け、生活の大きな支えになっています。  「乙女と盲導犬の像」は1969年(昭和44年)に東京虎ノ門ライオンズクラブにより建立されました。 この像の出発点として日本で初めての盲導犬パレードや募金活動が行われ、盲導犬への理解が広がる拠点となりました。  2002年(平成14年)には、盲導犬を含む身体障害者補助犬の同伴受け入れを義務づける身体障害者補助方が成立いたしました。街で盲導犬に出会いましたら、どうぞ温かく見守ってください。  盲導犬の育成は、皆様の善意に支えられ運営されています。  「乙女と盲導犬の像」は、盲導犬の更なる普及を願って立ち続けるでしょう。


 この盲導犬の像の犬種は、1969年当時に盲導犬として主に活躍していたジャーマン・シェパードです。現在は、ラブラドール・レトリーバーが多くなりました。


Sh3g0431

街は
こんなに明るいのに
どこかに翳りがある
心のささくれ

あなた
語らずにぬくもりを
求められずにぬくもりを
あの街に
この街に

川内康範

 像の下には川内康範さんの詩が記してあった。

 もうちょっとつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その7

15/10/18
[TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅

今回のコース
新橋駅 ~ ポンヌッフ ~ 旧新橋停車場鉄道歴史展示室 ~ アドミュージアム東京は休館日 ~ カレッタ汐留46F展望スペース ~ パナソニック汐留ミュージアム ~ 共同通信ニュースアート ~港区立イタリア公園 ~ 新橋駅

Sh3g0425

Sh3g0426

 「冬」 マーブル・ストゥビオ・スタゲッティ

 これで撮影した像は全部だが,一部撮影し切れていないものもあるかも。
 というのも,練習中の漫才コンビが像に向かって練習していたので,その像は撮影を自重した。

Sh3g0427

 こんな感じ名ものもあってイタリア感満載だが,お客さんは少なめ。

 まだまだつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151220 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS

 番組では達郎さんが歌っているバージョン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151012 チキンカツカレー@アルプス

Sh3g0375

 この日,東京駅周辺で空腹になる。
 さて,どこに行こうか。ちょっと迷ったところに「アルプス」が頭に浮かんだ。そうだ,久しぶりに行ってみよう。
 もうちょっと待てば,サービスタイムだったが,空腹にはかなわない。ということで,チキンカツカレーを選ぶ。

 おいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151220 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 THE CHRISTMAS SONG

 番組では,まりやさんの歌っているバージョンだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その6

15/10/18
[TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅

今回のコース
新橋駅 ~ ポンヌッフ ~ 旧新橋停車場鉄道歴史展示室 ~ アドミュージアム東京は休館日 ~ カレッタ汐留46F展望スペース ~ パナソニック汐留ミュージアム ~ 共同通信ニュースアート ~港区立イタリア公園 ~ 新橋駅


Sh3g0421

Sh3g0422

 「夢」 これも作者が読めない……。

Sh3g0423

Sh3g0424

 「バラの香り」 マッシモ・ガッレーニ

 まだまだつづく。

| | コメント (0)

20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その5

15/10/18
[TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅

今回のコース
新橋駅 ~ ポンヌッフ ~ 旧新橋停車場鉄道歴史展示室 ~ アドミュージアム東京は休館日 ~ カレッタ汐留46F展望スペース ~ パナソニック汐留ミュージアム ~ 共同通信ニュースアート ~港区立イタリア公園 ~ 新橋駅

 結構,像があるようでまだまだ続く。

Sh3g0417

Sh3g0418

 「春」 ロドヴィーコ・ベルトーニ&息子


Sh3g0419

Sh3g0420

 「恥じらい」 あぁ,作者が読めない……。

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151220 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 JINGLE BELL ROCK

 番組では,達郎さんのライブだったが,ここでは,Bobby Helms 1957を。
 次の曲 真冬のデイト / 竹内まりや は省略。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その4

15/10/18
[TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅

今回のコース
新橋駅 ~ ポンヌッフ ~ 旧新橋停車場鉄道歴史展示室 ~ アドミュージアム東京は休館日 ~ カレッタ汐留46F展望スペース ~ パナソニック汐留ミュージアム ~ 共同通信ニュースアート ~港区立イタリア公園 ~ 新橋駅

Sh3g0413

Sh3g0414

 う~ん,読めない……。何て書いてあるんだろう。


Sh3g0415

Sh3g0416

 「イタリアンヴィーナス」 フェルディナンド パッラ社 ぱっら・クラウディオ

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その3

15/10/18
[TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅

今回のコース
新橋駅 ~ ポンヌッフ ~ 旧新橋停車場鉄道歴史展示室 ~ アドミュージアム東京は休館日 ~ カレッタ汐留46F展望スペース ~ パナソニック汐留ミュージアム ~ 共同通信ニュースアート ~港区立イタリア公園 ~ 新橋駅


 港区立イタリア公園内の象をパシャパシャ。その2

Sh3g0409

Sh3g0410

 「秋」 ウンベルト・トッニイ

Sh3g0411

Sh3g0412

 「カノーヴァのヴィーナス」 ジャンノーニ ジョゼッペ社 マルコ・ジャンノーニ,ニコーテ・ジャンノーニ

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151220 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 クリスマス・イブ / 山下達郎

 年末恒例,年忘れ夫婦放談。
 まずはこの曲から。吉例なら1曲目は割愛だが,このPVを見つけたので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のたなくじ

 今週のたなくじは2本。

「かかさずうがいすると大吉」
「努力が報われる週」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その2

15/10/18
[TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅

今回のコース
新橋駅 ~ ポンヌッフ ~ 旧新橋停車場鉄道歴史展示室 ~ アドミュージアム東京は休館日 ~ カレッタ汐留46F展望スペース ~ パナソニック汐留ミュージアム ~ 共同通信ニュースアート ~港区立イタリア公園 ~ 新橋駅

Sh3g0405

Sh3g0406

 港区立イタリア公園に到着。
 
 どの辺がイタリアかというと……

Sh3g0407

Sh3g0408

 「ミロのヴィーナス」マルコ・ジャンノーニ

 この辺がイタリア。
 公園内にはいくつかの象が飾られている。少し回りますか。

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151219 久米宏ラジオなんですけど

久米宏 ラジオなんですけど 2015年12月19日
パーソナリティ:久米宏、堀井美香
Full(CM・曲cut)高音質音源120kbps

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151018 共同通信ニュースアート

15/10/18
共同通信ニュースアート

Sh3g0404

15/10/18
[TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅

今回のコース
新橋駅 ~ ポンヌッフ ~ 旧新橋停車場鉄道歴史展示室 ~ アドミュージアム東京は休館日 ~ カレッタ汐留46F展望スペース ~ パナソニック汐留ミュージアム ~ 共同通信ニュースアート ~港 区立イタリア公園 ~ 新橋駅

 共同通信社の本社の1階・2階のロビー部分が誰でも入れるスペースになっている。そこで写真展示をしているスペースがある。そこが,「共同通信ニュースアート」。
 本当にここが?と思うところ。客とおぼしき人は私一人。

 1階は昭和のニュース写真の展示,2階は時事漫画の展示となっていた。
 私一人でちょっと寂しかったがゆっくりと楽しませてもらった。


 もうちょっと時間があるなぁ。

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20151018 カレッタ汐留46F展望スペース

15/10/18
カレッタ汐留46F展望スペース

15/10/18
[TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅

今回のコース
新橋駅 ~ ポンヌッフ ~ 旧新橋停車場鉄道歴史展示室 ~ アドミュージアム東京は休館日 ~ カレッタ汐留46F展望スペース ~ パナソニック汐留ミュージアム ~ 共同通信ニュースアート ~港 区立イタリア公園 ~ 新橋駅

Sh3g0401

 カレッタ汐留に展望スペースがあると言うことを聞きつけ,カレッタ汐留に上ってみた。
 46階と47階とを結ぶ階段のスペースを利用して外を展望できるようになっている。

 まず,見えたのが築地市場。
 隅田川には新しい橋が架けられている。

Sh3g0402

 レインボーブリッジが見える。小さくて申し訳ないが。

Sh3g0403

 晴海旅客ターミナル方面。
 昔,「隅田川を下る」という企画のゴールとなったところ。懐かしい。

 見晴らしはいいものの,欠点が一つ。南側しか見られず,ちょっと残念。

 さて,もう一つくらい回れるかな。

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月3日 - 2016年1月9日 | トップページ | 2016年1月17日 - 2016年1月23日 »