« 20151206 山下達郎 サンデーソングブック 「『北』で棚からひとつかみ」 NORTH WIND AND A NEW MOON / MICHAEL MURPHYは見つけられず(泣) | トップページ | 20160101 新春たなくじ »

20160101 謹賀新年

Sh3g0150

 2016年になりました。
 明けましておめでとうございます。
 本年も,当ブログをよろしくお願い申し上げます。

 このブログ,2005年1月から本格的に始めて,10年が過ぎ,11年目になります。
 気付けば節目の10年を過ぎていた(笑)。

 かつて,3年ちょっとの千日越えをしたとき,【千日后】という企画をやったが,【十年後】という企画をするのを忘れていた。
 ま,過去の記事のその後を追う,というものもやりたいのだが,そこまで手が回らない状況だ。
 「手を広げすぎ」というのが主な理由だが,それでも,ねぇ,好奇心は留まることを知らず,いろいろとやりたいことは増える一方である。
 それでも,今年は,ほぼ日手帳公式ガイドブックでもインタビューで答えた,「山手線一周博物館の旅」を本格的にやりたいものである。
 そのためには,いくつかの代償(今までやってきたものを減らしたり,止めたりする)が伴うものである。それは致し方ないか。
 少しでも,前へ進めるようにいろいろと試行錯誤が続くうだろう。それは今までも同じ。


 昨年,2015年は,ほぼ日手帳公式ガイドブックのインタビューを受けたのが一番のできごと。
 しかし,誰にも言わなかったら,誰からもレスポンスはなかった(笑)
 職場で,ほぼ日手帳を机上に置いても,全く反応なし。誰も何とも言わない。
 手帳をめくった入りしていると,同僚の目がいって「何ですか?それ。」と言われるが,それもまれ。ほぼ日手帳であることも知らない。
 まず,「これはほぼ日手帳と言ってね……」から始まる……。

 だから,今年出した年賀状には,ほぼ日手帳のこといっぱい書いた(笑)
 どこまで反響があるか。それとも全く反響がないか。これからしばらくが楽しみだったりする。

 今年も,少しずつ,ボチボチと行くつもり。どうかごひいきに。

 写真は,東博にいた猿の埴輪。

|

« 20151206 山下達郎 サンデーソングブック 「『北』で棚からひとつかみ」 NORTH WIND AND A NEW MOON / MICHAEL MURPHYは見つけられず(泣) | トップページ | 20160101 新春たなくじ »

View of 翔太」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20160101 謹賀新年:

« 20151206 山下達郎 サンデーソングブック 「『北』で棚からひとつかみ」 NORTH WIND AND A NEW MOON / MICHAEL MURPHYは見つけられず(泣) | トップページ | 20160101 新春たなくじ »