« 20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その7 | トップページ | 20151220 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 MY GIFT TO YOU »

20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その8

15/10/18
[TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅

今回のコース
新橋駅 ~ ポンヌッフ ~ 旧新橋停車場鉄道歴史展示室 ~ アドミュージアム東京は休館日 ~ カレッタ汐留46F展望スペース ~ パナソニック汐留ミュージアム ~ 共同通信ニュースアート ~港区立イタリア公園 ~ 新橋駅

Sh3g0428

 さて,今回は港区立イタリア公園あたりで終わりにしておきますか。新橋駅へ戻るとしよう。
 戻る道すがら,虎ノ門ヒルズが見えた。今度はあっち方面へ言ってみようか。

Sh3g0429

 新橋駅に戻ると像が私をお出迎え。

 「乙女と盲導犬の像」とのこと。

 盲導犬は、視覚に障害のある方の歩行を助け、生活の大きな支えになっています。  「乙女と盲導犬の像」は1969年(昭和44年)に東京虎ノ門ライオンズクラブにより建立されました。 この像の出発点として日本で初めての盲導犬パレードや募金活動が行われ、盲導犬への理解が広がる拠点となりました。  2002年(平成14年)には、盲導犬を含む身体障害者補助犬の同伴受け入れを義務づける身体障害者補助方が成立いたしました。街で盲導犬に出会いましたら、どうぞ温かく見守ってください。  盲導犬の育成は、皆様の善意に支えられ運営されています。  「乙女と盲導犬の像」は、盲導犬の更なる普及を願って立ち続けるでしょう。


 この盲導犬の像の犬種は、1969年当時に盲導犬として主に活躍していたジャーマン・シェパードです。現在は、ラブラドール・レトリーバーが多くなりました。


Sh3g0431

街は
こんなに明るいのに
どこかに翳りがある
心のささくれ

あなた
語らずにぬくもりを
求められずにぬくもりを
あの街に
この街に

川内康範

 像の下には川内康範さんの詩が記してあった。

 もうちょっとつづく。

|

« 20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その7 | トップページ | 20151220 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 MY GIFT TO YOU »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その8:

« 20151018 [TWM04]山手線一周博物館・美術館の旅(1)新橋駅~港区立イタリア公園~新橋駅 その7 | トップページ | 20151220 山下達郎 サンデーソングブック 「年忘れ夫婦放談(ゲスト:竹内まりや)」 MY GIFT TO YOU »