« 2014年2月9日 - 2014年2月15日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »

2014年2月16日 - 2014年2月22日の記事

サウンンド・ストリート メロディーズ発売に寄せて(1/2)

 山下達郎サンデーソングブックの音源をyoutubeで探していたら,こんなものを見つけてしまった。
 これ,私自身もカセットテープに録音してどこかにあるはずなのだが,探す気力もなく,また,カセットテープという媒体で再生するのも面倒だなぁと思っていたところ,こんなものを見つけた。

 せっかくだから,ということで載せることにしよう。
 山下達郎30歳の頃の音源。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131223 [TWM15]ぴあmap1993-2013・原宿・青山 その3

13/12/23
[TWM15]ぴあmap1993-2013・原宿・青山

今回のコース
ほとんど覚えていない(汗)

Sh3g3921

 懐かしの八角館ビル。昔,この中に,さだまさしのオフィシャルショップがあり,「夏、長崎から」のチケットを取りに行ったっけ。ショップがある階あたりの看板が「ジョナサン」になっているところを見ると……。

 そう言えば,竹下通りにあった,タレントショップは,皆無だったなぁ。あんな人やこんな人のタレントショップがあったけれど,竹下通りにあったのは,「ん?これ,大丈夫?」というアイドルの写真だったりするものなぁ。

Sh3g3922

 その八角館ビルの向かいにあったのは,原宿セントラルアパート。私は全く知らなかったが,一時期クリエイターたちが,多く集まっていたらしい(某ラジオ番組,山田五郎さん談)。

 しかし,今の姿は「東急プラザ表参道原宿」。中は,見たことのあるようなお店ばかり。
 再開発すると,建築コストがつく分だけ,家賃が割高となり,入れるテナントって,大手ばっかりなんだよね。
 だから,スタバとスープストックTOKYOとミニプラと……,てな具合になってしまう。どこも同じになってしまう。

 ま,気を取り直して屋上に上がろう。

Sh3g3923

 屋上から見下ろす交差点は,まさに,「原宿」。若者の街だなぁ。
 屋上はクリスマス前の飾り付けもきれいだ。

Sh3g3924

 夜間ライトアップ時は,撮影厳禁のうるさいベランダからも昼間なら,注意されずに表参道の並木道の写真が撮れた。

Sh3g3925

 ライトアップについては,言いたいことがあるが,それはまた,別記事にしよう。

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131223 [TWM15]ぴあmap1993-2013・原宿・青山 その2

13/12/23
[TWM15]ぴあmap1993-2013・原宿・青山

今回のコース
ほとんど覚えていない(汗)

 今回,コースはほとんど覚えておらず,写真を見ながらのレポ。

Sh3g3916

 まずは,出くわした,ニコニコ本社の建物。
 こんなところにあったのね。

Sh3g3917

 ぴあmapによれば,この界隈,「シェービング文化館カミソリ倶楽部」なるものがあるという。
 まだあるのか,調べてみようと,地図上の場所に1ったら,上のように,別の企業さんが入居していた。
 後日ネットで調べると,この「シェービング文化館」は民間企業のショールームのようなもの。
 現在は横浜市青葉区にある。このサイトをチェックして欲しい。

 なぁんだ,もう少し早く確認すれば良かった。

 続いて,行ってみたのは,原宿界隈では唯一と言っていい,美術館。

Sh3g3919

Sh3g3920

 太田記念美術館。浮世絵専門の美術館。この日は他に回るところもあるので,お邪魔しないことに。

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20140216 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ」 I'M SORRY / MARY WELLS


 今週はこの辺で。
 吉例により ターナーの汽罐車 / 山下達郎 は割愛。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131223 [TWM15]ぴあmap1993-2013・原宿・青山 その1

Sh3g3911

13/12/23
[TWM15]ぴあmap1993-2013・原宿・青山

裏道、寄り道、まわり道……

小さな路地の先には、

大きな一瞬が待っている。

ポケットの中を、

空っぽにして歩いてみよう。

何かが見つかる。

そして、街が見えてくる。

今回の散歩師は翔太。ブログをせこせこ書いている普通のおっさん。
「今回は,2013年のTWM最終回と言うことで,原宿にやってきました。ここ,原宿青山の変化を見ていこうかと思っています。とは言うものの,私,元々,ここを歩いていないんですよね。昔の風景をほとんど知らない。それでもいくつかの変化が見られれば。」


今回のコース
ほとんど覚えていない(汗)

Sh3g3913

Sh3g3914

 まずは,竹下通りを抜けて,東郷神社から。東郷神社は初めて。東郷平八郎を祀る神社だそうで,実在の人物を祀る,それも明治以降の人物を祀る神社は,他にも乃木神社などがあるが,私自身,あまり実感がわかない。しかし,あと数百年もすれば,菅原道真を祀る亀戸天神のようになるのかなぁ。

Sh3g3915

 門扉の菊のご紋が……。

Sh3g3912

 日露戦争の海戦の写真が。
 神社・実在の人物・活躍したときの写真。
 この三つが頭の中に一つになると言うことに,慣れていない。私自身,神社にまつわっている人は「遙か昔の人」「写真は存在しない」という意識を持っているので。
 こういうステレオタイプの考え方,いけないよね。

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131222 東京国立博物館・総合文化展 その7

13/12/22
東京国立博物館・総合文化展

Sh3g3899

・碧釉犬(りょくゆういぬ)@5室

 先の丸まった耳と尻尾を立て,短い四肢を踏ん張って吠えるいじらしい姿が印象的です。首と胴のベルトには多産の象徴とされる子安貝を飾っています。墓を守る番犬とも,死者を冥界へ導く犬とも言われています。緑釉の表面が銀色に輝く風合いも見所です。

(展示キャプションより)


Sh3g3901

・加彩鴟鴞壺(かさいしきょうこ)@5室

 ミミズク形の容器で,殷時代の青銅器の類例は酒容れとして使われていました。両足と尾羽の3点で立ち,頭部は栓になっています。2体のうち1体は翼と羽毛が彫り表されています。闇夜を自在に飛び回るミミズクの威力によって酒を清め,霊前に供えるための明器だったのでしょう。

(展示キャプションより)


Sh3g3903

・藍釉兎(らんゆううさぎ)@5室

 野うさぎでしょうか。目は鋭く,耳は短く,丸々と太った兎です。唐三彩のなかには駱駝や馬のほか,兎,猪,犬のような日常に欠かすことのできない大切な家畜をかたどったものが多くみられます。当時の人々の生活の様子を知ることができる貴重な資料です。

(展示キャプションより)


Sh3g3907

・菩薩半跏像(ぼさつはんかぞう)@10室

 6~7世紀の朝鮮半島では,高句麗,百済,新羅のいずれにおいても半跏思惟像が盛んに制作されました。新羅では半跏像が弥勒信仰と関わりを持ったことから弥勒菩薩とする見解がありますが,三国のいずれにおいてもその尊名はいまだに明らかになっていません。

(展示キャプションより)


Sh3g3909

・ガネーシャ坐像@11室

 象の頭に人間のからだを持つガネーシャはヒンドゥー教のシヴァ神の子。太鼓腹にあらわし,富と知恵,そしてあらゆる障害を除く神として信仰を集めました。カンボジアには象が生息するため鼻や耳などが写実的に彫刻されています。

(展示キャプションより)


 いやぁ,たっぷり堪能させてもらった。以前,表慶館にあった展示が,良い雰囲気で展示してあったり。
 また機会があったら訪れよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20140216 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ」 SQUIB CAKES / TOWER OF POWER

 もう,これ,達郎さんのお薦めの曲。これほど興奮したのは初めてではないかと思うくらい。
 youtubeで見つけたのはライブバージョン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131117 今日飲んだお酒

Sh3g3773

谷川岳 吟醸しぼりたて

蔵元直送!谷川岳 吟醸しぼりたて 720ml

蔵元直送!谷川岳 吟醸しぼりたて 720ml
価格:1,047円(税5%込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131109 今日飲んだお酒

Sh3g3724

鯵ヶ澤(あじがさわ) 特別純米酒 1800ml

鯵ヶ澤(あじがさわ)特別純米酒 1800ml

鯵ヶ澤(あじがさわ)特別純米酒 1800ml
価格:2,819円(税5%込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20140216 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ」 BUTTERFLY / THE HOLLIES

 今度はこんな曲が……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】ソチ五輪開幕の前にバスケットボールで一大事(2月10日(日)~2月15日(土) )

 水曜日,スポーツの話をしよう。
 【Big Wednesday】です。
 まずは,気になった話題から……。

男子プロ化、改めて検討=NBL改変、16年スタート目指す―バスケットボール

時事通信 2月11日(火)19時40分配信

 日本バスケットボール協会は11日に東京都内で開いた理事会で、2016~17年シーズン開始を目標に、新たに男子プロリーグを設立する方針を決めた。今季始まったナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)のチームを基本に、協会公認で独自にプロとして活動するbjリーグにも参加を要請し、国内トップレベルと位置付けるリーグへの一元化を図る。
 日本協会では、企業チームによる日本リーグを母体に、過去にもプロ化を目指してきた。しかし昨秋始まったNBLの設立時、参加企業が完全プロ化に難色を示し、独立採算制のbjリーグはほとんどのチームが不参加。チーム名に地域を入れるなど改革はあったが、プロ化は実現しなかった。
 しかし日本協会は、昨年12月に来日した国際バスケットボール連盟のバウマン事務総長から、NBLとbjリーグの統一を求められた。20年東京五輪への開催国出場を確保するなどの背景もあり、再び改革を目指して動くことになった。
 日本協会の深津泰彦副会長は「プロ化は長年の課題。不退転の決意で臨む」と表明。丸尾充NBL理事長は「詳しいことは各チームに説明していない。現状で得する者はいないので、一つのリーグとしてやっていく」と述べ、bjリーグにも理解を求める姿勢を示した。 


 ソチ五輪の真っ最中だが,私にとってはこれがトップニュース。
 以前,FIBAが「トップリーグを一つにしろよ」という教育的指導があり,それを受けての検討および結果が上記記事なのだろう。NBLがスタートして1シーズン目なのに,もう「NBLは失敗」ということを証明するかのような判断。しかも,今回の判断はどうやら,NBL各チームにもbjリーグ(およびbjリーグの各チーム)にも話をせずに決めた格好のようだ。
 この報道直後にはbjリーグの公式サイトでは報道に対応する文章が掲載されていた。bjリーグの反応は一言で言えば「困惑」。プロバスケットボールリーグではbjリーグが先輩。その先輩を差し置いて,何の相談も無しに「プロリーグ作ります!」というのも納得がいかない。bjリーグが困惑するのも頷ける。
 bjリーグは「プロ」にこだわり,その結果,今まで酸いも甘いも知ったリーグ。そのbjリーグと情報交換した上でプロリーグに移行すればいいものの,今回の決定は,拙速すぎる。
 今後NBL各チームとの話し合いを進めていく上で,NBLの実業団チームからやり玉が上がり,また途中で頓挫することだろう。


       *       *       *


 ソチで,冬季五輪が開幕した。

・上村愛子,モーグル4位(8日)
 ソチ五輪第2日目,フリースタイルスキー女子モーグルが行われ,上村愛子は4位に終わった。
 前回のバンクーバー五輪では,競技直後のインタビューで「なんでこんなに一段一段なんだろう。」と語った上村。今回は前回と同じ順位だったが,すがすがしい気持ちだったと話す。それを示すように,前回とは異なり,インタビューでの彼女の表情は晴れ晴れとしたものだった。
 そんな中,上村の得点が3位の選手より低いことに,ネット住民から疑問の書き込みが上がった。
 しかし,これは,決勝の滑走順が微妙に影響した,と私は想像する。決勝は上位6人で行われ,6人中最も順位の低い上村はトップバッター。そのため,上村の演技がどうしても,審査の上で基準となってしまいがちになる。決勝が終わった後,審査員は「やっぱり上村の点数,もう少し高かったわ。」というわけにはいかないのである。この辺は採点競技の仕方のないところ。
 それでも,上村さん,今まで,お疲れ様。長野五輪のCMで一躍有名になり,その後,冬季五輪の度に注目を集め,厳しいシーズンが続いたことだろう。これからはしばらくゆっくりと休んで欲しい。

・スノーボード角野,景気づけの8位入賞(8日)
 スノーボードの新種目,男子スロープスタイル準決勝と決勝が8日に行われ、角野友基が8位入賞を果たした。
 自分がトップバッターなので,少しでも順位を上げて日本が盛り上がればいい,そのようなことを語っていた角野。それを体現するかのような8位入賞だった。
 この種目,今回からの新種目。前回五輪、ハーフパイプで金メダルを取ったショーン・ホワイトでさえ,コースが厳しく危険だと出場を辞退したくらいのもの。そのコースをどうにか攻略した格好になった。そして,この勢いが,スノーボード他の種目へとつながっていく……。

・フィギュアスケート団体は5位(9日)
 こちらも新種目フィギュアスケート団体戦。日本は5位に終わった。メダルを取れなかった原因についていろいろと論評する向きもあるが,この団体戦が行われている間,髙橋大輔と村上佳菜子はまだソチ入りしていない状態。残りのメンバーで団体戦に臨んだ格好だ。ま,日本の意気込みはその程度と言うことだ。
 また,この団体戦の開催日についても,五輪実行委員会の団体戦の位置づけというのが垣間見れる。
 冬季五輪の場合,ノルディック複合やスピードスケートなど,多くが個人戦→団体戦の順番で行われる。夏季五輪でも競泳や陸上競技も同様に個人戦→団体戦の順で行われる。盛り上がる競技を後半に持ってくるのだ。しかし,フィギュアスケートの場合,団体戦→男子個人戦→女子個人戦の順番で行われる。団体戦より個人戦に重きを置いた競技順なのかもしれない。
 今後,次の五輪などで競技順が変更になるかもしれないがそれは,次回五輪のお楽しみと言うことで。

・スノーボードハーフパイプで銀銅(11日)
 スノーボードの男子ハーフパイプ決勝で平野歩夢が93.50で銀,平岡卓も92.25で銅メダルを獲得した。平野のメダル獲得は冬季五輪史上,日本選手で最年少。スノーボードでのメダルも初。優勝は94.75でユーリ・ポドラドチコフ(スイス)。3連覇を狙ったショーン・ホワイト(米国)は90.25で4位。
 ショーン・ホワイトは,スロープスタイルをあきらめ,この種目にかけたのだが,残念ながらメダルならず。
 一方,日本人選手が2人メダルを取ったのは大きい。この種目,前回大会での国母選手の言動が注目を浴び,非難を浴びた。今回も大会前,選手のスーツの着こなしが注目され,純粋に競技に対しての注目は低かった。そんな中,選手がメダルを取ったのは,マスメディアに対しての影響は大きい。競技直後や翌日以降のインタビューでは,まだメディア慣れしていない二人の対応に初々しさが残っていたのが印象的。また,日もいい。「高梨沙羅メダルならず」の報道をかき消すような感じで。彼女はそっとしてやって欲しい。

・ノルディック複合,ノーマルヒル個人は渡部暁斗が銀(12日)
 ノルディックスキー複合個人は12日に行われ,前半のジャンプ(ノーマルヒル9で6秒差の2位につけたエース・渡部暁斗が後半の距離(10キロ)で銀メダルを獲得。
 渡部暁はジャンプで1位のエリック・フレンツェル(ドイツ)に6秒遅れてスタート。どうやら,この二人が,互いに風よけになり,後方の集団との差を持ち続けたようだ。最後,渡部暁がしかけたが,エリック・フレンツェルが一枚上手,抜き返され銀メダルになった。

 とりあえず,ここの辺で。
 それでは,また次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20140216 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ」 YOU AIN'T GOING NOWHERE / THE BYRDS

 こっちは打って変わってカントリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131222 東京国立博物館・総合文化展 その6

13/12/22
東京国立博物館・総合文化展

Sh3g3892

・橙色土器 山羊頭形リュトン@3室

Sh3g3893

・人物形土器@3室
シリア出土
鉄器時代・前1千年紀


Sh3g3895

・聖魚オクシリンコス像@3室

 オクシリンコスとは神話に登場する聖魚で,上エジプトにある同名の町が信仰の中心地でした。細長い特徴の下顎から,エレファント・ノーズ・フィッシュがモデルと思われます。太陽円盤と牡牛の角の冠を戴くこの像は,棹の先に取り付けられていたようです。

(展示キャプションより)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131222 東京国立博物館・総合文化展 その5

13/12/22
東京国立博物館・総合文化展

 もう何も言わずに見て欲しい。

Sh3g3884

Sh3g3886

Sh3g3887

Sh3g3888

Sh3g3889

・テラコッタ小像及び破片@3室

 中国・ヨートカン
 1~4世紀
 大谷探検隊将来品

 一つ一つの表情の豊かさに,思わずへばりついて見てしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20140216 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ」 A REAL MOTHER FOR YA / JOHNNY GUITAR WATSON

 今週は,棚からひとつかみ。
 吉例により, 1曲目 ひととき / 山下達郎 は割愛。
 良い曲なんだけどね。

 こちらはこちらいい曲だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のたなくじ

 なんと今週はびっくり,2本撮影したが両方とも

「鍋吉 【鍋をすると吉】」。

 今週は鍋吉増量中か……?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131222 東京国立博物館・総合文化展 その4

Sh3g3873

13/12/22
東京国立博物館・総合文化展

 本館2階が休館している。どうしようかと考えていたら,2013年1月にリニューアルオープンした東洋館をじっくり見ていなかったことに気づいた。
 それでは,いい機会だ。今回見学することにしよう。

Sh3g3874

 お出迎えもしてもらった。


Sh3g3875

・菩薩交脚像@3室

 花綱飾りを持つガンダーラの菩薩像は,観音菩薩と考えられる作例が多いのですが,本像は頭にターバン飾りにガルダにさらわれるナーギニーの図を表しているのが特異です。また,交脚像には弥勒菩薩の作例が多く,像の名称は意見が分かれています。

(展示キャプションより)


Sh3g3877

・如来立像@3室


Sh3g3879

・如来坐像@3室

 如来立像も如来坐像も,ちょっと西洋調の空気の入っている顔が興味深い。


Sh3g3881

Sh3g3883

・獅子頭部@3室
 パキスタンで発掘されたもの。クシャーン朝・2~3世紀

 さ,じっくり回るとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20140209 山下達郎 サンデーソングブック 「1づくしで棚からひとつかみ(1111回記念) 」 ONE LITTLE TEARDROP / GEORGE GRANT & THE CASTELLES

 うわぁ,これはいい。
 よく,こんな曲を見つけてきたなぁ……。

 今日はこの辺で。
 吉例により, ONE NIGHT STAND/ 竹内まりや  は省略。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131222 東京国立博物館・総合文化展 その3

13/12/22
東京国立博物館・総合文化展


Sh3g3866

Sh3g3867

・色絵 波に三日月文碗 仁清・作@13室

 仁清(にんせい)色絵陶の初期の作と考えられる作品。箱書に「宗和老ヨリ来仁和寺焼 茶碗 俊了」とあり,この茶碗が金森宗和の指導のもとで焼かれていた頃の作と分かる。呉器(ごき)茶碗を思わせる碗形(わんなり)をわずかに歪ませ,ほぼ全面に施釉し,デザイン化した波と三日月を描く。

 (展示キャプションより)

Sh3g3869

・色絵 翡翠図平鉢 伊万里(古九谷五採手)@13室

 この平鉢,好きなんだよなぁ。見る何度も写真撮ってしまう。

Sh3g3871

・三彩狸置物 讃窯・仁阿弥道八・作

 狐が女性に化けることが多く,狸は僧侶に化けるのが得意という。いかにもユーモラスな狸の姿をとらえた大香炉。衣と袈裟(けさ)の表現に対して,狸の毛並みは実によく質感をとらえている。彫塑の技に優れた仁阿弥道八の作で,その技が見事に発揮されている。

 (展示キャプションより)

 さて,本館は見学し終えた……。どこへ行こうか。
 そうだ,あそこへ行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131222 東京国立博物館・総合文化展 その2

13/12/22
東京国立博物館・総合文化展

Sh3g3862

・自在置物 龍 明珍宗察・作@13室


 この龍は両手足や銅をくねくねと動かすことができ,きわめて写実的な造形を示している。作者の明珍宗察(みょうちんむねあき)は明珍を名乗ることから,元来は甲冑師(かっちゅうし)の家の出身であったと思われる。自在置物としては最古の年号が記され,また龍では最大の出来栄えも優れている。

 (展示キャプションより)

Sh3g3864

・自在置物 龍 里見重義・作@13室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月9日 - 2014年2月15日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »