« 20140615 山下達郎 サンデーソングブック 「JUNE BRIDEにちなんだ棚からひとつかみ」 TODAY I MET THE BOY I'M GONNA MARRY / ELLIE GREENWICH | トップページ | 20140615 山下達郎 サンデーソングブック 「JUNE BRIDEにちなんだ棚からひとつかみ」 CHURCH BELLS MAY RING / THE WILLOWS »

20140517 J1第14節,FC東京(3-0)ガンバ大阪@味の素スタジアム

Sh3g4544

Stadium 14-13
14/05/17
J1第14節,FC東京(3-0)ガンバ大阪
味の素スタジアム

Sh3g4545

(プレビュー)
 日本代表発表後初のJ1。思ったよりお客さん入っている。ワリフバッグはゲットならず。
 スタメン。GK20。DF2,3,29,6。4がアンカー。7,8のインサイドハーフ,トップ下17。11,14のツートップ。
 SUB,1,24,50,22,38,9,13。

Sh3g4546

(前半)
1' 11のプレーをオフサイドと思い込んだG大阪。足を止めた隙にプレーを続けたFC東京。11がゴールを決め,(1-0)。
2' 14がゴールを決めて,(2-0)。
4' CK7「カウンター要注意。いつもの守りの形が生きてくる。」by石井さん。
6' 宇佐美のミドルシュート。2点先制して安心しているのか,守りの詰めが甘い。
11' CK,今度は17がK。
13' 倉田のミドルシュートは枠外。ミドルが何本か打たれる。4,プレーに迷いがあるのか,ボールダッシュに行かない場面も。
18' G大阪,CK遠藤。Fあってプレー止まる。
24' 右サイドから崩され,クロスでえぐられる。「(FC東京の)2点入った後に入場した人たちはG大阪有利とみるのでは?」by石井さん。
25' G大阪,岩下が黄。「パスを出す側ともらう側の息が合っていない。」by石井さん。CK,あわやゴールというところで6が頭でクリアー。その後,8がカウンターをするもボールが足につかず。「勢いがないなぁ。」by石井さん。
32' 倉田のシュート。GK20がキャッチ。
34' G大阪のCK。「どうしても(FC東京は)1点取られたいんだなぁ。」by石井さん。
43' 11へ大きく出したところ,カウンターになる。11シュート,G大阪のGKはじく。14が詰めボールを奪って攻撃を続ける。

(後半)
G大阪,13out,10in。
3' FK6。
5' 14のシュートは枠外。
7' 11ゴール決める!(3-0)
9' G大阪,遠藤,黄。G前,20mでFK。6のキックはバーに当たって,混戦の中からシュートも外に出る。CKに。
12' G大阪,8out,25in。
13' G大阪,倉田に黄。
18' 「東京の選手も疲れてきたみたいだ。」by石井さん。
22' G大阪,倉田にシュートを浴びる。
23' 8out,38in。
24' CK。Kは38。
26' G大阪,19out,9in。「勢いがなくなってきた。」by石井さん。
30' 「危なっかしい」by石井さん。そんな場面が続く。
32' 17out,22in。
36' 「(FC東京の)スローインは本当に下手だなぁ。」by石井さん。
39' 11out,13in。「もうここまで来たら無失点。」by石井さん。
44' G大阪CK。
45'+3' ♪「眠らない街」始まる。試合終了。(3-0)。
「疲れながらも勝利」by石井さん。

Sh3g4548

|

« 20140615 山下達郎 サンデーソングブック 「JUNE BRIDEにちなんだ棚からひとつかみ」 TODAY I MET THE BOY I'M GONNA MARRY / ELLIE GREENWICH | トップページ | 20140615 山下達郎 サンデーソングブック 「JUNE BRIDEにちなんだ棚からひとつかみ」 CHURCH BELLS MAY RING / THE WILLOWS »

Stadium」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20140517 J1第14節,FC東京(3-0)ガンバ大阪@味の素スタジアム:

« 20140615 山下達郎 サンデーソングブック 「JUNE BRIDEにちなんだ棚からひとつかみ」 TODAY I MET THE BOY I'M GONNA MARRY / ELLIE GREENWICH | トップページ | 20140615 山下達郎 サンデーソングブック 「JUNE BRIDEにちなんだ棚からひとつかみ」 CHURCH BELLS MAY RING / THE WILLOWS »