« 2014年1月の目標,その後 | トップページ | 20140126 山下達郎 サンデーソングブック 「極私的・青山純追悼 Part 2」 LOVELAND, ISLAND / 山下達郎 »

【棚から一掴み】祝田秀全『歴史が面白くなる東大のディープな世界史』(ELH)

 2014年,最初に読み終えた本がこれ。
 帯にある「地球規模の歴史ドラマが読み解ける!」という文句に誤りはないと言っていいだろう。
 巻頭の第1問,エジプト5000年の歴史を,指定語句を用いて540文字で書かせるというのは,ただ単に暗記だけでは解けないことをうかがわせる。
 その後も,4世紀のローマ帝国でのキリスト教の取り扱いなど,興味深い問題が何問も登場する。

 しかし,いかんせん,構成が良くない。第1章に,全270頁の内170頁をかけている。
 第2~4章に残りの頁数,ちょっと,バランスが良くない感じが受ける。
 いっそのこと,第1章だけでこの本を構成し,第2章以降は,「世界史2」として発行した方が良かったのでは。
 第2章以降の解説の弱さを見てもそう感じる。

【図書館分類】204

|

« 2014年1月の目標,その後 | トップページ | 20140126 山下達郎 サンデーソングブック 「極私的・青山純追悼 Part 2」 LOVELAND, ISLAND / 山下達郎 »

翔太だって社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【棚から一掴み】祝田秀全『歴史が面白くなる東大のディープな世界史』(ELH):

« 2014年1月の目標,その後 | トップページ | 20140126 山下達郎 サンデーソングブック 「極私的・青山純追悼 Part 2」 LOVELAND, ISLAND / 山下達郎 »