« 2013年12月1日 - 2013年12月7日 | トップページ | 2013年12月15日 - 2013年12月21日 »

2013年12月8日 - 2013年12月14日の記事

20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 待ちぼうけ / 堀ちえみ

 堀ちえみさんも,私のストライクゾーンから外れたアイドルの一人。
 「どうして,この子がアイドル?」と疑問に思っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20130913 「ミケランジェロ」展@国立西洋美術館

Sh3g3515

13/09/13
「ミケランジェロ」展
国立西洋美術館

 内容は,スライドトークとかぶるので省略。
 スライドトークを聞いた後,展覧会を鑑賞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20130913 「ミケランジェロ」展,スライドトーク@国立西洋美術館

Stage 13-17

13/09/13
「ミケランジェロ」展,スライドトーク
国立西洋美術館

 この日は,仏頭展@東京藝術大学大学美術館のあと,国立西洋美術館でのミケランジェロ展を見に。
 というのも,この日は18時からスライドトークがあるのだ。

 そのときの内容をメモにした……。


 ミケランジェロ。89年の生涯,彼の作品を見ることによって傾向を探る。カーサ・ブオナローティから貴重な作品を今展覧会では展示している。
 前期はフィレンツェ,後期はローマにて,時の権力者に好かれ,作品製作に没頭できた。
 ミケランジェロの人体作品を多く展示している。

 今回の展覧会の見所。

第1章 伝説と真実:ミケランジェロとカーサ・ブオナローティ
 17世紀,フィレンツェの作家により,彼の伝記絵が作成されたが,残っているのは1舞。伝記絵は珍しい。
 パトロンに恵まれたミケランジェロだが,孤独を好んだ。摂生した生活をしていた。当時の食事のメニューは,イワシ,パン,ワイン,トルテッソ,ウイキョウのスープ,トスカーナ産のチーズやワイン。ミケランジェロは生涯独身。同時代の画家が素描をまねた,「レダと白鳥」。素描はあるが本物は焼失。

第2章 ミケランジェロとシスティーナ礼拝堂
 30代,60代とミケランジェロは,バチカンのシスティーナ礼拝堂に携わる。1508~,天井画の「創世記」,1536~「最後の審判」。素描は複雑な筋肉の動きをしっかりと表す。しかし,素描は1518,大部分を焼却。その全体像はよく分からない。礼拝堂の絵は当時の人々に大きな影響を与え,ジョルジョ・ギージによる版画はあちこちに伝播した。

第3章 建築家ミケランジェロ
 メディチ家の元で建築に関する才能を開花させた。サンロレンツォ聖堂の改修や,1524,ラウレンツィアーナ図書館の建築など大きなプロジェクトが次々と舞い込んできた。多忙を極めた。1529,メディチ家を追放される。カンピドーリオの丘の整備やサンピエトロ大聖堂の整備を手がける。

第4章 ミケランジェロと人体
 人体への強い関心を持ち続けていた。
 「階段の聖母」は15才の作品。対立するものを同じ素描の表と裏に分けたり,一対の彫刻を作ったりする。
 「キリストの磔刑」と「階段の聖母」の類似点などを見つけてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 色・ホワイトブレンド / 中山美穂

 正直,デビュー当初の中山美穂さん,可愛いとは思わなかったなぁ。
 しかし,時を経るごとにきれいになっていくのには驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20130913 「国宝 興福寺 仏頭展」@東京藝術大学大学美術館

Sh3g3514


13/09/13
「国宝 興福寺 仏頭展」
東京藝術大学大学美術館
どの神将も個性的でユーモラス。躍動的な姿でいつまで見ていても飽きが来ない。
01 毘羯羅大将像(ビカラ):お姉系な左手使い
02 招杜羅大将像(ショウトラ):櫓のような刀を持ち
03 真達羅大将像(シンダラ):リーダー格
04 摩虎羅大将像(マコラ):口を「ヘ」の字に
05 波夷羅大将像(ハイラ):首をかしげ「困った」様子
06 因達羅大将像(インダラ):斜め45°上を向く
07 珊底羅大将像(サンテイラ):武術の達人のような鎧
08 頞儞羅大将像(アニラ):手に持っているのは煙管か?
09 安底羅大将像(アンテイラ):口を大きく開け体をS字形に
10 迷企羅大将像(メキラ):片足立ちの躍動感
11 伐折羅大将像(バサラ):下唇がしゃくれ上がる
12 宮毘羅大将像クビラ)寡黙な殺し屋,という感じ

第3章 銅造仏頭と国宝 木造十二神将立像
 こちらは直球勝負。それでも奈央,十二神の個性は光っている。板彫と同様,真達羅大将像(シンダラ)がリーダー格に見えるのは気のせいか。
 銅造仏頭,1937年(S12),東金堂の解体修理時に発見。1180年の兵火により失。→1187年に安置した薬師如来像→1411年,落雷により焼失。焼け残ったもの。胴がなくとも1967(S42),国宝に指定される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20130908 東京国立博物館・総合文化展 その4

13/09/08
東京国立博物館・総合文化展

・10室,浮世絵は鈴木春信特集。

・16室は博物譜の特集陳列。

Sh3g3500

・「獣譜草藁」阿部櫟斎(あべれきさい)編@10室
 モルモット,麒麟(きりん),オランウータンなど27種を,描写あるいは洋書からの切り抜きにて収録する。版心に「本草圖(?)譜巻之 獣部とあり,本書が『本草網目』の続編であることが知られる。本文中は和蘭の名称,産地や,翻訳による性質,特徴などを記す。

Sh3g3503

・「博物館列品図録 動物部 第一」田中芳男(1838~1916)撰,最上幸吉筆
 内山下町時代の博物館が飼育していたと思われる動物を描いた図録である選者の田中芳男は,明治15年(1882)に●●した博物館天文部の付属施設である恩賜上野動物園の生みの親である。しかし,明治10年(1877)当時の博物館の動物飼育所は●●な施設であったという。(文中●●は写真を撮ったが読み取れないもの)

 久しぶりの東博,楽しませてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 リトル・プリンセス / 岡田有希子

 このときの岡田由希子さん,自分の人生の行く末など知らなかったんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20130715 冷やしカツそば@よもだそば日本橋店

Sh3g3268

 よもだそばには,銀座店と日本橋店の2軒あるという。
 銀座店は,先日探し当てた。さて,日本橋店はどこにあるのだろうか。
 今回,日本橋に行くことがあったので,探してみた。
 大通りから一本入ったところに発見。ほほぅ,ここにあったのか。
 この日は祝日なのに,お店は開いていた。開いているのは嬉しい。

Sh3g3269

 日本橋店限定の冷やしカツそばをいただく。
 カツをそばつゆでいただく,というのはこういうことなのか。
 いや,これはいける。
 よもだそばは,毎回,いろいろとチャレンジしてくれて嬉しい。これも当たり。

 期間限定のそばばかりいただいているので,未だに定番のかき揚げそばやカレーライスを食していない。
 また,通いそうだ。

 おいしゅうございました。

よもだそば ( 日本橋(東京) / そば )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ

よもだそばそば(蕎麦) / 日本橋駅三越前駅東京駅
昼総合点★★★★ 4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20130713 お一人様ワイン会@フェリア

Sh3g3264

 恒例,お一人様ワイン会。

Sh3g3265

・国産真ダコとジャガイモ,フレッシュトマトのサラダ,ナポリ風

Sh3g3266

・白金豚のサルシッチャと白インゲン豆,トマトのオリーブ焼き

Sh3g3267

 食後にはドン・アントニオ。
 おいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 元気を出して / 薬師丸ひろ子

 「けんかをやめて」を作った人が「元気を出して」を作る……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch-J League 2013-12/8

 12月8日,J1昇格プレーオフ第2節が行われた。その試合結果は以下のとおり。

◇J1昇格プレーオフ 第2節
京都 0 - 2 徳島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch-J League 2013-12/7

 12月7日,J1第34節が行われた。その試合結果は以下のとおり。

◇J1 第34節
鹿島 0 - 2 広島
浦和 2 - 5 C大阪
F東京 2 - 0 仙台
川崎F 1 - 0 横浜FM
湘南 0 - 1 大宮
甲府 0 - 0 鳥栖
新潟 2 - 0 名古屋
清水 1 - 2 柏
磐田 3 - 1 大分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch-J League 2013-:GOAL DIGEST!(J1第34節)

鹿島−広島@カシマ 35分 石原 直樹(広島)
F東京−仙台@味スタ 53分 ルーカス(F東京)
新潟−名古屋@東北電ス 65分 川又 堅碁(新潟)
湘南−大宮@BMWス 74分 下平 匠(大宮)
磐田−大分@ヤマハ 18分 木村 祐志(大分)
清水−柏@アイスタ 83分 田中 順也(柏)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】今宵はサッカー中心か(12月1日(日)~12月7日(土) )

 水曜日,スポーツの話をしよう。
 【Big Wednesday】です。
 12月1日からのスポーツニュースを振り返ってみよう。

・横峯さくら,賞金女王逃し,森田理香子が女王に。(1日)
 このブログでゴルフを取り上げることはまず無いが,これは簡単に。
 シーズン当初,森田理香子が賞金女王へ突っ走るのかと思いきや,横峯さくらが追い上げ,最終戦にまでもつれ込んだ。ほとんどゴルフのニュースはチェックしない私は,「あれ,いつの間に?」と思ったほど。
 最終戦までもつれ込むのは,事務局としては耳目が集まるので嬉しいと思うのだが。

・早明戦後にユーミン 選手も涙。(1日)
 大学ラグビーの凋落ぶりから,早明戦にお客さんが入らなくなって久しい。
 今回,現在の陸上競技場では最後の早明戦ということもあり,春先から早稲田・明治双方とも集客作戦を実施したようだ。
 で,今回のユーミン。盛り上がったことでしょう。
 これには,ユーミン側の事情もあるようだし。

・五輪で胴 競泳の寺川綾が引退(3日)
 競泳の寺川綾が,引退を決めた。紆余曲折の人生を歩んでいたように記憶している。いろいろと壁にぶつかってもがき苦しんだ選手だっただろう。にもかかわらず,ロンドン五輪でメダルを取ったのには,私自身非常に嬉しかった。(テレ朝「Get Sports」の影響かもしれないが。)

・フィギュアGPファイナル,羽生が初制覇(6日) 浅田真央は連覇(7日)
 フィギュアスケートのグランプリファイナルが行われ,男子では羽生が初制覇した。織田信成は3位。女子では浅田真央が連覇を達成。しかし,キム・ヨナ不出場での連覇。本人は納得がいかないかもしれない。


●From the Pitch
・鹿島DF岩政が退団へ 自ら決断(3日)
 岩政が退団……,そういえば,シーズン途中から出場機会が減っていたなぁ。他の選手に追い抜かれてしまったのか。首脳陣からしてみれば,岩政のような選手がベンチにいれば,安心して試合運びができるんだけどねぇ。
 どこに行くのかなぁ……。FC東京に来てくれるとちょっと嬉しい。鹿島のマリーシアを東京の選手に教えてくれるといいんだけど。

・J1広島「2位でいい」発言した市長陳謝(4日)
 広島市長が,J1広島が年間優勝するとスタジアム問題が再燃することを懸念。「2位でいい」と発言したようだ。この前後の発言を聞いてみないと「2位でいい」がどのような意味を持つのか分からない。
 しかし,エディオンスタジアムの改修問題,市の中心部にスタジアム建設要望,広島市民球場の跡地利用……さまざまなことを考えると,広島は2位でいて欲しい,そう市長が思うのも無理はない。ある意味,心のバリアーがとれた状態での発言だったのでは無かろうか。
 私はエディオンスタジアム広島には訪れたことはないが,少なくともFC東京戦の遠征で見に行く候補にはならないなぁ。だって,広島駅から遠いんだもん。

・J1広島 最終節での逆転優勝 横浜Mは連敗で優勝逃す(7日)
 J1最終節が7日行われ,広島が鹿島に勝利し,横浜Mが川崎Fに敗れ,広島が逆転でJ1優勝を飾った。広島は昨年に引き続きの連覇。
 試合終了後,横浜Mの中村俊輔が崩れ落ち泣き伏せる姿が印象的だった。この悔しさを来季につなげて欲しい反面,横浜Mは選手層が薄かったり,選手の平均年齢が高かったりするなど来季への不安も隠せない。どう立て直すかがポイントである。
 一方,優勝した広島も似たようなことが言える。選手が固定化されていることは,来季ACL出場への大きな不安材料ともなる。春先,ACLとJリーグの掛け持ちで勝ち点が伸び悩むと,あとあと苦しいことになるかもしれない。
 ちなみに,ACL出場は,前節出場を決めた横浜Mの他,優勝した広島,3位の川崎Fが決めた。

・2014年サッカーW杯 予選L対戦相手決まる(7日)
 サッカーW杯,予選リーグの抽選会が行われ,日本はコロンビアの他,コートジボワール,ギリシャとの対戦が決定した。
 メディアの評価はさまざま。「優勝経験国無しはラッキー」「今まで対戦したことの無いような国。戦術面で心配」など。私はどうでもいいい。盛り上がってくれれば。
 なお,試合時間について,当初発表された時間から変更されたようだ。それは気が向いたら,このブログでも。

●Let's Go Lions!!
・西武・片岡,FAで巨人入りを決める。(2日)
 国内FA宣言をしていた片岡が巨人に入りを決めた。TVニュースを見て思ったのが,何かの宴の席でのインタビューが載っていた(片岡のインタビュー中に西武・中村が「巨人?」って一言言って立ち去る映像)ようだが,それって……。

・西武・秋山が「幼なじみ婚」(2日)
 この披露宴の時のインタビューじゃないかなぁ……。人の披露宴でのインタビューでFA関連って,ちょっとメディアの方々,気を遣ってあげないと。
 秋山,結婚おめでとう。
 

 それでは,また次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 ファースト・デイト / 岡田有希子

 すいません,この曲は初めて聴く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20130908 東京国立博物館・総合文化展 その3

13/09/08
東京国立博物館・総合文化展

Sh3g3496

・黒糸威二枚胴具足@5室
 カブトムシの角のような兜が特徴。

Sh3g3497

Sh3g3498

Sh3g3499

・「四季花鳥図巻」酒井抱一筆@8-2室
 朝顔の青が綺麗だ。

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20130908 東京国立博物館・総合文化展 その2

13/09/08
東京国立博物館・総合文化展

Sh3g3493

・「四季花鳥図屏風」伝雪舟等揚筆@3-3室

Sh3g3494

 ほぼ実物大の鶴にはびっくり。

Sh3g3495

・黒釉文琳茶入 銘 望月@4室
 4室にはあまり入らない私。されで,このまん丸の茶入れはかわいかった。

 ピンぼけで申し訳ない。この頃,ちょっと撮影技術が未熟だった。
 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 けんかをやめて / 河合奈保子

 この曲,衝撃的だったよなぁ。
 恋の三角関係をもろに歌うんだもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のたなくじ

 今週のたなくじは2本。

「大吉 ウルトラC」
「超吉 【大吉を超えた吉】」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月1日(日) ~ 2013年12月7日(土)のアクセス解析

2013年12月1日(日) 084 ★★★★★ ★★★
2013年12月2日(月) 091 ★★★★★ ★★★★
2013年12月3日(火) 082 ★★★★★ ★★★
2013年12月4日(水) 039 ★★★★
2013年12月5日(木) 042 ★★★★
2013年12月6日(金) 072 ★★★★★ ★★
2013年12月7日(土) 058 ★★★★★ ★

 ちょっと,ここへ来てアクセスが減ってきた。
 新アクセス解析のせいかもしれない,と信じたい。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 リンダ / アン・ルイス

 この曲,良い曲だよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20130908 東京国立博物館・総合文化展 その1

Sh3g3492

13/09/08
東京国立博物館・総合文化展

 約40日ぶりのトーハク。

・十一面観音菩薩立像@1-2室
 写真がないのは,おそらく,撮影禁止のせいだろう。

・「和歌体十種」「和歌体十種断簡」@2室
 国宝室の展示はこれ。これも写真無し。

・「北野天神縁起絵巻(建治本)断簡@3-1室
 これも写真無し。今回,撮影禁止のものばかり,印象に残っていた。
 北野天神の前を通る際,牛車を降りなかったため牛が急死したエピソードを描いたもの。

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20130907 「米田知子 暗なきところで逢えれば」展&「写真のエステ-写真作品のつくり方」@東京都写真美術館

Sh3g3491

13/09/07
「米田知子 暗なきところで逢えれば」展
「写真のエステ-写真作品のつくり方」
東京都写真美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月1日 - 2013年12月7日 | トップページ | 2013年12月15日 - 2013年12月21日 »