« 2013013 「ル・コルビュジエと20世紀の美術」@国立西洋美術館 | トップページ | 20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 OH NO, OH YES / 中森明菜 »

20130914 MOMATコレクション@東京国立近代美術館

Sh3g3519

13/09/14
MOMATコレクション
東京国立近代美術館

1 ハイライト
・小林古径「玉蜀黍(とうもろこし)」。
 屏風。二曲一双。
 遠目に見ると左隻は斜めにとうもろこしと黒い葉。もうすでに実がなっているのか,穂も黄色。
 右隻は真ん中にぴんと伸びる茎。薄黒い葉は生命感に溢れている。まだ実になる前なのか?と思って近づくと右隻のとうもろこしもそこそこ大きくなっている。

・加山又造「千羽鶴」
 左:満月。右:十六夜?十三夜?俵屋宗達の「鶴下絵和歌巻」に着想。

2 文展開設前後
・尾竹竹玻(おたけちくは)「おとづれ」
 六曲一双。「おとづれ」を「訪れ」と読んだとき,人の家への訪問,秋の訪れ。
 「音連れ」と読んだとき,秋の虫の音と友に邸宅へ入る,ともとれる。そう考えると,2人の童子のうち,1人の振り向き画面白かったりする。

7 空を飛ぶ夢
・北脇昇「空港」
 カエデの種を飛行機に,ひまわりの種を管制塔に見立てている。

8 1950年代 理想と現実のはざまで
・藤田嗣治「動物宴」
 繊細な画風でユーモラスな動物の動き。見ていて楽しい。
・藤田嗣治「少女」
 これ,初めて見るのでは?これもGood。
 上記の他,いくつかの藤田の絵があったが,驚くほどタッチが違う。Bunkamuraザ・ミュージアムの「藤田嗣治展」を意識いているのか?

10 日本画
・速見御舟「京の家・奈良の家」
 シンプルな線を用いての家。日本画とは思えない。
・菱田春草「雀に鴉」
 右隻には鴉が1羽。左隻には雀が27羽。

|

« 2013013 「ル・コルビュジエと20世紀の美術」@国立西洋美術館 | トップページ | 20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 OH NO, OH YES / 中森明菜 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20130914 MOMATコレクション@東京国立近代美術館:

« 2013013 「ル・コルビュジエと20世紀の美術」@国立西洋美術館 | トップページ | 20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 OH NO, OH YES / 中森明菜 »