« 20130908 東京国立博物館・総合文化展 その4 | トップページ | 20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 色・ホワイトブレンド / 中山美穂 »

20130913 「国宝 興福寺 仏頭展」@東京藝術大学大学美術館

Sh3g3514


13/09/13
「国宝 興福寺 仏頭展」
東京藝術大学大学美術館
どの神将も個性的でユーモラス。躍動的な姿でいつまで見ていても飽きが来ない。
01 毘羯羅大将像(ビカラ):お姉系な左手使い
02 招杜羅大将像(ショウトラ):櫓のような刀を持ち
03 真達羅大将像(シンダラ):リーダー格
04 摩虎羅大将像(マコラ):口を「ヘ」の字に
05 波夷羅大将像(ハイラ):首をかしげ「困った」様子
06 因達羅大将像(インダラ):斜め45°上を向く
07 珊底羅大将像(サンテイラ):武術の達人のような鎧
08 頞儞羅大将像(アニラ):手に持っているのは煙管か?
09 安底羅大将像(アンテイラ):口を大きく開け体をS字形に
10 迷企羅大将像(メキラ):片足立ちの躍動感
11 伐折羅大将像(バサラ):下唇がしゃくれ上がる
12 宮毘羅大将像クビラ)寡黙な殺し屋,という感じ

第3章 銅造仏頭と国宝 木造十二神将立像
 こちらは直球勝負。それでも奈央,十二神の個性は光っている。板彫と同様,真達羅大将像(シンダラ)がリーダー格に見えるのは気のせいか。
 銅造仏頭,1937年(S12),東金堂の解体修理時に発見。1180年の兵火により失。→1187年に安置した薬師如来像→1411年,落雷により焼失。焼け残ったもの。胴がなくとも1967(S42),国宝に指定される。

|

« 20130908 東京国立博物館・総合文化展 その4 | トップページ | 20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 色・ホワイトブレンド / 中山美穂 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20130913 「国宝 興福寺 仏頭展」@東京藝術大学大学美術館:

« 20130908 東京国立博物館・総合文化展 その4 | トップページ | 20131201 山下達郎 サンデーソングブック 「『MARIYA'S SONGBOOK』 特集 Part 1」 色・ホワイトブレンド / 中山美穂 »