« 20130818 「小さな伊万里焼展-小皿・向付・猪口」@戸栗美術館 | トップページ | 20131110 山下達郎 サンデーソングブック 「 私家版:岩谷時子 追悼 PART 1」 逢いたくて逢いたくて / 園まり »

20130818 「35年の感謝をこめて 渋谷公園通り たばこと塩の博物館物語」@たばこと塩の博物館

Sh3g3408

13/08/18
「35年の感謝をこめて 渋谷公園通り たばこと塩の博物館物語」
たばこと塩の博物館

Sh3g3409

 今回の展覧会で,渋谷での「たばしお」はひとまず終了。
 ということで,押っ取り刀で来訪。
 もう,先日の蝋人形館といい,ここといい,夏休み中に閉館・休館の多いこと。

Sh3g3411

 この銅像ともしばしのお別れ。

I 大蔵省専売局による資料収集事業
・最初のコレクションは昭和7年(1932)~昭和12年(1937)の「煙草に関する参考品収集」。
・古堀栄が浮世絵収集。これが館コレクションの礎。

II 全国各地で大盛況だった「たばこ展覧会」。
・昭和7年(1932)~昭和8年(1933),名古屋・大阪・東京でたばこ展覧会開催。

III 日本専売公社の発足と資料収集
・たばこ製造専売70周年記念事業で博物館建設。当時渋谷の土地は専売公社の木像社宅4棟があった。

IV たばこと塩の博物館設立前夜
・開館時の資料,17,000点
・開館当初の展示。エントランス~M2F「たばこの発生」~「伝播(世界のたばこ)」~2F「日本のたばこ,江戸時代のたばこ屋のジオラマ」~3F「塩の展示」~4F「浮世絵と喫煙具」

1985 2F,3F改装。日本たばこ産業(株)発足。
1996 2F情報コーナー
2004 2F,M3F改装
2009 ミュージアムカフェ,ショップ改装
2013 休館~墨田区へ移転。

・シンボルマークのデザインは田中晋。

V たばこと塩の博物館活動と資料収集
・2013年7月現在,資料は37,000点以上。

Sh3g3412

 江戸時代のたばこ店(常設展・2Fの展示から)

|

« 20130818 「小さな伊万里焼展-小皿・向付・猪口」@戸栗美術館 | トップページ | 20131110 山下達郎 サンデーソングブック 「 私家版:岩谷時子 追悼 PART 1」 逢いたくて逢いたくて / 園まり »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20130818 「35年の感謝をこめて 渋谷公園通り たばこと塩の博物館物語」@たばこと塩の博物館:

« 20130818 「小さな伊万里焼展-小皿・向付・猪口」@戸栗美術館 | トップページ | 20131110 山下達郎 サンデーソングブック 「 私家版:岩谷時子 追悼 PART 1」 逢いたくて逢いたくて / 園まり »