« 20130728 「区報に見る江東区のあゆみ」@江東区中川船番所資料館 | トップページ | 20131013 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ+リクエスト」 OPEN MY EYES / MARCO & THE DT6 »

20130801 「<遊ぶ>シュルレアリスム」展@損保ジャパン東郷青児美術館

Sh3g3320

13/08/01
「<遊ぶ>シュルレアリスム」展
損保ジャパン東郷青児美術館

第1章 友人たちとの集い
1924 アンドレ・プルトン 「シュルレアリスム宣言・溶ける魚」(書籍(23))を発表。運動が正式に発足。
 (1)~(12)マン・レイが仲間の写真を撮っている。マン・レイは(22)「チェス・セット」なども作っている。そう言えば,写美で「マン・レイ」展見たなぁ。
 (13)「甘美な死骸」:「甘美な・死骸が・新しい・ワインを・飲むだろう。」という文章を絵にしたもの。「いつ」「誰が」「何をする」というカードをアトランダムに引いたときに出来る文章を元に絵にした。コサキンのコントに似ている。

第2章 オブジェと言葉遊び
 (42)マルセル・デュシャン「ロト・レリーフ」。レコードプレーヤーで回転させると立体に見える。しかも,片目で見るとなおのこと立体に見える。両目ではなく片目だと立体……?

第3章 コラージュと偶然の出会い
 岡上淑子(おかのうえとしこ)
 1951,シュルレアリスト瀧口修造により発見されたコラージュ作家。6年間で100点超の作品製作。その後彗星のように故郷・高知へ帰った。

第4章 写真の超現実
 植田正治,瑛九 二人の日本人。

第5章 人体とメタモルフォーズ
 (146)ジョルジュ・デ・キリコ「広場での二人の哲学者の遭遇」

第6章 不思議な風景

第7章 驚異と自然のコレクション

|

« 20130728 「区報に見る江東区のあゆみ」@江東区中川船番所資料館 | トップページ | 20131013 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ+リクエスト」 OPEN MY EYES / MARCO & THE DT6 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20130801 「<遊ぶ>シュルレアリスム」展@損保ジャパン東郷青児美術館:

« 20130728 「区報に見る江東区のあゆみ」@江東区中川船番所資料館 | トップページ | 20131013 山下達郎 サンデーソングブック 「棚からひとつかみ+リクエスト」 OPEN MY EYES / MARCO & THE DT6 »