« 20121006 国立科学博物館・常設展 その4 | トップページ | 20121008 [TWM03]隅田川を下る その8(のその2) »

20121008 [TWM03]隅田川を下る その8(のその1)

Sh3g2107

12/10/08
[TWM03]隅田川を下る その8

裏道、寄り道、まわり道……

小さな路地の先には、

大きな一瞬が待っている。

ポケットの中を、

空っぽにして歩いてみよう。

何かが見つかる。

そして、街が見えてくる。

 今回の散歩師は翔太。ブログをせこせこ書いている普通のおっさん。

「久しぶりに,『隅田川を下る』を再開します。少し暑かったので行く気が失せてしまった。10月になったので,少し歩き回るとしますか。
 今日は曳舟をスタートして,浅草辺りまで行ければいいかな,と思っています。その間,墨田区の小さな博物館に行ったり,浅草界隈で行ったことのない場所に行ければ,と思います。」

本日のコース
(東武)曳舟駅 ~ 羽子板資料館 ~ 桜橋 ~ 墨田区立郷土文化資料館 ~ 言問橋 ~ 待乳山聖天 ~ 山谷堀公園 ~ 江戸下町伝統工芸館 ~ テプコ浅草館・跡 ~ 吾妻橋 ~ 駒形橋 ~ 世界のカバン館 ~ 蔵前駅

 東武曳舟駅を出たら,まずは,羽子板資料館を目指す。
 羽子板資料館は,羽子板製作の書き入れ時,10月から翌年1月までは休館する資料館。もともと,2月から9月までの開館期間中も木・金・土の週3日開館で,私の訪れた日は月曜。入れるはずもない。
 でも,まぁ,場所だけでも分かれば良いやと,資料館の前へ。

Sh3g2108

 いたって,一般的な家。下町の職人さんの住んでいる家。
 でも,よく見ると窓にはこんな看板が。

Sh3g2109

 そう,これが墨田区小さな博物館の証し。

 羽子板資料館の場所を確認したところで,隅田川へ出よう。

Sh3g2110

 隅田川のほとりまで来る。長命寺のそばに墨堤に植えた桜に関する碑があった。
 そして,その周囲の案内地図を見て,私は一つの発見をしたのだ……。

 つづく。

|

« 20121006 国立科学博物館・常設展 その4 | トップページ | 20121008 [TWM03]隅田川を下る その8(のその2) »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20121008 [TWM03]隅田川を下る その8(のその1):

« 20121006 国立科学博物館・常設展 その4 | トップページ | 20121008 [TWM03]隅田川を下る その8(のその2) »