« 20120211 「都市から郊外へ-1930年代の東京」@世田谷文学館 | トップページ | 【Big Wed】トピックス,7月29日(日)~8月4日(土) »

【疑問】原子力発電への依存度について その2

 「イエスメン」という映画がある。
 お笑いテロリストというイエスメンが,大企業を巻き込み,とんでもないブラックなジョークを炸裂させるというものだ。
 映画は,イエスメンの行動を追ったドキュメンタリー。2本ほど映画になっていて,私は「松嶋町山の未公開映画を見るTV」で見た記憶がある。

 で,それと今回の表題「原子力発電への依存度について」とどう繋がるのか。

 今回の原発の事故で,日本人は非常に敏感になっている。原子力発電への依存は少ない方が良い,という意見が多いというのは分かる。そのため,原発依存度を高く(と言っても,今までより依存度は少ないんだけどね。),という意見を言う人に対して,風当たりが強い。
 それはそれで分かるのだが,自分たちの意見と違うものは悪,という風潮は困る。

 そこで,だ。イエスメンの登場だ。

 イエスメンが,原発依存度は高く,という主張を始める。最初はブーイングの嵐だろう。しかし,その意見を聞いていくうちに,いかに日本人が原子力発電所を,思慮なくどんどん受け入れてきたのか,補助金目当てで原発を誘致してきたのか,を(笑いの中で)説明していく。
 そして,原発依存度は少ない方が良いが,今までの原発に対しての無思慮の生活の反省を促し,自然へ回帰していこうと,イエスメンが説教していくのだ。その説教は,多少ブラックが入ったってかまわない,と私自身は思っている。
 あまりのブラックさに「原発依存度ゼロ」を目指す人々は,どう思うのだろうか。

 私がやれば良いではないか,という声も聞こえそうだ。このブログで,ブラックな説教を書こうかと思ったけれど,結構長く続いているこのブログが炎上するのが怖い(単なる保身)気持ちが大きく,ここで書くのはやめてしまった。

 いや,ホントは思ったんだよ。「原発を(電力の最大の消費地である)大都市から遠くに設置すると,途中の送電でロスが生じて……」という展開を。
 でも,途中でやめてしまった。

 なんて,小心者の私(反省)。

|

« 20120211 「都市から郊外へ-1930年代の東京」@世田谷文学館 | トップページ | 【Big Wed】トピックス,7月29日(日)~8月4日(土) »

View of 翔太」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【疑問】原子力発電への依存度について その2:

« 20120211 「都市から郊外へ-1930年代の東京」@世田谷文学館 | トップページ | 【Big Wed】トピックス,7月29日(日)~8月4日(土) »