« 20120107 「フェルメールからのラブレター展」@Bunkamuraザ・ミュージアム | トップページ | 20120107 「志の輔らくご in PARCO 2012」@PARCO劇場 »

【疑問】滋賀・大津市の中2自殺問題 その2

 連日,報道されている,滋賀県の中学2年生の自殺問題。
 17日の民事裁判で,原告側被告側の主張が報道されるだろう。

 で,今後のこの問題の行方,中学2年生の遺族側と学校側と,それぞれに主張に差があることから,問題は長引くであろう。
 今のところ,私がマスメディアなどで把握しているのは

●いじめと自殺の関連性を徹底的に調査する立場
・中学2年生の遺族
・マスメディア
・越直美大津市長
・文部科学省
・(4回目の被害届を受け取ったであろう)滋賀県警察
・ネット住民(私を含めて)

●いじめと自殺の直接の関連性はないと判断する立場
・中学2年生をいじめたであろう(と裁判で争っている),中学生とその保護者
・中学2年生の通っていた学校の教職員
・大津市教育委員会
・(3回まで被害届の受け取りを拒否した)滋賀県警察

 こんなところかな。今回強制捜査が市の教育委員会等に入ったところから,私は滋賀県警察は被害届を受け取ったとみている。しかし,いじめの直接の原因としてではなく,その直前の体育祭の暴行事件を被害届として受け取っているようだ。

 この両者の立場を見ると非常に微妙だ。学校や教育委員会という強力な組織力を持ったところが遺族側と対峙しているからなぁ。この牙城を崩すのは非常に難しい。しかも,資料の一部を滋賀県警が押収していたりすると,問題がやっかいだったりする。
 いじめの現場をしっかりと押さえていない遺族側は立証が難しいだろう。裁判が控訴上告と上級審へ行けば行くほど,立証は難しくなる。新しい証拠を探さなければならないから。

 そんなこといろいろと想像していたら,おそらくこの問題は十年単位の長いスパンで進むのではないだろうか,と思ったりする。大津市長は和解をしたいようなことを言っているようだが,教育委員会・学校がいじめは自殺の原因ではないと主張している現段階では,難しい。

 それともう少し気になることがある。
 一つは,マスメディアへの情報の流出の多さ。「警察への取材によると~」といって,押収した資料の情報が五月雨式に漏れていること。

 自殺前に中学2年生がお金を工面したことや,自殺後のアンケートの内容,中学の教員の中にいじめを把握している人がいる,と言った内容が,報道されている。これは,私たちメディアから情報を受け取る者にとっては,好奇心が持続して,この問題が風化されていないように移るが,今後,裁判や第三者委員会などで話題が出た場合,(報道された内容が事実の場合)この事実を隠蔽するために関係者間で口裏合わせが行われる可能性がある。

 現に,アンケート調査結果の内容報告について,教育長はいろいろと言って「自殺の練習という文言が目に入らなかった,耳に入らなかった」という趣旨のことを言っているようだ。これは,関係者間での口裏合わせの成果だろう,と推測している。

 捜査内容の情報はあまり漏らしすぎない方が,このいじめ問題の全貌解明のためには賢明だと思うが。

 二つ目の気になる点。今回自殺した中学2年生の人となりについて,非常に存在感がないのだ。
 いや,自殺してから半年以上経つので,報道はされていたのかもしれないが,自殺したりすると,亡くなった中学2年生は,成績が優秀だの,友達がいるとかいないとか,○○部に所属していたとか,そういった情報が流れ,中学2年生の人となりがおぼろげながら分かったりするのだが,今回,それがない。

 もちろん自殺した直後にはあったのかもしれないが,今は全く聞かれない。非常に匿名性が高いのが気になる。自殺した中学2年生を特定されないようにするためなのかもしれないが,でもなぁ……。

 三つ目の気になる点。12日夜に行われた中学での保護者説明会。
 どこぞの記事で読んだが,会に先立ち,黙祷をしなかったようだ。保護者から「黙祷しないのはおかしい」と言われて,慌てて,黙祷したようだ。
 この辺の些細な手落ちも気になるところだが,自殺した中学2年生の保護者が挨拶をしたようだ。「皆様にはご迷惑をおかけします。」と。
 子どもが亡くなって,その中学校の説明会で,会の冒頭で黙祷しない手落ちがあって,それでもなお,他の保護者に向かって「ご迷惑をおかけします。」と言える保護者の精神力には頭が下がる思いだ。
 そこまでして,保護者を動かせるのは何か。

 そして,最後。
 文部科学省や滋賀県警察は,夏休みを利用して詳細な調査(もしくは捜査)を行うようだが,中学校・教育委員会,中学生やその保護者にとって,門外漢というか外の人間がいきなりやってきて,「ちょっと話を聞かせてくれるかなぁ」と言ってきても,どれだけの人が事実を喋るのだろうか。知っていることを話すのだろうか。
 いじめというデリケートな問題を,信頼関係もなしに話すとはとうてい思えない。中学の先生たちだって,なかなか真相をつかめないことを,外の人間がいきなり真実をつかむのは難しいと思うが。

 まだまだ,この問題の行方が気になる。

|

« 20120107 「フェルメールからのラブレター展」@Bunkamuraザ・ミュージアム | トップページ | 20120107 「志の輔らくご in PARCO 2012」@PARCO劇場 »

View of 翔太」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【疑問】滋賀・大津市の中2自殺問題 その2:

« 20120107 「フェルメールからのラブレター展」@Bunkamuraザ・ミュージアム | トップページ | 20120107 「志の輔らくご in PARCO 2012」@PARCO劇場 »