« 2012年1月の目標,その後 | トップページ | 【来週何スル?】2月6日(月)~2月12日(日) »

【棚から一掴み】池上彰『見通す力』

【送料無料】見通す力

【送料無料】見通す力
価格:777円(税込、送料別)

(出版社のホームページより)
1年先をどうしたら予測できるのか?
池上流「先読み術」を初公開!

人気ジャーナリストはどのように情報を得て、「これから」を読んでいるのか。本書では、新聞、雑誌、テレビ、書籍、インターネットなどのメディアから価値ある情報をつかみ、今後を予測していく手法を紹介。不安に満ちた時代でも、「これから」が読めれば、仕事も人生もよい方向へ変えられる!

見通す力を高める4つのステップ
情報の収集
  ↓
情報の選別
  ↓
仮説の設定
  ↓
仮説の検証

(目次)と(ポイント)
序章 「見通す力」を使って将来を予測する
第1章 「見通す力」はこうして鍛える
 「見通す力」は,「テーマを決める」 → 「情報を集める」 → 「情報を選別する」 → 「仮説を立てる」 → 「仮説を検証する」 → 「仮説が誤っている場合は立て直す」 → 「仮説を再度検証する」 の繰り返しで取得できる。

第2章 見通すための情報収集(1)新聞、テレビなどを使った「ニュース定点観測」
 「ニュース定点観測」することにより,世の中の動きを体感できる。
 新聞記事を,隅から隅まで読む必要はない。大きな見出しだけを見て興味を引いた記事だけ読む。1面,3面,自分に関連のある面の記事だけの拾い読みをするだけでもいい。
 新聞スクラップはおすすめ。切り抜かずともページごと保管しておいても良い。
 テレビ報道は分かりやすい反面,「編集」されていることに留意。

第3章 見通すための情報収集(2)雑誌や書籍、ウェブサイトなどを使った「深掘り情報収集」
 「ニュース定点観測」により得た気になる情報は,雑誌や本,情報サイトなどでより詳しい情報を得る。これを「深堀り情報収集」という。
 集まった情報の中で矛盾することがある。情報の「選別」が肝要。
 その分野の中での「定本」を読むことにより,関連情報をまとめて手に入れることができる。
 ウェブの情報は,情報源をしっかりと把握すること,情報を手に入れる入り口程度だと思うこと。

第4章 仮説を設定し、検証してみよう—信頼できる情報をもとに、「これから」を予測する
 情報を集めた後は,今後何が起きるか「仮説」をたてること。
 その中で有効なのは,関連する「キープレイヤー」同士の関連性を明確にすること。
 「仮説」を立てる際,専門家の思考のプロセス・論理を体得すること。
 一度「仮説」を立てた後,常に検証が必要である。誤った場合は「仮説」を見直し,修正を加えること。

第5章 私はこうして先を見通そうとしてきた
第6章 「自動車業界」のこれからを見通してみよう
 5章・6章は実例紹介。


 なぜ,出版社のホームページの項目や,目次を転記したか。
 これ,久しぶりに「当たり」の知的生産の本。ま,私自身,最近知的生産の本を読んでいないのだが。
 先日紹介した,『池上彰の新聞勉強術』(文庫版)は,単行本出版が2006年のもの。この本は,その後,2009年に上梓されたもの。今回の『見通す力』の方が,「新聞を読む」だけでなく,トータル的に知的生産術について述べている。
 おすすめ。

【図書館分類】002.7

|

« 2012年1月の目標,その後 | トップページ | 【来週何スル?】2月6日(月)~2月12日(日) »

翔太だって社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【棚から一掴み】池上彰『見通す力』:

« 2012年1月の目標,その後 | トップページ | 【来週何スル?】2月6日(月)~2月12日(日) »