« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »

2010年2月21日 - 2010年2月27日の記事

【Big Wed】VANCOUVER TODAY,女子パシュートが盛り上がってきた[2/27]

 バンクーバー五輪,15日目

・スピードスケート,女子パシュートが行われた。
 準々決勝,日本(穂積雅子,小平奈緒,田畑真紀)は,韓国に4秒55差をつけ勝利。準決勝に駒を進めた。
 準決勝での対戦相手は,世界ランキング2位のロシアを破ったポーランド(同9位)。

・アイスホッケー,男子準決勝が行われた。
 アメリカは,6-1でフィンランドを破った。
 カナダは,3-2でスロバキアを倒した。
 決勝はアメリカvsカナダ。

・フィギュアスケート,エキシビションの公開練習が行われた。各競技の上位5名が出場する。
 日本からは,高橋大輔,浅田真央,安藤美姫が出場する。

・スピードスケート,男子パシュートも行われた。
 準々決勝で日本(出島,平子,杉森)は,アメリカに敗れ,7・9位決定戦へ廻ることに。

・スノーボード,パラレルが行われた。
 決勝トーナメント1回戦,竹内智香は攻めたもののコースアウト。1回戦敗退。

・スピードスケート,ショートトラック,男子500mでは吉澤純平が準々決勝敗退,女子1,000mでは小澤美夏が準々決勝敗退。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Jブンガク】『南総里見八犬伝』曲亭馬琴

09/05/12 Jブンガク より
『南総里見八犬伝』曲亭馬琴

 「『ヤッ』と被(かけ)たる声と共に眉間を望みて鍛(はた)と打つ」

 依布サラサ曰く,「江戸時代ハリーポッターな本」

サラサ:本当に面白かった。
ロバート:ハリウッド映画にも負けない,ワクワクしたファンタジーである。
 仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌 と八犬士は,8つの世の中の徳を表す。
 「名詮自称(みょうせんじしょう):名が性格・性質を表す」
 例えば,犬塚信乃戍孝(いづぬかしのもりたか)の"孝"
 馬琴は,このことに気をつけ,キャラクターの性格付けをしている。


     *     *     *


 1814年から28年を費やして完結した『南総里見八犬伝』。作者は曲亭馬琴(きょくてい・馬琴)。106冊にも及ぶ歴史冒険小説だ。
 時は室町時代,安房(現在の千葉県・房総半島の南端)。国主・里見義実の娘・伏姫(ふせひめ)がこの世を去ろうとする時,不思議な八つの玉が体から飛び散った。
 その玉を一つずつ持って各地で生まれたのが八犬士。その一人の犬塚信乃(いぬづか・しの)は,城主へ足利家の宝刀を献上するよう,父から託されていた。
 しかし,宝刀はすり替えられ,怒った城主は信乃を殺そうと犬飼見八(いぬかい・けんはち)を仕掛ける。見八は実は八犬士の一人だが,二人は知る由もない……。
 それぞれに玉を持つ八人の若者が因縁に導かれて互いを知り,主家・里見家の復興を目指して悪と戦う壮大な物語である。 


     *     *     *


Q:どうして,ハリー・ポッターな本?
 ハリー・ポッターも発売日を待ち焦がれていたが,この『南総里見八犬伝』も発売日を待ち焦がれている人々が多かった。
 ガイドブックも発売された。
 『八犬伝銘々誌略(はっけんでんめいめいしりゃく)』八犬士の人物像をまとめた本。
 『雪梅芳譂 犬の草紙(せつばいほうだん いぬのそうし)』八犬伝のダイジェスト版
 八犬伝をモチーフにしたり,引き合いに出したりした会話をするのが,この頃の流行だった。


一刀両断
「『ヤッ』と被(かけ)たる声と共に眉間を望みて鍛(はた)と打つ」


サラサ:擬音語や擬態語を多用して,分かりやすい。
ロバート:「傾(かたぶ)く舷(へり)と,立浪に [水/入](ざんぶ)と音す 水烟(みずけぶり)」というように,七五調をうまく用いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100131 「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」@東京都写真美術館

Ca331908
10/01/31
木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン
東京都写真美術館

 東京都庭園美術館から,今度は東京都写真美術館へ。
 今回はいつもと違ったルートでお散歩した。いつもは,国立科学博物館附属自然教育園の東側,松岡美術館の前を通るのだが,今回は首都高と山手線の間の小道を通ることに。

 ここは,いや,ここもまさに高級住宅街。日頃の夕飯のお買い物はどこまで行っているのだろうか?

 で,到着したのが,東京都写真美術館。今回は,アンリ・カルティエ=ブレッソンの作品が展示してあるので,行ってみた。以前見たときもそうなのだが,独特な空気を撮影するアンリ・カルティエ=ブレッソンは,面白い。

 木村伊兵衛の写真で,女優さんのポートレートがあったのだが,あまりの美しさに引き込まれそうになってしまった。

 誰だったかな?

 大内和江だ!そのつぶらな瞳に魅せられてしまった。
 この女優さん,あまり,多くの映画には出ていなかったようだ。だから,名前を思い出せないでいたのだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】VANCOUVER TODAY,浅田真央vsキム・ヨナ,宿命の対決

 バンクーバー五輪,14日目

・フィギュアスケート,女子フリープログラムが行われた。
 鈴木明子は,「ウエスト・サイド・ストーリー」を演じた。
 終わった瞬間,NHK刈屋アナは「伝わりました」と言うように,本当に楽しんで演じているのがよく分かる。
 フリー120.42,トータル181.44で8位入賞。

 安藤美姫は「ローマ」「マルコ・ポーロ」を演じた。
 解説の八木沼純子は「まとめてきましたねぇ」と言っていたが,良くも悪くもこぢんまりとまとめた感じである。
 フリー124.10,トータル188.86で5位入賞。

 キム・ヨナは,ガ-シュウィンの「ピアノ協奏曲ヘ長調」。
 刈屋アナが「完璧です」というとおり,まさに曲とのシンクロが決まっている。
 フリー150.06,トータル228.56で世界最高記録。勿論金メダル。

 浅田真央は,前奏曲「鐘」。
 重厚すぎる音楽は選曲の失敗の可能性がある。普段フィギュアを見ない人も見る五輪だ。大衆受けする音楽の方が良かったのでは?ショートプログラムに続いての選曲ミスか?
 後半のジャンプの失敗が多少響いた。フリー131.72,トータル205.50。銀メダル。

 カナダのロシェットは,「サムソンとデリラ」。フリー131.28,トータル202.64で銅メダル。

 長洲未来(アメリカ)は,「カルメン」。まだ16歳の彼女だが,非常に魅力的な演技。スター性を秘めている。
 フリーは126.39,トータル190.15。

 キム・ヨナが浅田を振り切って金メダルを取るというのは,すごい。もう,選曲から演技まで完璧と言うべき。
 日本勢は,今ひとつ殻を破っていないが,しようがないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「~め」

10/02/26 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 何番目,何人目を表す「~め」が上手く伝わらないときがある。

 何番目,何人目を表す「~め」ということば,辞書によれば,
「初めから数え進んで一区切りをつけた,その区切りまでの数を表すのに用いる。」
 とある。
 なぜ,混乱するのか?
 数えるものによって,何が「初め」かが変わるからである。

・○日目の場合
 「月曜から5日目」は……

 日・月・火・水・木・金・土
   1・2・3・4・5

 月曜日を1日目と数える(=起点を含める)ので,5日目は金曜日になる。
 何日目・何年目は,その状態になった時を"1"と数える。
 他の例として,入社したての社員は「入社1年目」となる。

・○人目の場合
 下のようにA~Dの4人が並んでいるとき,「Aさんから2人目」は……

 A・B・C・D
 ○・1・2

 とCさんが「Aさんから2人目」になる。

 また,「左から2人目」は……
  A・B・C・D
起・1・2

 とBさんが「左から2人目」になる。
 これは,Aさんの左隣に誰もいないが,起点となる"空間"がある,考える。

 「~め」という時は,具体的な説明をすることによって誤解を避けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100131 「イタリアの印象派 マッキアイオーリ」@東京都庭園美術館

Ca331907
10/01/31
イタリアの印象派 マッキアイオーリ
東京都庭園美術館

 この日は,マッキアイオーリ展へ。
 ただ,さらーっと中を覗くのみ。
 あまり印象には残らないなぁ。一ヶ月も経ってから記事を書くのがいけないからか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】VANCOUVER TODAY,この日は大ネタなし

 バンクーバー五輪,13日目

・スピードスケート,ショートトラック 女子1,000m予選が行われた。
 小澤美夏が準々決勝に進んだが,桜井美馬,伊藤亜由子は予選敗退した。

・スピードスケート,ショートトラック 男子500m予選が行われた。
 吉澤純平が準々決勝に進んだが,藤本貴大は予選敗退した。

・スピードスケート,ショートトラック 女子3,000mリレーが行われた。
 日本は,5~8位決定戦で最下位になったが,決勝で韓国が失格となったため7位入賞を果たした。
 この5~8位決定戦で,日本はラストに仕掛けてきたが,転倒により再会となってしまった。

・フリースタイル,女子エアリアルの決勝が行われた。オーストラリアのラッシラが中国勢を抑えて金メダル。

・フィギュアスケート,女子フリープログラムの公式練習が行われた。

・スピードスケート,女子5,000mが行われた。
 穂積雅子が自己ベストで7位入賞。石澤志穂は9位に終わった。

・ボブスレー,女子2人乗りが行われた。。
 桧野真奈美/津野このみ組は16位に終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「黄色い線の内側」

10/02/25 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 駅のアナウンス,「黄色い線の内側でお待ちください」の「内側」ってどこ?
 ※「黄色い線の内側」とは,安全であるホーム側,つまり,線路から離れた側のこと。

 駅の構造により,線路をホームで囲むタイプの物がある。その場合,黄色い線の内側は線路側になってしまう。

 解釈は色々あるが……。

 都内の私鉄によれば,電車を待つお客の立場に立っているのでホーム側を指す。
 別の会社によれば,客からの問い合わせがあったため,「黄色い線までお下がりください」に変更した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 ラタトゥイユ&モルタデラサンドイッチ@スターバックス六本木ヒルズ限定

Ca331838
10/01/03

 港七福神巡りをしている最中,小腹が空いた。
 目の前には,大きな建物群,六本木ヒルズがある。
 この建物の中で,何か小腹を満たすものを考えよう。
 しかし,中に入っても,私の財布の中と比較して,小腹を満たせるような店が見つけられない。
 こういう時は,困ったときのスターバックス。こういうこともあろうかと,リュックの中に忍ばせていた水筒を出して,店の中へ。

 飲み物は,いつもの,本日のコーヒー。
 カップ値引き20円が,庶民の私には嬉しい。
 別にカップ値引きは,スタバで売っているタンブラーに限らない。常識に照らし合わせ,まともなものだったらOK。でも,エコを基本に考えているはずだから,持参の紙コップに入れて下さい,というのはおかしいと思う(店に確認したわけではないが。)。店の紙コップを減らすため,客の紙コップに入れる……。何かおかしいよね。
 それと,もうひとつ,カップ値引きには美味しいことがあるが,ここには書けないので,知りたい方は私に直接お問い合わせを。

 閑話休題。

 さて,小腹を満たすものは,何にしようか。いろいろと店のディスプレイを見ると「六本木ヒルズ限定」の文字が。
 これが,ラタトゥイユ&モルタデラサンドイッチ。
 ラタトゥイユは,イマイチ,地味な味だった気がする。なんか,もう少し野菜の濃い味が良かったかな。

 この店,ちょっと落ち着かない場所にあるので,サンドイッチを食べた後は,すぐに七福神巡りに向かった。
 時計を見ると,時間もいい時間だったし。お寺って,受付が終わったり,門を閉めたりするのが早いんだよね。

スターバックス・コーヒー 六本木ヒルズ ウエストウォーク店 (カフェ / 六本木、乃木坂、麻布十番)
★★☆☆☆ 2.5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】VANCOUVER TODAY,銀盤の女王対決,1st Round

 バンクーバー五輪,12日目

・フィギュアスケート 女子 ショートプログラムが行われた。

 浅田真央は全体の22番目で演技。「仮面舞踏会」。73.78と自己ベストを更新。
 プログラムの内容がバラバラな気がした。重厚な音楽と振り付けとが合っていないような気もする。
 点数が(キム・ヨナより)伸びないのは,選曲と,音楽と振り付けの同一性のミスと見た。
 インタビューで,浅田は「ホテルから演技の始まるまでは緊張していたけれど,気持ちの集中に変化していった。」と答えている。

 キム・ヨナはこの直後,23番目の演技。曲は映画「007」。78.50の世界最高記録は,勿論パーソナルベスト。
 音楽と振り付けがぴったりとシンクロしている。演技終了後,NHKの刈屋アナは「撃ち返しました」と表現。

 鈴木明子は,24番目の演技。
 曲は「リバーダンス」を使用。初の五輪で61.02の自己ベストを叩き出す強心臓ぶりを見せつけた。浅田,キムに続いての演技だったのに。
 音楽と振り付けのシンクロはまぁまぁだった。曲が「ダンス」だけに踊りやすいのだろう。コンビネーションジャンプが成功していれば,高得点が望めただろう。
 本人はインタビューで「前の二人の(演技後の)歓声に怖じけついたのかな?」

 この日,トリを務めたのは,安藤美姫。「レクイエム」を選んだ。得点は64.76。
 最初のコンビネーションジャンプで流れが途切れたのが痛い。
 インタビューでは「トリノの時より自分をコントロールできた」と言っているとおり,自分の演技ができたと思う。

 次はフリープログラム。この次で銀盤の女王が決まる。

・ノルディック複合団体が行われた。
 クロスカントリー直前,雪が降り始める。最終滑走者の時には雪が強くなってきた。
 おそらく,これがスキー板のワックスに影響を与えたのだろう,日本は6位入賞に留まった。
 マス・メディアでは,次に繋がる順位とは言っていたが,もう少し競技人口を増やし,切磋琢磨できる環境が欲しい。

・カーリング女子
 この日は2試合を戦ったチーム青森。日本(6-10)スウェーデンで負けたため,日本の準決勝進出はなくなった。この試合,第7エンドの目黒のミスショットが響いたが,彼女一人を責めるわけにはいかない。
 この日の2試合目,デンマーク(7-5)日本で,連敗。日本は8位にとどまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「酒の肴(さかな)」って何?

10/02/24 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「酒の肴」って「魚」なの?

 「肴」(さかな)は,元々,「酒菜」(さかな)と書いた。
 「菜」は,おかず全般を指す。「さかな」とは,酒を飲むときに添えて食べるもの全般を言う。

 「さかな」のもう一つの意味,酒の席に興を添えるような歌や踊り,話題というのがある。この意味は鎌倉時代から使われていた。

 「魚」は,かつて「うお」としか読みがなかった。江戸時代から「さかな」と読まれるようになった。

 なぜか?
 主な理由は二つ。
 その1
 昭和初期の国語辞典によれば,「魚肉ハ,肴ニシテ最モ美味ナレバ其名ヲ専ラにスルナリ」とある。
 肴の中で一番美味しかったのが「魚」だったから。
 その2
 近代以前,沿岸部を除いて魚を食する場は少ない。祭りや節句の時,魚が出る機会が多いから。

 「さかな」とは,本来酒と一緒に食べる料理だったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】トピックス,2月14日(日)~20日(土)

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【BigWednesday】
 2月14日(日)から一週間のヤフーのトピックスを見てみよう。

  ノーマルヒル 伊東15位が最高
f 俊輔側 Jなら「横浜Mが自然」
  モーグル上村ら4人全員決勝へ
  石川遼、111位で予選落ち
  上村愛子4位「ちょっと悔しい」
f 日本代表 韓国に1-3で敗れ3位
  リュージュ事故で出発地点変更
  琴欧洲、国籍取得し「親方に」
  複合男子個人 小林が7位入賞
  男子フィギュアSP滑走順決定
  愛子 今後は「ゆっくり考える」
  ペアSP 川口組は3位好発進
  東海大、国母の応援会を中止
b 雄星、チョコは自己最多70個
  7位遠藤「めっちゃ楽しかった」
f 「W杯は岡田監督で」会長明言
  長島、加藤ら500mへ準備OK
  安藤美姫現地入り「体調良好」
  事故死選手 直前「コース怖い」
f 念書でJと対立 東京V退会も
  和毅 蓄のう症手術で試合延期
  皆川「夫婦で1つのメダルを」
  降格の高砂親方、非常口係に
  美姫、日焼けサロンで役作り
  銀銅ダブル獲得 地元は大歓声
  川口4位「日本の応援感じた」
  シュー、可夢偉のザウバー警戒
  高橋大輔 金のカギは4回転
b 実戦メド立たず雄星2軍危機
  前向き岡崎朋美、観客に笑顔
  藤森由香 ブログに欠場の経緯
  カーリング 前回経験生き逆転
  元選手 小塚の94歳祖父が感涙
f 横浜M、週内にも俊輔獲得交渉
  モーグル陣帰国 遠藤「次は金」
  高橋大輔「4回転成功させたい」
f ヒディンク氏 トルコ代表監督へ
  ウッズ、公の場で自ら説明へ
  長島 1000mは大失速で37位
b 雄星の母校愛グラブ 使用禁止
  佐藤琢磨 インディ参戦を発表
  チーム青森 期待抱かせる黒星
b★西武赤田とオリ阿部がトレード
  五輪CEO「順調」と批判火消し
  高木いよいよ出陣へ「いい感じ」
  国母 4年前の雪辱とプロの本音
  銀メダルかんだら歯が折れた
  高木最下位「いつもと違った」
  チーム青森 中国に敗れ1勝2敗
  スケルトン小室 違反で失格
  ジャンプ岡部 ラージも外れる
  高橋大輔 ガラスのハート返上
b ヤ軍「55」を今季名誉欠番に
  小平、銅と0.08差も「楽しかった」
  靴ひも切れて、織田「真っ白」に
  銀のプルシェンコ 不満隠さず
  ウッズ謝罪「不貞をわびたい」
  葛西1位伊東2位で予選突破
  遼完敗 マッチプレー8強逃す

 バンクーバーで冬季五輪が開催され,トピックスも五輪関連が多い中,「西武赤田とオリ阿部がトレード」という記事が気になる。
 何もこの時期,トレードするのかよ……。
 寂しい限り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】VANCOUVER TODAY,ジャンプ団体,日本は5位

 バンクーバー五輪,11日目。

・ジャンプ団体が行われた。12カ国が参加し,日本は5位に終わった。
 伊東 129.5m/133.5m
 竹内 125.5m/129.5m
 栃本 128.0m/132.0m
 葛西 133.5m/140.0m
 メダルは逃したが,日本はこの大会直前のランキングが6位だったところを見ると,一つ順位を上げたというところか。

・カーリング女子,日本はスイスと対戦。
 第4エンドでミスを連発した日本。スイスに漬け込まれて大量失点。第8エンドでギブアップし,4-10で負けた。
 カーリングは先攻後攻と交互に投げるが,先攻では1失点止まり,後攻では大量得点を狙うというのが定石らしい。スイスはこの定石に基づいての勝利だった。

・アイスダンス,フリーが行われた。
 日本のリード姉弟組(ようやく,今日姉と弟のコンビだと言うことが分かった(汗))は自己ベストを更新したものの17位に終わった。

・クロスカントリー,男女ともに団体スプリントが行われた。
 男子は成瀬/恩田組が出場。準決勝で敗退した。
 女子は,福田/夏見組が出場。一周目で接触したのが響き,準決勝敗退。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「手間隙かける」の「ひま」って何?

10/02/23 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「手間隙かける」って「ひま」だからできるのでしょうか。


 「ひま」という言葉,国語辞典では3つの漢字がある。「隙」「閑」「暇」。

 「源氏物語(夕顔)」には,こんな文章がある。
 「--限りなき月影,隙多かる板屋 残りなく漏り来て--」

 「隙」という言葉は,元々,物と物の間にできた隙間を指す。「空間的なすき間」から派生し,「時間的なすき間」へ変化していった。

 この意味から,2つの意味へと変化していった。

(1)自由な時間(手すきな時間)
(2)わずかな限られた時間

 「伊曾保物語」にこのような文章がある。
「羊一疋,我とともに乗りて渡る。残りの羊,数多ければ,そのひま いくばくの費へぞや。」
 この「ひま」は,羊を渡し終えるまでにかかる時間,つまり,事をなすために必要な時間を言うようになった。

 「手間隙かける」の「ひま」は,あることをなすための労力(=手間)と時間(=隙)をかけることをいう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100130 井の頭自然文化園

Ca331902
10/01/30
井の頭自然文化園

 この日は,癒しを求めて,井の頭自然文化園へ。
 先日のScreen,「オーシャンズ」は,海の生き物だったが,今回は陸の生き物,それも主に日本に生息する動物たち。
 ここへ来たら,必ず寄るのが,リスの小径。ここは癒されるよねぇ。
 もう,ケータイ持って,あちこち写真を撮ろうとするけれど,私のような素人では,リスの早さについていけず。
 こんな写真しか撮れなかった。残念。

Ca331900Ca331901
 もうひとつ,今回のお楽しみは,アジアゾウのはな子が63歳の誕生日を迎えたこと。
 ゾウの平均寿命がどの程度かは知らないが,63歳は立派。
 こうして,誕生部が迎えることができるのは嬉しい限り。

 この後は,吉祥寺のHUBに寄りカードを作った。FC東京のSOCIOなら,吉祥寺店に限り無料でカードが作れるので。

 このときは,平山が日本代表でハットトリックを取った直後と言うこともあり,店長はご機嫌だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】VANCOUVER TODAY,カーリング女子,ダブルヘッダーはきついヨ。

 バンクーバー五輪,10日目。

・カーリング女子,日本はダブル・ヘッダー。
 1試合目はvsロシア。日本(12-9)ロシア。延長戦で勝利。本橋「粘って粘って……」
 2試合目はvsドイツ。格下相手に苦戦し,日本(6-7)ドイツで負ける。

・スピードスケート女子,1,500m
 小平奈緒は,1分58秒20。5位。「初の五輪で悔しい思いも手応えも感じた。」
 田端真紀は,2分06秒12で19位。「やるべきことは全部やった。」
 高木美帆は,2分01秒86で23位。「ソチでは屋ってやる。」
 吉井小百合は,2分02秒26で26位。「自分の思いをぶつけられた。」

・アイスダンスは,オリジナルダンスが行われた。
 日本からは,キャシー・リード/クリス・リードの兄妹(姉弟?)が50.81で自己ベストを更新。

・スキークロス男子,瀧澤宏臣は決勝トーナメント1回戦敗退。「後半仕掛けたんですけれど飛び過ぎちゃって……。悔しいですよ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「~でいい」,「~がいい」

10/02/22 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「コーヒーいい」と,「コーヒーいい」とでは,聞く人の印象が異なるのはなぜか?

・「コーヒーいい」には,
 「印象がいい」というポジティブな印象や「自分勝手」というネガティブな印象を受ける。
・「コーヒーいい」には,
 「どうでもよい」「しようがない感じ」の印象の他,「遠慮している」という印象を受ける。

 助詞「で」には,最善ではないが,それに次ぐもの。最低条件。という意味がある。
 許可,許容範囲を表すことから,「しようがない」という印象を与える。


     *     *     *


 上司が部下に「君いいよ」と言う場合,君でなくてもいいが君でもいい,という印象を与え,部下はネガティブになる。
 一方,上司が部下に「君いいよ」と言うと,部下は喜ぶことだろう。


     *     *     *


 遠慮の意味で助詞「で」を用いることもあるだろう。
 汗を流して入ってきた客が「水いいです」と言えば,用意してくれる人にとって,準備しやすく負担をかけないものとして,遠慮の印象を与える。
 「水いいです」と言った場合,「何においても水を飲みたい」という意思表示を示す。

 助詞「で」と「が」は,時と場合によってうまく使い分ける必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2010年2月15日(月) 066 ★★★★★ ★★
2010年2月16日(火) 056 ★★★★★ ★
2010年2月17日(水) 048 ★★★★★
2010年2月18日(木) 051 ★★★★★
2010年2月19日(金) 070 ★★★★★ ★★
2010年2月20日(土) 079 ★★★★★ ★★★
2010年2月21日(日) 056 ★★★★★ ★

 先週もこんな感じの一週間。
 ま,仕方ないか。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】VANCOUVER TODAY,葛西,執念の8位入賞

 バンクーバーオリンピック,9日目。

・スキージャンプ,ラージヒルの決勝が行われた。
 栃本正平,竹内択は記録が伸びず,2回目へ薦めなかった。栃本は45位,竹内は37位。
 伊東大貴は1回目30位から記録を伸ばし,20位に。
 葛西紀明は1回目21位から,執念で記録を伸ばし,2回目は135m。8位に入賞した。
 金メダルはスイスのアマン。ノーマルヒルに続き,2個目の金メダル。

・ショートトラック,女子,1,500mが行われた。
 日本人選手では,桜井が予選敗退。
 小澤が失格。
 貞包が準決勝4位で,9-12位決定戦に周り,12となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Jブンガク】『平家物語』作者不詳

09/05/12 Jブンガク より
『平家物語』作者不詳

 「名のらせ給へ。たすけ参らせん」

 『平家物語』は12世紀に権力を握った平家一門の栄枯盛衰を描いた長編の軍記物語である。
 巻9「敦盛最期(あつもりのさいご)」は,一ノ谷の合戦が決着し敗走する武将・敦盛を,源氏の武士,熊谷直実(くまがい・なおざね)が目にするところから始まる。
 敦盛の幼い顔に自らの息子の面影を見出した直実は、その場から逃がそうとする。しかし,敦盛は,「ただ落ち着いて,早く首を取れ」と促す。
 ついに直実は,泣く泣く敦盛を手にかけるのである。
 武士としての行動と人情の板挟みになる直実と,死を静かに受け入れる敦盛。2人の切ない物語である。


     *     *     *


 依布サラサ曰く,「色は匂ほへどちりぬるをな本」


サラサ「人が生まれてから死ぬまでの一生が,花の一生に合致している」
敦盛は平清盛の弟である経盛の末子。

 「名のらせ給へ。たすけ参らせん」

直実は若き敦盛を我が子とダブらせ斬ることをためらう。
サラサ「人間味があって良い。」
ロバート「直実は功名心の塊みたいな人だ。搦手(からめて)といって敵の背面から責める軍勢にいた。」

一刀両断 「ただとくとく頸をとれ」

敦盛vs直実 ヒーローとヒールに分けられない。そこが日本文学とハリウッドの映画との違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100119 今日の小ネタ

Ca331886
10/01/19

 時たま,誰も気づかないような,変なものに気を取られることがある。
 人に言わせると,「人と感性がずれている」そうだ。

 ま,そんな私が,こんな写真を撮った。

 仕事の途中で電車に乗った際,駅のホーム,反対側で広告を塗りつぶしている人を見かけた。
 おそらくは,広告掲出の契約が終了したが,次の広告主が見つからないので,塗りつぶしているのだろう。

 昔は,広告を裏返しにしてごまかしているのをよく見かけた。そのため,注意深く(裏返した)広告を見ると,どんな広告か分かったりする。
 今回見かけたのは完全な塗りつぶし。これなら,前の広告がどのようなものか,分からない。

 だから,どうだ,と聞かれても困るが,こういうのもありなんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100126 「オーシャンズ」@TOHOシネマズ市川コルトンプラザ

Ca331899
Screen 10-03

10/01/26
「オーシャンズ」
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「最近流行りの自然を見せる(だけの)映画。私もこの映画を見て,のんびりさせてもらったよ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »