« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »

2010年1月31日 - 2010年2月6日の記事

【Jブンガク】『米欧回覧実記』久米邦武

09/04/15 Jブンガク より
『米欧回覧実記』久米邦武

 「平沙無垠(はてしなく),夐(はるかに)不見人,河水榮帯(えいたい),群山糾紛」

 依布サラサ曰く,「ミステリーツアー日記な本」

 サラサ「難しい本でした。」
 漢文の読み下し風の文章で,今の人々が読むのは難しいかもしれない。


 1878年に出版された『米欧回覧実記』。作者は久米邦武。
 明治新政府が派遣した岩倉使節団がアメリカからヨーロッパを歴訪した記録である。
 使節団は,岩倉具視を筆頭に政府の中心人ら総勢46名。久米もその中の一人。
 視察の成果は国民の利益と啓発に役立たせるという明確な目的を持った旅である。
 日本しか知らなかった彼らにとって初めて見る世界の光景に驚きの連続。筆舌に尽くしがたい様子を描写しようとする苦悩は文中からも伺える。アメリカでは,自主と独立を重んじる政治体制にカルチャーショックを受け,イギリスでは,工業の進歩にその国力の源を見出す。
 まさに世界の動向を見つめた使節団の旅のすべてをきめ細かく記録した報告書である。


     *     *     *

 現代はどこへ行くにも前情報があるが,当時は少なかった。
 ガイドブックなどのようなものがあったが,列車内で寝る間を惜しんで邦訳していた。
 使節団は,開通してまだ2年目のアメリカの東西を結ぶ鐵道で移動した。
 使節団は訪れた土地で,晩餐会などの歓迎を受けている。

一刀両断 「午後ニ,府ノ東鄙ノ温泉ニ至ル,市中ヨリ一英里《マイル》余ナル山角ニアリ,鹹泉《かんせん》ニテ温度ハ肌ニ適ス」

 上記の文は,列車から降りて,温泉に入りホッとした情景。
 決して,この旅は大名旅行ではなかった。
 使節団が米欧各国を旅する前から,本の出版が決まっていた。
 国の教養のレベルを上げながらそのまま言葉を凝縮している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月の目標,その後……

 毎月最初の土曜日は,自分がどの程度目標を達成できたかを反省する日。
 2月に入り,1月の目標が達成できたか,確認してみよう。

■1月
○七福神巡りをしよう。
×(年賀状を元に)住所録を作ろう。
 久しぶりに住所録の更新をしないと。数年に1度は住所録のチェックをしないと。

 早速ダメだな。住所録の作成はおろか,年賀状の当選の確認すらしていない。早くやらないと。
 でも,友人たちの引っ越しブームも終わり,住所録の更新件数も少なくなってきた。その分楽だが。

 で,2月の目標だが……。
■2月
・ワインを1本飲もう
・オオタスセリを見よう。
 2010年の「渦」by木村万里を見よう,という目標を立てたかったが,開催時期が不明だったので,2月開催の1週間公演を見に行くことに。

 これは,何とかなるだろう,と自分では楽観視している。が,どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「腕白」

10/02/05 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「腕白」は,「白」という言葉を使っているけれど,腕白な子どもは色が黒くないか?


 「腕白」は当て字である。江戸時代の頃にはすでにあった。成り立ちには諸説ある。
(1)「枉惑」(おうわく):道に外れたことをして人を惑わす。ずるい。という意味。 → 「わやく」 → 「わんぱく」となった。
(2)「関白」という言葉は,平安時代「くわんぱく」と発音した。かなり,自分勝手な命令を出したりすることから,「わんぱく」となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100109 中央大学125周年記念特別展「浮世絵百華 平木コレクションのすべて」@たばこと塩の博物館

Ca331869
10/01/09
中央大学125周年記念特別展「浮世絵百華 平木コレクションのすべて」
たばこと塩の博物館

 上野の博物館のあとは,渋谷へ。夜のStageの前にひとつ寄り道。たばこと塩の博物館へ。
 ここに来るのは久しぶり。以前とは客層の違う特別展会場。少し,年齢層が高め。
 学校の自由研究で塩を調べに来ました,という小学生とその保護者,ではない。
 江戸時代の浮世絵にはひとかたならぬ思い入れのある方ばかり。私何ぞ「招待券をいただいたので来ました」という軽い感じではない。

 それでも,浮世絵一つ一つ見ているととても面白い。東博の展示とは違う品揃え。楽しんで,夜のStageへ行けそうだ。

 ただ,気になるのは,1階にあるオープンカフェ。ちょっと派手すぎないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「外遊」

10/02/04 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「外遊」は,遊びに行くわけでもないのに,なぜ,「遊」という文字を使うのか?


 「外遊」とは,外国を訪れ,学問や芸術・技術などいろいろなことを学ぶ,という意味
 転じて,政治家の視察,留学,研究を意味することが多い。

 「遊」には,様々な意味がある。
(1) 好きなことをして気楽に楽しむ。
(2) 定着した住居を離れて,よそに出る。
(3) 学問を修めたり,見聞を広めたりする。 → これが,「外遊」の「遊」に。

 平安時代からある「遊学」という言葉にも,「故郷を出て,他の土地・国に行って学問すること」という意味がある。


     *     *    *


 「遊」の字を用いた言葉にも,「遊ぶ」以外の意味がある。
 「遊牧民」,「遊説」はその例。
 「遊行」(ゆぎょう)という言葉は,仏教用語で,「僧侶が修行のため,諸国を巡り歩くこと。」の意味。
 「西遊記」という言葉も「遊」の字が使われている。

 「遊」という言葉には,旅をしていろいろ学ぶというスケールの大きい意味がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20091223 ウェンディーズ・ベーコン&チーズバーガーセット,チリチーズフライ

Ca331797_2Ca331796_2
 2009年12月31日をもって閉店するウェンディーズ。
 最終日近辺は混雑が予想されるので,早めに食べ納めと,まずは西銀座店へ向かう。

 しかし,これが失敗の元。クリスマス商戦まっただ中の銀座界隈。お昼に食べ納め,と寄る人が多いのか,店内は大混雑。あまりの大混雑におののいて,飯田橋店へ。

 これが大成功。学生街とクリスマスとはちょっと距離感のあるこの町のウェンディーズはガラガラ。

 ベーコンチーズのセットにチリチーズフライへアップグレード。と言うスタイルで注文。
Ca331798
 これで790円は正直高い。マクドナルドのクーポン戦略によって500円以下で食べられることを考えると,二の足を踏んでしまう。これが日本撤退の遠因か。

 味はまあまあ。チリチーズフライは、初の経験。新鮮さはある。が,マクドナルドのフライドポテトのような癖になるような味ではない。

 ホットコーヒーが小さいカップで出てきたのがマイナス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20091219 サロマ湖の牡蛎@フェリア

Ca331792

 今年もやってきた,サロマ湖の牡蛎@Feria。
 勿論,即注文。

 殻から外して,ちょっと水洗いするだけ。他の調味料は全くなし。
 それでも,牡蛎の持つ甘みと,海水の成分が得も言われぬ味を醸し出す。
 こんなの食べちゃうと,ワインが進む進む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「茶色」はお茶の色?

10/02/03 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「茶色」

 「茶色」という言葉は,平安時代の頃は,まだ,なかった。
 檜皮色(ひわだいろ)や落栗色(おちぐりいろ)と言っていた。
 御茶の葉は,平安時代,日本に伝わっていた。

 茶色の色が生まれたのは江戸時代になってから。喫茶の習慣が庶民に広がってから。
 当時のお茶は番茶のように黒ずんでいたことから,茶色というようになった。


     *     *    *


 茶の煎じ汁で染めた染め物を,茶色という。
 江戸時代,地味で渋い色が粋とされていた。「四十八茶百鼠」(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)という言葉があるくらい,さまざまな茶色の表現があった。

 「媚茶」(こびちゃ)は,やや緑を帯びたくすんだ茶。つやっぽくて人の気を引く。
 「團十郎茶」(だんじゅうろうちゃ)は,市川團十郎が好んだ,渋みのある濃い茶色をさす。

 茶は日本人に好まれた,日本人の感性にあった色。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】トピックス,1月24日(日)~30日(土)

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【BigWednesday】
 1月24日(日)から一週間のヤフーのトピックスを見てみよう。

b 松井秀「40歳まで現役」誓う
f 森本、今季5点目で快勝に貢献
  キム・ヨナに五輪後引退説
f 「和司効果」横浜M練習に600人
  兵庫3年ぶり3度目V 男子駅伝
b ダルビッシュ「仕上がり順調」
  朝青龍 優勝も対白鵬7連敗
b 吉田えり、米国へ向け出発
  ラグビー 東芝、三洋が決勝へ
b 東尾氏絶賛「雄星は江夏級」
  貴乃花親方 黒い交際疑惑浮上
b ON、宮崎で2年ぶり対面へ
  長洲 フィギュア米代表で五輪
b MLB大不況、150人が未契約
  山の神・柏原、1年生に負ける
  4大陸 真央の2年ぶりVが濃厚
b NPB ボール先にコールに変更
  内館委員 最後も朝青龍に苦言
  45歳の越が3大会連続五輪代表
f FW平山 合宿初日から高評価
  落馬で骨折、内田博2月復帰へ
b 仁志 4月まで未定なら引退へ
  真央に緊急事態 コーチ入院も
  大毅 クリーンと反則の間作戦
f パラグアイ代表FW撃たれ重傷
b 阪神Vなら田淵氏が甲子園案内
f 18年W杯は欧州に限定も FIFA
  全豪 ナダルがひざ故障で棄権
  チーム青森 五輪での活躍誓う
  嫌がらせ予告 真央をSPが警護
b 岡田監督「骨盤シュート」伝授
  瀬古と中山が「和解」の握手
  長谷川、次戦もバンタム級
  ラバーガール飛永 格闘技挑戦
  理事選 貴乃花陣営は「厳しい」
  真央がSP3位、鈴木首位
b 雄星 西武鉄道のダイヤ変える
b 40歳田口「老人扱い」に苦笑
  SP3位 真央「すごく悔しい」
b G山口早くも140km 捕手怖がる
  貴乃花親方が理事選に立候補
  朝青暴行で師匠に再報告指示
b 中日応援団の鳴り物認めず
  五輪選手村、海からも警戒
  朝青龍、解雇含め処分検討か
f Jが東京V経営陣に退陣要求へ
f 小野、発熱で清水初陣延期へ
b 松中開幕ピンチ 右ひざに不安
b 勉強家、阪神マートンが来日
  侮辱行為 青木に新たな処分へ
b 選抜高校野球 出場32校決まる
  内藤大助、現役続行を表明
b 西武・岸が一般人女性と結婚
b ロッテ 新ユニホームで雪辱へ
  真央が逆転優勝、鈴木は2位
  興毅、内藤との再戦「興味ない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「ひとしお」の「しお」って?

10/02/02 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「ひとしお」は「一塩」ということなのだろうか?

 「ひとしお」は,漢字で「一入」と書く。
 意味は,「他の場合より程度が一段増すこと。ひときわ。いっそう」である。
 元々は,染色の世界の言葉である。

 「染(し)む」 「一染(ひとしお)」から来たという説がある。

 「入(しお)」とは,染料につける回数を表す助数詞である。
 2度染料につけることを,「再入(ふたしお)」
 何度も染料につけることを,「八入(やしお)」という。

 ここから,「ひとしお」という言葉が生まれた。


     *     *    *


 「しお」という言葉を用いた言葉に,「てしおにかける」がある。
 「手塩」とは,室町時代にはあった言葉で,それぞれの食膳に添えた少量の塩で,好みに応じて料理に漬けて食べた。
 江戸時代になると,身近において,自分の手で面倒を見ることを「手塩にかける」というようになった。

 同じ「しお」という言葉が含まれていても「ひとしお」は染め物から,「てしお」は料理の世界から生まれた言葉である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積雪。朝の対応で,家の品格が分かる

 「品格が分かる」なんて,書くと,仰々しいかもしれない。

 昨晩から今朝にかけて,首都圏は積雪を観測した。1cm以上の積雪の記録は,2008年2月10日以来2年ぶり。各方面はいろいろと苦労したことだろう。本当にお疲れ様。

 私は,この日,車を走らせていた。日も高くなり出してからの運転なので,積雪は溶けていたが,それでも,歩道を中心に積雪が残っていた。

 で,この積雪。個人宅や商店前の積雪にどう対応するかで,その家の,店の雪に対する考え方というのがかいま見られる。
 道路沿い,全てを雪かきしている家が何軒かある。それも北向きで道路に面しているところがきれいに雪かきされていると,もう,最敬礼したくなる。どれだけ,苦労して雪かきしたのだろう。しかし,ここまで雪かきしてくれると,その家の前を歩くにしても,安心して歩ける。

 家の前,人や自転車が通る部分のみ,最低限雪かきしているのを見かける。このケースは多い。今日がまだ平日であること。とりあえず,通勤や通学のため,道を確保しよう,というのだろう。これくらいは,仕方がない。朝,時間ない中で,頑張ってくれた。ありがとうと言いたい。

 全く雪かきしないところもある。マンションなどの集合住宅の前が多い。これは,閉口してしまう。「管理人(管理組合)がやればいいのだろう。」という気があるのだろうか。せめて,自分たちが歩く部分は雪かきしないと。誰かがやってくれる,というのは,誰もやらない,ということ。

 面白いのは,店の前が駐車場として開けてある店でのこと。
 店の駐車場には,雪が全くなく,完璧というくらいきれいに雪かきがしてあったた。
 しかし,駐車場と道路の間にある歩道,ここには全く手を付けていないのだ。これには参った。少なくとも店の駐車場に車を入れるためには,この歩道を横断しなければならない。ならば,駐車場の雪かきと合わせて,歩道も雪かきしてしかるべきなのに,何もしていない。
 この店の人は,どういう考えを持って,雪かきしたのだろうか。

 雪が降った翌日,というのは,それぞれの家,それぞれの店,というのがどういうものなのか分かるものだ。

 人の振り見て我が振り直せ。

 ということのなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100109 【定点観測】東京国立博物館・常設展

Ca331867
10/01/09
東京国立博物館・常設展

 この日は,久しぶりに本館ハイライトツアーに参加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「黄色い声」

10/02/01 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「黄色い声」は,どうして「黄色い声」というのだろうか。

 「黄色い声」とは,声の調子が高く鋭いこと,女性の甲高い声を指す。

 なぜ,"黄色い"声なのか?
 この理由には諸説ある。
1 甲高い声が黄色を連想させる。
2 金属をこすった音に似ている。
3 古代中国・お経の一番高い音のしるしだった。


     *     *    *

 「黄色い声」というのは,かつて,男性の声にも使い,良くない意味で用いられた。

 式亭三馬「浮世風呂」に

 気のきかねえ治郎(やろう)どもだ。
 きいろな声や白つ声(しらっこゑ)で湯の中を五色にするだらう。

 「くちばしが黄色い」は,年が若く,経験が浅い未熟な人をさす。

 女性の声を指すようになったのは後の時代になってから。

 声色という言葉があるように,声と色の関係は深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2010年1月25日(月) 073 ★★★★★ ★★
2010年1月26日(火) 095 ★★★★★ ★★★★★
2010年1月27日(水) 057 ★★★★★ ★
2010年1月28日(木) 082 ★★★★★ ★★★
2010年1月29日(金) 047 ★★★★★
2010年1月30日(土) 047 ★★★★★
2010年1月31日(日) 048 ★★★★★

 ちょっと油断したら,またアクセス数が減ってしまった。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Jブンガク】『好色一代男』井原西鶴

09/04/14 Jブンガク より
『好色一代男』井原西鶴

 「女護の島にわたりて抓(つか)みどりの女を見せん。」

 依布サラサ曰く,「R指定 懲りない恋の船出な本」


 舞台は元禄時代(17~18世紀初頭)。町人主体の享楽的な文化が花開いた。
 世之介はプレーボーイ。生涯を通じて情を交わした相手は,女3742人,男725人!
 家族は居ないが,優しく美しき女を求めて諸国をさすらう。
 そして,世之介60歳,ついに女だけが住む女護の島へと船出する。
 西鶴は江戸時代の文学に現実的で娯楽的な詳説と言う新たな世界を開いた。


     *     *     *


 世之介は,大阪だけでなく,諸国を歩き,性愛の旅を続ける。この旅を通して当時の人々の人生と心を機敏に描いている。

 どうして,「R指定 懲りない恋の船出な本」なのか?
 サラサ「性描写に『はずかしい』と感じる。」

 当時の強壮剤や媚薬,男の子の産着などを「好色丸」という名の舟に載せて,女だけの住む島へ旅立った。

一刀両断 「それこそ願ひの道なれ」


 浮き世に野心残りはない。親もなく,子もなく,定まった妻もいない。→ 寂しさを感じる。

 ラストについては,いくつかの解釈ができる。
・人生に対する悲壮感を描いたもの。
・『源氏物語』のパロディーとするもの。
・仏教では,「補陀落渡海(ふだらくとかい)」といって,海の彼方にあるとされる観音浄土を目指し大海に出る(入水往生)というものがある。これに見立てたとするもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その14 宝珠院(弁財天)

Ca331843
10/01/03
港七福神巡り

 貞享2年(1685),増上寺の霊玄上人により白蓮池の弁天堂と同時に開創。港区指定文化財の閻魔大王の像は寄木作りで高さ2m。左右に司録と司明(閻魔大王の補佐)の2像を従えている。


 熊野神社で,目の前にいたカップル……。何度も追い抜いたと思ったのに,気づくと前にいる。
 ここ,港七福神最後の神様,弁財天でもそうだった。途中で,向こうも気づいたらしく,はぁはぁしながら歩く私を指さし笑っている。なぜだ。なぜ,彼らは平然としていられるのか。私には不思議でたまらなかった。

 それでも,どうにかこうにか,お詣りを済ませることができた。

 「駅からハイキング」のマップでは,東京タワーと芝離宮恩賜庭園の散策が含まれていたが,私は疲れて断念。そのまま帰路についた……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »