« 2010年1月17日 - 2010年1月23日 | トップページ | 2010年1月31日 - 2010年2月6日 »

2010年1月24日 - 2010年1月30日の記事

【Jブンガク】『ぼくは勉強ができない』山田詠美<英語版>

09/04/10 Jブンガク より
『ぼくは勉強ができない』山田詠美

「私勉強しか取り得のない男の人って,やっぱ苦手みたい。つまんないんだもん。」

 こんにちは。ロバート・キャンベルです。
 今日はこちらの新しい本,山田詠美の『ぼくは勉強ができない』を見ていきましょう。
 著者は海外でも,エイミー・山田として知られる人気作家です。
 主人公は青春時代を無傷で過ごしたいと願い,学校に行ってるけど勉強は嫌い。セックスとサッカー以外に興味なし。そんな若者を描いた物語です。
 非常に鮮やかで感動的な本書を皆さんに紹介したいと思います。


     *     *     *


 1992年に出版された「ぼくは勉強ができない」。作者は山田詠美。恋愛を題材にした作品は,海外でも数多く翻訳されている。
 主人公はサッカーが大好きな時田秀美,17歳。勉強はできないが女性にはもてる。ショットバーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。
 けれど,大学に行くことしか頭にない優等生,脇山とはどうもしっくりこない。
 そこで秀美は親友の真理に協力を依頼。真理は脇山を翻弄するため恋愛ゲームをしかけるのだが……。その結果とは?
 勉強,恋愛,友情。高校生が抱える様々な問題。そんな中で,常に自分の価値観や納得できるものをみつけたいと葛藤する秀美。
 世間のフツウを斬新な感覚で捉えた青春小説だ。


     *     *     *


 主人公の秀美は学校で一番人気の高校生。勉強はあまりできないがかっこいいしサッカーも上手い。女子にもモテモテです。
 しかし,彼の面白いところは一人になると常に内省しているのです。
 自分の価値観についてや,自分にとって何が大切なのか……。
 実は複雑な人間で,父親がいない家庭に育ち,子どもの頃からそのことに対してコンプレックスを持っていました。そのため大人の価値観をくつがえし,否定的な性格の持ち主になります。
 「僕は勉強ができない」と言うが,これは負けを認めたわけではなく,勉強以外の分野で自分を表現することに長けているという意味を含んでいるのです。
 この複雑な性格が主人公の魅力を際立たせています。


一刀両断
「ぼうは,それにうつつを抜かして来て勉強しなかった。」


 脇山には立場がありません。学級委員の選挙では秀美に勝ちますが,それも成績がよいからという理由で秀美にとっては,そんなことは何の意味もありません。
 その後,秀美は脇山に報復します。ガールフレンドの真理に脇山を誘惑させ,試験の直前に脇山に対してこう言わせます。
「私勉強しか取り得のない男の人って,やっぱ苦手みたい。つまんないんだもん。」
 そう言われた脇山は落ち込み,成績を落としてしまいますが,この出来事はその後の話に繋がっていきます。
 脇山は上にいるべき存在として,物語の重要な登場人物です。優秀な生徒として上にいるべき者が秀美によって転落させられてしまう。脇山が一番弱っているところに秀美はこう追い討ちをかけます。
「脇山,恋って知っているか。勉強よかずっと楽しいんだぜ。ぼくは,それにうつつを抜かして勉強しなかった。」
 脇山にとってはあまりに残酷な言葉です。彼のような脇役の面白いところは,物語の「強者」の移り変わりが見てとれることです。自分のやりたいことがはっきりしている者が強者とされている物語の始まりから何かをしたいのだけれど,それは学校では見つけられない……。
 学校ではない別の世界にそれを見出そうとするヒーローへと物語は移り変わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[お知らせ]【Monthly翔太】の休載と【来週何スル?】スタイル変更

 毎月最終土曜日には,翌月のお薦めをいろいろと紹介してする記事,【Monthly翔太】をお届けしていたが,諸般の事情で休載することにした。

 理由は……面倒くさいのだ。

 各サイトから面白そうな記事を拾い上げて,日付順に並べるだけなのだが,これが面倒。パソコンに詳しくない私が行う作業なので,ほぼ完全手作業。【Monthly翔太】1回作成に10時間程度かかる。
 その割には,あまり注目はされない。
 作成に手間はかかる割にはヒット数が少ない。
 せめて,この手間を取り返そうと,毎週日曜にお届けしている【来週何スル?】でもう一度アナウンスしても,あまり注目されない。
 なら,仕方ない。やめよう。そんな程度の話だ。

 その一方で,この記事を書くと,来月の予定がおぼろげながら決まってくるのだ。自分自身の予定を立てる上では,活用していたのだが,その恩恵にあずかるのが私だけではちと寂しい。

 そんなわけで,【Monthly翔太】はしばらく休むことに,ひょっとしたら終了ということになるだろう。
 楽しみにしていた人が,もしいたら,たぶんいないと思うけれどね,申し訳ない。お詫び申し上げる。

 さて,【来週何スル?】の方であるが,こちらは,日付順に並べず,テーマごとにいくつかピックアップする形式に変更していく。その時々により,どのテーマに興味があるか,反映されるがご容赦を。

 これからも,当ブログをご贔屓に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「小腹が空いた」の「小」

10/01/29 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「小腹が空いた」,「小一時間」,「小ざっぱり」の「小」意味は何か。

 接頭語としての「小」の意味はいくつかある。
1 ちょっと,わずかな,少し 「小腹」
2 なんとなく,どことなく 「小ざっぱり」
3 およそ,ほぼ 「小一時間」
4 語調を整えたり,強めたりする 「夕焼け小焼け」


     *     *    *


 「ちょい悪」などの,「ちょい」は,江戸時代からあった。「ちょい役」(「ちょいと役」から)や,「ちょい見」(「ちょいと見」から)などがそれ。
 「プチ」という接頭語を使う例を最近見かける。「プチぜいたく」,「プチ努力」,「プチおけいこ」など。
 「プチ」は,フランス語の「プティ」(petit)からきた言葉で,昭和初期には使われた。


     *     *    *


 「小」,「ちょい」,「プチ」など,程度を表す言葉はいつの時代にも好まれて使われる。

 「小じゃれた」という言葉がある。「ふざけた」という意味で,室町時代の狂言で,すでに使われていた言葉。
 「ふざける」「たわむれる」と言う意味の「じゃれた」に「小」をつけている。

 最近では,「気の利いた振る舞いをする,おめかしをする」という意味にも使われる。
 「小洒落た」店,「小洒落た」服などのように使われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その13 熊野神社(恵比寿)

Ca331842
10/01/03
港七福神巡り

 応永(1394~1428)の頃,慶祚阿蘭梨が勧請したとも,養老年間(717~724)芝浜に勧請後移転したとも言われるが,元禄16年(1703)の火事で記録が焼失し詳細は不明。江戸名所図会には飯倉熊野権現社として紹介されている。

 天祖神社あたりから,とあるカップルと同じテンポで港七福神巡りしているのに気づく。向こうのカップルはのんびりと歩いているので,私はすたすたと追い抜いていく。
 ヨシ,もうそろそろ,次の目的の神社仏閣だと,中に入ると,先ほど追い抜いたカップルがすでに到着している。

 おかしい。なぜだ。先ほど抜いたのに。久国神社から熊野神社までは距離がある。約1.4km。泉ガーデンの前あたりで確実に抜いたはずなのに。

 しかし,彼らカップルは,悠々と私の目の前を歩いている……。私は,正月3日というのに,早足で歩いたため,汗びっしょりなのに……。

 このカップルとの抜きつ抜かれつは,ゴールの宝珠院まで続くのであった……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その12 久国神社(布袋尊)

Ca331841
10/01/03
港七福神巡り

元は皇居内の紅葉山にあり,江戸城築城にあたり溜池に移り,その後現在地に移転した。太田道灌が名工久国作の宝剣を寄進したため「久国稲荷大明神」と呼ばれるようになった。正面拝殿の額は勝海舟の筆。外国人の参拝が多く,おみくじの裏は英語で記載されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「丼」の語源

10/01/28 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「丼」の語源は?

 「どんぶり」の「丼」の字は,井戸を表す「井」と水を表す「ゝ」のふたつから成る。
 井戸の中に石を投げると「どぼん」と音がする。水に勢いよく落ちる音から「どんぶり」という言葉が生まれた。

 11世紀,「集韻」という書物に「投(二)物井中(一)声」とある。(※(一)(二)は,漢文の一二点)

 「丼」という言葉は江戸時代に蕎麦屋が始めたと言われる。
 蕎麦屋が愛想無く出した姿を,「けんどん(慳貪)」と言った。

 慳貪な振る舞いだ。
  ↓
 慳貪振り
  ↓
 どんぶり

 というようになった。

 一つの言葉を巡って由来は様々である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20091219 小えび天@とんがらし

Ca331785

 とんがらし,あ,立ち食いそば,水道橋のお店,とんがらしね,の天ぷらが食べたかったので,おもむろにとんがらしへ向かう。

 この日は,小えび天にひもかわの組み合わせ。
 聞けば,ここは小えび天とひもかわがお薦めだという。前回はひもかわがなかったのが,今回,この日の最後の一つがあったので,食す機会ができた。

 で,ひもかわの印象だが……。

 僕はおそばの方がいいなぁ。ま,この辺は人の好みと言うことで。

 でも,小えび天は美味しい。揚げたての天ぷらをハフハフしながら食べた。
 もう,これが,年越し蕎麦でもかまわない,と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20091215 「厳選。日本の誇るチーズたち」その3日本唯一。絶品水牛のモッツァレッラ@市川ワインスクール

Ca331781

 Feriaの2階では,市川ワインスクールが開催されている。
 この日,運良く時間が取れたので参加することに。

 今回の講師の先生,非常に美人。ハイ。昔,モデルをやっていたというのも頷ける。
 しかし,わざと,このブログでは顔を載せないことにしておこう。気になる方は,ご自身の目でご確認を。

 日本で作ってる,珍しいチーズを紹介する,このスクール,この日出たチーズは

①岐阜県飛騨のモッツァレッラ (生産者)牧成舍 牛乳   ②石垣島のモッツァレッラ (生産者)まあじゅん 牛乳(ジャージー種)

③日本唯一!!宮崎県より。モッツァレッラ・ディ・ブッファラ(水牛)(生産者)カゼイフィーチョ 水牛乳

 の3種類。どれもおいしい。

 後日,スーパーで似たようなチーズを食べたけれど,雲泥の差。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「流れに棹さす」

10/01/27 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「流れに棹さす」の意味は?

 「棹」とは舟を操るための長い棒のこと。

  ↓

 「棹さす」とは,「流れに乗ること」,転じて「傾向に乗ってある事柄の勢いを増すような行為」を言う。

 しかし,平成18年 文化庁の調査によると
 「流れに棹さす」の意味は?の質問に
1 傾向に逆らって勢いを失われる行為をすること。 62%
2 傾向に乗って勢いを増す行為をすること。 17%
3 その他 21%

 「さす」という言葉に,「水をさす」,「魔がさす」というような,「余計なものを差し入れる」という意味に用いる。
 そこから,「勢いを止めるイメージ」がある。


     *     *    *


 「流れに棹さす」を用いた有名な文学作品がある。

 夏目漱石の『草枕』の一節。

 「智に働けば角がたつ。情に棹させば流される。」

 「棹さす」とは,調子を合わせ時流に乗ることを言う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】トピックス,1月17日(日)~23日(土)

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【BigWednesday】
 1月17日(日)から一週間のヤフーのトピックスを見てみよう。

b★日本人審判 MLB昇格あと一歩
f カズ、J2横浜FCと契約更新
  高木美帆、まさみとチョコPR?
b 菊池、2月13日実戦デビューへ
  福原・石川組、4強入りならず
  全国女子駅伝 岡山が初優勝
b 元投手の小林繁氏が急死
  全日本卓球 水谷隼が単4連覇
b ロッテ金 NHK韓国語講座出演
  ジャンプ葛西 今季初の表彰台
  世界スプリント吉井が総合2位
b 小林氏急死 梨田監督ぼうぜん
  アルペン佐々木&皆川五輪内定
f 鹿島・大迫、2年目で背番号9
  遼の妹 13歳でツアーデビュー
b 小林繁さん急死、ONも悲痛
  三男・和毅 無敗で初タイトル
  全豪開幕 シャラポワが初戦敗退
f ロナウジーニョ3発、ミラン圧勝
  把瑠都旋風止まらず 1敗は3人
b 青木が背番号「1」を初披露
  長谷川穂積、次戦は4月に
f W杯メンバー23人 5月17日発表
  美帆、真央と対面「かわいい」
b ハム 阪神と小林氏追悼試合か
  五輪フィギュア 佐藤父娘対決
f C大阪ホーム席は「えこひいき」
b★元阪神・伊良部が2度目の引退
f ハンド問題 アンリの処分なし
b★菊池の登録名は「雄星」に
  貴乃花親方支持6人を「破門」
  小林繁さん通夜に300人が参列
  元バレー宝来 ゴルファー挑戦
b プロ野球の公式球 1社統一へ
  46歳女子ボクサー 勧告で引退
f ジーコ氏 オリンピアコス解任
  バスケ姚明の190センチ妻妊娠
b 高橋尚の代理人にメッツ接触
f 俊輔別メニュー、長期離脱も
f J1鹿島 高2・柴崎の入団発表
  スキー 五輪代表出そろう
  朝青が把瑠都に快勝 1敗守る
b 大塚晶則氏が小林さんに弔辞
  騒動に武蔵川理事長が不快感
b 雄星 キャンプは1軍スタート
f ヒデ、12年ぶり平塚ピッチに
b ベイ投手に変化?異例合同トレ
f 岡田監督 MF遠藤に「VIP待遇」
b ヤクルト、斎藤佑担当に5人
  団体追い抜き 美帆が切り札
b オリ、ローズに最終通告へ
  白鵬2敗で朝青龍単独トップに
  伊達 全豪ダブルスも初戦敗退
f ジダンW杯優勝予想はスペイン
  武藤、フリー蝶野に辛口エール
b 菊池に服のプレゼント相次ぐ
  復帰のプルシェンコ4季ぶりV
b★プロ野球 引退後の人気職は?
  愛子6位 今季未勝利で五輪へ
b 大学野球は「若武者ジャパン」
  地方8場 最高2億円の新馬券
  ロッシ、バリチェッロ超える速さ
  白鵬3敗に後退、朝青龍と2差
b 大嶺弟 ロッテ入団会見で謝罪
f J1川崎 ナ杯の5千万円寄付
  「業師」朝青龍ニヤリ、V王手

 気になる話題をいくつか。
b★日本人審判 MLB昇格あと一歩
 平林岳さん,何度かナックファイブの野球中継にゲスト出演していたのではないだろうか。分かりやすい説明で,「引退したらゲスト解説して欲しいなぁ」と思ったほど。
 夢をあきらめずに頑張ってきたのだろう,あと一歩でMLBの審判になれる。もう少し。あと少し。

b★元阪神・伊良部が2度目の引退
 引退かぁ。ま,故障だから仕方ないか。
 故障から直ったら,また独立リーグで投げて欲しい。少しでも独立リーグが盛り上がるためにも。

b★菊池の登録名は「雄星」に
 「雄星」……。個人的には登録名は「菊池雄星」にして欲しかった。「鈴木健」のように,鈴木健自身,チーム内に鈴木が一人となっても,登録名を「鈴木健」で通していたような気がする。
 菊池雄星も,登録名をフルネームにしてくれると良かったのに。

b★プロ野球 引退後の人気職は?
 このニュース,結構気になる。引退後の働き口について,約5割が同じNPB内での就職。手厚いと言えば手厚いかもしれない。でも,それだけではねぇ。
 また,一般企業への就職も,収入の面から折り合いがつかなくなることもあるという。一般企業としては「野球で身につけた根性を我が社でも」と思っても,年収が下がるので選手側が嫌がるらしい。
 ある人が言っていた。「契約金や選手時代の年収が高いのだから貯金すればいいのに。そうすれば,引退後資格を取る時間分の収入はあるだろうに。」
 しかし,契約金や選手時代の年収は高いだけに所得税や住民税がガバッと取られるから意外と残らないんだよ。

 (昔,現役時代の落合博満が減俸したことがあったが,その分所得税が下がったので手取りは上がったのでは,という憶測が飛んだことがあった。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「"々"って何を読むの?」

10/01/26 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「々」とは何と読むのでしょうか。

 おどり字とも,重ね字とも言う。
 「ノマ」と言うこともあった。カタカナの「ノ」と「マ」をくっついているように見えるから。
 しかし,「おどり字」も「重ね字」も「ノマ」も俗称である。
 「々」自体に意味はないし,文字ではない。"符号"である。
 昭和21年,当時の文部省の内部資料によれば,繰り返し記号の一つである,となっている。

 「々」=「同の字点」という。

 「々」は,「仝」の字から転化したものと考えられる。

     *     *    *


 「々」は,かつて,「一歩々々」や,「大賛成々々々」と言ったように,2文字以上の場合でも使われていた。
 また,仮名の重ね字で,「ゝ」や,「く」を縦に伸ばしたような字などがある。

 これらは,言葉を工夫してきた歴史である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その11 天祖神社(福禄寿)

Ca331840
10/01/03
港七福神巡り

 天祖神社(福禄寿)

至徳元年(1384),芝西久保城山に開創。その後二代将軍秀忠の時に現在地に移り「龍土神明宮」と称した。境内右側にある満腹稲荷社に,港七福神の「福禄寿」を祀る。

 ここ,国立新美術館と東京ミッドタウンの間にある神社。何度か前を通ったが,ここが港七福神のひとつだとは思わなかった。

 周囲の居酒屋の灯りが気になり始めた。
 また,ここまで歩いてくると,七福神巡りをしている人の顔が似てきた。同じ七福神を,ほぼ同じルートで歩くのだから,七福神巡りをしている人々が同じになってくるのは当然の話だ。
 しかし,ここへきて,「?」と思うことがあったが,それは,また,いずれの機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その10 櫻田神社(寿老神)

Ca331837
10/01/03
港七福神巡り

 仙台坂を上まで上がり,愛育病院からテレビ朝日通へ抜けると,六本木ヒルズの脇に,櫻田神社がある。
 ここまで来ると,頭の中に疑問符が生まれてくる。どこかで見たことがあるような気がする。既視感がでてきた。
 ま,2009年11月に駅からハイキングで通ったからね,と自分をなだめる。

 櫻田神社は

もとは「霞山稲荷明神」といい,治承4年(1180)に霞ヶ関の霞山に創建された。神田の印に桜を植えたことから桜田と呼ばれた。寛永元年(1624)に現在地に移転した。

 というものらしい。

 しっかし,六本木ヒルズの脇の神社にしては地味な感じがする……。あ,この神社の後に六本木ヒルズができたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「二の腕」

10/01/25 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「二の腕」というのはどこを指すのか?

 辞書では,「(腕のうち)肩から肘までの部分」と「(腕のうち)肘から手首までの部分」と二つの記載がある。

 現在では,「(腕のうち)肩から肘までの部分」とすることが多い。
 元々,室町時代の辞書,日葡辞書によれば,
「二の腕」:肘から手首の部分
「一の腕」:肩から肘の部分
 と記載してあるが,この頃から誤用として,「肩から肘の部分」使用している記述がある(『太平記』など)。


     *     *     *


 肩から肘の部分を「かいな」と言う。また,肘から手首の部分を「腕」と呼び分ける時代もあった。
 体に関する言葉は時代によって変化していく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このブログは,ブログに向かない。

 2010年,新春放談に書こうと思って,書き忘れたことがあった。ので,書いてみようと思う。

 このブログを書き始めて,丸5年が経過した。
 5年も経てば,ブログというものがどういうものか,分かってくるものである。

 で,思ったのが,「私のブログは,ブログには向かない代物」なのだということ。

 人気のあるブログというのは,一つのテーマに,とことん絞り込み,精通し,書き上げたものが多い。好きなアーチストやスポーツ,映画や食べ物等々,雑誌に例えれば,専門誌のようなスタイルが評判いい。

 振り返って,私のブログ。これでもかと言うほど,ジャンルに節操がない。映画・演劇・落語・お笑い・スポーツ・食べ物・ニュース等々。こういうものは,いわゆる一般紙というか,地上波のテレビ局のような,そんなものである。しかし,通り一遍のことしか書いていないブログは,いずれ飽きられる。

 ひょっとしたら,最近のアクセス減少も,この節操のない雑多なジャンルばかり紹介しているのが災いしているのではないのだろうか。

 かといって,飽きっぽい私のこと。一つのジャンルに絞ったら,おそらく続かない。複数ブログを持つのも何だかばからしく思えるし。

 何かいいアイデアはないのだろうか。そんなことを考えながらも,2010年は一日一日と過ぎていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2010年1月18日(月) 080 ★★★★★ ★★★
2010年1月19日(火) 059 ★★★★★ ★
2010年1月20日(水) 050 ★★★★★
2010年1月21日(木) 081 ★★★★★ ★★★
2010年1月22日(金) 072 ★★★★★ ★★
2010年1月23日(土) 079 ★★★★★ ★★★
2010年1月24日(日) 086 ★★★★★ ★★★★

 少しずつではあるが復調が見えてきたアクセス数。
 どうやら,社会学関連のキーワードでここへ訪れてきたらしい。なるほど,レポート提出の季節だし。
 大学のレポート関連のキーワードで夏と冬はアクセス数が増える,というのはありがたいことだ。
 となると季節ネタを少し蓄積しておくといいのか。ヨシ。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Jブンガク】『受験生の手記』久米正雄<英語版>

09/04/09 Jブンガク より
『受験生の手記』久米正雄

 「俺か俺のはデスペレートな勇氣さ」

 『受験生の手記』は,100年ほど前の本ですが,今でもつい昨日書かれたかのように読めます。
 近年,人口は減ってきていますが,志望大学に入るための長く厳しい道のりは変わりません。
 本書はそのような境遇にある若者についての物語です。


     *     *     *


 作者は,久米正雄。この物語は大正時代の学生の手記という形で綴られている。
 主人公健吉は東北から上京し,難関・一高を目指して親戚の元で浪人生活を送る。
 しかし,焦るばかりでまったく勉強に身が入らない。さらに下宿先に遊びにくる澄子に恋をしてしまう。
 その上一つ年下の弟も一高受験のため東京へやってくる。
 ただひたすら勉強する弟。焦りと後悔を繰り返す兄,健吉。
 試験の結果は弟が合格。健吉はまたも落ちてしまった。さらに澄子が弟に好意を寄せていたことを知る。
 健吉は絶望の中,湖へ。その短い生涯を終えるのである。


     *     *     *


 健吉は物事を先のばしにする癖のある男で細かく描写された勉強がはかどらない様は読み手を彼の世界に引き込み同情を買います。やがて健吉の優秀な弟も上京し,二度目の兄と共に受験勉強に励むが,兄が3時間もかけて解いた数学の問題を秀才な弟は5分で解いてしまいます。
 そんなことをされれば,誰でも落ち込みますが,自分は勉強しているんだと言い聞かせ,健吉はのらりくらりと受験日を待ちます。
 そんな中,健吉は澄子という女性に恋をします。ですが,物語の後半で彼女は弟に取られてしまい,健吉は絶望の渦の中におちてゆきます。
 本書は悲劇の結末へと向かう,ある学生の受験地獄を描いた物語です。

一刀両断  For better or worse 「よかれ悪しかれ」

 本書は悲劇の結末へと向かう,ある学生の受験地獄を描いた物語です。
 健吉は最後の試験が始まる直前にそう自分につぶやきます。志望大学に合格するために長い間準備をしてきた最後の力を振り絞る瞬間です。これが最後だと思うとあきらめがつき,試験が始まる前から開放感に気持ちが浮き立ちます。
 大正時代と聞くと,ロマンス,デモクラシー,個人の自由などのイメージが浮かびますが,官僚機構・教育・軍隊などのイデオロギーやシステムが確立され,広がったのもこの頃でした。教育の面で言えば,入学試験に合格することが一番重要とされた時期でした。
 毎年国中の若者たちが数少ないエリート大学に入ろうと入学試験の渋滞が出来たものです。
 現代の私たちにも通じることがあります。100年も前に書かれたのが信じがたいですね。
 今の日本の現状を表しているようで,私のお勧めの一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その9 氷川神社(毘沙門天)

Ca331835
10/01/03
港七福神巡り

 東京都港区元麻布・仙台坂上近くにある神社,氷川神社。周囲にイタリアンレストランは見あたらない。

 近所には元麻布ヒルズがあり,そのコントラストは非常に興味深い。
 写真も,対比が分かるように撮影したつもりだが,ちょっと無理のようだった……。

 駅からハイキングのマップには

 麻布の総鎮守で,江戸時代には芝居や能が賑やかに執り行われる「江戸氷川七社」のひとつとして賑わった。

 との記載がある。

 でも,「江戸氷川七社」ってどれ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】1月25日(月)~31日(日)

●25日(月)

●26日(火)
・列品解説@東京国立博物館「名物 童子切安綱を中心に」
・たてもの散歩ツアー@東京国立博物館
・コレクション展示「美の饗宴・東西の巨匠たち」@ブリヂストン美術館(~4月11日(日))

●27日(水)
・東大寺講演会@東京国立博物館
・樹木ツアー@東京国立博物館
・「タッチ&トーク」@東京国立近代美術館工芸館
・「落語研究会500回記念スピンアウト 赤坂BLITZ寄席LIVE」喬太郎、二楽、紋之助ほか@赤坂BLITZ

●28日(木)
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
・彫刻ガイド@東京国立博物館

●29日(金)
・表慶館アジアギャラリーガイド@東京国立博物館

●30日(土)
・ガイドツアー@井の頭自然文化園「ニホンリスウォッチング」「淡水にすむいきものたち」
・ 月例講演会「洛中洛外図屏風の系譜」@東京国立博物館
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク「吉祥 ―縁起を担ぐ―」@東京国立博物館
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
・たてもの散歩ツアー@東京国立博物館
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「東アジアの旧石器時代人」「南フランスの自然と虫たち-『ファーブルにまなぶ』展うら話」
・「タッチ&トーク」@東京国立近代美術館工芸館

●31日(日)
・美術トーク@国立西洋美術館(建築ツアーは中止)
・「日曜特別コンサート(歌曲)」@旧東京音楽学校奏楽堂(ぐるっとパス使用不可)
・ガイドツアー@井の頭自然文化園「動物の食べ物」「外国の動物たち」
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク「吉祥 ―縁起を担ぐ―」@東京国立博物館
・浮世絵展示ガイド@東京国立博物館
・表慶館アジアギャラリーガイド@東京国立博物館
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「科学博物館日本館建物見学ツアー」「地名と標本のはなし」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月17日 - 2010年1月23日 | トップページ | 2010年1月31日 - 2010年2月6日 »