« 2010年1月10日 - 2010年1月16日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »

2010年1月17日 - 2010年1月23日の記事

【Jブンガク】『三四郎』夏目漱石<英語版>

09/04/08 Jブンガク より
『三四郎』夏目漱石

 「其翌日から三四郎は,四十時間の講義を殆ど,半分に減して仕舞った。」

 今回ご紹介するのは100年前に書かれた長編小説 夏目漱石の『三四郎』です。
 文庫版は昭和13年に発行され,以来90回以上発行されている名作です。お年寄りから若者まで誰もが1,2度は読んだことがあり,好きなシーンを持っています。
 大都市東京での若者の成長を描いた作品です。


     *     *     *


 『三四郎』の作者は,夏目漱石。『坊っちゃん』,『吾輩は猫である』といった数々の名作を生み出した作家である。
 これは熊本から上京し,東京帝国大学に入学した小川三四郎の物語。
 同郷の先輩である野々宮,高等学校に勤める広田先生によって,三四郎は学問の魅力を知る。
 同時に華やかな青春の世界にもひかれてゆく。
 美彌子という女性に恋心を抱くが,彼女に翻弄されるばかりでその思いは届かない。
 三四郎がつぶやく「ストレイ・シープ」は,この時代の迷える若者の心情を表している。
 明治の東京を舞台に,勉学,恋,都会の生活に戸惑いながら,徐々に成長していく三四郎である。


     *     *     *


 三四郎は20代前半で初めて上京し,周りの音や光に圧倒されてしまいます。薄暗い小さな空間を好み,物語の最初はよく図書館で過ごしています。
 毎日,本を借り出し,読もうとするが,外国語のそれらの本はあまり意味が分からない。ただ,どんなに複雑やマイナーな本であっても自分の先を越して読んでいる人がいる。
 余白の部分に鉛筆でメモが書かれていることに興味をかき立てられます。そこで三四郎はその残されたメモを見ながら外国の文化を垣間見た気分になっています。
 大学の外では友人や大学で知り合った綺麗なガールフレンドもいます。彼女のことが大好きだが彼女が自分のことをどう思っているか自信が持てない。自分のことを弄んでいるのではないかと不安になります。
 その不安がガールフレンドの美禰子にも伝染し,彼女は他の男性と婚約してしまいます。三四郎は風邪で寝込んでいるところでその事実を知ります。
 三四郎の元をさる際,美禰子は彼に「迷える羊(ストレイシープ)」と告げます。三四郎は理解できません。「迷える羊」とは?誰が羊だというのか?常に彼女が何を考えているのかに怯え,彼女の言葉の意図を考えます。


一刀両断
 "That's totally lame!"
「愚の至りだ。」


 優等生の三四郎に対し,友人の与次郎は「愚の至りだ」と表します。三四郎は数多くの授業をとり全て無欠席無遅刻の学生の鑑でした。
 当時,地方出身の学生は大学を出ることが人生の成功への道だと教わり,三四郎も最初のうちは優等生でしたが,徐々にその姿勢を崩していきます。このようなことは明治時代ではよくあったことで,学問へのあこがれや興味はあると同時に大人の社会が学生に課す制約を嫌悪する。
 この両面性は現代の私たちでも理解できますね。
 自分の努力を認めて,褒めてもらいたいが都会に住む若者としての自由な人生も欲しい。三四郎の世界と現代の我々に通じるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その8 安藤記念教会

Ca331836
10/01/03
港七福神巡り

 七福神巡りなのに,教会の写真。
 いや,なに,見た目,非常に雰囲気の持つ建物だったので,ついつい。

 最近,思うのだが,教会であるとか,寺社仏閣であるとか,ある程度歴史のある建物って,いいよね。
 何でだろうと,考えることがしばしばある。
 宗教の持つ力なのか,建物が持つ力なのか,それはよく分からないが,何十年,何百年,建物によっては千年以上の時間を経て今も存在する時間がなせる技なのか。

 これからも,興味深い建物に出会ったら意味もなく写真を撮り,このブログにアップするつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その7 大法寺(大黒天)

Ca331834
10/01/03
港七福神巡り

 麻布十番界隈,坂を登って,大法寺(大黒天)へ到着。
 ここに来た時間帯,お寺は賑やか。写真にも写る人々が多い。
 私のような,観光客といういでたちの人間よりも,近所の人がつっかけで来ました,というような雰囲気の家族が多い。
 そう言えば,麻布十番界隈をつっかけで来ました,と言う人たち,結構金持ちではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「逆手」ってなんて読む?

10/01/22 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「逆手」は「ぎゃくて」と読むのか「さかて」と読むのか。

 「逆手」は,読み方により意味が異なる。

 柔道などでは「逆手(ぎゃくて)を取る。」
 相手の出方を「逆手(ぎゃくて/さかて)に取る。」
 刀を「逆手(さかて)に持つ。」
 体操の鉄棒では「逆手(さかて)車輪」

 というようになる。

 しかし,平成2年のNHKの外部機関の調査によれば,「逆手」を「ぎゃくて」と読む場合でも「さかて」と読むことが増えてきている。


     *     *    *


 漢字の読み方により意味が変わること他にもある。
 「博士」という漢字を「はかせ」と読む場合は,「学位などを持たないもの,物知りはかせ」という意味ではあるが,「はくし」と読む場合,「学位規則などに基づく正式な称号」という意味である。

 同じ漢字でも読みにより意味が異なることに注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その6 十番稲荷神社(宝船)

Ca331833
10/01/03
港七福神巡り

 その6。
 ようやく,その6で,本当に港七福神巡りのひとつに到着。

鳥居の左側に七福神を乗せた石像の宝船があり,港七福神の「宝船のおやしろ」と親しまれる。鳥居の右側に火傷,防火の守りガマの親子の石像がある。最近では「若ガエル,幸せカエル,落とし物カエル,何でもカエル」などのご利益も。

 というのが,駅からハイキングの地図に記載してある説明。宝船もカエルもすっかり忘れていた……。

 しっかし,シイの木からここまで遠いこと遠いこと。約3km。しかも,大通り沿いを歩くので,つまらないつまらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その5 旧細川邸のシイ

Ca331832
10/01/03
港七福神巡り

 春日神社から約2kmほど歩いてようやく届いたのが,ここ,「旧細川邸のシイ」。
 駅からハイキング開催時とは別の機会に訪れると,このシイの木に注目する人は皆無。
 この日は正月三が日。しかも,寒いこの日は,外を出歩く人もまばら。

 私も写真を撮ったら,さっさと次の目的地へ向かった。

 そうそう,この辺,道に迷ったなぁ。最近の駅からハイキングは,迷いやすいところに主催者が配置した案内人をそこかしこに居る。そのありがたさに甘え,地図を見る力が弱くなったなぁ。

 駅からハイキング,地図の説明では……。

肥後熊本藩細川家の下屋敷にある樹高10.8m,周囲8.13mのスダジイの巨木。根本の部分に大きな洞があったため補修されている。東京都指定天然記念物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Jブンガク】『学問のすすめ』福沢諭吉<英語版>

09/04/07 Jブンガク より
『学問のすすめ』福沢諭吉<英語版>

 「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云えり。」

 こんにちは。ロバート・キャンベルです。
 私は30年間,日本文学に携わっています。
 今日からこの番組を通じて日本文学の名作をご紹介していきたいと思います。
 とくに若い方に興味を持っていただきたいですね。
 最初の本は福沢諭吉の『学問のすゝめ』
 題名は退屈かもしれませんが内容は違います。
 現代の私たちや生活にも役立つアドバイスや知識が満載です。

     *     *     *

 『学問のすすめ』は,全17編から成る。
 初編が出版されたのは1872年。
 作者は,福沢諭吉。
 慶應義塾大学の創設者。
 近代日本の代表する思想家だ。
 『学問のすすめ』は,文明開化の明治初期に出版された,当時の大ベストセラーだ。
 「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云えり。」
 冒頭の一説で説くのは人間の平等だ。
 平等であるには自分で考え行動できるよう「独立」しなければならない。
 「独立」こそが日本が一人前の国家として新時代を生き抜く指針となると説いている。
 福沢は「独立」のために新たに身につける「学問」を読者に「すすめ」ているのである。

     *     *     *

 当時,福沢諭吉は有名な啓蒙家であり教育家でした。
 現代では一万円札の顔として親しまれています。皆さんも1枚や2枚はお財布に入っていますね。
 本書は「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と始まります。つまり,人間は平等であるという宣言です。
 しかし,平等でありたいのなら人生の目標や自分の限界を知ること
 独立していなければいけないと説きます。
 独立した人間が集結すれば独立した力のある町家国が作られる
 福沢諭吉の目標の一つは強く豊かな国を造り日本を海外進出させることでした。
 独立した人間になるには学問が重要だと福沢は説きます。
 何をどう学ぶかそれ以上になぜ学問が重要なのか
 身分の高い人とそうでない人の違いは学問にある
 どのように学習したのか その知識をどう現実社会で活用できるのか
 このような思想は当時の日本社会のリーダーたちには斬新なものでした。
 福沢は性別や身分にかかわらずみんなに平等な権利を与えようとしたのです。
 おそらくこれは日本文学史上初めての試みでした。


一刀両断
 Know your own limits.
「学問をするには分限を知る事肝要なり。」

 「分限」とは当時階級・配役・地位などの意味があり,乗り越えられるべきものではないと考えられていました。
 本書で福沢が特に述べているのは,現代社会の中で強く生き延びるためには若者が学ぶべきこと
 数学・歴史・生物学・道徳 どれも公立学校が取り入れ始めた最新科目です。
 本書が出版されたのは1872年 日本で公教育が始まった年
 実際に多くの小学校で教科書として使われていました。
 現実社会で学び,そうして得た知識を用いて社会に貢献することを若者に説きます。

 それが本書を通じて福沢諭吉が最も読者に「すすめ」たかったことなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20091212 マダムルロア&白金豚のソーセージ@フェリア

Ca331779Ca331780

 今頃,ボジョレー・ヌーボーの話題で申し訳ない。
 しかし,実際に飲んだのが12月半ばだし,勘弁して欲しい。

 さて,2009年のボジョレー,今回もマダム・ルロアを予約しておいた。
 予約しておいて良かった。何でもこのお店は,解禁後,一週間弱で完売したという。ビックリ。樽も,3日でなくなったという。さらにビックリ。

 今回は,マダム・ルロアに白金豚のソーセージを合わせてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20091212 カキフライ@キッチン大正軒

Ca331774

 前々から,行こう行こうと思っていたが,なかなか行くことの出来なかったお店。

 行こうと思っても行けないのにはいくつかの理由がある。
・行こうと思った日が定休日。
・行こうと思っても,いざ周辺を出かけると頭の中からお店の名前が消えている(早い話が忘れている)。

 このお店は,後者に属する。いつも有楽町・銀座界隈を歩いても,この店は,なぜか記憶から飛んでしまう。今回は,出かける前からこの店を目的の一つとして向かうことに。

 店内には行って注文したのは,季節のカキフライ定食。
 衣は,しっかりと厚く,中のカキを守っている。しかもサクサクとした衣が美味しい。
 以前,赤羽のトンカツのお店を紹介したが,その店とはちょっと違う,こちらの店が美味しい,正直。

 ほとんどの定食が1,000円程度とトンカツの店としては,リーズナブルな料金設定。

 美味しいカキフライを頬張っていると,先客が支払を終え,帰るところ。
「本当に美味しかったわ。」
 と感想を言うお客。
 店員さん曰く
「うちは,実家が肉屋なのでそこから仕入れているのよ。美味しいお肉なのよ。」
 ということ。

 私の食べているのはカキフライ。

 ……。

 今度はお肉ものを頼まなければいけないな。


キッチン大正軒 (コロッケ・フライ / 有楽町、銀座一丁目、銀座)
★★★☆☆ 3.5


キッチン大正軒 ( 有楽町 / とんかつ )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】アタッシュ?アタッシェ?カタカナ語の誤用

10/01/20 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「アタッシュケース」と外国で話しても,通じないのはなぜ?


 「アタッシェケース」(仏)が元の言葉。
 「アタッシェ」とは,フランス語で大使館や公使館に派遣された専門職員を指す。
 アタッシェが持つ鞄をアタッシェケースという。
 「アタッシェケース」は,英語圏でも用いられ,その後日本へ入ってきた際,「シェ」で終わる外国語に馴染みがなかったので,「シュ」と変えられた。それが「アタッシュケース」。


     *     *     *


 他にも,「シミュレーション」を「シュミレーション」と言う例があったり。
 通じない和製英語,「モーニングコール」を用いたりする例を見かける(「モーニングコール」は英語で「ウェイクアップコール」と言う。)。
 和製英語は,外国人との会話では注意が必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】トピックス,1月10日(日)~16日(土)

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【BigWednesday】
 1月10日(日)から一週間のヤフーのトピックスを見てみよう。

  ウッズ、3月米ツアーで復帰か
b オリ岡田監督 田口獲得に自信
b G阿部、メジャー断念を告白
  上村が開幕戦以来の2位 W杯
  大学ラグビー 帝京大が初V
  葛西、連日の大ジャンプで優勝
  2横綱白星発進 白鵬は25連勝
f 清水・岡崎、09年世界得点王
  石川遼が連敗、アジア敗れる
f 名波引退試合に豪華メンバー
f 銃撃受けたトーゴ代表は欠場
b 斎藤超え 中大・沢村に10球団
  中山4R新馬戦で最多の9頭落馬
  山梨学院大付が初出場初優勝
  全日本バスケ アイシン3連覇
  魁皇807勝 千代の富士と並ぶ
  内山が新王者、細野は敗れる
f★カズ失態 妻のパスポート持参
b マグワイア氏 薬物使用認める
  落馬原因の皇成「申し訳ない」
b 川崎、師匠の胸キュンを継承
  小椋久美子が引退会見 涙も
f 東アジア選手権 北は不参加へ
b 東尾修氏らが野球殿堂入り
  魁皇808勝 千代の富士超え1位
  遼、菊池の同じウエアに感激
f★犬飼会長 Jの秋春制を再提案
f MF稲本、川崎に移籍決定
  小3卓球少女、また高校生破る
f 吉田骨折もVVV移籍問題なし
b 落合氏 2年連続1票差殿堂落ち
f 岡田JAPANに小笠原、平山ら
 ★葛西が日本最多6大会連続代表
  大海引退 朝青龍「さみしい」
b 野球アジア大会は高田監督?
  吉田、引退試合は「桜庭と」
f 平山、代表に残って謎の抱負
b★メッツ五十嵐、背番号は「18」
b イチロー、オリ新人5人を激励
b 松井秀に主軸期待 MLB公式
b 上原浩治 真価問われる2年目
  朝青龍に土、5日目で全勝2人
  五輪主将に岡部、旗手は岡崎
f Jリーグ唯一の社員選手が引退
b 原監督、Gスローガンは「原点」
f★W杯招致 国内立候補地を発表
b ロッテ異例 斎藤指名1位決定
b 仁志3月が期限 ダメなら引退
  愛子夫の皆川 五輪へがけっ縁
  遼が帰国会見「すごく悔しい」
b★元ヤクルト高津、台湾球界へ
  稀勢の里敗れ、全勝は白鵬1人
b 菊池、遼と対面し「緊張する」
  M・シュー、最終日に速さ見せる
  ジャンプ葛西「夢の金へ飛ぶ」

 気になるトピックをいくつか。
f★カズ失態 妻のパスポート持参
 こういう話題が出てくるのは,かわいいものだ,ホント。

f★犬飼会長 Jの秋春制を再提案
 犬飼さん,本当にしつこいです。

 ★葛西が日本最多6大会連続代表
 葛西が五輪に出ることは,本当に偉業なのか?それとも選手層が薄いのか?本気で議論したくなってきた。

b★メッツ五十嵐、背番号は「18」
 アメリカ人選手でさえ,なかなか来季の契約ができないというのに。メッツと契約した五十嵐の代理人は凄腕だな。

f★W杯招致 国内立候補地を発表
 W杯,また招致するのはいいが,前回開催よりハードルが高くなっている。8万人規模のスタジアム(決勝用)が必要だという。
 8万人規模のスタジアム,作るのは簡単だが,その後の利用はどうなるのだろうか。そのことを考えると,ハイヨ,と作るのは非常に考え物だ。
 どうにか既存のスタジアムの仮設スタンド設置などでごまかせないだろうか。


b★元ヤクルト高津、台湾球界へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「○○風」,「○○的」,「○○式」

10/01/19 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「○○風」,「○○的」,「○○式」という言葉を聞きますが,意味に違いがあるのか?


 「○○式」:型,様式,方法などの意味。名詞につく。
 例:「英国式庭園」英国の様式を取り入れた庭
 「○○風」:そのような姿,状態であること。そのように見えること。
 例:「英国風庭園」英国式の庭に似せているもの。名詞につく。
 「○○的」:そのような性質,それらしい,それについて
 辞書によれば,特に抽象的な意味を表す漢語につく。


     *     *     *


 明治初期,外国語の本を翻訳する際に使用された。
 英語の ~tic の訳出に苦労した。その際に,「○○風」,「○○的」,「○○式」という用法が誕生した。
 最近の「○○的」の使い方には,違和感を抱く人も多いので,使用には注意が必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップの感想

 東京ウォーキングマップを見始めたのはいつの頃からだろうか。
 そもそも,きっかけはいつだったのか?
 今となっては,もう分からない。

 確か……。
 飲んで帰ってきた土曜の夜,「スーパーサッカー」を見なくては,とTBSテレビを付けたまま,眠りこけ,気づいたら,テレビで「東京ウォーキングマップ」が放送されていた……。
 だったと思う。

 非常にのんびりとした空気感をもち,取り上げたお店とのタイアップというのもあまり感じられず,心地よい番組だっった。
 散歩師も,それぞれ特徴があるというか癖のある人物で,それぞれの散歩師の視点から見る東京の風景は,同じ風景でも違って見えたものだ。

 それから,ビデオで毎週録画するようになり,何とかして,スタッフの作ったホームページを見るようになり,掲示板まで放送日時をチェックするようになった。編成の都合,毎月最終週は30分ほど放送時間が繰り上がったりするもので,掲示板はありがたかった。

 毎年,8月には,戦争を絡めた散歩をするようになった。戦災被木だったり,博物館だったり,戦時中の思い出の少年だったり,最近のテレビ番組,それもレギュラー番組で,戦争を取り上げることも減ってきたのに,毎年必ず取り上げてくれるのは,貴重だったりする。

 最終回を知ったのは,12月の頭。掲示板の書き込みだった。非常に驚いた。こんなにいい番組がなぜ終わるのだろうか。
 しかし,放送開始以来,一度もスポンサーがついていない番組が,約9年続く方が珍しい。
 最終回の放送は非常に淡々としたものだった。町田忍さんがいつものように散歩し,いつものようにスタッフが撮り続けていく。いつもと違うのは,町田さんが昭和を追いかけるのではなく,江戸を追いかけている場面が多かった程度。
 もし,これが,ゴールデンタイムの番組だったら,ひな壇に散歩師集めて,コメント求めたり,過去のVTR編集して,「岸本葉子さんのお弁当コレクション」なんてものを放送したりするんだけど。そういった下品な企画がないだけ,良かったと思った。

 最近,TBSは良質な番組を排除し,安価な製作費で対応できるような番組ばかり作っている気がする。
 安価でも,内容が良ければいいのだが,企画力がないよなぁ。これでは,より一層,私自身のテレビ離れが進むなぁ。
 そうそう,BS-TBS放送の「吉田類の酒場放浪記」のように,15分番組×4本,と言う放送(1本新作,残り3本再放送)という手段は取れないのだろうか。
 TBSさん,ご一考を。

 そして,今まで「東京ウォーキングマップ」製作に携わっていただいた,全ての皆さん,お疲れ様。
 「心の底から」この番組でご一緒できることを記念しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その4 春日神社

Ca331831
10/01/03
港七福神巡り

 さて,ようやく七福神巡りしよう,まず最初は「春日神社」だ。

 と思って,駅からハイキングの地図の説明を見ると,

三田の鎮守「春日さま」として親しまれる。江戸時代には江戸府内唯一の春日神社として信仰を集めた。

 と記載してあるが,「港七福神」ではない。
 あらま。
 それでも,参拝して次の目的地に行くことに。
 隣は慶應義塾大学の校舎だが,そのコントラストが面白い。

 11月に比べると,この日は華やかな飾り付けがしてあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ことば】「大きなお世話」・「大変お世話」

10/01/18 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「大きなお世話になっています」という言葉を聞きますが,あまり,良い感じに聞こえない。


 「大きなお世話」=「余計なおせっかい」
 「大変お世話」=「面倒をかけている」

 「大きな」も「大変」も両方とも「甚だしい」という意味。

 「世話」は「人のために尽力すること」,「面倒を見ること」という意味。
 語源には2つ説があり,
 1つめは,「忙(せわ)しい」から来ている説。2つめは,「世間の人がする話」からという説。

 「大きなお世話」とは,江戸時代の流行語を集めた本「俚言集覧」(りげんしゅうらん)に
 「大きなお世話御茶でもあがれ」との記載有り。「余計なおせっかい」の意味で用いている。
 江戸時代の流行語が現在でも使われている珍しい例。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その3 電気自動車の充電器を発見!!

Ca331829
10/01/03
港七福神巡り

 「港七福神巡り」と言いながら,未だ七福神の写真が出てこない(苦笑)
 ま,このブログだからね。こんな感じでダラダラ進めていかないと,ネタに困る……。

 さて,最初のチェックポイント「西郷・勝両氏会見地」があるところは,昔は薩摩屋敷だったが,今は三菱自動車のディーラー。その店頭には,写真のように電気自動車の充電器が設置されている。

 生まれて初めて見る充電器。思わずパチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2010年1月11日(月) 062 ★★★★★ ★
2010年1月12日(火) 079 ★★★★★ ★★★
2010年1月13日(水) 066 ★★★★★ ★★
2010年1月14日(木) 052 ★★★★★
2010年1月15日(金) 066 ★★★★★ ★★
2010年1月16日(土) 061 ★★★★★ ★
2010年1月17日(日) 059 ★★★★★ ★

 先週一週間の平均は64。停滞前線中。開始当初から今までの一日あたりの平均アクセスも85.96と86を切ってしまった。
 やはり,こう,インパクトのある記事を書かないとダメなのかなぁ。
 「私は小沢一郎の秘密を知っている!!」
 だとか,
 「この春,政界再編の嵐が起こる!!」
 だとか,書かないとダメなのかなぁ。

 当然,私を知る人は,そんな記事を書いても,「またぁ,口から出まかせなんだからぁ。」と言うが,知らない人が本気になったら困りものだ。
 普通のように,まじめにこつこつと書かないとダメなんだろうなぁ。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Jブンガク】『ぼくは勉強ができない』山田詠美

09/04/03 Jブンガク より
『ぼくは勉強ができない』山田詠美

 「私勉強しか取り得のない男の人って,やっぱ苦手みたい。つまんないんだもん。」

 依布サラサ曰く,「イチゴミルクな本」

 1992年に出版された「ぼくは勉強ができない」。作者は山田詠美。恋愛を題材にした作品は,海外でも数多く翻訳されている。
 主人公はサッカーが大好きな時田秀美,17歳。勉強はできないが女性にはもてる。ショットバーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。
 けれど,大学に行くことしか頭にない優等生,脇山とはどうもしっくりこない。
 そこで秀美は親友の真理に協力を依頼。真理は脇山を翻弄するため恋愛ゲームをしかけるのだが……。その結果とは?
 勉強,恋愛,友情。高校生が抱える様々な問題。そんな中で,常に自分の価値観や納得できるものをみつけたいと葛藤する秀美。
 世間のフツウを斬新な感覚で捉えた青春小説だ。


     *     *     *


 脇山 = 秀美をライバル視する優等生
 真理 = 秀美の幼なじみ。男の子に大人気。
 秀美は幼なじみの真理に脇山に気のある素振りを見せるよう耳打ちした。


 で,どこが"イチゴミルク"なのか。
 真理の仕草などが,高校時代独特のキュンくる感じ。これがイチゴ。
 「真理は,スカートを翻して隣の教室に駆け込んだ。」
 「ラクロワの残り香は,いつまでも鼻をくすぐっていた。」
 ミルクは,健全と不健全のどちらにすべきか,のモヤモヤ感。
 「秀美はねぇ,要するに健全すぎるのよ。」

一刀両断 「ぼうは,それにうつつを抜かして来て勉強しなかった。」

 「クラス委員長はぼくと三票の差で,脇山茂に決まった。」
 「時田秀美です。最初に言っとくけど,ぼくは勉強が出来ない。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20100103 港七福神巡り その2 もうすぐ,箱根駅伝がやってくる……

Ca331828
10/01/03
港七福神巡り

 この写真からだとよく分からないかもしれないが,道路が車線規制してある。
 なぜかというと,もうすぐ,箱根駅伝の選手がやってくるのだ。この日は復路。空の上では,ヘリコプターが飛んでいる。私は,箱根駅伝の選手たちを待つことなく,港七福神巡りを歩き始めたが,このヘリコプターの音がうるさいうるさい。コース上に住む人々は,毎年可哀想だなぁ,と思った次第。さて,歩き始めるとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】1月18日(月)~24日(日)

●18日(月)

●19日(火)
・列品解説@東京国立博物館「秋篠寺の十一面観音菩薩立像」
・たてもの散歩ツアー@東京国立博物館
・「みゅーじっく落語 死神」三遊亭兼好@日本橋社会教育会館

●20日(水)
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク「紫式部日記絵巻 ―霞たなびく料紙装飾― 」@東京国立博物館
・浮世絵展示ガイド@東京国立博物館
・「タッチ&トーク」@東京国立近代美術館工芸館
・「兼好カフェ 蔵出し兼好」兼好、さん若、宝井琴柑@らくごカフェ

●21日(木)
・「木曜コンサート(声楽)」@旧東京音楽学校奏楽堂(ぐるっとパス使用不可)
・ギャラリートーク「土偶と土面」@東京国立博物館
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
・彫刻ガイド@東京国立博物館
・上野鈴本演芸場1月下席(昼)
志ん坊,正太郎/菊六,アサダ二世,菊生/駿菊,志ん輔,にゃん子・金魚,福治,文左衛門,ぺぺ桜井,扇遊(仲入り)紋之助,才賀,喜多八,ゆめじ・うたじ,(主任)菊丸
・上野鈴本演芸場1月下席(夜)
粋歌/歌扇/歌太郎,和楽・小楽・和助・小花,圓太郎,歌る多,紫文,三三,歌武蔵(仲入り)ロケット団,藤兵衛,夢葉,(主任)歌奴
・浅草演芸ホール1月下席(昼)
小駒/弥助,志ん丸,ホンキートンク,小袁治,さん吉,柳月三郎,扇遊,駒三,ダーク広和,市馬,扇橋,ゆめじ・うたじ,玉の輔,文生(仲入り)馬石,和楽・小楽・和助・小花,白酒,歌司,小菊,(主任)雲助
・浅草演芸ホール1月下席(夜)
こみち/三之助,菊志ん,たかし,志ん五,川柳,ロケット団,南喬,はん治,世津子,小満ん(仲入り)喬之助,わたる,燕路,志ん駒,勝丸,正蔵,遊平かほり,(主任)三三
・池袋演芸場1月下席(昼)
志ん公/朝太,ひな太郎,鉄平,元九郎,正雀,志ん輔(仲入り)志ん馬,馬生,笑組,(主任)八朝
・新宿末廣亭1月下席(昼)
夢吉/朝夢/月夢,花,遊雀,圓馬,ぴろき,幸丸,圓遊,うめ吉,歌春,可楽,ボンボンブラザース,笑三(仲入り)夢花,京太・ゆめ子,小柳枝,右紋,南玉,(主任)夢丸
・新宿末廣亭1月下席(昼)
可龍/鹿の子,健二,春馬,柳好,Wモアモア,松鯉,桃太郎,伸,茶楽,圓(仲入り)とん馬,京丸・京平,平治,遊三,喜楽,(主任)圓輔

●22日(金)
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク「紫式部日記絵巻 ―霞たなびく料紙装飾― 」@東京国立博物館
・考古展示室ガイド@東京国立博物館
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・表慶館アジアギャラリーガイド@東京国立博物館
・映画「オーシャンズ」公開

●23日(土)
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク「吉祥 ―縁起を担ぐ―」@東京国立博物館
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
・陶磁エリアガイド@東京国立博物館
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「深海探査と微化石の世界」「JAMSTEC深海探査システムが撮影した頭足類(とうそくるい)」
・「タッチ&トーク」@東京国立近代美術館工芸館
・Fリーグ第22節
 バルドラール浦安vs名古屋オーシャンズ@浦安市総合体育館
・「白酒・甚語楼ふたり会」白酒「文違い」ほか、甚語楼「笠碁」ほか@お江戸日本橋亭
・「楠美津香ひとりシェイクスピア」【リア王】@横浜市イギリス館
・「花形演芸会」さん弥「代脈」、鯉朝「松山鏡」、カンカラ、市馬、阿久鯉「赤穂義士銘々伝赤垣源蔵徳利の別れ」、U字工事、菊之丞「らくだ」@国立演芸場
・「ポカスカジャンの脱線音楽 ゲスト祭り!」本物ゲスト:安斉肇とフーレンズ、清水宏、DJオショウ、梅垣義明ほか@草月ホール

●24日(日)
・美術トーク@国立西洋美術館(建築ツアーは中止)
・「日曜コンサート」パイプオルガン演奏@旧東京音楽学校奏楽堂
・ガイドツアー@井の頭自然文化園「草を食べる動物たち」「野鳥の森ウォッチング」
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク「吉祥 ―縁起を担ぐ―」@東京国立博物館
・浮世絵展示ガイド@東京国立博物館
・庭園茶室ツアー@東京国立博物館
・表慶館アジアギャラリーガイド@東京国立博物館
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「プレートと日本列島」「菌類ってどんな生物」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月10日 - 2010年1月16日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »