« 先週のアクセス解析 | トップページ | 【2355】2010年4月上旬のおやすみソング「factory of dream」 »

20100220 【定点観測】東京国立博物館・常設展

Ca331941
10/02/20
東京国立博物館・常設展

 駅からハイキング(上野発着)終了後,どこかへ行こうと考えた。
 上野だったら,ここしかないだろう。いつもの,東京国立博物館・常設展。
 この日は,文化庁海外展 大英博物館帰国記念 「国宝 土偶展」最終日を明日に控え,ものすごい混みよう。
 写真は,会場へ入るために並ぶ列。もっと早くに来ていれば,こんなに混むこともなかったはずなのに。

 それでも,考古学関係の展覧会ってお客さんは来るものなのだと,改めて実感。昔,仕事をしていた考古学関係の人々も,こういう考古学関連の展覧会の情報をかぎつけ,あちこち行っていたなぁ。毎年夏休みの家族旅行,最後に一箇所,古墳を巡るという同僚家族もいた(笑)

Ca331940
 さて,今回は,まず国宝室に行って,千手観音像(せんじゅかんのんぞう) を見る。国宝室は,展示期間が限られているので,展示期間を要チェック。

 そして,もう一つは,特集陳列 有職(ゆうそく)を見る。

平安時代の宮廷では、皇族・廷臣・女官たち宮廷人(きゅうていびと)が、宮殿のなかで、格調高い調度品に囲まれ、色あざやかな服飾を装い、優雅な儀式をとり行う日々をおくっていました。これら宮廷の儀礼・祭礼・年中行事・官職・位階・作法・建築・調度・服飾・食事・遊宴などには独特な形式がありました。この宮廷礼法に関する知識やその研究を有職(ゆうそく)といいます。

 と東京国立博物館の公式サイトには記載されていたけれど。
 私にとってはままごと道具みたいなもの。本物の分からない私。

|

« 先週のアクセス解析 | トップページ | 【2355】2010年4月上旬のおやすみソング「factory of dream」 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20100220 【定点観測】東京国立博物館・常設展:

« 先週のアクセス解析 | トップページ | 【2355】2010年4月上旬のおやすみソング「factory of dream」 »