« 20091223 ウェンディーズ銀座店&20100101 ウェンディーズ銀座店跡 | トップページ | 20100207 【定点観測】東京国立博物館・常設展 »

【ことば】「せいぜいがんばって」

10/03/04 NHK教育テレビ「ことばおじさんのナットク日本語塾」より

 「せいぜい頑張って」と言われると,皮肉っぽく聞こえるのはなぜ?

 「せいぜい頑張って」と言われると,皮肉のように感じる人が多い。
 「せいぜい」は漢字で「精精」と書く。「精」という漢字は,「心を打ちこむ,力を尽くす」という意味。したがって,「せいぜい」は,「力の限り,精一杯」という意味である。
 「せいぜい頑張って」は,「力の限り,精一杯頑張れ」と激励の言葉である。他にも「せいぜいご利用下さい。」は「可能な限りご利用下さい。」の意味。「せいぜい努力します」や「せいぜいお大事に」は前向きな言葉である。


     *     *    *


 では,なぜ「せいぜい頑張って」が嫌みな意味に聞こえるのか?
 これは,もう一つの使い方にある。
 「高くても,せいぜい一万円」,「せいぜい3日もあればできる。」という使い方。
 「せいぜい」という言葉には,「多く見積もっても,その程度」という意味があり,現代ではこの意味の方が強い。
 したがって,「せいぜい頑張って」と言われると,「限界があるけれど,まぁ,頑張って」と捉えられてしまう。

 一つの言葉で2の意味がある場合,しかも,意味が正反対の場合がある。誤解されないため,使い方には充分必要である。

|

« 20091223 ウェンディーズ銀座店&20100101 ウェンディーズ銀座店跡 | トップページ | 20100207 【定点観測】東京国立博物館・常設展 »

翔太だって社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ことば】「せいぜいがんばって」:

« 20091223 ウェンディーズ銀座店&20100101 ウェンディーズ銀座店跡 | トップページ | 20100207 【定点観測】東京国立博物館・常設展 »