« 【来週何スル?】3月8日(月)~14日(日) | トップページ | 【Big Wed】From the Pitch,J1-1,結果[3/6,7] »

【Jブンガク】『南総里見八犬伝』曲亭馬琴<英語版>

09/05/20 Jブンガク より
『南総里見八犬伝』曲亭馬琴

 「『ヤッ』と被(かけ)たる声と共に,眉間を望みて(石+殷)(はた)と打つ。」

 『南総里見八犬伝』は,江戸時代の読本(よみほん)の傑作。曲亭馬琴が28年かけて執筆しました。
 全106巻で構成される,世界最長の歴史冒険小説です。


     *     *     *


 1814年から28年を費やして完結した『南総里見八犬伝』。作者は曲亭馬琴(きょくてい・馬琴)。106冊にも及ぶ歴史冒険小説だ。
 時は室町時代,安房(現在の千葉県・房総半島の南端)。国主・里見義実の娘・伏姫(ふせひめ)がこの世を去ろうとする時,不思議な八つの玉が体から飛び散った。
 その玉を一つずつ持って各地で生まれたのが八犬士。その一人の犬塚信乃(いぬづか・しの)は,城主へ足利家の宝刀を献上するよう,父から託されていた。
 しかし,宝刀はすり替えられ,怒った城主は信乃を殺そうと犬飼見八(いぬかい・けんはち)を仕掛ける。見八は実は八犬士の一人だが,二人は知る由もない……。
 それぞれに玉を持つ八人の若者が因縁に導かれて互いを知り,主家・里見家の復興を目指して悪と戦う壮大な物語である。 


     *     *     *


 主人公は8人の犬士ですが犬ではなく人間。それぞれの名前に「犬」という文字が入っていて出生からある絆で結ばれています。
 8人は儒教の八徳である仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌を象徴。
 こちらの本はあらすじや登場人物を解説する,いわば参考書。たとえば八つの玉を産んだ伏姫(ふせひめ)。8人の犬士の起源として伏姫は物語の重要な出発点です。伏姫の生い立ちと死を説明しています。
 これは八犬伝の図解入りダイジェスト版。馬琴の没年から33年後の1881年まで出版されました。江戸時代と明治時代にまたがり,新しい世代の読者を取り込んでいきました。奇想天外な物語に多くの読者が引き込まれたのです。
 その頃,西洋の小説の主流はリアリズム。現実の世界をそのまま再現しようとしました。しかし,八犬伝は逆です。400年前の想像の世界を舞台に不思議な出来事が次々と展開します。鎖国時代の閉塞的な日本人に空想にひたる機会を提供しました。


 「『ヤッ』と被(かけ)たる声と共に,眉間を望みて(石+殷)(はた)と打つ。」


 しかし,明治時代のリアリズム系の作家は,馬琴の幻想的で説教じみた作風を批判しています。
 八犬伝の独自性は日本語の新しい表現方法にあります。日本語の散文の枠を広げて読者を楽しませてくれました。明治時代,若い学生たちや一般大衆の好奇心も満たされました。馬琴の散文の独特なリズムと音の響きが読者を魅了したのです。
 それまでの文学とは一線を画し,むしろ,現代の私たちの目と耳を楽しませてくれます。

|

« 【来週何スル?】3月8日(月)~14日(日) | トップページ | 【Big Wed】From the Pitch,J1-1,結果[3/6,7] »

翔太だって社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Jブンガク】『南総里見八犬伝』曲亭馬琴<英語版>:

« 【来週何スル?】3月8日(月)~14日(日) | トップページ | 【Big Wed】From the Pitch,J1-1,結果[3/6,7] »