« 【Monthly翔太】2009年11月のお薦め | トップページ | 【来週何スル?】11月2日(月)~8日(日) »

20091012 【定点観測】「皇室の名宝 第1期『永徳、若冲から大観、松園まで』」@東京国立博物館

Ca331649
09/10/12
「皇室の名宝 第1期『永徳、若冲から大観、松園まで』」
東京国立博物館

 東京国立博物館,秋の特別展はちょっとリキを入れた展覧会。春先の阿修羅では,100万人目指すぞと鼻息荒く,夏の展覧会では一息入れて,英気を養い,さて,秋は皇室の名宝でご機嫌伺い。

 今回の特別展では,会期を二つに分け,展示を総入れ替え。これは非常に興味深い手法。一部の展示を数週間毎に入れ替えるというのはよく聞いた。美術館マニアによっては,全ての展示を見るために,展示入替のスケジュールを考え,何回足を運べばいいか,計画を練ってたようだ。今回のように前期と後期で展示物が全く替わるというのなら,2回で済む。また,私のように美術館初心者でも「一期と二期の二つに分かれるのなら,2回見に行こう」と思うようになる。

 現実,この特別展の作品入れ替え時期と私のパスポートの有効期限が上手いこと重なるので,一期は古いパスポート,二期は新しいパスポートで見に行くことができそうだ。

 で,見に行った感想は……。
 伊東若冲の「動植綵絵」計三十幅は圧巻。この作品を見たくて,私は見に行ったようなもの。
 館内は,休日の夕方だというのに,非常に混雑していた。16時30分頃会場に入るが,まだ混雑。20分ほど椅子に腰掛けて,館内が空くのを待った。17時頃,ようやく,館内が空いてきたので,一つ一つじっくり廻る。どれもこれも見ていてウキウキするような高揚感を味わう。

 これらの美術品が,皇室の物から日本国民全員の物になったというのは,非常に意義深い。
 また,機会があれば是非みたいものだ。

|

« 【Monthly翔太】2009年11月のお薦め | トップページ | 【来週何スル?】11月2日(月)~8日(日) »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66249/47028583

この記事へのトラックバック一覧です: 20091012 【定点観測】「皇室の名宝 第1期『永徳、若冲から大観、松園まで』」@東京国立博物館:

« 【Monthly翔太】2009年11月のお薦め | トップページ | 【来週何スル?】11月2日(月)~8日(日) »