« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »

2008年2月17日 - 2008年2月23日の記事

【新企画】,『国語力アップ400問』をやってみた。第1回

NHK生活人新書『国語力アップ400問』
NHK放送文化研究所日本語プロジェクト著
ISBN4-14-088067-8

 今回から新企画,『国語力アップ400問』を解いた結果をお届けする。
 大学時代のノートを引っ張り出そうかとも考えたが,先日,この本を衝動買いした。読みながら,問題を解いていったが,やはり頭の中が錆び付いてしまったのだろうか,あまり解けない。
 そこで,間違えた問題を中心に,この記事で紹介していくつもりだ。
 とは言え,問題と答えを写しては著作権法に違反する。うやむやにした形での,私のメモ書きのようなもの。勘弁して欲しい。

 本日は第1回。第1回分の問題から紹介しよう。
 この本の構成は,1回40問×10回となっている。これで,400問。
 1回の構成は「国語常識問題」20問+「漢字問題」20問。
 2002年から2003年まで,NHK放送文化研究所のホームページに掲載した問題だそうだ。
 ホームページで答える際は,制限時間があったようだ(解説文による。)。

 まずは,第1回から,覗いてみよう。


     *     *     *


第1回 34問正解!(85%)
間違えた問題
●12 ( )に入る言葉は?
 「雨ニモマケズ 風ニモマケズ ( )ニモ、夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ……」<宮沢賢治>

 私は,雨・風ときたから,と「嵐」を選んでしまったが,後の「夏ノ暑サ」との対比で「雪」だったのだ。
 宮沢賢治は有名な詩人・童話作家だったのに,恥ずかしい限り。

●13 正しい表現は,どれでしょうか?
1 この宝石は,外国でお求めになられたのですか?
2 この宝石は,外国でお求めになったのですか?
3 この宝石は,外国でお求めになさったのですか?

 私は,3を選んでしまった。正解は2。
 敬語は,この後に出てくる問題でも苦労した分野。
 相手を敬う尊敬表現には大きく3つあるという。
A 「お+動詞の連用形+なる」
 例 「読む」 → 「お読みになる」
B 「動詞の未然形+尊敬の助動詞(れる・られる)」
 例 「読む」 → 「読まれる」
C 特別な言い方のある動詞に置き換える
 例 「食べる」 → 「召し上がる」
   「言う」 → 「おっしゃる」
   「行く」・「来る」・「居る」 → 「いらっしゃる」
   「する」 → 「なさる」
 問題の1「お求めになられた」は,AとBを混ぜ合わせた二重敬語だ。

●漢字問題
 次の漢字の読み方を答えてください。
「猛者」:もさ
「畝作り」:うねづくり
「不惜身命」:ふしゃくしんみょう,「体や命を惜しまずに捧げること」の意。貴乃花が横綱昇進の歳に述べたときのことば。
「片言隻語」:へんげんせきご,「ほんのちょっとしたことば」

気になった問題・解説
●15 ( )に入る最も適当なことばを選んでください。
・( )を使って,相手の顔色をうかがう。
 正解は「上目」だが,目を使った言い回しの面白さを感じた。
「横目」,「色目」,「目は心の窓」,「目は口ほどにものを言う」等々。

漢字問題では,「騎虎之勢」(きこのいきおい)は,読めたが意味が分からず。「虎に載ってしまったら,疾走中は降りることができない。」「勢いがついて途中で止められないこと」だが,なるほどぉ。知らなかった。
 私がこのブログを始めて,引っ込みが着かず止められないことは「騎虎之勢」というのだろうか。騎虎というほどでもないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】サッカー中国代表はW杯に出る気があるのか[2/20]

08/02/20
東アジアサッカー選手権2008 決勝大会
日本代表 (1-0) 中国代表
@重慶

 サッカー日本代表の試合を久しぶりに見た。
 帰宅すると前半20分頃。思わずテレビに見入ってしまった。
 案の定,ホームに有利な判定だが,それ以上に気になったのは,中国のラフプレーの多さ。
 サイト,ブログや掲示板を見ると「中国許せない」,なんて記事をよく見かけた。確かに,彼らのプレーは賞賛されるものではない。
 私は少し視点を変えて論じてみたい。それが表題の「W杯に出る気があるのか」,だ。

 サッカー中国代表,以前の強さが影を潜めつつある。W杯2002で初出場を果たしたが,W杯2006ではアジア予選(第1次)で敗退。出場できなかった。だから,今回の東アジア大会では,中国側としても,2010年大会に向けて弾みをつけたいだろう。

 で,今回のラフプレーの多さ。
 運良く,カードはあまり出されなかったが,あのプレーを続けていけば,カード累積やレッドカードで試合に出られなくなる。そうなれば,影響が出るのはW杯予選だ。
 試合に向けて戦術や戦略を考える監督やヘッドコーチにとって,予測できないことは,試合中のケガと退場処分。これによって,自分の思い描く試合を組めなくなることもある。もし,私ならラフプレーの多い選手は代表には呼ばない。以前,ケガの多い小野伸二は名選手か,という類の記事も書いたがケガや退場処分の多い選手のせいで,試合に負けたら元も子もない。

 先日の中国の試合でもそうだ。あれだけラフプレーをしていって,退場や出場停止を食らっていては,ベストメンバーで試合に臨めない。もう少し自重すべきだ。

 試合後,日本代表岡田監督は,だいぶ興奮していたようだが,一方で日本代表の選手の落ち着いていたこと。
 試合中も,一つ大人になった日本代表を見た気分だった。

 中国代表よ。くれぐれもラフプレーにはご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Best of 月イチあミュージアム 2007

 2007年訪問した博物館・美術館の中で今でも記憶に残っているところを,2007年のBest of 月イチあミュージアムに選ぼうと思う。

 2007年,Best of 月イチあミュージアムは……

 世田谷美術館分館向井潤吉アトリエ館

 美術館の分館,元は向井潤吉が住んでいた家だ。ただそれだけだ。訪問したのが5月なのに,いまだにあの家の持つ空気を思い出す。門をくぐった瞬間から,家の持つ空気に癒された。中も暖かい空気(暖房が効いているわけではない)に包まれている。
 奥のアトリエの部分,イーゼルの下には,油絵の絵の具がしたたり落ち,山を作っていた。ここで彼が絵を描いていたことが容易に想像できる。

 向井潤吉が住んでいた。ただそれだけなのに,この家には印象深い。それが非常に面白かった。
 何も,博物館だから,目玉の作品がなければいけないわけではない。仕掛けを作らなければいけない,なんてこともない。それを教えてくれた博物館だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Feria】第110回ワイン会のお知らせ

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)。
 月末恒例,ワイン会のお知らせ。

=================================================================

第110回ワイン会
日時:200年02月27日(水)19:00~
会場:フェリア(といっても六本木でも湯島でもない)
会費:5,000円

=================================================================
テーマ:北イタリアの品種
 イタリアには,数多くのローカル品種がありますが,今回は,北イタリア固有の品種を飲みます。
 トラミネール・アロマティコは,トレンティーノの原産。アルザスでは,ゲヴルツトラミネールとして,親しまれています。参考にアルザスワインも,試します。取って置きは,ギリシャ彫刻のような美女,エリザベッタ・フォラドーリの造る希少品種,テロルデゴの傑作「グラナト」です。

出品ワイン
トレンティーノ (ポーエ・エ・サンドリ)
・ノジオーラ(白)2005
・トラミネール・アロマティコ(白)2004
(アルザス ゲヴルツトラミネール(ショフィット))

アルト・アディジェ (コルテレンツォ)
・ ラグレイン(赤)2006
・ ラグレイン(ロゼ)2006

トレンティーノ (エリザベッタ・フォラドーリ)
・ グラナト(赤)1998 (テロルデゴ 100%)
・その他
【参加人数や事情により,ヴィンテージが多少変わる場合もあり】

 お申し込みは,武蔵屋酒舗まで直接メールでお願いします。
 その際,メールのタイトルは「ワイン会の申込(ブログを見て)」としてください。
 締め切りは,02月26日(月)18:00まで。なお,満員の際はお断りする場合があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】上村・里谷,猪苗代で明暗

★ 背水の陣 里谷多英が復帰戦
★ W杯 上村愛子が3季ぶりV

 モーグルのワールドカップが,先週末猪苗代で行われた。
 この大会で日本人選手女子2人に明暗が分かれた。

 まずは,「明」から。
 上村愛子がこの大会で3季ぶりに優勝をした。地元,日本の大会ということで気が楽だったのかも知れない。それでも,優勝するということはすごいことだ。優勝を決めた,決勝での,おそらく2回目の滑走をテレビのニュースで見た。
 エアでは,以前の五輪で飛んだド派手なものはなく,多少レベルを下げたものだった。しかし,良かったのは滑り。ターンが上手くいったので,その分タイムも上がったのではないだろうか。(一部報道ではターンが流れた,ということをインタビューで答えていたようだ。)
 確か,モーグルの採点は,ターンが50%を占める。そして,エアとタイムが25%ずつ。ターンを上手くこなせば,タイムも縮まる。採点の75%をカバーすることになる。ならば,エアで大技を決めるよりもターンに重心を置いた方が好結果が……,と思うのは私の思い違いかなぁ。

 一方,「暗」。
 ケガから復帰してのエントリー。当然好結果が望めるわけでもないが,予選落ちに終わった。
 まずは,ケガの完治が先でないか。
 ま,個人的にはあまり里谷は好みではないので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】パリ・ダカ2009年は南米で開催

★ パリ・ダカ来年は南米で開催
 正月恒例の,パリ・ダカールラリー(通称「パリダカ」)。
 残念ながら2008年は治安悪化のため中止となった。
 2009年は,南米を舞台に行われることが発表となった。
 コースは,ブエノスアイレス(アルゼンチン)~バルパライソ(チリ)~ブエノスアイレスの周回コース。
 実際のコースがどのようなものかは分からないが,とりあえず,開催されることは嬉しい。ただ,場所が(緯度)が異なるだけに,どれほど過酷な条件なのかが不安だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】北京五輪,康生「赤信号」 亜希夫人も涙

★ 康生「赤信号」 亜希夫人も涙

 なぜ,柔道のニュースで,メディアは井上康生にこだわるのか。
 それが疑問でならない。確かに,彼には前回のアテネ五輪では井上はメダルを取ることができなかった。しかし,その一方で彼は2000年のシドニー五輪から一線で戦い続けているのだ。そのこと自体が奇跡的ではないか。

 皆にも経験があるだろう。ついこの間までできていた運動ができなくなっていることを。ちょっと運動したと思ったら,翌々日(翌日ではなく)に筋肉痛になるとか。人間の体は鍛えなければ,いや鍛え続けていたとしても,日に日に老いてゆく。その老いと戦うことが,アスリートにとっては一番苦しいはずだ。その苦しみを8年間続けているのに,「井上は終わった……。」的な報道には首をかしげる。
 むしろ,私は日本のスポーツ報道が終わったような気がしてならない。

 さて,話題を変えて,彼自身の柔道についてもう少し考えてみよう。
 井上選手に一言申し上げるとすれば,
「大技狙いではなく,レスリングのようにポイント勝負をしよう。」
 谷亮子も先日の世界柔道選手権(2007)の優勝が好例だ。彼女,確か一本勝ちを狙うよりも判定勝ちを狙っていったような気がする。それが現在の柔道の潮流と言うことを知っていたのだろう。
 井上よ。谷を見習え。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】トピックス,2月10日(日)~16日(土)

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 ヤフー・ニュースのうち,スポーツ関連のトピックスをピックアップしよう。

  東京競馬が2週連続で開催中止
b 松坂新グラブは5グラム増
b 中田 阪神戦でプロ1号場外弾
f 小野25メートルFKで得点絡む
b 巨人・木佐貫 左わき腹に張り
f 俊輔が先制弾 バルサ戦に弾み
b 福留がロス入り 準備は着々
f 代表DF内田ポスター盗難続出
b 松井秀、愛車のタイヤにくぎ
b 中田対策でマー君起用計画
★ 康生「赤信号」 亜希夫人も涙
f 長谷部100点、無失点デビュー
  ゴルファー中村寅吉氏が死去
  石川遼、初賞金獲得で自信
★ パリ・ダカ来年は南米で開催
b 松坂が異例のハイペース調整
b ラミレス 欽ちゃん走りを約束
b 桑田足首「90%」再昇格へ出発
f 高原 1人だけビジネスクラス
b 中田おしおきにファン大喜び
b ボンズ 移籍先なく引退危機
  実使用F1カー、スイスで競売
  藤田和之、戦極旗揚げに参戦
  惨敗ニッポン柔道 五輪に暗雲
b 由規 青木と対決「ガチガチ」
  石川遼初賞金で「友人に土産」
  大毅「車はぶつけるもんや」
b ノムさん投壊に「走って帰れ」
  スピルバーグ 抗議で五輪辞退
b 青木が太鼓判 由規10勝いける
  真央、ライバル欠場「残念」
b 松坂、昨季の失速は疲労原因
  谷、康生に「内またこだわるな」
b オリ提訴に他球団は冷ややか?
  大連立再び 3月「DREAM」誕生
f 車壊したJ2選手、減給処分へ
b ダル、エース商品パッケージに
  Sアグリ、まだ新車発表できず
  四大陸フィギュアSP高橋首位
  柔道「効果」 北京から廃止も
b クレメンス、公聴会で薬物否定
  宮里藍、パパ離れで勝利間近
f 高原vs.カーン 名勝負が再び
b 野茂 初練習いきなりブルペン
f ロナウドが重傷、引退の危機
  大相撲「風呂に直行」お預けに?
  3000勝内田博騎手がJRA合格
b 中田 念願のチョコもらい3塁打
  義足走者、五輪あきらめない
f 当たりやすいBIG1000新発売
b 巨人・小笠原は隠れ教え魔
  英五輪委 北京でのマスク許可
f 矢野が筒井に愛の大カミナリ
b 野茂、3年ぶりキャンプイン
★ 背水の陣 里谷多英が復帰戦
  米女子開幕 桃子は1アンダー
f レアル、ラウルらと生涯契約
f ロナウド手術 リハビリに9か月
  高知の夢 4度目でJRAに合格
b 浜中 オリデビューは3番DHで
  ハンセンがラリアット解禁示唆
b 投手・中田翔 ブルペンで53球
f 加地 左サイド挑戦で新境地か
b 阪神久保田 6500万円増で合意
  フィギュア男子 高橋が初優勝
  新庄レギュラー司会で本格活動
f ボンバー荒川&中沢 並び立つ
b 大リーグ始動 黒田早くも30球
★ W杯 上村愛子が3季ぶりV
  桃子、首位に1打差の3位浮上
  フィギュア真央初V 美姫は3位
  康生「北京あきらめない」
  東京マラソン 見るならココ

 東京競馬が二週続けて開催中止となった。ここのところ,首都圏は暖かい冬が続き,雪もあまり降らなかった。この冬,降雪により,私も週末が二度潰れた。

 野球では,日本だけでなくMLBも本格的にキャンプが始まった(ようだ)。日本のように投手野手が同時にキャンプインするのではなく,別々にキャンプインするので,何となく分かり難い。ま,さして私は興味がないので大丈夫だが。

 知らない間に,サッカー日本代表が東アジア選手権を迎えていたようだ。代表に興味がないとこうもなるのか,と思ってしまった。初戦,北朝鮮には負けるかと思ったが引き分けてちょっと安堵。

 東京マラソン,何であんなに盛り上げるのか,少し疑問も残る。「スポーツの感動」は,メディアが作るモノではないことをメディアは自覚して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日,東京ウォーキングマップ休載

 毎週火曜,21時にアップしているTBSテレビ「東京ウォーキングマップ」のテロップ等の記事だが,都合により,本日アップ分は休載する。
 楽しみにしていた方には申し訳ない。深くお詫び申し上げます。

 で,今回の理由だが,実に情けない。
 おそらく,ビデオには録画されていると思う。今回アップ分は2月3日放送分。多分録画したよなぁ。
 HDに録画せず,いまだにVHSというところが面白い。
 で,そのビデオなのだが,少したまったビデオを消化しようと,現在昔録画したビデオを見ている。今見ているのは,昔深夜に放送した映画「サンダーバード6号」(爆)。いやぁ,懐かしい。まだ見始めて最初の30分程度だ。このビデオを見終わるまで少し待って欲しい。
 2月3日,10日,17日と都合3回分たまってしまった。これはいつの日か棚卸しをしないと……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2008年2月11日(月) 108 ★★★★★ ★★★★★ ★
2008年2月12日(火) 121 ★★★★★ ★★★★★ ★★
2008年2月13日(水) 104 ★★★★★ ★★★★★
2008年2月14日(木) 111 ★★★★★ ★★★★★ ★
2008年2月15日(金) 098 ★★★★★ ★★★★★
2008年2月16日(土) 088 ★★★★★ ★★★★
2008年2月17日(日) 103 ★★★★★ ★★★★★

 更新頻度が鈍いのがそのままアクセス数に現れたようだ。申し訳ない。しばらくは我慢して欲しい。

 とりあえず,今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】2月18日(月)~24日(日)

●18日(月)

●19日(火)
・特別展「不思議がいっぱい!世界の鳥の巣展」@恩賜上野動物園(~3月31日(月))
・「黒談春」@紀伊國屋ホール

●20日(水)
・「ひとりシェイクスピア『ベニスの商人』」@かなっくホール
出演:楠美津香

●21日(木)
・フロア・レクチャー@東京都庭園美術館
・「花緑ごのみ」@紀伊國屋ホール
出演:柳家花緑
・フキコシ・ソロ・アクト・ライブ「タイトル未定」(~28日(木))@本多劇場
出演:吹越満

●22日(金)
「写真と<わたし>」@東京国立近代美術館
・ミュージアムトーク@江戸東京博物館
「特集展『家康・吉宗・家達』」
・JBL トヨタ自動車アルバルクvsレラカムイ北海道@代々木二
・「ねこトラ珍道中 vol.3」@吉祥寺MANDA-LA2
出演:トランスパランス,ねこマジ

●23日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「古代湖と珪藻の固有種」「科学博物館日本館建物見学ツアー」
・特設展「外来生物はどこからどうしてやってきたの?」開催@井の頭自然文化園(~4月6日(日))
・スタッフートーク@葛西臨海水族園
・キュレータートーク「明治・大正の点描表現」@東京国立近代美術館
・映画「トゥヤーの結婚」公開@Bunkamuraル・シネマ
・bjリーグ
東京 vs. 高松@有明コロシアム(~24日(日))
・JBL トヨタ自動車アルバルクvsレラカムイ北海道@浦安総

●24日(日)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「深海にすむ甲殻類」「日本の近代建築」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »