« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »

2008年5月18日 - 2008年5月24日の記事

【Big Wed】Let's Go Lions!!,帆足無傷の5勝目[5/24]

○5月24日(土)
西武 4-2 巨人
@SEIBUドーム
○帆足(5勝0敗)
Sグラマン(10セーブ)

 観衆34,432人。ほぼ満員のSEIBUドーム。西武が一発攻勢で巨人を退けた。
 この日も,西武は,G.G.佐藤,石井義人,中島の三発ホームランが出た。一応,初回にタイムリーも出ているので良しとするべきかもしれないが,一発のみに頼るような打線は後が恐い。それだけが心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【千日后】日比谷公園の旧公園管理事務所

Ca330845

 月イチあミュージアム,その後(05年05月24日付)
 駅からハイキング「西洋建築に丸の内・日本橋の発展の歴史を追う」(05年04月18日付)
 上の2つの記事で,日比谷公園旧公園管理事務所の話題が出た。
 ちょうど,何かのついでに日比谷公園に行くことがあったので,寄ってみた。
 写真を見るとお分かりのとおり,改修前と外観はさほど変わっていない。しかし,中の使い方は公園管理事務所から結婚式場(パーティー会場)と化していた。
 私の訪れた日も結婚式の二次会の会場として予約されていたため,中を見ることはできなかった。
 それでも,こうして古い建物を活用してくれるというのは嬉しい限りだ。

 土曜のPOT,新企画が始まるまでの間,今までの記事のその後を追う,【千日后】をお届けしていくつもり。でも,この記事もリサーチが必要なので,どこまで行けるかどうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!,球界の盟主は巨人でない[5/23]

5月23日(金)
西武 10-1 巨人
@SEIBUドーム
○岸(5勝2敗)

 1回,せっかく先取点を取った巨人,それで終わりか……。散発4安打では点は取れない。
 それに比べ,西武は先取点を取られても,直後に逆転。その後も大きな花火を打ち上げ,終わってみれば10得点。
 ヤフー配信の夕刊フジの記事でも,チーム状況が巨人・西武で対照的だと報じている。ネガティブ報道の多い夕刊紙がほめてくれるのは嬉しいものだ。

 岸は,前回楽天戦を引きずらずに好投。最後は岡本篤にマウンドを譲る余裕もあった。
 2連戦が続く交流戦。アタマを取ると,同一カード全敗が無くて良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本カメラ博物館

Ca330857
08/04/09
日本カメラ博物館
日本カメラ博物館特別展
「ペトリ、ミランダ、ヤシカ…今はなき昭和のカメラ」

 山種美術館で桜を観賞した後は,今まで言ったこと無い博物館の新規開拓へ。
 山種美術館から西へ進路を取り,日本カメラ博物館へ。
 この博物館は,何度か前を通ったことはあるが,いずれも「今度来るからまた来よう。」とパスを続けていた場所。
 今回,初めて訪問。
 入口には,左右が逆にならない鏡,というのがあった。しかし,私はその鏡を見つめるだけで何のアクションを取らなかったため,鏡に映った私は左右対称のまま。ばかだねぇ。片手を挙げるとか何とか動きがあれば,その鏡の面白さが分かったものを。今更分かっても遅いか……。

 中には,エポックメイキング的なカメラの展示が。これが常設展。しかし,カメラに詳しくない私にはよく分からない。1980年代に登場した「サムライ」はようやく分かった。これは,形が違うからね。他は……。

 特別展のコーナーでは,今は無き昭和のカメラの展示が。
 カメラが登場した頃,カメラ製造は今で言うベンチャー産業のようなものだったらしい。これに投資,うまくヒットすれば,投資以上の額が回収できる。そう信じて多くの企業がカメラ事業に取り組んだようだ。
 しかし,いくつかの会社が寡占するようなことになり,シェアを奪えなかった企業は徐々にカメラ産業から手を引くことに。そして,いつしか,その登録商標や社名のカメラは私たちの目の前から消えていった……。
 今回の特別展では,その懐かしのカメラを展示していた。

 という話を,私が訪問した際,どこかのラジオ番組の収録でMCと学芸員が話しているのを聞き耳を立てて聞いてしまった。
 おかげで,特別展の展示は興味深く見ることができた。

 他,片隅にはスパイカメラの展示が。今更,こんなスパイカメラを使う人はいるのだろうか,と見入ってしまった。
 さ,この日はもう一箇所回るよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「桜さくらサクラ・2008」展@山種美術館

Ca330856
08/04/09
「桜さくらサクラ・2008」展
山種美術館

 今年,花見に行きそびれた私が,最後のチャンスとばかりに訪れたのが,ここ山種美術館。
 桜を描写した日本画を集めて展示する,恒例「桜さくらサクラ」展。今回,その会期終盤に滑り込んだ。
 中は,ご婦人方で盛況。私は,ざぁっと見て回った。一番奥にあった,「惜春」だったかな,その作品が一番好みの作品だったなぁ。

 久しぶりに山種美術館のサイトを覗いてみると,2009年秋に移転するとのこと。そういえば,今の三番町ビルは仮住まいだと聞いたことがある。
 今度は,広尾に開設。恵比寿駅から徒歩10分。帰りは恵比寿麦酒記念館でビールだな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!,交流戦2戦目で初白星[5/22]

○5月22日(木)
西武 7-2 ヤクルト
@SEIBUドーム
○涌井(5勝3敗)

 G.G.がこの試合,全打席出塁した。別に彼が全打席出塁しても普通か。うち最初の二打席は死球という災難。痛みに耐え第3打席では,ライト前へヒット。7回は本塁打を放った。
 死球で体が痛くないのか,心配ではあったが,試合前に購入したヤクルトが効いたのか,結果として昨日やられたヤクルトを飲み干す完勝。
 これで,今季交流戦初勝利。一つ勝てば,気分も違う。

 先発涌井は完投で5勝目。140球という球数は投げすぎかなぁとも思ったが,救援陣を休ませられたのは収穫。

 両リーグ通じて30勝一番乗り。ちょっと強すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Feria】第113回ワイン会のお知らせ

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)。
 月末恒例,ワイン会のお知らせ。

=================================================================

第113回ワイン会
日時:200年05月28日(水)19:00~
会場:フェリア(といっても六本木でも湯島でもない)
会費:5,000円

=================================================================
テーマ:自然派ビオ 新ヴィンテージ入荷
ティリー・ピューズラーとクリスチャン・コサール。ロワールを代表するビオの造り手の新作ワインを飲みます。ティリーの日本への愛情「蔵」をお楽しみ下さい。
昨年,来日した折,日本酒の酒蔵を見学して感動し,その思いを新しいキュベの名前にしました。

出品ワイン 
【ティリー・ピュズラー】
赤 ・ ピノノワール  2005
赤 ・ ピノノワール  2006
赤 ・ 蔵 2007
(ガメイ70% コー 30%)
発泡・ ペティアン・ナチュレ

【クリスチャン・ショッサール】
赤 ・ コアー・ソーナイス
(コー70% ガメイ30%)
赤・白 ・レ・ロングヴィーニュ

 お申し込みは,武蔵屋酒舗まで直接メールでお願いします。
 その際,メールのタイトルは「ワイン会の申込(ブログを見て)」としてください。
 締め切りは,05月26日(月)18:00まで。なお,満員の際はお断りする場合があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!,交流戦開幕●スタート[5/21]

●5月21日(水)
西武 4-5 ヤクルト
@SEIBUドーム
●小野寺(2勝3敗)

 21日,他球団より1日遅く,西武の日本生命セ・パ交流戦2008が始まった。
 始球式には渡辺久信監督,対するバッターは飯田コーチ。92年の日本シリーズを復活させたもの。左翼へのヒットとなったため,軍配は飯田コーチになったが,このような日本シリーズをモチーフに始球式をできるのは西武くらい。贅沢な企画と言えば贅沢な企画だ。

 試合は,小刻みに点数を加えたヤクルトが勝利。古巣相手に投げた,先発・石井一を5回ノックアウト。石井一の人的保証でヤクルトに移籍した福地も5打数3安打する活躍。野球人生どこでどう転ぶか分からない。
 石井は,この試合勝ち負けつかずだったため,セ・パ12球団から勝ち星を挙げる偉業は達成できなかった。セ・パ12球団から勝ち星を挙げるというのは,中継ぎ投手などで,移籍回数の多いピッチャーが挙げるものと思っていた。セ・パ各2球団に所属しないと達成できないものだったから。現在では,交流戦があるため,リーグを問わず2球団に所属さえすれば,可能性はある。

 西武打線は研究されているのか,なかなか打てず,点を取った2回,5回以外は沈黙。打線は,一足早く梅雨入りか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【千日后】AFCチャンピオンズリーグ,私の試案

 時事通信の報道によれば,来季(2009年)のAFCチャンピオンズリーグ(以下「ACL」)の出場国等が「現段階で」とい注釈付きで発表された。(5/21,13:38)
 出場国数は日中韓豪など,11カ国。出場チームは現在の29から32へ増える。
 日本の出場チーム数は4。以前の私の書いた記事(試案)で書いたとおりとなってしまった(笑)。

 で,今まで,ACLについて考えたが,私案を少し修正しようと思う。心変わりしたり,多少は勉強したりしたからね。
 変更点はACL出場チームの国内選考方法。
 以下の条件で出場チームを決めてみてはどうだろうか。

1 出場するチームはJ1チームであること。以下の出場条件をクリアーしての当該シーズン,J2以下に降格した場合は出場資格を失う。
2 以下の順位で出場チームを決定する。
2-1 前年度ACL優勝チーム。
2-2 天皇杯優勝チーム。
2-3 前年度Jリーグ1優勝チーム。
2-4 2-1から2-3を除く前年度Jリーグ1上位チーム。
※天皇杯枠(2-2)について
 2-1と重複する場合は当該天皇杯準優勝チーム。ただし,条件1(J1)に該当しない場合(つまりJ2以下のチームが天皇杯決勝に進んだ場合)は,天皇杯枠の出場は設けず,2-4(J1上位チーム)へ回す。

 この条件で,進めていけば,基本的に天皇杯優勝,J1優勝,そしてACL優勝の3チームが出場できるのではないか。重複した場合は,棚ぼた式でJ1上位チームに転がり込んでくるので,そこも面白いし。

 それと,仮称A4Cupについてだが,出場するチームも,いっそのこと,上にならってこうしよう。
1 出場するチームはJ1チームであり,かつACLには出場しないチームであること。以下の出場条件をクリアーしての当該シーズン,J2以下に降格した場合は出場資格を失う。
2 以下の順位で出場チームを決定する。
2-1 前年度A4Cup優勝チーム。
2-2 ナビスコカップ優勝チーム。
2-3 2-1及び2-2を除く前年度Jリーグ1上位チーム。
※ナビスコカップ杯枠(2-2)について
 2-1と重複する場合は当該ナビスコカップ準優勝チーム。ただし,条件1(J1)に該当しない場合(つまり,J2以下のチームがナビスコカップ決勝に進んだ場合,または,ナビスコカップ決勝進出チームが全てACL出場資格を持った場合)は,ナビスコカップ枠の出場は設けず,2-3(J1上位チーム)へ回す。
 個人的には,A4CupをUEFAカップと同じような位置づけにしたい。
 しかし,出場国は日中韓豪の4カ国に絞り,運営上の負担を避けたい。オーストラリアが参加するので,移動時間に苦労するかも知れないが,少しでもリーグ戦において上位争いを繰り広げて欲しいなぁ,と思ったので,パンパシフィック大会との統合も考えたが,東西の移動距離が長すぎて,時差ぼけを考えると,今年のように,開幕前のプレシーズンマッチとしての位置づけの方がよろしいかと。

 ま,こんなことを考えたところで採用されるかどうかは疑問だが。妄想としては健全な方ではないかと(苦笑)
 実際のACL,詳細は12月に決定とか。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-10,FC東京瞬間最高順位首位[5/3]

 5月3日(土),J1第10節が行われた。

京都 1 - 0 札幌
大分 3 - 1 新潟
大宮 0 - 3 F東京
名古屋 1 - 2 G大阪
東京V 3 - 2 横浜FM
千葉 0 - 1 柏
清水 1 - 1 磐田
川崎F 3 - 2 鹿島
神戸 1 - 1 浦和

 この日,ほんのわずかな時間,FC東京は首位に立った。デーゲームで勝利し,ナイトゲームが行われるまでのほんの数時間だった。しかし,ネットを見るにサポーターたちは,ここぞとばかりに大喜びしたようだった。夜には順位は2位になったが。
 私も,まさか今季,FC東京がこんなにまでいくとはみじんも思わなかった。優勝争いに絡めるというのは嬉しいことだ。SOCIOになって良かった,と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-9,名古屋連敗川崎連勝浦和首位[4/29,30]

 4月29日(火),30日(水)の両日, J1第9節が行われた。

名古屋 1 - 2 川崎F
 名古屋が連敗。川崎は関塚監督退任後連勝。

浦和 4 - 2 札幌
 浦和も調子を上げてきた。気づけば首位になっていた。

 その他の試合結果はいかのとおり。
柏 0 - 2 清水
磐田 2 - 0 京都
新潟 0 - 0 東京V
F東京 1 - 0 大分
横浜FM 3 - 0 千葉
鹿島 2 - 2 神戸
G大阪 2 - 3 大宮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-9,審判を味方につけたF東京[4/29]

Stadium 08-12

08/04/29
J1 第9節 東京(1-0)大分
味の素スタジアム

 「別の記事で書こう」といって,ずぅっとそのまま放置していて申し訳ない。別に放置するつもりはなかったのだが。

 この日の審判は西村さん。場内でアナウンスを聞いたとき,「彼を味方につけるか否かで試合の行く末が決まる。」と直感した。そのとおりの結果となった。
 西村さんのレフリング,あくまで私の私見だが,彼は試合開始の頃の印象を後半まで引きずる傾向があるように思う。つまり,試合開始直後危険なプレーをすれば,その印象を試合終盤まで持ち,多少乱雑なプレーをすると笛を吹いたりカードを出したりする。したがって,彼が審判の時は,試合開始直後は,いつも以上にフェアプレーをすべきだろう。

 この試合で,東京はフェアなプレーで一枚もカードをもらわずに済んだ。しかし,大分は前半にイエローが一枚出ている。この時点で,ひょっとしたら大分には厳しいジャッジをしていたのではないだろうか。その辺の思い違いが,試合終盤まで響き,「早く(プレー)して」が「死ね」発言へと繋がったのではないだろうか。

 審判も人間だ。その審判の特性をうまく利用して試合に臨むべきだ,と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-8,F東京アウエーで敗北。連勝は3で止[4/26,27]

 4月26日(土),27日(日)の両日,J1第8節が行われた。

清水 1 - 0 F東京
 前半のロスタイムに失点。う~ん,痛かった。ただ,その後ずるずるいかなかったのは良い傾向。

 その他の試合結果は以下のとおり。
札幌 0 - 1 新潟
東京V 2 - 0 名古屋
大分 1 - 0 横浜FM
京都 0 - 4 浦和
千葉 1 - 2 磐田
川崎F 3 - 2 柏
大宮 1 - 1 鹿島
神戸 2 - 1 G大阪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-7,名古屋いまだリーグ負け無し[4/19,20]

 4月19日(土),20日(日)の両日,J1第7節が行われた。
 結果は以下のとおり。
名古屋 3 - 2 千葉
 名古屋は強いなぁ。この頃はまだリーグ戦無敗を続けていた。

鹿島 0 - 0 G大阪
 優勝候補は痛み分け。

 その他の結果は以下のとおり
F東京 4 - 2 川崎F
新潟 1 - 0 京都
神戸 1 - 1 札幌
柏 5 - 1 東京V
横浜FM 1 - 1 清水
浦和 0 - 0 大宮
磐田 1 - 1 大分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-7,FC東京,次代のファンタジスタ[4/19]

Stadium 08-11

08/04/19
J1 第7節 東京(4-2)川崎
味の素スタジアム

 なぜ,昨季オフ,FC東京は馬場憂太を移籍させたのか?
 私には一つの疑問があった。
 馬場は,FC東京のファンタジスタになるのでは,そう期待していた。
 攻撃の起点となって,守備はまず彼にボールを出す。攻撃陣は彼からボールをもらいシュートを打つ。馬場が覚醒し,チームの主力になったときはそんな姿になって欲しいというイメージを昔から持っていた。
 でも,ひとつだけ彼にも弱点があった。90分間使えないのだ。体力がないのか,線が細いのか,ケガが多いのか,何が原因か分からないが,シーズンを通して90分間出場し続けた記憶が全くない。そういう選手なのだ。でも,彼のパスセンスは光るものがあったように思えたのだが……。
 ファンタジスタ候補,馬場を切ってどうするのか?不安だった。しかし,その不安,疑問が杞憂だったことが,この試合で分かった。

 後半から出場した背番号30,大竹。この春高校を卒業したばかりの新人。その大竹が出場してから1分もしないうちに(報道によっては50秒後とも言われた),ゴールを決める。落ち着き払ったループは,63分,逆転のゴール。
 スタジアムは大歓声に包まれた。

 昨季から名付けられた「多摩川クラシコ」。ほぼ同時期にJリーグ入りを目指し,方やJ1から降格はないものの上位争いとは無縁のチーム。方や一度降格したものの地力を付けて再昇格。その後は上位争いを演じ,ACLまで出場する強豪チームとなった。母体の企業チームが大きいことから並々ならぬライバル心はあった。
 しかし,そのライバル心も昨季行われた2試合で完膚無きままに叩きのめされた。2試合合計12失点(● 2-5,● 0-7)。今季,絶対に勝ちたい。その気持ちは私にも伝わってきた。

 70分,大竹のするーパスから今野が決めて4-2で突き放したゴール。その後の川崎の猛攻にも耐え抜き,試合終了のホイッスルと同時に,GK塩田が泣き崩れた。あのシーンにはじーんと来たよ。
 思えば,塩田は試合前の練習後,常にサポーターへと自分の心を伝える。左胸を叩き,サポーターを鼓舞し,両手を上へとあげ,盛り上がるように盛り上がるようにとサインを出す。この仕草,シーズン開幕の頃から続けている。
 サポーターの後押しの強さが,一番分かっているのかも知れない,塩田。だから,頑張れる。だから,サポーターの声が欲しい。サポーターの声を裏切らないために,試合に熱くなる。それが試合終了後のあの姿へと繋がったのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-6,3年ぶりの東京ダービー勝者は?[4/12,13]

 4月12日(土),13日(日)の両日,J1第6節が行われた。

東京V 1 - 2 F東京
 3年ぶりの東京ダービー。両者ともに相手を意識をした試合だった。このオフにFC東京をクビになった土肥と福西が東京Vへ移籍。彼らにも思うものがある。FC東京としても,古い歴史を持つ東京Vを追い越したい一心で選手スタッフ一同頑張ってきた。それ故に,今季昇格した東京Vには負けたくない。
 試合は,前半終了間際,FKで先取点を挙げた東京V。しかし,これは計算内だった。
 後半,大竹が投入されると彼が起点になり,羽生が同点弾。終了間際には長友がゴール際で粘ってオウンゴールを誘発させる。
 見に行かなかった私は負け組だったようだ。

 その他の試合結果は以下のとおり。
札幌 2 - 1 磐田
横浜FM 2 - 0 柏
清水 0 - 2 名古屋
千葉 2 - 4 大宮
大分 0 - 0 川崎F
京都 2 - 1 神戸
浦和 2 - 0 鹿島
G大阪 2 - 2 新潟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】トピックス,5月11日(日)~17日(土)

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。5月11日(日)から17日(土)までのヤフートピックスは以下のとおり。

★ 水着問題 日本競泳界に救世主
f★217日ぶり、千葉やっと勝った
  女性初優勝のダニカ 人身事故
f ジーコ監督、2連覇ならず
  NHKマイル Dスカイが制す
  福嶋晃子 11年ぶりメジャーV
  朝青龍が稀勢の里に敗れる
f C・ロナウド マンU退団へ?
  亀田兄弟 メキシコへ出発
b★ラミ ドームなのに「風吹いた」
f マンU連覇 C・ロナウドPK締め
b★野茂が楽天へ?すでに交渉開始
b 隠善 初スタメンで3安打3打点
★ 水着改善に3社は困惑や悲鳴
  場所中は毎日「親方握手会」
f セルティック、逆転Vへ6連勝
f 名MF ルイ・コスタが引退
  北京五輪 日本公式服装を発表
  GP2レース中の犬侵入に不快感
b★本塁打妨害防止へ注意喚起
  氷不要の人工リンク発売へ
b★野茂が帰国 楽天は交渉否定
  亀田兄弟帰国し理事会出席へ
b 坂本 幼なじみマー君に挑戦状
f★J1千葉、オーウェンを獲得か
b★おかわり君 顔骨折も強行出場
b 大リーグ 2塁手が1人で3重殺
b 骨折の多村、まだ骨再生せず
f インテル 02年のV逸悲劇再び?
b FA川上 メジャーで決まりの声
  中国飛び込み女王が妊娠
b 常葉菊川 野球部監督が謹慎
  錦織、ウィンブルドン本戦確定
b★唐川3連勝 高卒新人21年ぶり
  前女王ソレンスタム引退発表
b 金本 雨中の負け試合で400号
b 巨人クルーンでも「5割の壁」
b 中日「ドアラ」7月CDデビュー
f★F東京、味スタから移転検討
f ラーションが驚きの代表復帰
  世界の名種牡馬 相次ぎ引退
f ヒデ引退後初 日本でプレー
f ロナウド 体重告白し減量宣言
  飛び込み女王妊娠に陰謀説も
★ 競泳の松田、スピード社使わず
b 横浜、連夜の逆転で巨人下す
  協栄ジム 亀田家に1億円未払い
b 虎党 チケットあるのに入れず
  テニス1位 25歳エナンが引退
b 岡島 逆転満塁弾浴び救援失敗
b 野茂の母校野球部 強盗で廃部
b 長谷部4球、幻のデビュー戦
f 窃盗のJ1選手、起訴なら解雇
  東京マラソンで国内初の賞金
b ダルMLBなら移籍金は79億円?
f ヒデ五輪OA枠での復帰望む声
  八百長裁判 朝青龍の出廷決定
f U23代表に森本、エスクデロら
b★西武・おかわり君が「骨折弾」
b 井川慶、再びマイナー降格
b★ヤクルト青木 大竹アナと交際
b 横浜、好投三浦の降板裏目に
  未払い問題、協栄「問題ない」
  若ノ鵬 微妙な一番に抗議殺到
  森野が五輪絶望、左足肉離れ
  ヴィクトリアマイル枠順決まる
  伊達、単3戦目は準々決勝敗退
b MLB日本人2塁手ブーム到来か
b 清原 2軍で手術後初の本塁打
  石川プロ初メジャー予選落ち
f J1柏、下着窃盗の選手を解雇
★ 米メーカー スピード社を提訴
b 阪神「新井神話」は18連勝に
f 東京V流血紅白戦 河野5針縫う
  義足ランナーに五輪の道開く
  十両豊桜が若手力士に暴行
f★ガンバ大阪、浦和に競り勝つ
b 清原、右ひじ痛で検査へ
  女子バレー ポーランドに快勝
★ 伊藤らスピード製試着で驚き
f★浦和サポ G大阪サポ閉じこめ


 いくつか,気になるのは……。
★ 水着問題 日本競泳界に救世主
★ 水着改善に3社は困惑や悲鳴
★ 競泳の松田、スピード社使わず
★ 米メーカー スピード社を提訴
★ 伊藤らスピード製試着で驚き
 スピード社製の水着を着るか着ないかで騒いでいる。騒いでいるのはむしろ外野で,当の選手たちは,回りに踊らされているようだ。踊らされているため,一人の選手が試着し,何かしらコメントすれば,それが一人歩きをしてしまう……。マスメディアが絡むネガティブな面がここに現れている。
 マスメディアは,冷静な報道を心がけるべきであり,日本水連はメダルが欲しいならそれなりの対応をすべきだ。
 一方,国内水着メーカーは,契約があるから,とあぐらをかかずに,日々開発に精進すべき。今まで精進しているのは承知の上。他社に抜かれるようでは企業に対する評価が下がる。今後の水着メーカーの動きを注視している。

f★217日ぶり、千葉やっと勝った
f★J1千葉、オーウェンを獲得か
 千葉がようやく1勝をあげた。第12節でリーグ戦初勝利(vs京都,ナビスコ杯では予選第1節で勝利していた)。続く第13節でも大分に勝利。2連勝を飾った。素直におめでとうと言いたい。が,リーグ再開ではFC東京と当たるんだよなぁ。その頃まで寝ていて欲しかった。

b★ラミ ドームなのに「風吹いた」
b★本塁打妨害防止へ注意喚起
 ラミレス,幻のホームランをちょうどTVで見ていた気がするが,MLBでは平気でこういうこと無かったかなぁ。この辺のことも含めて,「野球」ではないだろうか。

b★野茂が楽天へ?すでに交渉開始
b★野茂が帰国 楽天は交渉否定
 野茂よ,プロ野球(NPB)に行くなら,独立リーグに行って欲しいなぁ。

b★おかわり君 顔骨折も強行出場
b★西武・おかわり君が「骨折弾」
 西武・中村,骨折をおしての出場だが大丈夫か心配ではある。でも,せっかく勝ち取ったレギュラー,このくらいでは誰にも渡したくないのだろう。ケガがひどくならない程度に頑張って欲しい。

b★唐川3連勝 高卒新人21年ぶり
 また一人,ヒーローが現れた。今度は千葉ロッテから。こうして,次々とヒーローが出てくれるのは嬉しい。特に唐川の場合,どこぞの誰かのように,開幕前から騒がれ二軍落ちしたような選手とは違い,実力で台頭してきた。それが嬉しい。ヒーローはメディアが作るものではない。

f★F東京、味スタから移転検討
 味の素スタジアムの対応に業を煮やしたFC東京。少し大きめの花火を打ち上げた。少しは味の素スタジアムも考えて欲しいものだ。
 FC東京に新しいスタジアムを建てられる力があればいいのだが……。

b★ヤクルト青木 大竹アナと交際
 ヤクルトとテレビ東京には,何か別の意味のホットラインがあるのでは?と疑ってしまう。

f★ガンバ大阪、浦和に競り勝つ
f★浦和サポ G大阪サポ閉じこめ
 正直,やっちゃった……,という感じ。まだニュースを見ていないので詳細のコメントは差し控えるが,ネガティブな印象を持たれる行動は現に慎むべき。サポを閉じこめるなんて言語道断。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!,ライオンズ・クラシック開幕決定[5/20]

 埼玉"西武"ライオンズが誕生して,今年で30年。今まで"西武"というチーム色の強かったこの球団が,今季,新しいいや懐かしい事業を行うことが発表された。

 その名も,"アサヒスーパードライ ライオンズ・クラシック"。かつて前身の西鉄ライオンズに敬意を表してのイベントだ。西鉄時代のユニフォームを着用しての試合。西鉄時代のファンにとっては涙ものだろう。福岡で行われる7月15日,16日の試合でも着用できることが決まり,福岡在住のライオンズファンも喜んでくれることだろう。

 常々,豊田泰光さん(このイベントのエグゼクティブプロデューサー)は西鉄ライオンズをフューチャーしたイベントを行って欲しいと言っていた。この話が出たときは涙が出たとも言っていた。

 また,大野勢太郎さんがNACK5の「ウォーミングアップミュージック」で何度か話をしていた。
 昔,西鉄の社長がアメリカを商談で訪れたとき,鉄道会社の社長だと言っても,見向きもしてくれなかった。しかし,西鉄ライオンズ,野球のチームのオーナーだと言った瞬間から,みんな話しかけてきてくれた。スポーツのチームのオーナーであることは地域貢献をしていることの象徴だ,それだけ,スポーツチームというのは地域に密着し,心の財産になっているのだそうだ。

 ライオンズ・クラシック,行きたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ,「江戸が見える坂道 其の五/三田」

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「江戸が見える坂道 其の五/三田」(放送日:08/04/27)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:山野勝(坂道研究家)

スタート 麻布十番駅
 二つの伝説・逸話「渡辺綱」,「竹芝の皇女」
 ↓
・日向坂(袖振坂)
 ↓
・綱生坂當光寺 渡辺綱(953~1025)頼光四天王の筆頭
 ↓
・網朝三井倶楽部
 ↓
・網坂(網の手引坂)
 ↓
・龍生院 渡辺綱生湯をくんだ井戸
 ↓
・綱坂 渡辺綱がこの地に生まれたという伝説による
 ↓
・安全寺坂 江戸時代の初め 坂の西側に安全寺があった。
 ↓
・亀塚公園
 亀坂 竹芝伝説 内親王のお墓と言われている場所
 亀山碑 竹芝伝説は,更級日記の作者藤原孝標女が上京途中に武蔵の地で開いた話
 ↓
・幽霊坂
 玉鳳寺 御化粧延命地蔵尊(別名 おしろい地蔵)
 ↓
・魚藍坂 魚藍寺 魚藍とは魚の入れる魚籠(びく)のこと
 ↓
・長谷川弓具点 長谷川恵美子さん
 ここは代々矢師(弓具には他に弓師,かけ師がいる)。ゆかけとは弓を射る時に使う手袋
 ↓
・白金高輪駅
 で,ゴール

by KD

今日のお土産
「東京ウォーキングマップ」

★今日の感想
う~ん,この辺は歩いたことないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の跡

Ca330854
 しょうけい館を訪問した後,千鳥ヶ淵へと足を伸ばす。
 この日の目的,その一。「(見頃とは関係なく)桜の名所に行こう」という4月の目標達成のため,少しの距離を歩くことに。

 既に見頃は過ぎ,花びらは散っていた。写真で確認できる桜色は,おそらくは,やがて実になる部分。
 人通りも少なく,露店もない。ただ,委託業者が花びらを集め,ごみ収集車に積んでいた。このような清掃作業をすることにより,清潔さを保つのかぁ,と思ったりも。

 イタリア文化会館の脇くらいから,千鳥ヶ淵を離れ,もう一つの花見@山種美術館へと向かった。

 余談。
 イタリア文化会館の外壁が赤いため,付近の住民などから苦情が出た,という話題があった。
 結局は,赤の彩度を変更するにとどめたようだ。
 私の意見としては,イタリア文化会館の外壁の赤は,OKだと思う。
 理由としては,
・民間企業のビルではなく,「イタリア文化会館」が建築したこと。イタリアの文化が日本建築に挑戦し,日本文化に見る「赤」の重要性を認識したことを表現した,と解釈できる。
・日本文化にとって,「赤」への思いは強い。それは,赤を表現する言葉の多さに現れる。赤,紅(べに,くれない),朱等々。日本文化における「赤」の存在意義について,どこまで調べたのか?
・神田明神の社に朱色が多用されていても,近所から苦情は来ない。勿論,歴史が違うと言われれば,それまでかも知れないが,歴史は,始めなければ,作られない。作る前からダメだ,というのは何ともつまらない。
・ビルの赤が経年で変化し,落ち着いた色になったときのことを考えているのか。
・ビル建築は,設計年・建築年により流行色があるようだ。同時期に立てられたビルは,皆同じ外観で没個性的だ。初めて訪れた人は,どのビルが何か迷うことがある。ある意味,人に対して優しくないものだ。そのことに対しては,何も言わないのはどうしてか?○○の再開発地区のビルについては噛みつかず,イタリア文化会館には苦情を申し出るというのは……。

 イタリア文化会館が竣工してから2年ほど経った。ホームページ掲載の写真を見るだけの判断だが,夏の写真を見ると木々に青と赤が面白いコントラストを作っている。一年を通して,どのような風景を作り出すのか,継続してみるのも面白いかも知れない。
 ただ,「あの赤,気になるね。」と誰かが言ってしまうと,それが頭の中に残り,どうも気になってしまう,というのもあるかも知れないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!,主催ゲームイベント情報[5/19]

 ここ最近,埼玉西武ライオンズに限らず,各球団は,お客さんを多く迎えるために,様々な企画を行っている。
 基本は,期間限定サードユニフォームの着用。球団によっては常日頃からサードユニがあるため,フォース,フィフスになるところもあったりして。(千葉ロッテはいくつユニがあるのだ?)

 今回,交流戦から夏休みにかけて,西武はいくつかの企画を実施する。
・5月22日(木)vs東京ヤクルト
 かつてのヤクルトアトムズのキャラクターだった,鉄腕アトムが来場。ライオンズのキャラクター,レオ&ライナとともに手塚治虫キャラが並ぶ。
 (サラリーマンナイトも実施)

・5月31日(土)ほか
 「ドナルドがやってくる」となっているから,てっきりドナルドダックが来るのかと思ったら,マクドナルドのドナルドが来るそうだ。この日はマクドナルドの無料券がFC会員に配られる。お得だな。

 と簡単にチェックしただけでもこれだけ。
 詳しく見ると,交流戦の場合,毎試合異なるイベントを実施しているようだ。私自身,自宅が球場に近いなら何度も行きそうな気もするが,今季は行けるかどうか少し不安だ。来月の目標が「野球を見よう」となっているので,何とか行きたいのだが。来月,6月はFC入会受付してくれるのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょうけい館

Ca330853
08/04/09
しょうけい館

 この日は,九段下へ。目的地は別にあったが,たまには新規開拓をしようと九段下駅にほど近いしょうけい館へ寄った。
 皇居周辺には「昭和」と縁の深い博物館が点在している。文字通り昭和館をはじめ,太平洋戦争にもゆかりがある(かもしれない……まだ行ったことがないので)靖国神社遊就館。その他にも憲政記念館などもある。

 そんな中,新しい博物館が2006年3月にオープンした。
 それがしょうけい館。
 この博物館は,太平洋戦争のうち,戦傷病者にスポットをあてた博物館。昭和館や新宿にある平和祈念展示資料館ともテーマが重なる部分がある。ここ,しょうけい館は,昭和館や平和祈念展示資料館では,余り触れられないテーマをピックアップ。そのためか,新鮮味が感じられた。

 戦争で傷を負ったり病気をしたりした兵士は,戦後,あまり良い待遇を受けなかったようだ。
 そういえば,小学生の頃,上野公園に行くと,軍服を着た身体障害者が募金を募っている姿を見たものだった。仲間の一人がアコーディオンで軍歌を演奏している姿は,子ども時分の私にとっては恐いものだった。
 最近,博物館巡りで上野界隈を歩くことも増えたが,軍服姿の人を見かけることは全くなくなった。時間がさせたことなのだろう。

 しょうけい館は,ビルの1・2階を展示に充てたものでさほど広くはない。しかし,2階中央部分のジオラマ,野戦病院の風景はリアルに作ってあるだけに,きついものを感じた。
 こういう,戦争をテーマにした博物館は存在し続けることに意義がある。そんな思いをした。

 そう言えば,海外に自衛隊を派遣することに対して,いろいろと国会で議論をして,結局は海外派遣を認める法律ができた。
 「世界に対して日本できることは,お金だけではなく,人的支援もある。」というのが自衛隊派遣派の趣旨のようだが,自衛隊を派遣させるさせないという観点で物を考えるのではなく,「もし,自分が行くことになったら,喜んで行くか否か」という観点で考えることはできないのだろうか。政治家が議員を辞して,「俺は行く!」と先頭を切って言えば,また,論戦が変化したものだと思うが。
 「自衛隊が行く場所が非戦闘地域なのだ」という論理は,あまりにも稚拙だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2008年5月12日(月) 085 ★★★★★ ★★★★
2008年5月13日(火) 116 ★★★★★ ★★★★★ ★★
2008年5月14日(水) 120 ★★★★★ ★★★★★ ★★
2008年5月15日(木) 103 ★★★★★ ★★★★★
2008年5月16日(金) 118 ★★★★★ ★★★★★ ★★
2008年5月17日(土) 091 ★★★★★ ★★★★★
2008年5月18日(日) 089 ★★★★★ ★★★★

 先週,一週間の平均アクセスが100を超え,安心している私。
 やはり,記事の更新を適度に行わないとアクセス数は増えないのだな。
 本音を言えば,一日4回の更新が理想的。
19:00 通常の記事(曜日毎にテーマが異なる。)
20:00 特集「【千日后】」
21:00 通常の記事
23:30 【Big Wed】(その日のスポーツニュースから。)
 これが1週間,いや,3日できたらもう何も言うことはない。しかし,それができるようなのはよっぽどの時間的余裕がないと無理だ。
 一日2~3記事更新,ここまでできたらヨシとしよう。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!,許2年ぶり○[5/18]

○5月18日(日)
西武 7-3 楽天
@クリネックススタジアム宮城
○許(1勝0敗)

 許が今季初先発。7回2/3を投げて,2年ぶりの勝利となった。
 4回。先頭の中島から打つわ打つわ。8安打の猛攻で一挙に7得点。楽天田中をマウンドから引きずり下ろした。
 この日も本塁打は出ず,三連戦無本塁打。
 しかし,同一カード3連敗にもならず,上出来上出来の首位で交流戦を迎える。昨季は10連敗をした鬼門なだけに。これだけの貯金をして交流戦を迎えられるのは非常に嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

品川区立品川歴史館

Ca330844
08/03/22
品川区立品川歴史館

 大森貝塚庭園からさらに北上。
 今日のもう一つの目玉,品川歴史館へ。

 実は,積極的にと言うわけではないが,機会があれば,東京23区の郷土博物館を制覇しようと考えている。
 ぐるっとパスばかり使っていると,その施設や周辺に限られるからね。
 今までの訪れた郷土博物館は……。
 新宿区,文京区,台東区,墨田区,江東区,大田区,杉並区,北区,荒川区
 くらいか。今回,新たに品川区が入った。これで10箇所目。う~ん,微妙な数字だ。

 で,中に入って驚いた。なかなか綺麗なのだ。つい最近(数年前)リニューアル工事をしたようで,非常に見やすいようになっている。
 この博物館のテーマは大きく二つ。一つは品川宿の展示。ミニチュアで小ぎれいに作られている(1階に展示)。もう一つは,大森貝塚の土器(2階に展示)。

 元々は企業の迎賓館として使われていたらしく,その庭園は見事なもの。一本桜の木があったが,もし満開なら非常に優雅なひとときを過ごせるだろう。一般料金100円(2008年3月現在)は良心的な値段。
 庭園内には水琴窟もある。興味のある方は是非。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大森貝塚庭園

Ca330842
08/03/22
大森貝塚庭園

 大森貝塚の碑を見学したら,さらに,北へ向かう。
 大森貝塚庭園へ到着。大森貝塚庭園は大田区にあるのではなく,品川区にある。碑は大田区にあるが,貝塚庭園は品川区。さすがに昔の人は今の行政区のことについては考えてくれない。

 で,大森貝塚庭園に到着したが,貝塚の記念庭園と言うより,テーマパーク(爆)
 あきれて写真を撮る気にもなれない。
 一番学術的な物がコレ。これじゃぁ,ここが有名な貝塚の跡だとは,子どもたちは分からない。
Ca330843

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »