« 20081016 ランチ@ラ・シブレット | トップページ | 【Monthly翔太】2008年12月のお薦め »

【千日后】2016年東京オリンピック招致

 オリンピックを日本で開催しよう。東京で開催しよう。
 どこから降って沸いたのか知らないが,現在,(自治体としての)東京都を中心として,五輪招致活動が行われている。
 都や市区町村の自治体の施設に行くと「オリンピックを東京で!」という広告や幟を見かけるが,それ以外の場所ではあまり見かけることはない。完全に自治体主導の招致活動である。

 五輪を日本でやることは是か非か。正直,私は悩む。
 最初,東京が九州(福岡)と競っていた頃は,
1 日本開催反対
2 それでも,もし日本で行うとしたら九州(福岡)での開催を支持
 だった。
 理由は,日本で五輪を開催するのはコストが高い,いや高すぎる,ということ。
 もう一つは,もし,日本で行うとするのなら,既存の設備を活用した広域開催を提唱する九州(福岡)を支持していた。
 しかし,途中で九州は,福岡の一極集中へ路線を変更。私は「だったら日本でやる意味がない」と思うようになった。

 しかし,だ。大阪で行われた世界陸上の後,考えるようになってしまった。
「日本で五輪が開催されれば,五輪を見た子どもたちがアスリートを目指すのではないだろうか。」
 大阪での世界陸上に出場した日本人選手の年令は,皆近いものだった。そこから勝手な憶測で,「東京で行われた世界陸上を見て,子どもたちが陸上競技をするようになったのではないか。」と書いたことがある。

 もし,日本で世界最高峰のレベルの協議が毎日見られるのであれば,それを見た子どもたちは感動し,アスリートを目指すようになる。そうすれば,国際大会で日本人が活躍する。ただ何となく,そんなことを考えるようになった。そこからすれば,日本でオリンピックを開催するというのも,まんざらでもないなぁ。と思うようになった。

 無理はしないで良い。無理に日本開催を引き寄せ,国民の生活にしわ寄せが来るようでは意味がない。

 日本で五輪が開催されたとしても,私は見に行くことはないと思う。ハズレて元々,と開会式のチケット販売には応募するかもしれないが(ちなみに長野五輪の開会式のチケット販売には応募したが見事に外れた。)。

 そうそう,東京での五輪を招致するのに,招致大使に東京に本拠地を置くスポーツチームの現役選手が一人もいない。
 招致大使は,現在以下の8人。
有森裕子氏 ,クルム伊達公子氏,野口 健氏,萩本欽一氏,古田敦也氏,星野仙一氏,みのもんた氏,山下泰裕氏
 現役選手は,最近復帰したクルム伊達公子氏のみ。また,東京のスポーツチームにゆかりのあるのは古田敦也氏くらいか。
 NPBの読売ジャイアンツや東京ヤクルトスワローズの選手・OB,JリーグのFC東京や東京ヴェルディにの選手・OB,日本トップリーグ連携機構に所属する9つのリーグの選手やOBなども入っていない。ベレーザ・澤やNEC・高橋みゆきがいるのに,だ。もう少し考えて招致大使を任命して欲しい。勿論,現役選手はそれぞれシーズンがあるので招致活動に無理があるかもしれないが。

参考:東京五輪招致に関する記事
【Big Wed】東京五輪,都議会招致を決議
【Big Wed】世界陸上大阪。国内大会が遺したもの

|

« 20081016 ランチ@ラ・シブレット | トップページ | 【Monthly翔太】2008年12月のお薦め »

Stadium」カテゴリの記事

View of 翔太」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【千日后】2016年東京オリンピック招致:

« 20081016 ランチ@ラ・シブレット | トップページ | 【Monthly翔太】2008年12月のお薦め »