« 駅からハイキング・武蔵中原~宮崎台4 | トップページ | 【千日后】野毛大道芸から »

【千日后】お薦めラジオ番組,June/2008

 ちょうど,この時期,聴取率調査週間(この言葉,早口で三回音読できる人を尊敬する。)の真っ最中。
 今日の【千日后】は,2008年6月番のお薦めラジオ番組を紹介しよう。

 以前紹介したときと,今回の大きな違いは,私が自動車通勤でなくなったこと。そのため,通勤途中でラジオを聴くことがほとんどなくなった。強いてあるとすれば,雨天の通勤の時。しかし,通勤時間が3分の1となったため,ほとんど聴かなくなった。

 参考までに,前回,2005年2月に紹介したお薦め番組を振り返ってみよう。

「WARMING-UP MUSIC」@FMNACK5 月~金 6:00-9:00
 この番組は,月~金から,月~木に変更となった。残念。

「J-WAVE GOOD MORNING TOKYO」@J-wave 月~金 7:00-9:00
 こちらも,月から木に変更。そして,ナビゲーターも別所哲也に。ジョン・カビラは金曜のみとなった。

「K.C. show」@インターFM 月~金 6:00-10:00
 この番組は終了。インターFMは,番組がすぐに終了するイメージが強い。

「永六輔 誰かとどこかで」@TBS 月~金 11:35-11:45
「小沢昭一の小沢昭一的こころ」@TBS 月~金 12:20-12:30
 この番組は両方とも長寿番組。私が小学生の頃からやっている。

「ストリーム」」@TBS 月~金 13:00-15:30
 2001年から続いているこの番組。TBSのこの時間帯としては,長寿番組になるのではないか。

「荒川強啓 デイ・キャッチ!」」@TBS 月~金 15:30-17:50
 この番組も続いているな。ま,以前にも書いた「世間に迎合」の姿勢は同じままだが。

「ENEOS ON THE WAY COMEDY 道草」@TFM 月~木 17:30-17:40
「おとなの時間割 ほぼ日刊イトイ新聞プレゼンツ ザ・チャノミバ」@TBS 火曜日 21:00-22:00
 これら,いつの間にか終わっていた。残念。

「おとなの時間割 竹中直人ハードボイルド・ソーセージ」@TBS 木曜日 21:00-22:00
 この番組は,ナイターオフの定番になりつつある。今はナイターシーズンなのでしばしの我慢。

「アクセス」」@TBS 月~金 22:00-23:40
 続いているね。よく聴いてる。

「Smooth Air」@J-wave 土 5:00-8:00
 この時間は終了し,金曜朝5:00-6:00に,「Smooth Morning」として放送中。ヨカッタヨカッタ。

「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」@TBS 土 8:30-13:00
Saturday Waiting Bar "AVANTI"@TOKYO FM 土 17:00-17:54
「ASAHI KURONAMA OZ MEETS JAZZ」@J-wave 土 21:00-21:54
山下達郎のサンディ・ソングブック@TOKYO FM 日 14:00-14:54
「MORI BUILDING presents TOKYO CONCIRGE」@J-wave 日 21:00-21:54
 これらの番組はまだ続いている。

J-WAVE SUNDAY MORNING DELIGHT@J-wave 日 6:00-9:00
「岡村孝子 STYLE GARDEN」@NACK5 日 8:00-8:30
「BARAKAN BEAT」@INTERFM 日 19:00-2100
 終わっちゃったなぁ。残念。

「ラジオ名人寄席」@NHKラジオ第一 日 19:20-20:00
 この番組は打ち切りになった。このことについては,いずれ別に記事を書きたいと思う。

 で,この記事を書いた後,しばらくしてから,私が毎日聞くラジオ番組がひとつ増えた。
 ラジオ番組を聞くというのは,一つの習慣のようなもので,身に付くまで非常に時間がかかる。前回この記事を書いてから,3年経つが聞く習慣が付いた番組がひとつだけ,ということからも,それが伺える。
 ラジオを聞く習慣が身に付くまで時間がかかるにもかかわらず,現在のラジオ局は番組を短期間で終了させることが多い。スポンサーの意向とはいえ,短期間で番組が無くなってしまっては,意味がない。是非ともスポンサー様には,番組の成長を長い目で見守って欲しい。

 で,その番組とは,
「Docomo Making Sense」@J-wave 月~金 23:45-24:00
 三谷幸喜と清水ミチコが数分間,普通に会話するだけなのだが,これは,本当に普通の会話。清水ミチコさんは,時折収録前に買ってきたスタバのお菓子を頬張りながら話をするし,三谷さんは清水さんの話を聞いていない。お互いに自分の話したいことを話し,時間になったら,いきなり,「ではまた明日(来週)!」と話を切る。
 番組後半に1曲流れるが,その日の会話と関連する曲をかけている。スタッフはよくまぁ曲を探してくるものだ。

 かつて,Saturday Waiting Bar "AVANTI"が,自身の番組を「東京一の日常会話」と称していたが,私は,Docomo Making Senseの方が,東京一の日常会話をしている,気がする。少なくとも,AVANTIは,テーマに基づいて会話が続いているもの。

 毎回,この番組を寝る前のストレッチングをしながら聞いている(毎回とまではいかないか)。何かをしながら聞いていると,つい聞いていながら聞き流し,「今日,どんな話をしたっけ?」と忘れてしまうから。
 体を動かし,目からは他の情報を入れずにこの番組を聞いていると,頭の中に入っていきやすい。寝る前の簡単のストレッチングも睡眠には良いという話を聞くし。
 (最近,運動不足で体を動かしていない,という理由もある。)

|

« 駅からハイキング・武蔵中原~宮崎台4 | トップページ | 【千日后】野毛大道芸から »

View of 翔太」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【千日后】お薦めラジオ番組,June/2008:

« 駅からハイキング・武蔵中原~宮崎台4 | トップページ | 【千日后】野毛大道芸から »