« 20071227 ラ・シブレット | トップページ | Best of Stage 2007 »

Best of Screen 2007

 ここのところ,バタバタしていてなかなか思うように記事を書く時間が取れない。
 忘れずに,これだけは書いておこう。

 Best of Screen 2007
 2007年に見た映画の本数は29本。一時期より大分減った。昔は年間61本見た年もあった(2002年)。まぁ,その頃に比べ,年もとった。1日に4本見るのも難しい。
 そんな,年齢を感じる話題はこのくらいにして,栄えあるBest of Screen 2007は,この映画に決めた。

 「今宵,フィッツジェラルド劇場へ」

 昨年見た映画の中で★8つの映画は2本だけ。この映画と元日に見た「父親達の星条旗」。
 「父親達の星条旗」は,その後公開された「硫黄島からの手紙」の印象と重なる部分があり,評価が薄まった感がある。しかし,この「今宵,フィッツジェラルド劇場へ」の印象は上出来。見終わった後,上質のワインを飲んだときのように後味さわやか。
 私は,モノがこれ以上たまるのが嫌なので,DVDを買うことを控えているが,この映画は買おうかと思っている。

 総評もひとつ。
 昨年見た映画,イマイチ,という作品にばかり出くわしたような気がする。その理由は2つ。
・一つ目
本当に見たかった映画を上映する映画館が少ない。もしくは,上映されてもすぐに終わる。
・二つ目
映画そのものが面白くない。
 一つ目の理由が大きいと思う。二つ目については,2007年のみならず,ここ数年の傾向だから,今さら何を,という感じも受ける。

・一つ目
本当に見たかった映画を上映する映画館が少ない。もしくは,上映されてもすぐに終わる。
 本当に見たい映画,私の趣味がマイナー指向というか,ミニシアター志向なため,どうしても映画館が限られる。しかも,その手の映画館も次の上映作品が決まっているなどして,思うようにプログラム編成ができない。気をつけてチェックしていかないと,いつの間にか終わってしまう映画の多いこと多いこと。映画鑑賞だけが趣味なら,休みのために映画館通いをすればよいが,そうもいかない私の趣味。一年限定で,映画だけにこだわるというのもやってみたら面白いかもしれないが。それは,また,一年間の目標を立てるときにでも考えよう。

 ただね。
 シネマコンプレックスがこれだけ街中に氾濫しているのに,ミニシアターの作品があまりにも陽があたらないのはおかしいような気もする。もし,私が映画館のオーナーだったら1スクリーンくらい,それも一番観客の少ないスクリーンを名画座枠として確保し,懐かしの名画から,シリーズものの映画最新作が公開されるときは,そのシリーズ過去の作品を上映したりするのだが。そんな面倒なことはやらないのだな,きっと。

|

« 20071227 ラ・シブレット | トップページ | Best of Stage 2007 »

Screen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Best of Screen 2007:

« 20071227 ラ・シブレット | トップページ | Best of Stage 2007 »