« 20071214 【定点観測】東京国立博物館 | トップページ | 【来週何スル?】1月21日(月)~27日(日) »

「joyの家族社会学」 第22回

 社会学教材12月 by joy 喜多川豊宇

 家族内役割コンフリクトを考える

Dying is not sin,not living is sin
死は罪じゃない。生きていないことが罪なんだ。
"生きていない"とは,どんな家族関係を指すのか 役割理論を用いて分析

「親は老人ホームへ」4人に1人 5カ国調査で日本の小学5年生
94.12.02 夕刊 19頁 1社 写図有 (全1,539字)
 親が年とって歩けなくなったら,「老人ホームへ入れる」と考えている子どもは日本で4人に1人,意識は西洋並み--。こんな結果が中国,韓国,英国,米国,日本の小学5年生を対象にした「家族の中の子どもたち」調査から浮かび上がった。2日午後に東京で開かれる「国際教育シンポジウム」(福武書店研究所主催)で発表される。
 調査は昨年5月から今年3月にかけて,東京,札幌,千葉,名古屋,岐阜と上海,ソウル,ロンドン,ニューヨークの各学校を通じて,計4,964人に実施した。
 それによると,生来,歩けなくなった両親を「老人ホームに入れる」のは日本で24.1%,英国(25.8%)に次いで2番目で,米国(19.2%)より高い。同じ東アジア文化圏の中国(0.9%),韓国(0.4%)を大きく上回った。

 家族の状況では,父親のみ不在の食卓が日本で目立つ。夕食に父親がいないのは日本では33%だが,中国は12%,米国19%,英国20%,韓国26%。
 子どもの目から見て,父親が「仕事で疲れている」割合も日本が最も高く(68%),2位の米国(50%)を引き離した。疲れているはずなのに,一緒に遊んでくれる割合も日本が最高(48%)。最低は米国23.5%だった。

 ……日本男性 年間労働時間2,000時間以上。

 日本の母親は一番早く起き(66%),夕食をつくり(95%),子どもをしかる(50%)とその割合は5カ国中最も高かった。また,母親の帰りが遅い日でも,夕食の準備は母親自身(34%)がやっているのが目立つ。中国,英国,米国では父親(50%-38%)がつくっており,韓国では子ども自身(43%)がつくると答えた。

 ……ダブル・バインド型

 一方,日本の子は家事の手伝いが少ない。洗濯(9%),部屋の掃除(17%)をするのは5カ国で最低。中でも男子が女子の6割弱しか手伝っておらず,他国に比べて際だって少ないことが分かった。

 ……学業優先型:目玉焼きとインスタントラーメンが得意な女子

 さらに日本の子は男女とも7割近くが「女は専業主婦がいい」と考えていた。一番少ない中国では男子で10%,女子は3%。
 「親から心配されるか」では,「いじめ」や「成績の低下」の項目で,日本の子どもが一番「親は心配していない」と思っている。
 「自分が良い父になる」は日本が最低で18%。次いで低い英国でも47%と差が大きい。「幸せな家庭を作る」見通しも,米国70%,韓国67%,中国59%,英国54%に大使,日本は35%だった。

家族:個人をサポートする社会システムの一つ
   自立を前提とした家族員が相互にサポート。
米家族:壁面や持ち歩く家族の写真,交換するクリスマスプレゼントが応接間に一杯!
<友達からいじめられたとき親は>
bullying:いじめ USA 危険度?
東京:とても心配する(14.9%),かなり心配する(19.1%),やや心配する(25.5%),あまり心配しない(22.1%),ぜんぜん心配しない(18.4%)
上海:とても心配する(35.1%),かなり心配する(28.3%),やや心配する(17.7%),あまり心配しない(11.0%),ぜんぜん心配しない(7.9%)
ソウル:とても心配する(34,5%),かなり心配する(33.3%),やや心配する(15.2%),あまり心配しない(10.8%),ぜんぜん心配しない(6.2%)
ロンドン:とても心配する(40.9%),かなり心配する(26.8%),やや心配する(16.5%),あまり心配しない(9.3%),ぜんぜん心配しない(6.5%)
ニューヨーク:とても心配する(31.5%),かなり心配する(28.9%),やや心配する(20.6%),あまり心配しない(9.2%),ぜんぜん心配しない(9.8%)
<親が老後,歩けなくなったらどうするか>
欧米:自立サポート型 家族扶養 or 放棄
東京:老人ホームに入れる(24.1%),近くの家で世話をする(21.8%),自分の家で世話をする(54.1%)
上海:老人ホームに入れる(0.9%),近くの家で世話をする(15.1%),自分の家で世話をする(84.1%)
ソウル:老人ホームに入れる(0.4%),近くの家で世話をする(23.4%),自分の家で世話をする(76.2%)
ロンドン:老人ホームに入れる(25.8%),近くの家で世話をする(46.2%),自分の家で世話をする(28.0%)
ニューヨーク:老人ホームに入れる(19.2%),近くの家で世話をする(47.0%),自分の家で世話をする(33.8%)

 映画「晩秋(DAD)」を鑑賞。

役割理論:役割認知*役割期待*役割取得
role theory=role recognition*role expectation*role taking
(1)ジェイクとベティーの夫婦関係
 ベティは,ジェイクの役割期待をどう認知し,役割を果たしたか?
(2)ジョニーとジェイク,ベティの親子関係
 ジョニーは,ジェイクの役割期待にどう認知を果たしたか?
(3)ビリーとジョニーの親子関係
 ジョニーは,ビリーの役割期待をどう認知し,役割を果たしたか?

 role conflict(役割葛藤)の発生

#ジェイクの精神症状:Succeful schzofremic 成功精神分裂症 "幸せな家族の幻影"
 ベティーは,ジェイクの妻への役割期待を認知できない。

#ジョニーの性向:workholic(働き中毒)
 役割期待=お金である認知し,役割取得=稼ぐという行為*離婚へ
 ビリーの父親に対する役割期待は,お金ではない=役割葛藤
 ビリーは家族を去り,メキシコのコミューンへ

"DAD"家族内役割構造を機能させるファクター
(1)forgivness(許す心)
(2)challenge(勇気)
(3)role play(選抜)
(4)heart(本音)
キーワード=自立した個人:family membership

役割モデル
役割認知 role recognition
∥         ∥
役割期待     役割取得(行為)
role expection  role taking

|

« 20071214 【定点観測】東京国立博物館 | トップページ | 【来週何スル?】1月21日(月)~27日(日) »

翔太だって社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「joyの家族社会学」 第22回:

« 20071214 【定点観測】東京国立博物館 | トップページ | 【来週何スル?】1月21日(月)~27日(日) »