« 2007年1月28日 - 2007年2月3日 | トップページ | 2007年2月11日 - 2007年2月17日 »

2007年2月4日 - 2007年2月10日の記事

志の輔らくご in PARCO 2007

Ca330027_1
Stage 07-02

07/01/15
志の輔らくご in PARCO 2007 其の弐
PARCO劇場

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★

番組
「七福神」
「歓喜の歌」

(お仲入り)

「徂徠豆腐 」

一行(には収まらない)批評
「自分の世界を作りきっている志の輔師匠。軽めの『七福神』で客の心を掴む。あの手のネタは若者のお笑いでよくあるが,"よくある"ネタを自分のものにしているのが嬉しい。
 続いて,お目当ての『歓喜の歌』。志の輔らくごでありながら,その実,松竹喜劇。どこぞの噂で,志の輔らくごが映画化されると聞いたが(TBSテレビ『情熱大陸』?(典拠の記憶はあやふや)),私がプロデューサーなら,これか,『メルシーひな祭り』を選ぶ。
 三席目の『徂徠豆腐』は初見。

 この日,私の左側には,かつて女学生だった二人連れ。
 『この劇場ねぇ,一番前の列の座席番号がX,Y,Zなのよ。おかしいわねぇ。』と話している。
 『いや,座席を外したりできるようにしてるんですよ』と説明しようかと思ったが,疲れそうなのでやめた。
 私の右側には,"先生"と呼ばれる中年男性と二十代後半と思しき女性3人が来ていた。"先生"が取ったらしい,今回のチケット。女性陣は,落語自体が初めてのようだ。
 私の隣に座った女性。最初は,背が座席についていたが,徐々に前へとのめりこんでいく。『落語を聞いて,背が離れる』という場面を初めて見た。『歓喜の歌』,サゲが終わった後の仕掛けが始まった際には『あ~っ」と歓声を上げていた。新鮮な驚き,大事にして欲しいもの。」

 この日見かけた有名人(敬称略);永六輔,矢崎泰久,Mr.マリック,堀井憲一郎,立川談志

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」

Ca330025_1
Screen 07-03

07/01/15
「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」
ライズエックス

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「破綻したのは,ほんの些細な帳簿のごまかしから。小さな悪が巨大企業を蝕んでいく。」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006年12月14日,ラ・シブレットのランチ

Ca330200Ca330201Ca330202

  「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)
 いい加減,うんざりしている方もいるかもしれないが,ここしか行っていないので(笑)。
 この日は,前回食べ損ねた鴨のローストを食べようかと思ったが,クリスマス前でなかったのか,あきらめて,フレッシュフォアグラと仔熊のテリーヌ,メキシコ産厚切りサーロインステーキ,黒こしょう焼きに赤ワインという組み合わせ。
 デミカップのスープは11月までのジャガイモのスープからバジルのスープに変更されていた。

 今回,アップで撮影し,もう少し美味しそうに撮ろうと思ったが,あえなくピンぼけ。今度から気をつけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,FC東京ポスターギャラリーその7

Ca330181

2006年8月23日(水) J1第19節
FC東京(1-5)アビスパ福岡
得点:(東)藤山,赤嶺,石川,伊野波,阿部,(福)Own Goal
観客:18,533人

2006年8月30日(水) J1第21節
FC東京(2-3)セレッソ大阪
得点:(東)ルーカス,馬場,(阪)河村,藤本,西澤
観客:21,041人

 二週連続の平日開催。しかも,国立競技場。あまりしっくりこなかったが,福岡戦は大満足。もう,ここまで点を取ればいいでしょう。
 一方の30日。この日,五輪招致,国内選考会の結果。東京が候補地として決定した。試合は大阪に負けるという結果。大阪は2008年,五輪招致で北京に負けたが……。それとこの日の試合結果は関係ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,FC東京ポスターギャラリーその6

Ca330182Ca330183

2006年4月29日(土) J1第16節
FC東京(0-2)サンフレッチェ広島
得点:(広)佐藤,佐藤
観客:31,684人

 サッカー,ワールドカップ中断後,アウエーだったり,松本開催のホームゲームだったり,かなり待たされようやくの地元,味スタ開催のホームゲーム。
 約3万1千人の観客の前で見たものは,佐藤寿人のゴールショーだった。

Ca330010
 この日は,選手があちこちに出て,サポーター達と直接ふれあう機会があった。
 私も携帯電話で写真を撮ったのだが……。浴衣を着られるとちょっと分かり難いが,伊野波か?

Ca330009

 そういえば,ここの倉庫の壁面大ポスターに載ると,移籍するような気が。
 かつて,加地亮はガンバ大阪へ,このササ・サルセードも海外へ移籍してしまった……。
 今,ここに掲げられている選手は確か……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,FC東京ポスターギャラリーその5

Ca330184

2006年5月14日(日) ナビスコカップ予選リーグ
FC東京(0-1)アビスパ福岡
得点:(福)宮崎
観客:11,938人

2006年5月17日(水) ナビスコカップ予選リーグ
FC東京(0-0)浦和レッズ
得点:
観客:19.098人

 確か,福岡戦は仕事の関係で見に行けなかったと記憶している。
 まぁ,見に行かなくて正解だったかもしれない。
 ナビスコの試合,浦和戦が平日ナイトゲームは辛かったが,それでも2万人弱。すごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,FC東京ポスターギャラリーその4

Ca330185

2006年4月26日(水)(ヤマザキ・ナビスコカップ予選リーグ)
FC東京(1-2)横浜F・マリノス
得点:(東)梶山,(横)田中,松田
観客:11,690人

2006年4月29日(土) J1第10節
FC東京(2-1)名古屋グランパスエイト
得点:(東)ルーカス,ルーカス(名)吉村
観客:22,188人

2006年5月6日(土) J1第12節
FC東京(1-2)大宮アルディージャ
得点:(東)ルーカス(宮)冨田,小林
観客:25,128人

 ひさしぶりに,ポスターギャラリー。
 早くしないと,2007年サッカーシーズンが始まってしまう。
 この時期の記憶があまりないのが不思議だ。思い出したくない,というのもあるのかもしれない。
 自分のブログを読んで思い出したり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big wed】NHL,福藤,マイナー降格

 NHLキングスの福藤豊が,マイナーリーグのレディングへ降格したことが分かった。(1/3,時事通信)

 せっかくつかんだチャンスだが,ここ最近出番がないこと,正GKが故障者リストから外れたこと,などの理由から降格したのだろう。
 福藤のポジションはGK。やはり,GKは試合に出ていないと試合館が鈍る。降格しても試合出場を取るべきだ。
 また,チャンスはやってくる。

 福藤豊。これからもチェックしていく,つもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!球春到来キャンプイン[02/07]

 いよいよ,プロ野球もキャンプイン。スポーツニュースでは,あちこちのキャンプ情報が報道されている。
 でも,考えてみたら,開幕前の準備段階。これだけキャンプが騒がれる協議も珍しい。
 他のプロ競技でも,ここまで騒がれるのはない気がする。Jリーグも扱いはほとんどないし,五輪選手も,高橋尚子選手が,密着ドキュメンタリーで放送されることはある。しかし,「今日のQちゃん」と毎日放送するところは,まずない。やはり,巨人戦の視聴率は下がっても,プロ野球開幕が待ち遠しいのだろうか。

・南郷キャンプメンバー決まる(1/23,公式HP)
 2007年南郷春季キャンプのメンバーは以下の通り。
A班
投 手(19名)
岸,小野寺,大沼,涌井,山崎,長田,山本淳,許,松永,星野,岡本,三井,ジョンソン,ギッセル,岩﨑,山岸,グラマン,山本歩,宮越
捕 手(4名)
野田,細川,銀仁朗,上本
内野手(10名)
中島,高木浩,後藤,片岡,平尾,石井義,リーファー,カブレラ,黒瀬,中村
外野手(8名)
和田,赤田,佐藤,高山,G.G.佐藤,大島,栗山,福地

 41名中,19名が投手というのはすごいなぁ。しかも石井貴,西口を除いて,これだけの数。横並びの能力のため,競争させる,というのが一般的な見方。投手にとっては,サバイバルそのもの。
 中でも,涌井への注目度が違う。昨季の成績,横浜高校出身という点から,西武における"ポスト松坂"を想定しているのだろう。まだまだ可能性は未知数。あまり,期待をかけてもしようがない。

・星野仙一,日本代表監督就任(1/25~,各スポーツ紙)
 キャンプインよりも気になったのは,この話題。長嶋・王と続いたら,この星野監督しかいないだろう。一般的な考え。誰しもついていく。星野監督には,北京五輪という武器を使って,うまくプロ・アマ垣根を越えた野球界をまとめていってほしいと思う。

 おそらくは,北京五輪でどのような結果になろうと,次の第2回WBC(2009年)までは,星野監督で行くだろう。その次の国別対抗戦がいつ行われるか不明だが,次は,古田敦也(現ヤクルト選手兼任監督)なりそうな気がする。もしくは,外国人監督(バレンタインorヒルマン)あたりか。

 って,何でこんなことを考えるかというと,実は,プロ野球や代表監督に向きそうな人って,そんなにいないんじゃないかな,ということ。

 毎年,多くのプロ野球選手が誕生し,その分,多くのプロ野球選手が引退していく。引退後,野球解説者になれるのはほんの一握り。監督になれるのは,もっと少ない。最近は外国人監督も増え,12球団中4球団で外国人監督(広島,オリックス,千葉ロッテ,北海道日本ハム)。プロ野球において,日本人の指導者が少ないと言うことは,今後のプロ野球界にとってはマイナスなように思える。

 教える人がいない → 教わる選手が減る → 競技の質が落ちる → 競技人口減り,人気がなくなる

 風が吹けば桶屋が儲かる,的な発想かもしれない。でも,少し気になる。野球復活の鍵の一つ,「指導者養成」。違うかな。

・森慎二,デビルレイズとマイナー契約(1/23,毎日新聞)
 予想通り。でも,ちょっとホッとしている。伊良部・野茂等々,私の情報網から離れていった選手もいることなので。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

【Big Wed】From the Pitch,Jリーグ2007日程発表[02/07]

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednewsday】。
 先週はほとんど記事を書く時間的余裕がなかったため,少し,遅いニュースで申し訳ない。

・Jリーグ2007 日程が発表
 この日程が発表になる前に年間シートを購入するのもどうかとも思うが,今年もサッカーJ1,FC東京の年間シートを購入した。現在の仕事場のことを考えれば,暴挙としか言いようがない。ま,少しでもクラブの運営にお役に立てれば,と思い購入することにした。
 で,今季のFC東京。開幕直後は近場が多い。3月は一番遠くてヤマハスタジアム。あ,でもここは鬼門か。

 1試合でも多く応援できれば,と思う。

・かつての青赤戦士,消息。
 かつてのFC東京の選手の移籍ニュースがちらほら。

 小林成光 → 栃木SC(JFL)(1/29,時事通信)
 喜名哲裕 → ロッソ熊本(JFL)(1/28,沖縄タイムス)

 小林成光は,2002年開幕戦でいきなりブレイクし,翌日の日刊スポーツの1面に載った男。その後バイクの事故で選手としてはだいぶ遠回りをした。
 喜名は,同じく,2002年の磐田戦(@東京スタジアム)を思い出す。途中出場して,ドリブルで切れ込むがボールを持ちすぎ。
 思わず,
 「持ちすぎだぁ。」と叫んだら,隣に座っていた少年サッカーチームの監督(面識無し)が,
 「そうですよね。」相づちを打ってくれた。

 かつてJ1で活躍した選手が下部のリーグに行くことは,見ていてかわいそうという人もいるかもしれない。しかし,両チームともJリーグ入りを目指すチーム。ベテランがチームを引っ張ってくれるようになってくれれば,私はプラスの効果になるのではないかと思う。そう,カズや城が横浜FCで頑張ったときのように。

・SC鳥取,「ガイナーレ鳥取」へ(2/2,毎日新聞)
 JFL,SC鳥取が今季からチーム名をガイナーレ鳥取とすることを発表した。「ガイナーレ」は「大きくなーれ」という米子の方言。方言をそのままチーム名にするというのは面白い。
 ただ気になるのは,「ガイナーレ」が"米子"の方言だと言うこと。「鳥取では"ガイナーレ"なんて言わないよ。」と言うことになると,せっかくの県民球団が鳥取と米子で分裂してしまう,ってまた,私の妄想か。

・平山,やってくれるぜ(2/2~各スポーツ紙)
 FC東京の平山選手。新人選手研修に参加し,いろいろとボケをかましてくれる。ま,今のうちに存在感出しておかないと,開幕後,試合に出られるか分からないから……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「早春のご利益/向島」

 毎週日曜日,朝5時15分から,15分間(毎月最終週は午前4時45分~)。東京から日帰りで行ける場所へ散歩する番組。
 何年か前から,毎週(のように)見るようになった。その内容を備忘録代わりに,ここに残しておく。
 なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。

 放送日;07/02/04
 サブタイトル「早春のご利益/向島」
 散歩師(出演者):岸本葉子(エッセイスト)
 『毎日の暮らし歳時記』成美堂出版刊の著者。

・言問橋 スタート
  ↓
・隅田公園で都鳥を発見
  ↓
・三囲(みまわり)神社[大黒天,恵比寿]
  ↓
・見番通り
  ↓
・カド 店長:宮地隆治さん
 昭和33年開店
 活性生ジュースとくるみグラハムパンサンドのセットをいただく。
  ↓
・弘福寺[布袋尊]
  ↓
・長命寺[弁財天]
  ↓
・長命寺 桜もち 山本やで桜餅を購入
・言問団子で言問団子を購入
  ↓
・向島百花園[福禄寿]
 白加賀,紅梅,そしんろうばい(素心蝋梅)の開花具合を確認
 ここで,お弁当を広げる。今日のお弁当は,厚揚げと野菜の煮物と桜海老・ちりめんじゃこ・わかめの混ぜご飯
  ↓
・白髭神社[白髭大明神を寿老神に見立てる]
  ↓
・多聞寺[毘沙門天]
 で,ゴール。


・今日のおみやげ
 咳止め飴@弘福寺


★今回の感想
 今回のコースの一部は,私も何度か歩いたことがある。
 見番通りのそばには,墨田区の郷土博物館があったはず。向島の花見の様子や,日本で初めてマッチ工場ができたことが展示されている。 言問団子は,TBSアナウンサー,外山恵里さんのご実家。永六輔さんは「団子屋の娘」と言っている。
 白髭神社は,さだまさしさんの歌「木根川橋」の歌詞に出てくる。
 って,まるで「トリビアの泉」か。でも,知っているところが出てくると非常に嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷中七福神巡り その2

 前回の「谷中七福神巡り その1」に続いて,その2をご紹介。
 ここまでで,3つ回った。これから後半,と言う前に,谷中ぎんざを徘徊。今まで朝倉彫塑館までは何回か訪問したことはあるが,その先を訪れたことはなかった。で,今回,ぐるっと回ってみた。
 印象。「コロッケ売っているところ多いね。」なんか,食べ比べたくなった。

Ca330014
 谷中ぎんざを後にして,日暮里駅まで回ってから,毘沙門天の天王寺へ。
 山門がちょっとハイカラなので,こちらの写真をパチリ。
 境内には小さな大仏さんもあったり。

 続いて,寿老人の長安寺へ。朝倉彫塑館前の通りにある,このお寺。ここまで来たことがなく,非常に新鮮。スペース小倉屋やSCAI THE BATHHOUSEなど,有名な場所を巡りながら,歩いていく。
 この辺のお店,特に,ブティックや小物屋の看板で目に付くのが「日没頃まで営業」という台詞。このアバウトさがたまらない。日が暮れたらおしまい。分かりやすくていい。ま,谷根千さんぽ客も,たいてい日没になるといなくなるし。

Ca330019
 上野高校そば,大黒天の護国院
 ここまで来ると,上野の山まであと少し。しかし,私には馴染みのない道なので,物珍しく感じられる。
 車通りの多い道を気をつけながら歩いていくと,上野動物園の裏手に出る。休園日だったが,動物に休みはない。飼育員や納品業者は,汗を流しながら働いているのが見える。

Ca330020
 上野不忍池が見える。
 今回のゴール,弁財天の不忍池弁天堂が見える。
 日が傾きかけた中,弁財天へ行く途中,面白いものを見つけた。
Ca330021
 めがね之碑。
 こんなところに,こんなものの碑があるとは。思わず,写真を撮ってしまった。
 無事,弁財天まで回って,帰路につこうとしたら,また,面白いものを見つけてしまった。

Ca330022_1
 駅伝の碑。
 駅伝の発祥は,ここだったんだ。知らなかったぁ。
 そう言えば,まだ,お昼食べてなかったんだ。お昼を食べて帰宅したとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年1月29日(月) 131 ★★★★★ ★★★★★ ★★★
2007年1月30日(火) 107 ★★★★★ ★★★★★ ★
2007年1月31日(水) 146 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
2007年2月01日(木) 113 ★★★★★ ★★★★★ ★
2007年2月02日(金) 090 ★★★★★ ★★★★
2007年2月03日(土) 079 ★★★★★ ★★★
2007年2月04日(日) 102 ★★★★★ ★★★★★

 ここ最近のアクセスは,どうも「キネマ旬報ベストテン2006」の記事が貢献しているらしい。記事毎のアクセス数を見ると,


1 [POT]Press Of showTa: トップページ 77アクセス
2 [POT]Press Of showTa: 月イチあミュージアム 44アクセス
3 [POT]Press Of showTa: キネマ旬報ベストテン2006 37アクセス

 ご覧の通り,第3位に位置している。トップページ,月イチあミュージアムへのアクセスは今まで通りだから,キネ旬ベストテンの記事の影響が大きいのだ。ということは,映画を見る人はブログなどの記事を参考にするのだろうか?まぁ,私もインターネットなどの情報を参考に見る映画を決めているのだから,他の人も参考にしているのも頷ける。

 今週もアクセス感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】2月5日(月)~11日(日)

 今週末には三連休がある。三連休には,かなり多くのイベントが開催される。
 どこに行くか,ちょっと悩むところではある。

●5日(月)
・笑志の今夜はにぎわE@横浜にぎわい座
出演:立川笑志,林家きくお
・林家彦いち独演会「彦いちの気持ち落語」@国立演芸場
出演:林家彦いち,ゲスト:すわ親治
・立川志の吉 独宴会 その40@Studio FOUR
・ムービ&ファン@シネマ・イクスピアリ「チャーリーとチョコレート工場」,「間宮兄弟」

●6日(火)
・ムービ&ファン@シネマ・イクスピアリ「レント」
・映画上映「クジラの島の少女」@東京国立博物館(~9日(金),11日(日),12日(月))
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「動物の足さばき」「サルの世界」

●7日(水)
・立川志の吉,東京駅前独演会!其の4@東京建物八重洲ホール
(※八重洲ホールとお間違えなきよう)
・ムービ&ファン@シネマ・イクスピアリ「間宮兄弟」,「チャーリーとチョコレート工場」
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
「古代美術の楽しみ方」 貝塚

●8日(木)
・志の輔noにぎわい@横浜にぎわい座
出演:立川志の輔ほか
・ムービ&ファン@シネマ・イクスピアリ「チャーリーとチョコレート工場」,「間宮兄弟」
・フロアレクチャー「ウォリスじいさんを知っていますか?」@東京都庭園美術館

●9日(金)
・ムービ&ファン@シネマ・イクスピアリ「レント」
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
「1920年代のパリ」 田所
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「夜活動する動物たち」「動物たちの食べるもの」

●10日(土)
・寒空はだかソロライブ@吉祥寺・STAR PINE'S CAFE
出演:寒空はだか,ゲスト:好田タクト
・みたかdeきいたか vol.13@文鳥舎(JR三鷹駅南口より徒歩5分)
出演:柳家紫文,東京ガールズ
・白鳥奇想天外祭り@横浜にぎわい座
出演:三遊亭白鳥,だるま食堂,3バカヘッズ
・映画「ショコラ」,「チャーリーとチョコレート工場」公開@早稲田松竹(~16日(金))
・ムービ&ファン@シネマ・イクスピアリ「レント」
・映画「となり町戦争」公開
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「昆虫の多様性を探る」「マグマの出来方」
・ボランティアによる紙芝居と手品@井の頭自然文化園
・ヤマネ講演会@恩賜上野動物園(要事前申込)
・「柳宗理展」ギャラリートーク(木田拓也(当館主任研究員))@東京国立近代美術館
・「ピラミッド・サイエンス展」@科学技術館(~25日(日))
・土曜実験教室「汚れはこうして落ちる」@科学技術館
・ユニバース,この日は中止@科学技術館
・土曜講座「最近の海外美術展事情『モネ《睡蓮》とエコール・ド・パリ』 - オランジュリー美術館のリニューアル・オープン」@ブリヂストン美術館
・アーティスト・カフェトーク@東京都写真美術館
・「チェコ絵本とアニメーションの世界」展@目黒区美術館(~4月8日(日))
★アピュタ阿佐ヶ谷でたびたび取り上げれれている,「チェコ・アニメーション」。今度は目黒区美術館で展覧会。
・企画展「文京・まち再発見2-近代建築 街角の造形デザイン-」@文京ふるさと歴史館(~3月18日(日))
・「春を呼ぶ小石川後楽園 黄門様のお庭で梅まつり」@小石川後楽園(~3月4日(日))
・「早春の六義園を楽しむ」@六義園(~28日(水))
・駅からハイキング「神田から『粋 活・下町情緒』新日本橋までの散策」@神田駅南口改札 びゅうプラザ前
★満員のため受付終了
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「森でくらす動物」「動物の足さばき」

●11日(日)
・鈴本演芸場2月中席(~20日(火))(夜),主任:さん橋
・浅草演芸ホール2月中席(~20日(火))(昼),主任:権太楼
・ムービ&ファン@シネマ・イクスピアリ「キンキーブーツ」
・映画「チョムスキーとメディア マニュファクチャリング・コンセント 」公開@ユーロスペース
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「高山植物」「南極での鉱物探し」
・ガイドツアー@井の頭自然文化園
・ヤマネ・ワークショップ@恩賜上野動物園
・建国記念の日特別企画「海の絵葉書を作ろう」@葛西臨海水族園(~12日(月))
・「梅まつり」@向島百花園(~3月4日(日))
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「日本にすむ動物たち」「草原の動物たち」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月28日 - 2007年2月3日 | トップページ | 2007年2月11日 - 2007年2月17日 »