« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月23日 - 2007年12月29日 »

2007年12月16日 - 2007年12月22日の記事

「joyの家族社会学」 第20回

 第10回 日本国際保健医療学会総会 ワークショップIX 1995.10.29 於 東京大学医学部
 阪神・淡路大震災と在日外国人-災害と被災のモデルとして:災害弱者と社会科学-
 東洋大学 喜多川豊宇(きたがわ とよいえ)

 自然災害である地震は,平等に阪神・淡路地域を襲った。しかし,被害者は、平等に発生はしなかった。低地である長田区の被害は,他に比べて甚大であった。災害は,極めて社会的である。生活構造・居住環境・階層構造など優れて,社会的な地域特性が,そのまま表れている。いわば,災害は,人間社会の矛盾をあぶりだした結果となった。
 自然災害は,平等に人間社会を襲っても,被害発生は,優れて社会的であるという現実を痛いほど見せつけられた。ここに自然災害の社会科学の存在理由を認識させられたといえる。地震そのものは自然科学の範疇にあっても,災害は,社会科学の範疇に含まれることを阪神・淡路大震災は教えてくれた。

【I】在日外国人問題認識のための序論
(1)近・現代史理解は人口爆発・移動がキーワード
 人類史=ヒトの移動(移民・移住)から歴史を再構成
 人口爆発・膨張→人口移動(移住)の連続史(ことに近・現代史)
(2)移民・移住コンセプトの変化
 ライフ・スパン(生涯)→ライフ・ステージ(ライフ・サイクル)へ
 水杯から通勤感覚へ
(3)距離感覚の革命:地理的距離から時間・経済距離へ=遠くないブラジル
 移民・移住をテクノロジーがサポート:ジャンボーによる移動とファックスによる情報伝播
(4)移住者からコスモ・ポライト(世界市民)へ
(5)クニの国際化からヒトの国際化へ(クニからヒトへの急展開)
 国際化(国と国の際)→人際化(人と人の際),文際化(文化と文化の際),地際化(地域と地域の際)

【II】外国人の居住と主要傾向
(1)外国人居住の集中化
 広域化傾向をみせながらも,外国人居住は,一定の集中点・結節点をみせている。首都圏地域での集中化はもちろんながら,地方の中小都市の中でも,特定の都市へ集中化。外国人登録者が最高位にある港区や豊島区と並ぶ地方都市も出現(例:群馬県大泉町人口8.5%外国人。ブラジル村と言われる。)。旧来からの,在日朝鮮・韓国人の阪神地区,特に長田区への戦前からの集中は周知。これに加えて,ニューカマーズが近年,集中。
 民団登録の世帯数を見ると,1994年12月末で,2,359世帯である。これは総世帯数9,192の25.7%,長田区や須磨区など史に神戸に集中していることを示す。
(2)同じ国籍者中心の同心円社会形成
 外国人居住者は,一様に高い言語・文化障壁をもっている。比較的日本語能力のある先住外国人が居住集団の中心(キーパーソン)がいて,同質性の高い,同心円社会を形成している(こうした閉ざされた社会は,移住者に共通にみられる現象である。例:キスト社会,モザイク社会=ブラジル)。
 本調査研究では,在日コリアン(民団役員リアン文化研究者),在日ベトナム人(ベトナム料理経営者,初期留学組),在日フィリピン人(神戸フィリピン・コミュニティー幹事),在日中国人(留学生団体幹事等),在日日系ブラジル人(人材派遣業ルート:群馬県大泉町),アラブ系(イスラム系モスク宣教師)などなど21カ国の外国人にインタビュー。
(3)居住外国人の多国籍化
 阪神・淡路大震災でも,死亡した外国人の国籍は,11カ国に及ぶ。永住者を除く,ニューカマーの多国籍化の進行は著しい。兵庫県に外国人登録された国際総数は,113カ国に達する。また,神戸市・阪神地域だけの登録国籍総数でも96カ国を数える。
 多言語アプローチが必須:日本人から見た外国人は一つのカテゴリー:外国人からみたら,回りは全て外国人
(4)ニューカマーズ外国人の定住化傾向:広域ネットワーク社会形成
 一過性の短期で稼ぎ型から,日本の社会の一角に確実に根付き始めた。大都市,中小都市に限らず,外国人の居住地は,次第に広域化。地方の市町村レベルの自治体でも,外国人居住は広まる。神戸市においても,定住の歴史や程度の差はあれ,様々な外国人のコミュニティーが形成。また,こうしたコミュニティーは,ネットワーク社会と言うべき性質をもち,物理的に隣り合って暮らすというより,一定の結節点(ノード)をもちながら,点在する定住外国人が網み目状に広がりながら,連携を保つ。
 長田区のコリアンや中華街の中国人のような「住み分け社会」の他に,ニューカマーズのネットワーク社会が次第に形成。
(5)外国人と日本人住民との地域社会での高い壁:セグメンテーション
 職場でともに働くことは進んでいるが,職域を離れた,地域社会での日本人社会とのコミュニケーションは少ない。日本人社会との間に人間関係の壁がある。ベトナム人は,彼らだけで,テント生活を送っている。避難所生活でも住み分け。南北ベトナム人は,テント村のなかで,さらに住み分け。

【III】阪神・淡路大震災と在日外国人の被害
#01 研究調査の契機
 災害弱者としての外国人研究委員会所属(自治省:廣井東大教授座長)
 (1994年4月~1995年3月)
#02 外国人火元の火災通報事例僅少
 (言語問題,責任問題,地域社会へのアタッチメント希薄,オーバーステイ問題など)
#03 阪神・淡路大震災外国人被害実態調査(国土庁・野村総研,建設省・建設技術研)委託調査
(1)在日韓国・朝鮮人の1割弱=5万人以上。
(2)加えて,ベトナム,フィリピン,日系ブラジル人などの100カ国に及ぶニューカマーズが居住。
#04 高い在日外国人被災死亡率
A) 全体死亡率   約0.20% 5,373/ 2,658(千人)
B) 外国人死亡率  約0.29%  225/ 76,597(千人)
C) コリアン総数  約0.28%  152/ 53,861(千人)
D) 長田区コリアン 約0.67%  63/ 9,208(人)
E) 長田区外国人  約0.86%  89/ 10,319(人)
F) 長田区総数   約0.58%  728/126,405(人)
G) ブラジル人   約1.33%   8/ 600(人)

【IV】災害弱者の在日外国人
(1)外国人は住宅弱者
 大都市中心部のインナーシティーにおける老朽化した木造アパートへの過密集団居住傾向や,風俗営業ブローカーによる囲い込み居住,中心都市周辺部の社宅や寮や会社契約のアパート,公的な団地の人材派遣業者による集団借り上げなどがある。
 阪神・淡路大震災の死者の多くは,老朽化した木造家屋の下敷きになって死亡。神戸市長田区は,在日韓国・朝鮮人の地場産業であるケミカル・シューズの集中地域。
 民団加盟の9,192世帯の内,1,159世帯が全壊,621世帯が半壊であるが,全壊家屋の54.7%,半壊家屋の32.7%が長田区などに集中している。また、本調査で実施したアンケート調査では,木造一戸建て53.8%,木造アパート10.8%,コンクリート一戸建て8.9%,コンクリートアパート19.6%と,木造が60%を超えていることが証明される。
(2)わけても,高齢外国人は災害弱者
[1]家屋の被害と年齢:60歳以上の家屋の全壊率は70%を超える。
 N=155 区分 全壊,半壊,軽佻,全くない
[2]火災区分と年齢:加齢とともに全焼率が高まる。20歳代15.79%,30歳代10.00%,40歳代24.32%,50歳代35.48%,60歳以上31.25% N=133 高齢者木造家屋居住多い。
[3]けがの程度と年齢:けがは60歳以上に多い。重傷者も60歳以上に多い。重軽傷者率は60歳代以上は42.9%であるN=139
(3)外国人女性は災害弱者
[1]女性の家屋被害が男性を上回る。全壊 男性=48.94%,女性=64.95% N=144
[2]女性の方が避難所へ非難するものが多い。男性=57.14%,女性=74.29% N=161
(4)外国人は情報弱者
 在日コリアンを除いて,外国人の多くが母国語メディアを情報源としていることである。新聞,雑誌,パンフレットなどの,日本や母国で発行される母国語のメディアと口コミが,コミュニケーションの主な源泉である。震災を契機に多言語ミニFM開局。同一の言語・文化団結する形となった。そして*「口コミ」を主に使用した独特の情報回路が活躍するのである。
*personal influence

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨージ単独ライブ

Ca330684
Stage 07-22

07/12/01
ヨージ単独ライブ
なかの芸能小劇場

評価は(★10個で満点)
★★★★★

一行批評
「段取り間違い,イマイチだが内容は伝わる。結婚詐欺にあった友人の話。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20071019 名酒の殿堂その1

 ようやく紹介することができた。
 10月19日,ハクヨーで開催された名酒の殿堂。

 その時の日本酒をご紹介する。
Ca330628Ca330629Ca330630

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】ハンドボール北京五輪アジア予選,仕切り直し[12/17]

 国際ハンドボール連盟は17日,パリで理事会を開いた。その席で,今年8・9月に行われた男女の北京五輪アジア予選をやり直しとする異例の措置を決めた(18日,時事通信)。

 今週の話題だが,気になったのでピックアップした。

 国際ハンドボール連盟がアジア予選をやり直しにすると言うことは,すなわち,先日のアジア予選はイカサマだということ認めたことになる。これにより,クウェートを中心とした中東勢には不利な状況に追い込まれることになる。

 開催に際して,どこで行うか,ということなどいくつか心配な点はあるが,とにもかくにも「振り出しに戻る」ことができて一安心。

 しかし,中東勢がロビー活動などで反攻することも考えられる。
 また,代表チームが解散したため,チーム作りが急務だ。現在,日本ハンドボールリーグが開催中。リーグ戦をどうするかも気になる。

 しかし,拾ったチャンス。ここは一つ,協会・リーグ一丸となって……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】千葉ロッテ,黒木投手,引退を決断[12/12]

 千葉ロッテマリーンズを戦力外となった黒木知宏投手12日,都内で会見し,現役引退を表明した。
 黒木は10月2日,球団側から戦力外通告を受けた。
 その後,トライアウトを受けることなく,他球団からのオファーを待った。

 このニュースは非常にショックだった。横浜FCの山口以上に。

 なぜ,黒木はトライアウトを受けなかったのか。

 自分ができる。十分通用するボールを投げられるのならば,門を叩いてアピールすべきだった。
 何もせずに,ただ待っているだけでは,シーズン中の投球を見るだけで判断されてしまう。
 黒木には,最後の最後まで悪あがきをして欲しかった。正直,宮地克彦のように,最後まで頑張って欲しかった。
 独立リーグで投げて,若い選手とともに試合をして,勝負の厳しさを若い選手に伝えて欲しかった。

 ちなみに,宮地克彦(BCリーグ・富山)は,12月11日付で福岡ソフトバンクホークス管理部(育成担当)へ就任することが決定した。選手,と言う訳ではないが,NPBへの復帰,おめでとう。

 残念,としか言いようがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,横浜FC,山口引退[12/14]

 特に,FC東京の話題ではないが,気になったので。
 横浜FCのMF,山口素弘が,14日,引退を発表した。
 山口は,先に戦力外通告を受けていたようだ。他のチームに行かず,そのまま引退を選んだ。

 何度か,書いたことがあると思うが,日本代表で活躍した選手には,下部リーグで一頑張りしてもらいたい。
 というのも,日本代表で活躍した選手,テレビで見たことのある選手が,地元チームで頑張っている姿を見ると,自分も頑張ろう,このチームを何とかしてやろう,応援していこう,という気になる。これがきっかけで,地元のチームのサポーターが増える。
 たとえ,元日本代表選手が引退しても,サポーターたちは地元のチームに対する愛情が育まれ,そのままチームのサポーターとして残ってくれることもある。チームが地元のコミュニティの中核となれば,幸いだ。

 山口の場合,新潟や横浜FCで,このことを成し遂げたような気がする。
 だからか,引退の記事を読んでも「惜しい!」という気持ちよりも「お疲れ様」という気持ちが大きかった。

 山口選手,お疲れ様。次はピッチの外での活躍を期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】X League 4th Down Gamble!! JAPAN X BOWL,富士通,松下電工の厚い壁に屈す[12/17]

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 まず,最初は,17日(月)に行われた,社会人アメリカンフットボール,第21回日本社会人選手権・ジャパンXボウルの話題から。

 Stadium 07-27
07/12/17
第21回日本社会人選手権JAPAN X BOWL
松下電工インパルス 33-13 富士通フロンティアーズ
東京ドーム

 キックオフ直後,富士通の攻撃。富士通は3人(20,28,80)のRBをうまく組み合わせながら,前進。1st downをとっていく。
 最後,フィールドゴールレンジまできて,さぁ,3点,というところでミスキック。無得点に終わる。

 この試合,ここが試合を分けたと言っていい。
 その後は,松下電工の攻撃はうまくいくが,富士通のそれはミスばかり。結果として,大差の試合になった。
 それだけ,松下電工との力の差が大きかったと言える。
 普段なら最後まで観戦してから帰るが,この日は22時でお暇した。申し訳ない。

 ある人のブログで,やはりこのJAPAN X BOWL を見に来た人の記事を見た。この方はアメフト初観戦だが,観客の多さ(17,000人以上)に驚いていた。
 で,この方,疑問に思ったのが「アメフトは人気があるスポーツではないか?」ということ。

 その答えを少し書いておく。
 この日の観戦者の多くが,富士通及び松下電工の社員だ。残りはアメフトをやっている大学生・高校生が中心。アメフト未経験者かつ二つの会社以外で見に来ている人はほんの一握りだろう。つまり「動員」なのだ。毎回,このJAPAN X BOWL と RICE BOWL は,関係者の観戦者が多く賑わっている。もっとも,RICE BOWL の大学側はOBの有志によるものが多いのだが。

 他の競技に比べ,アメリカンフットボールの人気はまだまだだと思う。見に来れば,「面白い」という人はいるのだが,足を運ぶようになるまでが一苦労。
 それでも,以前,パールボウルの決勝を見終わった後,トイレに入ったら,動員で観戦しに来たサラリーマンが同僚と
「アメリカンフットボールも面白いなぁ。」
 と話していた。
 所詮,アメフトは「食わず嫌い」が多いのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「心を開けば笑顔が交わる/蒲田」

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「心を開けば笑顔が交わる/蒲田」(放送日:07/12/09)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:マギー司郎(マジシャン)『生きてるだけでだいたいOK』講談社刊

スタート 蒲田駅
 ↓
・甘納豆製造元 木村屋
 ご主人 谷口中さん
 ↓
・呑川
 ↓
・アドバンテストヘアー ナカタニ
 代表 中谷人志さん
 1980年 理容師日本一になり,その後弟子を世界一2名,日本一6名など100名以上育てる。
 ↓
・梅屋敷ぶらもーる商店街
 大越 おかみさん 高瀬由紀子さん
 ↓
・京急梅屋敷駅
 ↓
・(株)東京ナガイ 営業部課長 柴原正男さん
 以前,ナガイの海苔のCMに出ていたマギーさん。その頃の写真が出てくる。
 ↓
・環八通り
 ↓
・蒲田温泉
 「リンゴ村から」を熱唱
 ↓
・日の出銀座商店街
 勝栄精肉店で手作りコロッケを頬張る。
 ↓
・七辻
 で,ゴール

今日のお土産
おにぎり弁当とお総菜@大越

by TD

★今日の感想
マギーさんの人柄の出てくる旅。アドバンテストヘアー ナカタニで涙した話は,私も実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年12月10日(月) 156 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★
2007年12月11日(火) 104 ★★★★★ ★★★★★ 
2007年12月12日(水) 126 ★★★★★ ★★★★★ ★★★
2007年12月13日(木) 085 ★★★★★ ★★★★
2007年12月14日(金) 092 ★★★★★ ★★★★
2007年12月15日(土) 090 ★★★★★ ★★★★ 
2007年12月16日(日) 101 ★★★★★ ★★★★★

 とりあえず,数字だけチェック。
 今週もご愛読感謝。

 さぁ,これからキックオフ@東京ドーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『昆虫記』刊行100年記念日仏共同企画「ファーブルにまなぶ」

Ca330682
07/11/30
『昆虫記』刊行100年記念日仏共同企画「ファーブルにまなぶ」
国立科学博物館

 東京国立博物館のVRシアターを堪能した後は,国立科学博物館へ。
 ここの目的は,終了間近の「『昆虫記』刊行100年記念日仏共同企画『ファーブルにまなぶ』」展。
 ロボット博と平行して行われているが,ロボット博は次回以降に,と辞退した。運良くチケットショップでチケットを400円で購入(常設展600円より安い。)し,中に。

 展示について,詳しく覗き込むことはせず,外観をぐるっと見渡した程度だが,「ファーブル昆虫記」が母国フランスでは日本ほど有名ではないことが印象的。

 その後,日本館に寄る。日本館の3階部分には,日本の国土の特徴を映像で紹介している。今までスルーだったが,今回は約15分じっくり拝見。
 また,1階の天文コーナーの太陰暦をチェック。いつ見ても面白い。大の月・小の月の話やうるう月の考え方など,旧暦の考え方は,実は生活に根ざした考え方と実感。

 さぁ,今度は復活名物展示,アロサウルスでも見に行こうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】12月17日(月)~23日(日)

 もう,年が押し詰まってきた。
 早く年賀状を書かねば。元日に着くと嬉しいからね。毎年ほぼ同じ日に年賀状を書いているが,今年も同じかな?
 それにしても,世間は28日で終わり,何てトコが多いが,今年の私は30日(日)まで仕事。今年は最後の最後まで働くようだ。

 さて,残り2週の【来週何スル?】。

   *   *   *
◆17日(月)
・本館(日本ギャラリー)1階11室~20室閉室@東京国立博物館(~2008年1月1日(火))
・Japan X Bowl@東京ドーム
・「ワラシャワ! 笑謝和」公開録画
出演:清水宏,オオタスセリ,すわ親治,寒空はだか,山本光洋,ナギプロ・パーティ
@池袋シアターグリーン内ビッグツリーシアター

●18日(火)
・列品解説「甲信地域の縄文土器」@東京国立博物館
・プロ野球マスターズリーグ
 東京ドリームスvs名古屋80D'sers@東京ドーム
・「風間の杜の落語会」
出演:風間杜夫
ゲスト:柳家花緑・林家二楽(18日)柳亭市馬・立川文志(19日)
@サザンシアター
▲国本武春の「大忠臣蔵」@有楽町朝日ホール
▲愛山・喬太郎二人会@お江戸両国亭
▲東西若手落語家コンペティション2007(第5回)@内幸町ホール
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「サルの世界」「夜活動する動物たち」

●19日(水)
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・プラネタリウム特別番組 Miraikan meets Yappooo 「Yappooo(ヤッポー)!空の向こうに宇宙がひろがる」 (~2008年1月14日(月))
・樹木ツアー@東京国立博物館
▲にっかん飛切落語会年忘れスペシャル@イイノホール
▲風間の杜の落語会@紀伊國屋サザンシアター

●20日(木)
・芸大生による木曜コンサート@旧東京音楽学校奏楽堂
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
▲にっかん飛切落語会年忘れスペシャル@イイノホール
▲ダイアログ・イン・ザダーク立川談春まっくら落語会@赤坂区民センター

◆21日(金)
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・キュレータートーク@東京国立近代美術館
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・ミュージアムトーク@江戸東京博物館
「ラジオの登場」
・企画展 『地下展 UNDERGROUND』関連イベント “Undercurrent”―― 音に潜るクリスマス@日本科学未来館
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・映画「リトル・ミス・サンシャイン」「世界最速のインディアン」@新文芸坐(~22日(土))
・「モロ噺かたるシス」いきなり頂上決戦!?
@上野広小路亭
・新宿末廣亭12月下席(昼)(~28日(金))
こみち/ろべえ,ホンキートンク,甚語楼,玉の輔,元九郎,蔵之助,小里ん,ホームラン,扇橋,川柳,夢葉,小さん(お仲入り),歌之介,ゆめじ・うたじ,南喬,一朝,仙三郎社中,(主任)市馬
・新宿末廣亭12月下席(夜)(~28日(金))
駒次/小駒,志げる,扇治,円太郎,ロケット団,,白酒,馬生,勝丸,白鳥,雲助(お仲入り)左橋,紫文,志ん五,小袁治,アサダ二世,(主任)今松
▲浅草演芸ホール12月下席(昼)(~27日(木))
笑松/笑好,国分健二,小南治,柳桜,八重子,小円右,円枝,京丸・京平,夢太朗,鯉昇,正二郎,可楽(お仲入り)柳好,Wモアモア,歌春,寿輔,うめ吉,(主任)小柳枝
▲浅草演芸ホール12月下席(夜)(~27日(木))
遊喜/遊馬,新山真理,遊史郎,遊雀,マグナム小林,遊之介,茶楽,北見マキ,遊三(お仲入り)円丸,ナイツ,雷蔵,桃太郎,ぴろき,小遊三,ボンボンブラザース,(主任)春馬
▲池袋演芸場12月下席(昼)
司/きん歌,喬之助,三三,世津子,一九,菊之丞(お仲入り)歌彦/あし歌,歌る多,ゆめじ・うたじ,(主任)歌之助
▲にっかん飛切落語会年忘れスペシャル@イイノホール
▲らくだ亭(第4回)"年忘れ団塊四人会"@江戸東京博物館
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「動物たちの食べるもの」「日本にすむ動物たち」

●22日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「網目状に進化する植物たち」「木の葉の化石が語る日本列島の誕生」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・冬至のコンサート2007@ブリヂストン美術館
・体験コーナーイベント「和算のひみつ」@江戸東京博物館
・「海の男のギャラリートーク~奇跡の船“宗谷”」@船の科学館
 島崎里司「恐怖の暴風圏,初めての氷山,ソ連『オビ号』」
・企画展 『地下展 UNDERGROUND』関連イベント 地下の達人に訊く!その4 「長沼毅」 (全4回シリーズ)@日本科学未来館
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・映画「ウエスト・サイド物語」@早稲田松竹(~28日(金))
・bjリーグ 東京vs大阪@有明コロシアム
・ラグビーTOPリーグ 三菱重工相模原ダイナボアーズvsクボタスピアーズ@秩父宮
・ラグビーTOPリーグ 東芝ブレイブルーパス - 神戸製鋼コベルコスティーラーズ@味スタ
▲花形演芸会(第343回)@国立演芸場
▲七転八倒の会(第34回)@毘沙門天善国寺
▲柳家三三と古今亭菊志ん@お江戸日本橋亭
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「オスとメスの不思議」「動物の足さばき」

●23日(日)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「熱帯・亜熱帯起源の植物」「音と楽器の科学」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・「海の男のギャラリートーク~奇跡の船“宗谷”」@船の科学館
 島崎満雄「昭和基地でのテント生活29日,タロ・ジロ,ペンギン」
・展示の前で研究者に会おう!ここまで見えた 宇宙の姿@日本科学未来館
・映画「ルワンダの涙」@新文芸坐
・bjリーグ 東京vs大阪@有明コロシアム
・第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝@埼玉スタジアム2002
▲落語協会特選会"三三・左龍の会"@池袋演芸場
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「森でくらす動物」「動物たちの食べるもの」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月23日 - 2007年12月29日 »