« 2007年1月21日 - 2007年1月27日 | トップページ | 2007年2月4日 - 2007年2月10日 »

2007年1月28日 - 2007年2月3日の記事

2007年1月の目標 その後

 2007年も,毎月の目標がどこまで達成できているか,確認していこう。

 1月の目標は,以下の二つだった。
■「東京国立博物館へ初詣しよう。」
 以前の記事でも書いたが,1月2日に東京国立博物館に行くことができた。常設展だけの見学だが,こんなにこんでいるとは思わなかった。ある意味,非常に日本らしい正月を味わった気がする。1月2日にこだわらずに,毎年行っても面白い,と思った。

■「七福神巡りをしよう。」
 これは,昨日の記事にあるように,早い段階で目標を達成。
 七福神巡りも昨年,今年と2年連続で回っている。今後,正月の定例行事になるかもしれない。

  *   *   *

 2月の目標は,以下のとおり。
■「(見頃とは関係なく)梅の名所へ行こう」
■「中国語の勉強,1冊終わらせよう」
 これもクリアーすべく,頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷中七福神巡り その1

Ca330006

 今日から,しばらくの間,谷中七福神巡りの報告を。
 2007年1月の目標の一つに,「七福神巡りをしよう。」がある。その目標,何とかクリアーしたので,ここに記録しておく。
 2006年も,七福神巡りをした。その時は,新宿山の手七福神巡り。今回は,どこに行こうか迷ったが,東京都交通局発行「ふれあいの窓」に,谷中七福神があったので,そちらに決定。ちなみ,もう一つの候補は,池上七福神だった。こちらは,2007年1月号の「ふれあいの窓」に特集されていた。

 JR田端駅で降りると,すでに掲示物が。
 非常に分かりやすい。おそらく,多くの人々がこの七福神巡りをしているのだろう。駅にも地図が棚にあり「お一人様一枚でお願いします」と注意書きがあった。

Ca330007
 まずは,福禄寿の東覚寺へ。ここへは,以前の駅からハイキングで2度ほど訪れた。境内の身替り仁王はランドマークと言って間違いない。赤い衣装を着た門番だ。
 2度ほど訪れても,中をあまり回っていないので,ゆっくりと中を回ることに。

Ca330008
 境内奥の日本庭園には,福禄寿の置物が。結構かわいい。こんな日本庭園があるとは知らなかった。

Ca330012

 東覚寺を過ぎて,南に下る。西日暮里駅側の恵比寿,青雲寺へ。
 ここには,滝沢馬琴筆塚の碑があった。文人ゆかりの場所なのか。

Ca330013
 すぐ側には,布袋尊の修性院がある。ここの布袋さんはものすごくでかい。写真を撮るのもおこがましいので写真は取らなかったが。寺の方のお話では,普通のご婦人の10倍以上の重さだとか。

 修性院の側には,富士見坂がある。都内では珍しい,「富士山」を望める富士見坂。私が行った日は,雲に霞んでみることができなかった。

 この続きは,次回にでも(火曜あたりに記事アップ予定)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Feria】第97回ワイン会の報告

Ca330193
 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)

 2006年11月のワイン会の紹介。
 この回では,マグナムボトルが出た。このワインのエチケットはキャンパス地に1枚1枚手書きの絵を描いて載せるのだそうだ。そのため,1本1本エチケットが違うとか。

 って,もう酔っぱらっいて,あまり記憶がないのだが(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】北信越BCリーグ,富山コーチに宮地。

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednewsday】。
 最近,時間が不足し,記事を書く時間がなかなか取れない。ひょっとしたら,今週はこれ1本だけかもしれない。その時はご容赦願いたい。とはいうものの,このコーナー,対して反響がないので,多少記事が少なくとも,許していただけるだろう。

 今回,取り上げるのは,2007年1月,TBSテレビで放送された「バース・ディ」という番組。その番組で,福岡ソフトバンクホークスの宮地克彦選手が取り上げられていた。
 彼は,以前に西武を戦力外となり,トライアウトからホークスへ移籍。その後,頭角を現し,外野のレギュラーに定着。オールスターゲームにも出場。プロ入り16年目での初出場は珍しく,マスメディアからは「リストラの星」とまで評された。

 その宮地も,2006年シーズンは出場機会が減っての戦力外。本人は「まだやれる。」と信じて,2回の合同トライアウトに挑戦した。

 しかし,結局プロ野球チームからは声がかからず,引退か,と思いきや,2007年から始まる北信越BCリーグのプレーイング・コーチとして,契約することになった。

 と,ここまでが,番組の概略(但し,宮地選手の部分のみ)。

 そこで,気になったので,北信越BCリーグのHPを覗いてみた。
 4球団の監督・コーチは以下の通り。

【信濃グランセローズ】
監督: 木田 勇(52歳) 日本ハム→横浜大洋→中日
コーチ: 勝呂壽統(43歳) 巨人→オリックス→大阪近鉄〈コーチ〉福岡ダイエー
    島田直也(36歳) 日本ハム→横浜大洋→ヤクルト→近鉄
【石川ミリオンスターズ】
監督: 金森 栄治(49歳) 西武→阪神→ヤクルト〈コーチ〉ヤクルト→西武→阪神→ソフトバンク
コーチ: 長冨浩志(45歳) 広島→日本ハム→福岡ダイエー〈コーチ〉福岡ダイエー
     中居殉也(34歳) 福岡ダイエー〈コーチ〉福岡ダイエー
【富山サンダーバーズ】
監 督: 鈴木康友(47歳) 巨人→西武→中日→西武〈コーチ〉西武→巨人→オリックス
コーチ: 横田久則(39歳) 西武→千葉ロッテ→阪神→台湾・兄弟〈コーチ〉台湾・兄弟
     宮地克彦(35歳) 西武→福岡ダイエー※富山ではプレイイングコーチ
【新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ】
監 督: 後藤孝志(37歳) 巨人〈コーチ〉ニューヨークヤンキース・1Aタンバヤンキース
コーチ: 本間 忠(29歳) ヤクルト 11月21日
     根鈴雄次(33歳) モントリオール・エクスポズ・3Aオタワリンクス※新潟ではプレイイングコーチ

 各チーム1人までプレーイング・コーチが採用できるようで,宮地選手は,プレーイング・コーチ枠。
 見ると,富山は元西武の選手で固めている。新潟は,MLB経験者が多い。石川はホークスつながり。それぞれに,関係する球団色が強く出るのでは,とも思ってみたり。

 かつて,四国アイランドリーグを立ち上げた石毛宏典氏が,こんなことを言っていた(出典は失念)。
「四国アイランドリーグを設立することにより,プロ野球を引退した選手たちの,再就職の場を提供したい。」
 ある意味,北信越BCリーグも,プロ野球を引退した選手,再度プロ野球を目指す選手たちの受け皿の側面を持つ。その意味では,四国アイランドリーグも,北信越BCリーグも期待するところが大きい。

 ところが,である。一度現役を引退し,プロ野球界へ,コーチとして戻ろうとしている人々に,一つの懸念材料がある。
 それは,プロ野球においては,コーチング理論が体系化されていないのでは,ということ。

 というのも,昨季(2006年シーズン),衣笠祥雄氏のバッティング理論をテレビで聞く機会があった(出典TBS「MLB主義」)。
 衣笠氏のバッティング,ボールとバットが当たる位置(打点)は,バットを振り下ろし,ちょうど腕が伸びきったときの,へその前あたりである。ホームベースの前方あたりだ。

 しかし,最近の強打者の打点は,もっとボールを手前に引きつけて,ボールを呼び込んでから捕らえ,そこから腰の回転を使って,遠くへ飛ばすようになってきている。これは,投手の変化球が打者に近いところで大きく変化するのに対応するためだ。
 このバッティング理論は,松井秀喜,城島健司,松中信彦などが,言葉は違えど,同じ考え方である。巨人時代の松井は,ホームランの談話で「上手い具合に詰まってくれた」という表現を使ったことがある。

 ということは,だ。衣笠氏のバッティング理論と,現在の強打者と言われる選手のそれとは,同じバッティング理論でありながら,大きく異なっている。彼らが現役選手に教えるとなると,選手たちは混乱しないだろうか。一流と呼ばれる選手とそれ以外では,同じバッティング理論でも異なるのだ,というのでは困る。バッティングは誰にでも同じように教える,確固たるバッティング理論がないと,この先,困らないのだろうか。

 ソフトボール,日本女子がオリンピックで活躍する一つの要因として,小学生から五輪代表まで,同じ理論,統一した理論でソフトボールに取り組んでいるのだ。そのため,選手たちは何も迷うことなく,同じ理論で競技をしながら,自分たちの技術を磨き上げている。

 今の野球界には,ひょっとしたら,統一した競技理論なんてないんじゃないのか。ともすると,そこが,五輪で日本がメダルを取れない一つの理由かもしれない。

 宮地選手の話題,北信越BCリーグの話題から大分それたが,野球のコーチを目指す人たち,何かしらの野球理論をまとめて欲しい,と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「風ニモマケズ息づくもの/取手」

 毎週日曜日,朝5時15分から,15分間(毎月最終週は午前4時45分~)。東京から日帰りで行ける場所へ散歩する番組。
 何年か前から,毎週(のように)見るようになった。その内容を備忘録代わりに,ここに残しておく。
 なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。
 今週は,コメントでもあったとおり,あの方が散歩師。

 放送日;07/01/28
 サブタイトル「風ニモマケズ息づくもの/取手」
 散歩師(出演者):小泉伸夫(獣医師・自然解説者)
 『見つけよう!自然のふしぎ』ポプラ社刊の著者。

・取手駅 スタート
  ↓
・関東鉄道常総線
  ↓
・長禅寺
  ↓
・三世堂(百観音堂)
 内部は三層の「さざえ堂」形式で参拝者が交差せずに回れる。毎年4月18日のみ公開。
  ↓
・本陣でロウバイ,ミツマタを観察。
 旧取手宿本陣染野家住宅
  ↓
・利根川河川敷 タンポポのロゼット,ホトケノザ,チョウゲンボウ(長元坊)を観察
  ↓
・小堀(オオホリ)の渡しに乗って対岸へ
  ↓
・取手市小堀地区,古利根(旧利根川)でオオカマキリの卵を観察
  ↓
・我孫子市古利根公園
 で,ゴール。


・今日のおみやげ
 わっしょい漬け(メロン,しいたけ,人参,きゅうり)@新六本店


★今回の感想
 「とある散歩師」さん,ありがとうございます。
 この日は月末恒例放送時間変更でしたが,しっかりと録画,拝見しました。
 三世堂は,志村直愛さんに見てもらうと,また違った感想を言うのでは?とも思ったり。あそこに放送時間を取られたので,他の部分にしわ寄せがきた感もありました。
 ちなみに,次週(2月4日)は,岸本葉子さんだとか。木戸さんはその後になりそうです。
 「とある散歩師」,次の放送も楽しみにしています。次はちょっと早めの都会の「春」探しでしょうか。

 あ,そうそう。志村さんで思い出した。
 志村さんが文京区の近代建築を探訪した際に使用した,「文京・まち再発見」展の展示解説書。
 この「文京・まち再発見」展の第2弾が開催されます。
 「文京・まち再発見2 近代建築 街角の造形デザイン」と題して,会期は平成19年2月10日(土)~3月18日(日)。
 場所は,文京区ふるさと歴史館。気になる人は是非どうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年1月22日(月) 121 ★★★★★ ★★★★★ ★★
2007年1月23日(火) 143 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
2007年1月24日(水) 114 ★★★★★ ★★★★★ ★
2007年1月25日(木) 120 ★★★★★ ★★★★★ ★★
2007年1月26日(金) 087 ★★★★★ ★★★★
2007年1月27日(土) 119 ★★★★★ ★★★★★ ★★
2007年1月28日(日) 091 ★★★★★ ★★★★

 先週もコンスタントにアクセスがあった。ただ気になったのは,「桜田淳子」での検索。このキーワード,たまたま「東京ウォーキングマップ」で出てきただけなのに,おそらくは,別のことで検索してきたのだろう。検索してきた人には申し訳ない。

 「東京ウォーキングマップ」での検索もコンスタントに多い。出演者からのコメントもあるし。このブログの一つの柱になるかな?

 今週もアクセス感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】1月29日(月)~2月4日(日)

 えぇ,こう毎度毎度いろいろな行事予定をピックアップして思うのだが,
「情報間違っていないだろうなぁ。」ということ。
 自分がこの記事を参考にあちこち行って,間違える分には仕方がない。自分が悪いのだから。しかし,これをご覧の皆さんがこの情報だけを頼りにして,被害を被ったら……,と考えると背筋が寒くなる。
 くれぐれも,主催者などに直接確認をしてくださいね。

●29日(月)

●30日(火)
・特別展「ヤマネって知ってる?」開催中@恩賜上野動物園
・クマノミ特設展開催中@葛西臨海水族園
・特別公開 横山大観《生々流転》公開@東京国立近代美術館(~3月4日(日))
・常設展「じっと見る 印象派から現代まで」開催中@ブリヂストン美術館(~4月8日(日))
・展覧会「日本の新進作家vol.5 地球(ほし)の旅人-新たなネイチャーフォトの挑戦」開催中@東京都写真美術館(~18日(日))
・「館蔵 花鳥画」展@大倉集古館(~3月18日(日))
★ちなみに,「夜桜」横山大観筆の展示は3月13日(火)~18日(日)。
・「中村宏・図画事件 1953-2007」展開催中@東京都現代美術館(~4月1日(日))
・特別展「悠久の美―中国国家博物館名品展」開催中@東京国立博物館(~25日(日))
・特別展「マーオリ-楽園の神々-」開催中@東京国立博物館(~3月18日(日))
・「水仙まつり ~香りのファンタジー~」開催中@葛西臨海公園(~25日(日))

●31日(水)
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
「パブロ・ピカソ:変容の軌跡」

●1日(木)
・千葉・東京映画サービスデー
・池袋演芸場2月上席(夜)(~10日(土)),主任:市馬
・浅草演芸ホール2月上席(昼)(~10日(土)),主任:夢丸
・映画「ヘンダーソン婦人の贈り物」上映中@Bunkamuraル・シネマ
・映画「ユメ十夜 Ten Night of Dream」上映中@シネアミューズ
・映画「マジシャンズ」公開中@ライズエックス(~3月2日(金))
・映画「ダーウィンの悪夢」公開中@シネマライズ(~9日(金))
・映画「サマリア」,「弓」公開中@早稲田松竹(~2日(金))
・映画「合唱ができるまで」公開中@ユーロスペース
・映画「海でのはなし。」公開中(~16日(金))
・映画「ルワンダの涙」公開中@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
・公開中映画(拡大系)「幸福な食卓」,「幸せのちから」

●2日(金)
・立川談春独演会@銀座ブロッサム
・柳家喬太郎独演会 前座噺特集その2@横浜にぎわい座
・彫刻園ガイド@井の頭自然文化園
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
「1920年代のパリ」 田所

●3日(土)
・第333回花形演芸会@国立演芸場
出演:鏡味正二郎,三遊亭遊雀,爆笑問題,三遊亭円馬,林家二樂,柳家紫文,柳家喬太郎「ハワイの雪」
・「バカリズムベストライブ大宇宙時代」 (~4日(日))
 06年バカリズムライブ「宇宙時代」「航空時代」「恐竜時代」から,よりすぐりネタ
@恵比寿エコー劇場
・映画「カンバセーションズ」公開@シネスイッチ銀座
・ムービ&ファン@シネマ・イクスピアリ(~23日(金))
「間宮兄弟」,「チャーリーとチョコレート工場」
・映画「世界最速のインディアン」公開
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「貝類の多様性」「科学博物館本館 建物見学ツアー」
・ガイドツアー@井の頭自然文化園
・彫刻園ガイド@井の頭自然文化園
・水族園オリエンテーリング@葛西臨海水族園
・「柳宗理展」ギャラリートーク深澤直人(プロダクト・デザイナー)@東京国立近代美術館
・土曜実験教室「汚れはこうして落ちる」@科学技術館
・ユニバース@科学技術館
・「だれも知らなかった アルフレッド・ウォリス~ある絵描きの物語」@東京都庭園美術館(~3月31日(土))
・「グランパとびじゅつかん」@東京都庭園美術館
★2月中の土・日・祝日は,おじいちゃん(またはおばあちゃん)と小学生のペアで小学生料金が無料に。
・記念講演会「HIBINO VS ウォリス ボクらがFUNEを好きな理由[わけ]」@東京都庭園美術館
 講師:日比野克彦氏(アーティスト)
・アーティスト・カフェトーク@東京都写真美術館
・記念講演会「マーオリはどこから来たか」@東京国立博物館(要事前申込)

●4日(日)
・ムービ&ファン@シネマ・イクスピアリ「レント」
・ラグビーTOPリーグプレーオフトーナメントマイクロソフトカップ ファイナル@秩父宮
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「日本の高山植物-キンバイソウ属を例として-」」「人類の進化を考える-発掘現場からの報告-」
・ガイドスタッフによるハイライト・ツアー@東京国立近代美術館
・ギャラリートーク田口善明(漆芸作家)@東京国立近代美術館工芸館

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月21日 - 2007年1月27日 | トップページ | 2007年2月4日 - 2007年2月10日 »