« 2007年11月25日 - 2007年12月1日 | トップページ | 2007年12月9日 - 2007年12月15日 »

2007年12月2日 - 2007年12月8日の記事

「joyの家族社会学」 第18回

10月教材 by 喜多川豊宇 「ブラック・パワーの社会学」,95年10月19日付

 ポストも・モダン社会は,エスニシティ(ethnicity:民族性)がキーワード。アメリカは一つの家族になれるか?

(1)捌かれたロス市警察
 10月3日午前10時,ロス上級審 無罪判決
 10月4日 ロスアンジェルス・タイムズ 大特集「人種と判決」:白人警官*黒人
  判事:ランス・イトー(日系人)
  12名陪審員 男性2,女性10;黒人9,白人2,ヒスパニック1

(参考)
 裁判所が選んだ12名の陪審員が有罪・無罪を決定。
 全員一致が原則
 選挙人名簿か運転免許登録簿から定員の数十倍を無作為に選び,面接して絞る。
 その地域の人種,宗教,性別,職業などを反映

 O.J.シンプソン(48) 黒人アメリカンフットボールプレーヤーで,スーパースター。Mr.U.S.A。引退後俳優へ転身。
 1994年6月 2年前に別れた白人前妻ニコール(35),同ボーイフレンド(25)の殺人容疑

争点:
 人種偏見に満ちたファーマン刑事が令状もなしに見つけた証拠「白人刑事のやり方は,ヒトラーのホロコーストと同じだ。」
 弁護団。ロス社会の日常の根深い人種偏見とロス市警が裁かれる。
 アメリカ国民の半数以上が無罪評決に納得せず。

ユニバーサル・スタディオ メキシコ料理ウエートレス キャリーさん
「断然,有罪よ。人種問題を絡めているわ。」
K女子短大アメリカ人講師(白人)
「日本はオウム,アメリカはシンプソン裁判,もちろん有罪さ。」

判決の伏線
1992年春,ロス暴動 放火・略奪・銃撃戦
交通違反黒人ロドニー・キング氏を白人警官4人がめった打ち。
全米に事件シーンがビデオ放映
ロス郊外州地裁陪審(白人10,非白人2) 無罪判決


(2)アメリカ黒人ワシントン100万人行進開始 Million Man March
 O.J.シンプソン(48)無罪評決で黒人の権利意識高揚
 「大統領選へ力誇示」 10月16日
 イスラム教黒人急進組織 Nation of Isram:N.O.I lead by Louis Farrkhan
 白人からの孤立,反ユダヤ主義:過激な人権分離主義
 "black suckers" Jews,Koreans others who open businesses in minority communities and take the profits elswhere
 「黒人男性が黒人社会と家族への責任感を示し,自らに対する否定的なイメージをくつがえすために」ファラカン師提唱
 ファラカンを大統領に! 1996年 大統領選
 投票登録をしていない黒人 800万人 新たな黒人票


(3)パウエル将軍は救世主か? アイゼンハワーの再来

 ジャマイカ移民の子 コリン・パウエル 湾岸戦争の英雄
 アフリカ系欧州人:茶色キングストン人(イギリス女王から白人の権利)
 CF:ラスタファリン(アフリカへの精神復帰を訴えるジャマイカ黒人)
 水で薄めた黒人 白人社会に身を置くイエス・マン!

 多民族社会アメリカ:人種に関する一定の定義,概念なし
 自然人類学者「生物学的な人種の存在を信じていない。」

 「アフリカ人,イングランド人,アイルランド人,スコットランド人,ユダヤ人,インディオ」の血が流れていることを認知。
 パウエル氏の肖像:コンピュータで様々な人種の顔を合成するとできる?
 パウエル氏「私たちはアメリカを一つの家族と考え始めなければならない」
 アメリカを一つの家族:人種間の結婚増加
 黒人*白人の結婚 1980年比78%増加

【課題】
 あのS.スピルバーグ監督 刑事コロンボ「構想の死角」鑑賞
 犯人フランクリン,コロンボ刑事をWASP(White Anglo Saxon Protestant),カトリック系Latinosの観点から比較し,アッパー・ミドルの白人層とプア・ホワイトの階層性を論ぜよ。
 参考:家族,服装,言葉,住居,車,生活水準,ひとあたり,教養など

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20071117 旧古河庭園

Ca330657
 07/11/17
 旧古河庭園

 地震の科学館,東京ゲーテ記念館を見学した後,本日のメインイベントのひとつ,旧古河庭園の紅葉の進み具合を確認しに行ってきた。

 まだ,紅葉は始まったばかり。秋口の気温が高かったため,紅葉は遅れそうだ。都内での紅葉狩りは12月でないとダメかもしれない。来年,月ごとの目標づくりの際は考えよう。
 秋バラはまだ見頃のものがある。何かきれいなものはないかと,探して見つけたのがこれ。
Ca330658
 マリア・カラスという品種のバラだそうだ。園芸に弱い私には,言われてもピンと来ない。
 ま,きれいだね,くらいか。
 洋館の見学に潜り込めないかと覗き込んだが,この日は世間も休日。無理。13時~の回に出くわしたが,満員御礼だった。今度は平日に潜り込むとするか。

 洋館から,洋風庭園を過ぎ,階段を下りると日本式庭園が。こちらも風情がある。旧古河庭園は,洋風と和風の二種類の庭園が味わえるので好きだ。
Ca330659
 日本庭園には,かろうじて1本,色づいている木があった。写真を撮ったが,ここはこれで勘弁して欲しい。
 さぁ,次は,もう一つのお目当て,六義園だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Feria】第108回ワイン会の報告

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)。
 ワイン会の案内をするのを忘れていたので,ご報告を。

=================================================================

第108回ワイン会
日時:2007年12月5日(水)19:00~
会場:フェリア(といっても六本木でも湯島でもない)
会費:5,000円

=================================================================
テーマ:2007年忘年会

 今年もワイン会の参加,ありがとうございます。
 本年の最後のワイン会は,都合により,12月5日にさせていただきます。
 例年,パーティー形式で,マグナムやWマグナム等の大きな瓶を開けています。
 今年もマグナムを開けます。お楽しみに!!
 また,くじ引きにて,豪華?景品(もちろんワインです)の抽選会を行いました。

出品ワイン
Ca330690

=================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20071012 今日飲んだお酒

Ca330610

 まだまだ10月の酒を紹介している(汗
 日本酒の店で,これは飲んでいないだろうと思っていたが,実は飲んでいた(汗
 自分の記憶の曖昧さを痛感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,JFL→J2,ロッソ熊本・FC岐阜がJ2へ[12/3]

 12月3日(月),Jリーグは臨時理事会を開き,JFL2位のロッソ熊本,同3位のFC岐阜のJリーグ入会承認した。来季から両チームはJ2に加入する。
 両チームはJFL4位以内という入会条件をクリア,経営面や施設の改善等にもある程度のめどが立った。

 また,来季からJ2は15チームとなり,4回戦総当たりから3回戦総当たりに変更される。

 となると,来季のJFLが気になる。
 ちょうど,12月2日(日)まで,全国地域リーグ決勝大会 決勝ラウンドが行われ,昇格チームが決定した。
 最終順位は以下のとおり。
1位:ファジアーノ岡山 →JFL自動昇格
2位:ニューウェーブ北九州 →JFL自動昇格
3位:FC Mi-OびわこKusatsu →JFL自動昇格※
4位:バンディオンセ神戸
※3位FC Mi-OびわこKusatsuは,ロッソ熊本およびFC岐阜がともにJ2へ昇格したため自動昇格。

 ファジアーノ岡山とニューウェーブ北九州はJリーグを目指すチーム。ようやく,地域リーグから"J"のつくリーグへ上がってきた。

 Jリーグは,2010までにJ2を18チームに増やそうとしている。今回2チームがJ2入りしたが,何度となくJリーグ事務局から指導を受け,経営面の改善を行ったり,施設の改修のために努力をしてきた。それが実った形だ。
 Jリーグは,今までチームの経営危機に陥った場面を何度となく見てきた。それ故に,これ以上の経営危機やチーム消滅の場面を見たくないはずだ。だから,Jリーグ加盟した2チームについても,性急にJリーグ入りさせたのではなく,経営面についてしっかり見極めて加盟させた,ということを切に望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-52[12/1]

 12月1日(土),サッカーJ2第52節が行われた。

 札幌が勝利し,東京Vが引き分けたため,札幌がJ2優勝,東京Vが2位で自動昇格。
 引き分けた京都は,J1第16位の広島との入れ替え戦に回る。
・札幌 2-1 水戸
・仙台 2-0 徳島
・草津 1-1 京都
・C大阪 2-2 東京V
・愛媛 2-1 湘南
・福岡 1-3 鳥栖

 また,東京Vのラモス監督が今季限りでの退任,エグゼクティブディレクターへの就任することとなった。後任監督には元日本代表DFの柱谷哲二コーチが昇格する。
 昇格させたラモスがなぜ退任?と疑問に思ったが,経営面で彼のバックアップが欲しいというフロントの思惑からだ。ラモスが営業で頭を下げれば,スポンサーもつきやすいだろう。また,少し休憩して,また監督復帰と言うこともできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-34,結末は劇的に[12/1]

 12月1日(土),サッカーJ1第34節が行われた。

 試合結果は以下のとおり。鹿島が勝ち,浦和が負けたため,優勝は鹿島に。
 この試合結果を見たときは驚いた。鹿島サポの同僚の顔が思い浮かぶ。
 また,降格は横浜FC・甲府が自動降格,広島がJ2第3位のチームと入れ替え戦に回る。


・鹿島 3-0 清水
・大宮 1-1 川崎F
・千葉 0-2 名古屋
・横浜FC 1-0 浦和
・甲府 0-1 F東京
・新潟 0-2 大分
・磐田 4-0 柏
・神戸 0-0 横浜FM
・広島 2-2 G大阪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-33優勝決定は最終節へ持ち越し[11/24]

 11月24日(土),サッカーJ1第33節が行われた。

Stadium 07-25
・F東京 1-2 大宮
@味の素スタジアム

 個人的には大宮にJ2へ落ちて欲しいと思っていた。というのも,首都圏のチームからJ2のチームが無くなると,見に行きたくなったとき,辛いものがある。横浜FCの三ツ沢球技場くらいなら,ギリギリ行けるが,湘南ベルマーレの平塚となると,もう旅行だもんな。
 そんなとき,大宮サポには申し訳ないが,大宮が降格争いをしているとなると……。ちょっと期待していた。

 しかし,私の邪(これで「よこしま」と読むのか)な考えを打ち砕くような結果。レアンドロをあんなにドリブルさせたのは誰だ。
 と怒ってみたがダメ。優勝も,ACL出場権も,降格も関係ないチームには何もやる気がないのだろうか。


 その他の試合結果は以下のとおり。浦和に急ブレーキがかかった。優勝は最終節に持ち越し。
・浦和 0-1 鹿島
・柏 2-1 甲府
・川崎F 3-0 広島
・横浜FM 1-0 新潟
・清水 2-2 千葉
・名古屋 0-0 横浜FC
・G大阪 1-1 神戸
・大分 1-0 磐田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-32[11/18]

 11月18日(日),サッカーJ1台32節が行われた。

Stadium 07-24
・F東京 1-1 G大阪
@味の素スタジアム
 前半終了間際,マグノ・アウベスが1点を勝ち越しハーフタイム。ひょっとしてこのままG大阪が勝つのではないかと頭によぎった。浦和が優勝するのはどうものあぁ……,でも東京が負けるのも見たくないし,複雑な気持ち。
 後半19分,茂庭が一発退場。やらなくてもいい反則をする。怪我が明けてからの茂庭は,なにか試合にしっくりと入っていかない。
 しかし,一人少なくなった東京はなぜかボールが上手く回るようになっていく。そして,ルーカスが1点を取り,同点のままタイムアップ。G大阪の優勝の望みが……。
 東京としては,そこそこいいゲームだった。しかし,同点に追いつくときの攻撃がなぜシーズン序盤からできない。それだけが気になる。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・鹿島 1-0 柏
・浦和 0-0 清水
・甲府 0-0 大宮
・磐田 1-3 川崎F
・広島 1-1 神戸
・千葉 2-3 横浜FM
・横浜FC 0-2 新潟
・大分 1-3 名古屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】北京五輪へ野球アジア予選,「向こう30年,日本には手を出せないと思わせたい」

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 まず最初は,12月1日~3日に行われた,北京五輪予選を兼ねた,アサヒスーパードライチャレンジ アジア野球選手権2007の話題から。

 直前まで,というか,2日の韓国戦まで,こんなに苦しい大会になるとは予想だにしなかった。
 勿論,テレビなどのメディアに踊らされた感もあるが,韓国戦は手に汗を握った。

 試合開始直前,オーダー表から奇襲を行う韓国。事前に日本(代表チームもテレビ局も)知らされているものとは違うオーダー。
 韓国のあのやり方では,まずい。例え,韓国は負けても勝っても非難される。
 韓国が勝った場合,「奇策のオーダー表で勝った。」と日本から揶揄されるし,後々問題がこじれる。
 韓国が負けた場合,「せっかく奇襲オーダー表作戦を使っても負けた。」と罵られる。ルール上は問題ないかもしれないが,結局,どちらに転んでも,言われるのだ。だったら,正々堂々とオーダー表を提出し,勝てばいいし,負けても潔いとくる。なぜ,そうしなかったのか,疑問が残る。

 そして,実際の試合,韓国はギリギリのところまで追いつめるが,結局は勝てなかった。
 表題の台詞は,昨年(2006年),ワールド・ベースボール・クラシックで,イチローが言った台詞。

 「向こう30年,日本には手を出せないと思わせたい」

 せっかくの奇襲オーダー表作戦で出た韓国。このイチローの台詞ではないが,ひょっとしたら,「向こう30年,日本には手を出せない」チームになってしまったのではないだろうか。
 少なくとも,私はそうなって欲しいと思う。
 いくらあがいても,韓国が日本に勝てない。

 ま,そんなことは夢かもしれないが。

 ちなみに,試合結果は以下のとおり。
12月1日(土)
 台湾 2-5 韓国
日本 10-0 フィリピン
12月2日(日)
 フィリピン 0-9 台湾
韓国 3-4 日本
12月3日(月)
 韓国 13-1 フィリピン
台湾 2-10 日本

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京ウォーキングマップ「街のコラム/市ヶ谷」

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「街のコラム/市ヶ谷」(放送日:07/11/25)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:亀和田武(作家・コラムニスト)『人ったらし』文藝春秋刊

スタート 市ヶ谷駅
 ↓
・防衛省
 市ヶ谷台見学ツアー 月~金 要予約
 市ヶ谷記念館
 旧陸軍士官学校1号館の一部と大講堂を組み合わせて移築復元された。
 大講堂
 昭和21年5月~23年11月,極東軍事裁判(東京裁判)の法廷として使われた。
 前陸自東方総監室
 1970年11月25日,作家三島由紀夫が「楯の会」のメンバー5人と立て籠もり,割腹自殺を遂げた部屋。
 「バルコニーで演説する三島由紀夫」の写真
 三島由紀夫が日本刀で斬りつけたときの刀傷
 『平凡パンチの三島由紀夫』椎根和著(新潮社)
 平凡パンチ編集部時代は三島由紀夫の担当記者。その後,『POPYE』,『Hanako』などの編集長として活躍。
 陸自市ヶ谷駐屯地時代の旧1号館の写真
 ↓
・四谷4丁目(旧永住町2番地)付近
 『仮面の告白』1949年,河出書房から刊行された,初の書き下ろし長編小説
 ↓
・大日本印刷 → 外堀通り → 千代田区立番町小学校
 ↓
・元 吉行あぐり美容室
 美容室内の淳之介さんとあぐりさんの写真(昭和49年頃)
 前身の「山の手美容室の写真」(昭和4年開業)
 『淳之介流-やわらかい約束』村松友視著(河出書房新社)
 ↓
・市ヶ谷フィッシングセンター
 で,ゴール

今日のお土産
ピクルス王子携帯ストラップ@防衛省共済組合売店

by TD

★今日の感想
 今回のテロップ,元号表示と西暦表示がバラバラ。どちらかに統一感を持って欲しい。
 来週(12月2日)は都合により(録画し忘れ),休載。申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ゲーテ記念館

Ca330656
07/11/17
東京ゲーテ記念館

 地震の科学館を見学後,西へ進路を取る。
 紅葉狩りなら進路を東で旧古河庭園だが,私は西へ。
 もう一つの博物館・記念館,東京ゲーテ記念館へ。

 ここは,年に何度か長期休業する。また開館期間中でも日曜休館する。したがって,訪問する際は,事前に下調べが必要。

 入館すると,左手奥に受付がある。高齢のご婦人が出てきて,
「お名前だけいただいていますのでお願いします。」
 と名刺大のカードを差し出した。ここに名前を書け,という。

 名前を書き,展示場内へ。この時期は,「ファウスト」の特集展示。さまざまな「ファウスト」に関する展示がある。
 1960年代,「ファウスト」を芝居にした劇団があった。その中で市原悦子が魔女役で出演した記録があり,彼女の演じる役の姿の写真が。
 見ると全裸……,に見えるよう全身タイツに裸の図柄。去年の紅白の何十年も前から,全身タイツ全裸はやっていたのだ。去年の紅白ごときに騒いではいけない。

 その他,興味深かったのは,手塚治虫と「ファウスト」の関係。手塚は,「ファウスト」を計3回,漫画化している。
 1回目は1950年代。文字通り,「ファウスト」を漫画化したが対象は子ども向け。漫画家として徐々に売れ始めた頃,昔ながらの丸っこいキャラクターで「ファウスト」を描いた。
 2回目は1970年代初め。ちょうど,虫プロダクション倒産前後の頃。世の中は漫画から劇画へシフトしている中,手塚の漫画が飽きられた頃。手塚は「百物語」と題して,日本の戦国時代を舞台に,「ファウスト」を展開していった。
 そして,3回目。晩年,「ネオ・ファウスト」として描いた。絶筆により未完。まさに,人生の最期に取り上げた作品。
 節目にあたる時期,手塚が「ファウスト」を描いているような錯覚に陥った私。20代から80代まで60年間かけて執筆したゲーテに重なるような気もする。

 展示空間は狭いが,むしろ,空想は広がった。そんな時間を過ごした,東京ゲーテ記念館だった。
(くれぐれも「東京ゲーテ博物館」ではないので注意。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震の科学館

Ca330655
07/11/17
地震の科学館

 先日の記事でも書いたが,この日,紅葉狩りに都内を散策することに。
 とはいうものの,まだ11月の中旬,紅葉の期待はできない。せめて空気だけでも,と散策を開始。

 この日のルートは,JR上中里駅から南へ下りながら庭園2箇所と博物館・記念館を2箇所巡るルート。
 で,最初の目的地がこの地震の科学館。
 地震の科学館は北区の防災センターに併設された地震に関する科学館。
 とはいうものの,展示そのものはかなり古い。あいにく,昼休みの時間帯に訪問したため,地震体験者等の体験設備は昼休み中。展示だけをするっと見学しておしまい。

 受付にいた男性は消防士のようだ。特にやることがないから,受付で新聞を広げていた。
 受付で新聞を広げているのを経験したのはこれで2回目。1回目は東京みなと館。もう,お役所仕事の中年男性は何をしているのか……。

 展示には金がかけられない分,救援活動に行った消防士さんたちが撮影した写真を展示してあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年11月26日(月) 227 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★ 
2007年11月27日(火) 254 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ 
2007年11月28日(水) 282 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★ 
2007年11月29日(木) 324 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★
2007年11月30日(金) 208 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★
2007年12月01日(土) 134 ★★★★★ ★★★★★ ★★★
2007年12月02日(日) 084 ★★★★★ ★★★

 先週は,二つの記事で,というか二つのテーマで,アクセスが急増した。
 一つは,訃報。私が10月に見に行った芝居,劇団空晴(からっぱれ)の女優,川下ともこさんが,タイで亡くなったのだ。
 テレビのニュースなどでは取り上げられたようだが,私は機会を逸してしまった。直後に防衛省,守屋前次官が逮捕になったのでマスメディアはそちらに流れていった。

 まだ,旗揚げしたばかりの劇団。第1回公演を無事に終えたばかりなのに。
 旗揚げ公演,彼女は三人兄弟,いや,女性を含むから姉弟?まぁ,いいか。三人姉弟の姉を演じていた。舞台が始まってから出ずっぱり。ずぅっと座ったままで,しかも無言。"?"と思ったら,ラスト,その仕掛けが分かった。なるほど,そう言うことだったのか。

 そう,以前の記事で,この劇団に「文七元結」をやって欲しいと書いた。
 その話でも。
 この劇団,岡部尚子 上瀧昇一郎 平本光司 川下ともこ 小池裕之の5人しか劇団員がいない。小さな劇団である。しかし,それぞれに個性のある俳優陣。見ていて,「文七元結」に出てくる面々に見えてきた。

 岡部尚子さんは,左官の長兵衛の後添いの妻,お兼と,佐野槌(さのつぢ)の女将さんのダブルキャストが良い。どちらも,彼女の「関西のおばちゃん」キャラを生かして欲しい。
 上瀧昇一郎さんは,言わずとしれた,左官の長兵衛。関西劇団の役者なのに,江戸っ子気質を演じられそうだ。出した五十両を引っ込められずにそのまま無理矢理渡す芝居が目に浮かぶ。
 平本光司さんには,文七をお願いしようか。それとも,小池裕之さんの方がいいかな。
 川下ともこさん,左官の長兵衛の娘,お久をお願いしたかった。「お父っつぁん。」と行儀正しく,佐野槌で長兵衛に挨拶する姿が見たかった。

 小さな劇団に,時代劇をやらせるのは難しいとは思った。小道具などそろえるのにお金がかかるから。で,考えたのが,五人分の座布団を舞台上横一列に並べ,俳優陣は浴衣で登場。落語よろしく,扇子と手ぬぐいで演じたら面白いだろうなぁ,とも思った。小道具が少ない分,俳優の演技力が問われるが,劇団空晴のこと,何とかなるだろう。

 いつの日か,この芝居が見たかったのに……。

 現在,劇団のホームページや俳優のブログは閲覧ができない。中には閉鎖されたものもある。事件のニュース直後,亡くなった川下さんのブログの記事が報道されるので,彼らが記事を削除したのだろう。

 インターネットが発達した現在,何か事件があると,ネットで検索,特定のサイトに集中することがよくある。サイトによっては書き込みができるので,サイトが炎上することも。セクシャル・ハラスメント(セクハラ),パワー・ハラスメント(パワハラ)ならぬ,ネット・ハラスメント(ネトハラ)とでも言うべきか。


 もう一つ,アクセスが増えたのは,「【Big Wed】W杯バレー,トップを鍛えるだけでなく」。ちょうど,ワールドカップ男子が行われいる時の記事。タイムリーな話題のせいか,アクセスが多かった。ある意味,訃報記事を忘れさせてくれるくらい多かった(というか,本当に一過性のアクセスだった。)。

 週末には落ち着いてきたアクセス。もう少し地道にブログを運営していくことにしよう。身分不相応なアクセスは,ちょっと……。

 今週もご愛読感謝。そして,合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繭から10

Ca330653
Stage 07-21

07/11/07
繭から10
しもきた空間リバティ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評(にはとても収まらないが)
「『繭から』,足かけ3年のStageも今回,第10回をもちまして終了。大団円というほどまではいかない,三十数名の観客。私はてっきり満員御礼になるのかと思っていた。しかし,この二人が売れてきたがために,この『繭から』の告知が十分できなかったのではないだろうか。
 帰宅後,ポストには絹産業から『繭から』の告知の手紙。……手紙の発送が遅れたのね。
 売れてきたのだから,今までの繭から飛び出すのも悪くない。

 で,今まで,この『繭から』10回開催中,半分の5回見た,私の感想。
★立川志の吉さん
 最初の頃から,コンスタントに出来不出来の波がないのが特徴。そつなくこなしている感じもするが,フリートークは苦手なようだ。段取り通りいかないと,慌ててしまう。今回の『繭から』では,地道ながら成長した模様。
★神田京子さん
 最初の「繭から1」では,古典講談をビシッと決め,潜在的能力を見せつけてくれた京子ちゃん。これは,と思い,気にはしていた。国立演芸場での定席でも,天性の『華』を持つところを見せてくれた。
 が,ある時を境に急に伸びが止まった。古典もかむ回数が増えたし,新作も練りが不足している。理由は分かるんだけど,理由を言ってはいけないのが,芸の厳しいところ。
 でも,悪いことばかりではない。ラジオなどのレギュラーが多いせいか,相手がある場合のフリートークではガンガン行ってくれる。それはラジオで鍛えた成果か。

 とにもかくにも,彼・彼女たちにとって,ひとつの舞台が幕を閉じた。これからの飛躍に期待したい。
 できれば,『絹』で凱旋公演でもいかがか。そこまでいくには,もう少し修行が必要だが。」

(参考)今まで見てきた「繭から」
「繭から1」
「繭から2」
「繭から5」
「繭から7」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】12月3日(月)~9日(日)

 少し落ち着いた。落語・演芸を中心に少し補強した。ま,行けるかどうかは別にして。

●3日(月)
・国立競技場における「FIFAクラブワールドカップジャパン2007」の開催のため,博物館及び図書館を臨時休館@秩父宮記念スポーツ博物館(~14日(金))
▲ビクター落語会~蓄音機の犬~DVD発売記念大感謝祭[完売御礼]@紀伊國屋サザンシアター

●4日(火)
・「目黒の新進作家-七人に作家,7つの表現」(2008年1月13日(日))
・「北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」@江戸東京博物館(~2008年1月27日(日))
・列品解説「私撰集の古筆」@東京国立博物館
・「立川志らべ二つ目昇進記念祭り!」
出演:志らく,喬太郎,ミッキー亭カーチス,志らべ
@角筈区民ホール(西新宿)

●5日(水)
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・浮世絵版画展示ガイド@東京国立博物館
・樹木ツアー@東京国立博物館
・THE GEESE ラバーガール合同ライブ「スモールシューズプラネット」@北沢タウンホール

●6日(木)
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
▲浅草演芸ホール12月上席後半(昼)(~10日(月))
花丸,歌六,米多朗,南なん,八重子,助六,栄馬,コントD51,鯉昇,歌春,スミ,笑三(お仲入り),笑遊,京太・ゆめ子,可楽,鶴光,今丸,(主任)歌若
▲浅草演芸ホール12月上席後半(夜)(~10日(月))
花助,美由紀,遊史郎,平治,健二,寿輔,陽子,ひでや・やすこ,遊三(お仲入り)伸治,ぴろき,蝠丸,雷蔵,東京ボ-イズ,茶楽,喜楽,(主任)伸乃介
▲古今亭志ん五独演会@日暮里サニーホール
▲神楽坂毘沙門寄席菊之丞の会(第9回)@毘沙門天善国寺

◆7日(金)
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・ミュージアムトーク@江戸東京博物館
「大正・昭和の都市生活」
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・JBL トヨタ自動車アルバルクvs日立サンロッカーズ@代々木二
・「負け犬の遠吠えvol.17」(~8日(土))
出演:ダメじゃん小出
@内幸町ホール

●8日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「箱に入った魚たち」「人類進化研究の動向」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・企画展「日本彫刻の近代」パネル・ディスカッション@東京国立近代美術館
・ギャラリー・トーク@東京国立近代美術館フィルムセンター
 語り手:大野裕之氏(チャップリン研究家)
・出品作家によるアーティスト・トーク 屋代敏博・石川直樹@目黒区美術館
・特別展「北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」 関連講座@江戸東京博物館
・「海の男のギャラリートーク~奇跡の船“宗谷”」@船の科学館
 佐々木昭人「宗谷の通信設備,宗谷と基地との通信」
・企画展 『地下展 UNDERGROUND』関連イベント 地下の達人に訊く!その3 「西岡巌・領家邦康」@日本科学未来館・藤原真理 チェロコンサート@東京国立博物館
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・映画「ムーラン・ルージュ」「魔笛」@早稲田松竹(~14日(金))
・映画「PEACE BED アメリカ vs ジョン・レノン」公開
・ラグビーTOPリーグ クボタスピアーズvsリコーブラックラムズ@秩父宮
・ラグビーTOPリーグ 三菱重工相模原ダイナボアーズvs東芝ブレイブルーパス@秩父宮
・第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦 サガン鳥栖vsFC東京@丸亀
・「はだかの王様LIVE Vol.4」
出演:松崎菊也,すわ親治,石倉直樹
@三宅坂ホール
▲うめ吉コンサート@千葉市市民会館

◆9日(日)
・ボランティアフェスタ@国立科学博物館
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「昆虫たちの擬態の不思議」「鉱物展示について」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・ファミリープログラム「クリスマス・プレゼント」@ブリヂストン美術館
・出品作家によるアーティスト・トーク 野村恵子・瀧健太郎@目黒区美術館
・東京のウィッシュ・ツリー(願かけの木)@東京都現代美術館
・浮世絵版画展示ガイド@東京国立博物館
▲三遊亭遊雀勉強会"師走会"@お江戸日本橋亭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月25日 - 2007年12月1日 | トップページ | 2007年12月9日 - 2007年12月15日 »