« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »

2007年9月16日 - 2007年9月22日の記事

【ぐるパ07夏】その3+ 民音音楽博物館

07/09/01
民音音楽博物館

 野口英世記念会館に行った足で,今度は趣の異なる,民音音楽博物館へ。
 今,話題の人の一人である,アベシンゾーさんが入院している病院に隣接している,民音音楽センター内にある。野口英世記念会館は,病院の裏手,民音音楽博物館は病院の入口隣のビル。面倒な私は病院内駐車場を突っ切ったが,今,それをやろうとすると,警備員や警察官に制止されるであろう。皆さんご注意を。

 民音音楽博物館の前で,玄関の写真をパチリ。(私としては)当然,このブログに掲載するためである。できるだけ,入館者の顔を撮らないようにするため,玄関の上部をパチリ。

Ca330523

 で,入館しようとすると,玄関に立っていた警備員から
「見学ですか?」
 と呼び止められてしまった。
 今まででは初めての経験。よほど,私の姿が怪しかったのだろうか。

 入館すると,1・2階が吹き抜けになっている。
 中央の怪談で2階へ。2階には展示室が4つある。
M1:古典ピアノ室。この日は閉鎖。しかし,室外にあるピアノで館員がデモンストレーション。
M2:企画展示室。この日は「夏季特別展 夏休み子どものための楽器展」を開催中。多くの楽器を来館者が演奏可能。
M3:オルゴール展示室。この日はオルゴールが不調で聴けなかった(泣
M4:楽器展示室

 やはり,楽器演奏できるというのは嬉しい。太鼓は叩く場所により音色が変わる。そこが面白いし,深いのだろうなぁ。
 ご婦人の団体客が来ていたため,ミュージアムショップを物色できなかったのが残念。

 この博物館,待ち合わせにはいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「joyの家族社会学」 第13回 遅ればせながら後期開始

 2週間休講にしていて申し訳ない。記事を書く時間がもてなかった。そして,今回の記事をどのように載せるべきか考え込んだのもあるからだ。
 というのも,今回から数回,新聞記事のクリッピングを紹介するのだが,どの新聞社のものかほとんど分からない。そのため,勝手に引用して,あとから新聞社から著作権料の請求もあるのも嫌だし……,で考え込んでしまった。

 結局,当該記事を,引用にすることにしたが,大変な量なので,数回に分ける。これもスキャナーがない弱みか。

   *   *   *

 有責主義から次第に積極的破綻主義へ
 キーワード:女性の自立,お金がかかる離婚
 結婚中に取得した財産だけでなく,退職金,年金など将来確実に発生する権利も二分必要!

◆01 (T861127M22--03) 最高裁,離婚条件を緩和? ”有責夫”の請求,大法廷で見直し 86.11.27朝刊

 愛人をつくったことが原因で,妻と37年間別居が続いている東京都内の会社役員が出した離婚請求の訴訟について,最高裁第3小法廷(伊藤正己裁判長)は26日,事件を15人の裁判官全員で審理する大法廷(裁判長・矢口洪一長官)に回付する手続きをとり,関係者に通知した。最高裁はこれまで,夫婦がたとえ長期間別居していても,不貞など婚姻関係を破綻(破綻)させる原因をつくった「有責配偶者」からの離婚請求は原則的に認めない,との立場を一貫してとってきており,この訴訟の1,2審もその判例に沿って,夫の請求を退けていた。今回,大法廷回付が決まったことは,判例見直しの可能性が出てきたものとして注目される。
 離婚訴訟に対して,欧米諸国では,この十数年の間に,客観的にみて夫婦関係が破綻している場合はその実態を重視し,「有責配偶者」からの離婚請求も認めるという「積極的破綻主義」の立場から法改正を行ってきた。わが国でも,地,高裁レベルでは,「有責の夫」からの請求であっても,妻の経済状態や子どもに与える影響などを考慮したうえで,長期の別居の事実を重くみて請求を認める判決が最近見られるようになっている。最高裁が,どの程度まで離婚請求の要件を緩和するのか,焦点となりそうだ。

◆02 (T930225M17--05) 浮気した夫から離婚請求 「認める」「認めぬ」弁護士間で議論 93.02.25朝刊

 浮気した夫からの離婚請求は認められるべきか--民法の裁判離婚についての規定をめぐり,弁護士の間で議論が起きている。きっかけは夫婦関係を壊す原因を作った側(有責配偶者)からの離婚請求を認める判例が相次いだこと。日弁連の「女性の権利に関する委員会」は,昨年,有責配偶者から離婚請求を認めるよう民法を改正すべきだ,という内容の意見書をまとめたが,名古屋弁護士会所属の弁護士有志はこのほど,「女性の地位を低下させる危険性が高い」として反対の声明を出した。
 判例の変更を受け,結婚や離婚についての民法規定の見直しを進めている法制審議会民法部会も議論を進めている。昨年暮れの中間報告の中では,規定を「改める必要はない」という意見とともに,夫婦関係の破綻を客観的に判断する基準として,「夫婦が継続して一定期間(例えば五年程度)以上共同生活をしていないとき」を離婚原因に加えるべきだ,という意見を併記した。

(1)「妻が気に入らなければ,五年別居すれば離婚できる」という結婚観が夫の側に広がれば,経済的に弱い妻が,夫に迎合して生きねばならない。
(2)夫婦の実情は様々なのに,「一定期間の別居」で画一的,形式的に離婚を決めてしまうことになる。

 今回からの数回に分けて,夫婦の離婚についての話だ。しかし,現在の日本でも大きく問題となっている点が今から10年前から始まっていたとは……。あの頃から,問題解決に着手していればと思うと歯がゆい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぐるパ07夏】その3+ 野口英世記念会館展示室

07/09/01
野口英世記念会館展示室

 ここへきて,ようやく9月の訪問記。遅れは3週間か。今までの記事のアップ状況からして,速いペースだと思う。下手に2ヶ月前のことを,さも昨日今日行ったように書いている頃とは,雲泥の差だ。

 この日は,国立競技場でサッカーJ1,FC東京とヴィッセル神戸の試合があった。
 国立競技場内には,秩父宮記念スポーツ博物館があったはずだ。よし,【ぐるパ07夏】だ!と言わんばかりに,今回数カ所を回ることにした。

 コースは,
 野口英世記念会館 → 民音音楽博物館 → 秩父宮記念スポーツ博物館
 と3カ所をに。佐藤美術館もあったが,この日は展示替えのため休館のようだった。そのため,今回は訪問せず。ちょっと残念。

 野口英世記念会館。
 千駄ヶ谷駅で下車し,新宿御苑の東側をなぞるように北上すると,野口英世記念会館がある。
 会館自体は大きいが,展示スペースは狭い。1スパン程度。って,分からないか。まぁ,狭いです。

 ここでの目玉は,野口英世の母,シカさんが英世に宛てた手紙(写し)の展示ではないだろうか。なんだ,写しか,と言われるかもしれないが,それでも,彼女の息子に寄せる思いを,必死の思いで手紙にしたためたことがよく分かる。

 ちなみに,この写し,事務室でも販売している。
Ca330522

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池袋演芸場8月下席(昼)

Ca330516
Stage 07-13

07/08/27
池袋演芸場8月下席(昼)
池袋演芸場

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「7月下席に続いて,8月下席も多くの観客が。先月の反省に基づき,開演前に並ぶ。内容はヴァラエティに富んでいて楽しめる。」

番組
前座 生ねん
落語 古今亭菊六 「饅頭こわい」
落語 鈴々舎馬桜 「持参金」
落語 三遊亭生之助 「試し酒」
漫才 ロケット団
落語 春風亭小朝 「ヴィンテージオブ1985」
落語 柳家小満ん 「大神宮」
落語 林家正蔵 「悋気の独楽」

(お仲入り)

落語 柳家さん弥
落語 むかし家今松 「夏の医者」
太神楽 鏡味仙三郎社中
落語 柳家三三 「笠碁」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぐるパ07夏】その2 江戸東京博物館・常設展

07/08/21
江戸東京博物館・常設展

 何回かに分けて,紹介してきた両国界隈の散歩,最終目的地は江戸東京博物館。ようやく,ぐるっとパスの参加艦を訪問。

 チケットブースで,チケットに交換。ブースのお姉さん,私のぐるっとパスを引き裂いて,「常設展・入館券」ぶぶんだけでなく,「特別展・割引券」まで切ってしまった。(オイオイ,企画展行くかもしれないから切るなよ)と私も内心穏やかではなかったが,お姉さん,
 「今後(ぐるっとパス2007有効期間中),企画展にはお越しになりますか?」
 と質問してきた。
 私は,後日,鉄道の企画展へ来ようかと
 「特別展に使う予定です!!」
 とはっきり,しっかり,くっきり言ったら,
 セロテープで切り離した紙片を貼り付けてくれた。その間,お姉さん無表情。どうしたもんかいな,とも思ったが,その後のお姉さんの立ち居振る舞いから,疲労感が溜まっていることが見て取れた。よほど忙しかったんだろうなぁ。

 入館して,先程復興記念館で見逃した展示物を拝見。それは,後藤新平が制作した東京都心のジオラマ。坂の町東京が分かるように高低差もきちんと表現したジオラマ。見ると面白かった。なるほど,駿河台地域は"台"となっているだけ,他よりも高くなっている。
 そんな後藤新平の展示を見たら,その日の疲れがどっと出てきてしまった。
 残りの常設展はほとんど見ず,長いすに座って,約30分,うたた寝して終了。

 地図で計測したら,博物館内の歩行距離を除いて約4kmのお散歩だった(浅草橋駅~両国花火資料館~相撲写真資料館~復興記念館~江戸東京博物館~両国駅)。
 やはり,プラスワンで回るとぐるっとパス参加館以外の博物館が新鮮で面白い。今後も続ける予定だ。
Ca330515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Feria】第106回ワイン会のお知らせ

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)。
 まずは,月末恒例,ワイン会のお知らせだ。

=================================================================

第106回ワイン会
日時:2007年9月26日(水)19:00~
会場:フェリア(といっても六本木でも湯島でもない)
会費:5,000円

=================================================================
テーマ:スーパータスカンのセカンド・サードのワイン

 まだ,暑い日もありますが,だいぶ涼しくなってきました。サシカイアのサードが,リリースされました。さすが,サン・グイド,エレガントでおいしいです。セカンド・サードのワインは,トップ・キュベに比べれば,お手頃な価格で,トップ・キュベのニュアンスが,楽しめます。お楽しみ下さい。

出品ワイン
・LE DIFESE 2004 レ・ディフェーゼ
 サンジョベーゼ 75%,カルベネ・ソーヴィニヨン 25%
・Le Cupole di Trinoro 2005 レ・クーポレ・ディ・トリノーロ
 カベルネ・フラン 43%,メルロー 36%,カベルネ・ソーヴィニヨン 12%,トロイア 6%,チェザネーゼ 3%
・GRILLI DEL TESTTAMATTA 2003 グリッリ・デル・テスタマッタ
 サンジョベーゼ 75%,コロリーノ 15%,カナイオーロ 10%
・CAZAMATTA・ROSSO 2005 カザマッタ ロッソ
 サンジョヴェーゼ 100%
・CAZAMATTA・BIANCO カザマッタ ビアンコ
 シャルドネ 60%,ソーヴィニヨン・ブラン 30%,トレビアーノ 10%
・その他 

 お申し込みは,武蔵屋酒舗まで直接メールでお願いします。
 その際,メールのタイトルは「ワイン会の申込(ブログを見て)」としてください。
 締め切りは,9月24日(月)18:00まで。なお,満員の際はお断りする場合があります。


=================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-37[8/30]

 8月30日(木),サッカーJ2第37節が行われた。

・仙台 1-0 京都
・山形 0-1 C大阪
・水戸 2-1 札幌
・草津 2-2 鳥栖
・徳島 1-1 愛媛
・福岡 0-1 湘南

 9月半ばでようやく8月末のデータまでフォローか……。
 それにしても,J2は試合数が多い。ここまで多いと夏場は大変だ。春先のスタートダッシュと選手層の厚さが昇格の鍵を握るのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-36[8/24,25,26]

 8月24日(金),25日(土), 26日(日)の3日間, サッカーJ2第36節が行われた。

・愛媛 1-3 草津
・湘南 0-1 仙台
・鳥栖 0-0 水戸
・山形 0-1 札幌
・東京V 1-0 徳島
・京都 4-3 福岡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-35[8/19,20]

 8月19日(日),20日(月)の両日,サッカーJ2第35節が行われた。

・札幌 1-2 湘南
・C大阪 2-1 鳥栖
・仙台 1-1 草津
・東京V 1-1 京都
・福岡 3-0 山形
・徳島 0-1 水戸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-34[8/16]

 8月16日(木),サッカーJ2第34節が行われた。

・京都 2-3 札幌
・水戸 1-1 福岡
・草津 1-1 山形
・湘南 1-0 C大阪
・愛媛 3-0 仙台
・鳥栖 3-1 東京V

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-33[8/11,12]

 8月11日(土),12日(日)の両日,サッカーJ2第33節が行われた。

・札幌 3-0 C大阪
・徳島 1-2 仙台
・山形 1-3 鳥栖
・東京V 2-0 水戸
・京都 1-1 草津
・福岡 2-0 愛媛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-32[8/3,5,6,9/5]

 8月3日(金) ,5日(日)及び9月5日(水),サッカーJ2は第32節が行われた。
 当初6日(月)に予定されていた,鳥栖vs湘南は,落雷の影響により中止され,9月5日(水)に行われた。

・徳島 0-3 福岡
・C大阪 2-1 京都
・愛媛 1-1 東京V
・仙台 1-1 水戸
・草津 0-3 札幌
・鳥栖 2-1 湘南

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】欽ちゃん球団,クラブ選手権日本一[9/10]

 萩本欽一欽督が,優勝の胴上げに舞った。
 9月10日,全日本クラブ野球選手権は,グッドウィルドームで準決勝・決勝が行われた。
 萩本欽一欽督(監督)率いる,茨城ゴールデンゴールズは,決勝でNOMOベースボールクラブと対戦。4-0で快勝。見事念願の優勝の輝いた。

 思えば,いろいろと紆余曲折があった。チーム設立当初は,興味半分のマスメディア取材を受け,ワイドショー・ネタにしかならなかった。チームとしては強いが,野球チームとしてより,色物としてみられることの方が多かった記憶がある。

 チームとしての選手第1号は片岡。そのルックスの良さから,アイドル扱いされていた。正直,彼女がアイドル扱いされていることに困惑を覚えた。片岡をクローズアップすることにより,彼女は精神的な葛藤が起きないだろうか,人気が先行し,実力が伴わないことを悩むようなことはないだろうか。そのあたりを非常に心配していた。
 クラブ野球選手権の優勝の写真記事を見ていると,片岡はポロシャツ姿だった。おそらくは,選手登録ではなく,マネージャー等の登録として出場したのだろう。たとえ,どんな立場であろうと,チームのために努力しようとする姿には,頭が下がる。私なんかできないだろうなぁ。

 茨城ゴールデンゴールズは,これで,日本選手権に出場できることになった。日本選手権でも活躍してくれることを望む。茨城ゴールデンゴールズが活躍すれば,アマチュア野球界にもマスメディアの光が当たる。少しでも,スポーツ界が発展してくれれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】世界体操男子銀メダル,五輪は男女とも出場

 9月1日から9日まで,ドイツ・シュツットガルトで開催された体操の世界選手権(「世界体操」),日本は男女団体とも北京五輪の出場権を獲得した。

 とは言うものの,女子は団体で12位。北京五輪の出場権は12位までと言うから,ギリギリで獲得したものだ。ちなみに,女子団体は世界体操の決勝には出場できなかった。

 一方の男子は,団体決勝で2位になり,銀メダルを獲得した。個人総合でも水鳥が3位に入った。

 今回,収穫だったことは,水鳥の活躍だろう。前回アテネ五輪を経験していない選手が世界選手権でメダルを取るというのは,自信にもつながる。また,ベテラン(と言っては失礼かもしれない)冨田などとの世代交代が上手くいけば,今後,体操の競技人口を増やすこともできる。

 団体の出場権を獲得したと言うことは,今後,国内大会などを通じて,実際に北京五輪に出場する選手の選考が始まるのだろうか。
 そう言った意味で,選手たちが,日々切磋琢磨してくれることを臨む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】ハンドボール,北京五輪出場ならず

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【BigWednesday】。
 まず最初は,北京オリンピック出場権を巡る争いから。

 9月1日から6日まで,愛知県豊田市で行われた北京五輪アジア予選で,日本は3位となり,出場権を逃した。
 1位は全勝でクウェート。北京五輪の出場権を獲得。2位は韓国で,五輪出場は世界最終予選へ持ち越された。

 今回,アジア予選を日本国内で行うことにより,ホームの利を得ようとしたようだが,審判の判定がことごとくクウェート寄りのため,ホーム開催の意味がなかったようだ。

 各試合の審判を選出する際,試合に出場するチームの周辺国の審判を充てず中立国から選出する,というのは,サッカーの場合,よくあることではあるが,ハンドボールの場合はないのだろうか。

 20年ぶりの出場を目論んだ日本協会だが,チーム力の底上げだけでなく,国際ハンドボール連盟(IHF)内での発言力も強くしなければならないのだろうか。

 私の知りうる限り,バスケットボール男子に続いての五輪不出場。残念でならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「峠越え 今むかし/山北から」

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「峠越え 今むかし/山北から」(放送日:07/09/09)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:今井恵介(地図研究家)

 JR御殿場線(旧東海道本線)に乗って山北駅へ。

スタート 山北駅
 丹那トンネル開通後,東海道線が変更され,支線(御殿場線)となる。
 ↓
・ふるさと交流センター
 ここで補助機関車(補機)を連結。
 補機を格納していた扇形庫の写真。
 ↓
・鉄道公園
 昭和26~43年に御殿場線で活躍したD52が静態保存されている。
 今井さん,『にっぽん列島 鉄道紀行』(JTBパブリッシング刊)の編集に携わる。
 昭和18年,資材供出に伴い,単線化。
 ↓
・線守稲荷神社は箱根第二号トンネルの上。
 ↓
・第一酒匂川橋梁
 ↓
・第二酒匂川橋梁
 ↓
・谷峨(やが)駅。地名は谷ヶ。
 ↓
・静岡県湖山町へ
 箱根第七号トンネル
 鉄道の開通と鮎沢川の水流を生かして,富士紡績が進出し紡績の町として発展。
 ↓
・足柄駅から足柄古道を通って足柄峠へ。
 足柄之関跡 足柄城趾
 で,ゴール。

今日のお土産
 金太郎腹掛け@小山町観光案内所

by OD

★今日の感想
 東海道線,このような歴史があったとは思いもしなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「庶民文化 刺激的!/立石」

 町田忍ファンの皆様,大変お待たせいたしました。9月2日(日)放送分の東京ウォーキングマップです。


N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「庶民文化 刺激的!/立石」(放送日:07/09/02)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:町田忍(庶民文化研究家)


スタート 立石駅
 ↓
・手書地図看板を写真に。「これで日本地図を作りたいんだ。」
 ↓
・ユージン 広報野口朝子さんに,ユージンのカプセル玩具を紹介してもらう。
 「海賊ギア」,「ザ・スパイギア」,「警視庁捜査二課」,「うちのおくすり(おみくじ付き)」,「朝隈俊男コレクション」,「石膏デッサン入門」
 ↓
・渋江公園 葛飾区セルロイド工業発祥記念碑
 ↓
・上平井橋
 ↓
・セキグチドールハウス 見学は要予約
 ↓
・ランドセルのスドウ 須藤好孝さん
 ↓
・タカラトミー
 1960年発売のだっこちゃんは,人権問題で社会から姿を消したが,2001年に新生だっこちゃんとして復活。
 ↓
・證願寺(しょうがんじ) 住職 春日了さん
 ↓
・立石駅
 で,ゴール。

今日のお土産
 ガチャミニマシン@ユージン

by KD

★今日の感想
 懐かしい,春日了さん。一時期,マスコミなどでコメンテーターとして活躍されていた方。よく,文化放送などに出演していたのを覚えている。立石の方だったんですね。
 境内にはプラネタリウムがあるという噂も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぐるパ07夏】その2+ 東京都復興記念館

07/08/21
東京都 復興記念館

 相撲写真資料館を訪問後,当初予定していた目的地,東京都の復興記念館へ。
 復興記念館は,1923年9月1日,関東大震災が起きた際の資料を保存することを目的に建てられた資料館らしい。
 残暑厳しい炎天下。短い距離とはいえ,ここまで歩いてくると多少疲れが出てくる。復興記念館のある横網町公園では子どもたちが元気に遊んでいる。

 中に入ると,し~んと静まりかえっている。外で遊ぶ子どもたちの声は気にならない。効き過ぎる冷房に身が引き締まりながら館内へ歩いていく。1階は関東大震災を今に伝える無言の品々。金庫や自転車と言ったものから当時の写真まで,様々なものがあった。

 2階へ上がると当時の模様を描いた絵が展示。
 気になったのが,当時摂政だった昭和天皇が,大正天皇の代理として被災地をお見舞いになったという件。後で調べると,病弱だった大正天皇に代わり,昭和天皇が摂政として,様々な行事出席されていたと言うこと。なるほど,一枚の絵から,当時の状況が分かるものなのだなぁ。

 2階の一部に東京大空襲の展示もある。隣接する東京都慰霊堂には,関東大震災の被災者だけでなく,空襲の被害者も眠っているからであろう。

 2階の模型展示,一部,何もないところがある。見ると江戸東京博物館で実施している特集展,「生誕150周年記念 後藤新平展-近代ニッポンをデザインした先駆者-」のために貸しているとのこと。
 そうとなったら,行かねば。
Ca330513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年9月10日(月) 093 ★★★★★ ★★★★
2007年9月11日(火) 100 ★★★★★ ★★★★★
2007年9月12日(水) 102 ★★★★★ ★★★★★
2007年9月13日(木) 116 ★★★★★ ★★★★★ ★★
2007年9月14日(金) 061 ★★★★★ ★
2007年9月15日(土) 071 ★★★★★ ★★
2007年9月16日(日) 101 ★★★★★ ★★★★★

 実は,先週一週間,なかなかブログを開ける暇がなかった。そのため,無断で「joyの家族社会学」を休講してしまった。申し訳ない。ってあの連載を楽しみにしている人がどれだけいるのだろうか?

 先々週のような,大量のアクセスはないが,やはり今週もアクセスが多い。一週間の平均が90を超えている。それだけに,金曜や土曜のようにアクセス数が少ないと,少し不安になる。

 もうそろそろ,1,000日連続更新。連続更新したら,何か企画でも,と考えたら,壮大なスケールになってしまった。企画を実施するか否かは,今検討中。とりあえずが,今まであちこち見聞きしたものを記事として載せることを優先課題として取り組んでいく所存。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぐるパ07夏】その2+ 相撲写真資料館

Ca330511
07/08/21
相撲写真資料館

 両国花火資料館を出て,次なる目的地は駅の北側だった。しかし,途中に「相撲写真資料館」なる案内を目にしたら,行かなきゃダメでしょう。
 路地裏を歩くと,あった!
 工藤写真館に併設する,「相撲写真資料館」,ってガレージじゃん。車庫をの内壁に昔懐かし相撲取りの写真を掲示している資料館。
 それだけ,と言えばそれだけだ。しかし,相撲ファンが見たら垂涎ものだろう。柏戸・大鵬・双葉山等々,私でも知っている関取から,明治神宮での奉納相撲や国技館の変遷まで,貴重な写真を掲示している。
 ぐるっと見渡すだけでも面白い。

 そして,何よりも幸運だったことは,ここは基本的に毎週火曜のみ開館。つまり,私の訪問した日は,"たまたま"開館日だったのだ。尚,本場所中は毎日開館という噂もあるが,東京国技館の場所だけ開館なのか,名古屋・大阪・博多場所でも開館するのか,情報をチェックしなかった。無難な線として,火曜に訪問することをお薦めする。
Ca330510

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】9月17日(月)~23日(日)

●17日(月)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「日本人の頭蓋形態の時代的変化とその要因」
 おかしいなぁ。16日に3つのディスカバリートーク,17日が1つとは。おそらく,16日のいずれか一つが17日分なのだろう。
・Xリーグ ON-SKYvsIBM,オービックvs富士通@東京ドーム
 Xリーグ,レギュラーシーズンとしては珍しく,休日の東京ドーム開催。しかも2試合。お得かも。
▲くらぶ歌 三遊亭歌武蔵の会@なかの芸能小劇場
▲紀伊國屋寄席@紀伊國屋ホール

●18日(火)
・臨時休館(特別展準備及び整理のため)@一葉記念館(~20日(木)・18日は通常の休館日)
・パ・リーグ オリックスvs西武@京セラドーム大阪(~19日(水))

●19日(水)
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク京都・禅林寺所蔵 国宝「金銅蓮華唐草文磬」@東京国立博物館
・【絹16】ぎゅっと渦。@しもきた空間リバティ(~20日(木),25日(水),26日(木))
出演者
◇9/19(水)「春風亭栄助のシャラポワ寄席ふたたび」春風亭栄助,ゲスト:上野茂都
◇9/20(木)だるま食堂,U字工事,松元ヒロ,寒空はだか,清水宏,柳家紫文
◇9/25(火)THE GEESE,ヨージ,寒空はだか,森はじめ,オオタスセリ,ナギプロ・パーティ
◇9/26(水)THE GEESE,ヨージ,山本光洋,キン・シオタニ,マルソ太郎,ナギプロ・パーティ

●20日(木)
・藝大生による木曜コンサート No.218『 木管・金管 』@旧東京音楽学校奏楽堂
・Xリーグ ルネサスvsROCBULL@東京ドーム

●21日(金)
・夜の天体観望公開@国立科学博物館
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク「東南アジアの彫刻」@東京国立博物館
・浜離宮恩賜庭園「中秋の名月と灯り遊び」(~10月1日(月))
・パ・リーグ 西武vs福岡ソフトバンク@グッドウィルドーム(~22日(土))
・JBLリーグカップ@寒川総ほか(~30日(日))
▲にっかん飛切落語会@イイノホール
▲平成特選寄席@赤坂区民センター
▲上野鈴本演芸場9月下席(昼)
鏡太/麟太郎,アサダ二世,円十郎/蔵之助,扇遊,のいる・こいる,文楽,半蔵/円鏡,元九郎,しん平,さん喬(お仲入り)遊平・かほり,志ん輔,仙三郎社中,(主任)円蔵
▲上野鈴本演芸場9月下席(夜)
林家木久蔵改メ 林家木久扇・林家きくお改メ 二代目林家木久蔵 親子W襲名披露興行
久蔵/彦いち/きく姫,勝丸,いっ平,正蔵,小朝,小円歌,円歌(21~25)/円蔵(26)/鶴瓶(27)/きみまろ(28)/金馬(29・30),馬風(お仲入り)真打昇進ならびに種名披露口上,正楽(21~24・29)/二楽(25・26)/紋之助(27・28・30),親子W襲名 壽・林家木久蔵改メ 林家木久扇,壽 林家きくお改メ 二代目林家木久蔵
▲浅草演芸ホール9月下席(昼)
ぼたん/ひらり,すい平/しゅう平,ホンキートンク,燕路,志ん駒,小菊,しん平/源平,さん喬,世津子,錦平/鉄平,扇橋,小猫,市馬,圓菊(お仲入り)紋之助,種平,のいる・こいる,いっ平/正蔵,勝丸,(主任)うん平
▲浅草演芸ホール9月下席(夜)
志ん八/志ん公/朝太,馬石,ゆめじ・うたじ,志ん輔,川柳,伊藤夢葉,一朝,文生,ひびきわたる,小満ん(お仲入り)たい平,ロケット団,萬窓/円窓,志ん橋,和楽社中,駿菊,小円歌,(主任)志ん五
▲新宿末廣亭9月下席(昼)
三笑亭夢楽を偲ぶ会 可女次/夢吉/朝夢/月夢/可龍,小天華,夢花,鯉昇,京太・ゆめ子,円,小柳枝,今丸,笑三,可楽,うめ吉,米丸(お仲入り)座談会(ゲストあり),宮田章司,一門交互出演,一門交互出演,ボンボンブラザース,(主任)楽輔/夢太朗/夢丸/茶楽
▲新宿末廣亭9月下席(夜)
きらり/小蝠,コントD51,文月,右団治,美由紀,南なん,伸治,北見マキ,笑遊,遊三(お仲入り)平治,Wモアモア,寿輔,歌春,正二郎,(主任)蝠丸
▲池袋演芸場9月下席(昼)
朝也/一之輔,柳朝,円太郎,マギー隆司,勢朝,扇遊(お仲入り)玉の輔,市馬,ホームラン,(主任)正朝

●22日(土)
・J1
第26節第1日 19:00 横浜FM vs 浦和 日産ス
・J2
  第41節第1日 13:00 湘南 vs 札幌 平塚
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「日本のコケを知ろう」「ビカリアの海」
・教育ボランティア特別企画@国立科学博物館
「地球の中をのぞいてみよう」
 地震の立体模型をつくり,日本のどこで地震が起こっているかを観察します。あなたも地球の中をのぞいてみませんか?
・こども土曜塾「羽子板形8枚羽根の『風車』を作ろう!」@下町風俗資料館
・企画展 『地下展 UNDERGROUND-空想と科学がもたらす闇の冒険』開催@日本科学未来館(~2008年1月28日(月))
・「海の男のギャラリートーク」@船の科学館
「外航船よもやま話」
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク「黒田清輝の作品について―日本近代初期の洋画が目指したもの―」@東京国立博物館
・向島百花園「月と遊ぶ」(「月見の会」プレイベント」)(~23日(日))
・映画「エレファント・マン」「マルホランド・ドライブ」公開@早稲田松竹(~28日(金))
・映画「めがね」公開@シネマイクスピアリ
・「たい平発見伝其の三」
出演:林家たい平,ゲストにテリー伊藤
@紀伊國屋サザンシアター
・「寄席囃子江戸の彩り」
出演:御案内は柳家さん喬,落語協会・落語芸術協会のお囃子さん,
さん弥,古今亭志ん太「孝行糖」,鏡味仙三郎社中
さん喬「鰍沢」(噺と囃子で織りなす)
@国立演芸場
▲柳家三三と古今亭菊志ん@お江戸日本橋亭

●23日(日)
・J1
  第26節第2日 14:00 F東京 vs 清水 味スタ
第26節第2日 19:00 柏 vs 川崎F 柏
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「カメムシあれこれ」「最近の天文学の話題」
・日曜コンサート@旧東京音楽学校奏楽堂
・パ・リーグ 東北楽天vs西武@フルキャストスタジアム宮城(~24日(月))
・Fリーグ開幕。
 名古屋オーシャンズvsデウソン神戸,ペスカドーラ町田vsシュライカー大阪@国立代々木競技場第一体育館
・「SWAクリエイティブツァー」(~24日(月))
出演:彦いち,白鳥,昇太,喬太郎
@新宿明治安田生命ホール
・「寒空はだかのカラフルロスタイムショーvol.6」
@六本木SUPER DELUXE
▲SWAクリエイティブツアー@明治安田生命ホール(~24日(月))

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »