« 2007年8月26日 - 2007年9月1日 | トップページ | 2007年9月9日 - 2007年9月15日 »

2007年9月2日 - 2007年9月8日の記事

「プロヴァンスの贈りもの」

Ca330501
Screen 07-23

07/08/17
「プロヴァンスの贈りもの」
シネマイクスピアリ

評価は(★10個で満点)
★★★★★

一行批評
「暑い夏。何も考えたくないときがある。そんなときに見るにはちょうど良いかもしれない。アメリカでは公開されたが,日本ではお蔵入りになるかと思っていたが,日の目を見た今作品。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「joyの家族社会学」 休講。

 本日から,再開予定だった,「joyの家族社会学」,全く準備をしていなかったので休講とする。
 いろいろ,やっていたら,時間がなかった。明日以降の記事もどうしよう(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【月イチ】国立科学博物館の記事

 ふと思った。
 ここ最近,博物館巡りにハマっている。中でも,国立科学博物館には何度となく足を運んでいる。
 いったいどのくらい通っているのか,また,どのくらいこのブログで取り上げているのか,記事を検索してみた。

07/08/03
「失われた文明 インカ マヤ アステカ展」

07/07/20
国立科学博物館・常設展

07/07/08
国立科学博物館・常設展

07/05/18
「花・Flower」展

月イチあミュージアム,補足情報('07/03/12)

Best of 月イチあミュージアム 2006

06/11/09
「森羅万象の探求者 南方熊楠」展

06/11/09
「ミイラと古代エジプト」展

06/11/09
「化け物の文化誌」展

06/10/09
国立科学博物館・常設展

06/08/07
国立科学博物館

06/07/16
「ふしぎ大陸南極展」

無責任企画・【夏休みの宿題】この博物館へ行け!! その4

無責任企画・【夏休みの宿題】この博物館へ行け!! その3

無責任企画・【夏休みの宿題】この博物館へ行け!! その2

06/06/24
国立科学博物館

06/05/18
ナスカ展@国立科学博物館

 えぇ,こんなに取り上げているのぉ?自分でも驚いてしまった。それだけ,今,ここの展示(常設展)は興味が引かれるものがあるのだろう。
 とりあえず,今回,しおり代わりに作成してみた。「東京国立博物館」編や「ラ・シブレット」編などしおり代わりに記事を作るのも面白いかもしれない。テレビの「総集編」みたいで,もうしわけないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足利義満600年御忌記念「京都五山 禅の文化」展

07/08/14
足利義満600年御忌記念「京都五山 禅の文化」展
東京国立博物館

 以前の記事でも書いたが,「友の会」や「パスポート」の類が嫌いな私。
 同じ博物館を何度も回るより,いろいろな博物館を見て回りたい私。
 にもかかわらず,東京国立博物館のパスポートを昨年購入してしまった。禁断の甘い実。
 そのパスポートの期限ももうすぐ来る。今回の特別展が最後。結構楽しませてもらった。

 足利義満600年御忌記念「京都五山 禅の文化」展。
 あまり期待していなかった。というか,京都五山について,前知識は全くないのだ。したがって,何が何だかさっぱり分からない。そんな,頭空っぽの状態で見に行ってきた。

 しかし,見るとなるほど面白い。いろいろなお坊さんがいて,いろいろな寺があって,京都五山と言いながら実際は六寺あったり。

 パスポートを利用すると,こういう発見がある。パスポートの利点か。

Ca330498

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日,ラ・シブレット

 少し,たまりつつあるFcuisineネタ。今週はもう一本ご紹介。
 先日(5/28),「ブータンノワール」なるものをメニューで見て気になった私。思わず,
「ブータンノワールって何ですか?」
「豚の血のソーセージです。」
 という説明が妙に興味をそそる。自分では「ラ・シブレットは月1回」という決まりを自分に課していたが,10日後につい,訪問。頼んだメニューは

b 黒鯛とホタテのポワレ
 と
ブータンノワール
 と
スパークリング・ワイン

 ブータンノワールは,面白い味。普通のソーセージのような歯ごたえはないが,豚の血の味が口に残る。ふ~ん,これがブータンノワールなのかぁ。
 ちなみに,この日のスープは野菜のスープ,フルーツはブルーベリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日,ラ・シブレット

 毎度毎度のラ・シブレット。
 この日は,
a ニュージーランド産,テンダーロインステーキ 黒こしょう焼
 に,
 タルト・クラフティ(チェリーのタルト)
 を注文。スープは野菜のスープ,フルーツはブドウ。

 考えてみたら,この店では初めてのデザート。
 デザートは別腹というのを実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions[7/23-7/29]

●23日(月)
試合なし

●24日(火)
西武 7-6 東北楽天@グッドウィルドーム
○グラマン(4勝6敗)

●25日(水)
西武 4-7 東北楽天@グッドウィルドーム
●ジョンソン(1勝4敗)

●26日(木)
西武 3-1 東北楽天@グッドウィルドーム
○山崎(2勝1敗)
Sグラマン(7セーブ)

●27日(金)
福岡ソフトバンク戦中止
@福岡ヤフードーム

●28日(土)
福岡ソフトバンク 9-5 西武@福岡ヤフードーム
●帆足(1勝3敗)

●29日(日)
福岡ソフトバンク 4-3 西武@福岡ヤフードーム
●涌井(13勝5敗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions[7/16-7/22]

●16日(月)
東北楽天 2-4 西武@フルキャストスタジアム宮城
○山崎(1勝1敗)
Sグラマン(5セーブ)

●17日(火)
東北楽天 5-3 西武@フルキャストスタジアム宮城
●ジョンソン(1勝3敗)

●18日(水)
東北楽天 6-4 西武@フルキャストスタジアム宮城
○涌井(13勝4敗)
Sグラマン(6セーブ)

●19日(木)
試合なし

●20日(金)
試合なし

●21日(土)
試合なし

●22日(日)
試合なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions[7/9-7/15]

●9日(月)
試合なし

●10日(火)
西武 0-7 千葉ロッテ@グッドウィルドーム
●西口(7勝8敗)

●11日(水)
西武 5-2 千葉ロッテ@グッドウィルドーム
○ジョンソン(1勝2敗)
Sグラマン(2セーブ)

●12日(木)
西武 5-3 千葉ロッテ@グッドウィルドーム
○涌井(12勝4敗)
Sグラマン(3セーブ)

●13日(金)
オリックス 2-5 西武@京セラドーム大阪
○宮越(1勝0敗)
Sグラマン(4セーブ)

●14日(土)
オリックス 6-3 西武@京セラドーム大阪
●岸(6勝5敗)

●15日(日)
オリックス 6-2 西武@京セラドーム大阪
●帆足(1勝2敗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions[7/2-7/8]

●2日(月)
試合なし

●3日(火)
北海道日本ハム 2-7 西武@札幌ドーム
●西口(7勝7敗)

●4日(水)
北海道日本ハム 4-1 西武@札幌ドーム
○三井(4勝0敗)
S岩崎(1セーブ)

●5日(木)
北海道日本ハム 0-8 西武@札幌ドーム
○涌井(11勝4敗)

●6日(金)
試合なし

●7日(土)
西武 3-0 福岡ソフトバンク@グッドウィルドーム
○岸(6勝4敗)
Sグラマン(1セーブ)

●8日(日)
西武 0-7 福岡ソフトバンク@グッドウィルドーム
●帆足(1勝1敗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions[6/25-7/1]

●25日(月)
試合なし

●26日(火)
試合なし

●27日(水)
試合なし

●28日(木)
試合なし

●29日(金)
西武 6-2 東北楽天@グッドウィルドーム
○涌井(10勝4敗)

●30日(土)
西武 6-4 東北楽天@グッドウィルドーム
○小野寺(2勝2敗)

●1日(日)
西武 10-1 東北楽天@グッドウィルドーム
○帆足(1勝0敗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions[6/18-6/24]

 何だか,ライオンズの戦績を追いかけるのが,辛くなってきた。それでも,とりあえず,やるか……。

●18日(月)
 試合なし

●19日(火)
 東京ヤクルト 2-9 西武@神宮球場
○涌井(9勝4敗)

●20日(水)
 東京ヤクルト 4-6 西武@神宮球場
○グラマン(3勝6敗)
S小野寺(12セーブ)

●21日(木)
 試合なし

●22日(金)
 試合なし

●23日(土)
 巨人 5-2 西武@ひたちなか
●ジョンソン(0勝2敗)

●24日(日)
 巨人 3-4 西武@東京ドーム
○西口(7勝6敗)
S小野寺(13セーブ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】木下典明,NFLの夢,2007は叶わず

 本日,9月5日(水),Xリーグ2007シーズンが開幕した。

 それに先立ち,海を越えたアメリカから,残念なニュースが届いた。
 NFL,アトランタ・ファルコンズは9月1日(土),ロースター53人を決定した。キャンプに参加していたWR木下典明(24)は登録を外れた。
 NFLヨーロッパで活躍していた木下だったが,やはり,言葉の壁が厚かったのか,NFL入りはできなかった。
 アメリカンフットボールの場合,戦術が細かく,そのニュアンスを伝えるのに,言葉の壁はハンディとして非常に大きかったに違いない。

 それでも,ここまで,よく頑張ったと思う。
 一休みして,その後は,英語の猛特訓をしてください(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】世界陸上大阪。惨敗,もう一つの理由

 世界陸上大阪。日本人選手,惨敗のもう一つの理由。思いついたので,ここに付しておく。
 今回,日本人選手が惨敗した理由をひとつ,私が挙げるとしたら,

「今回の世界陸上が,北京五輪の前年に行われるから。」

 世界陸上は,五輪開催と重ならないよう,2年に一度,西暦の奇数年に行われる。
したがって,
・五輪の前年に行われる世界陸上
 と
・五輪の翌年に行われる世界陸上
 と2種類,世界陸上がある。

 なぜ,「前年」と「翌年」の二つに分けられるのか。多くのトップ・アスリートは,五輪に照準を合わせて,自分のレベルを持ってくる。そのため,五輪の翌年は,肉体のメンテナンスに宛て,世界大会に出場しない選手がいる。五輪翌年の世界水泳に,ソープが出場しなかったことがあるのはそのせいだ。また,為末がメダルを取った世界陸上も五輪の翌年に行われた大会。「○○いぬ間に……」というものだ。

 五輪の2年後,西暦の偶数年になると基礎からじっくり体作りを行う。筋肉の付け方を変えたり,フォームを改造したり,より高いレベルで試合に臨むため,体を作り上げる。この期間に行われる大会へは,本気で出場することはない。時たま,トップアスリートが世界大会で負けることがあるのは,この時期が多い(気がする)。ただ,本人は,現状をチェックするために出場しただけであって,負けても大きなショックはない。むしろ,修正点が早く分かるので嬉しいのではないか。

 五輪の3年後,つまり,次の五輪の前年,トップアスリートはすこしずつ本気を出してくる。様々な大会を通して,自分のレベルをチェックしながら,次のレベルに足りないものを探す。そして,五輪の国ごとの出場枠を決める大会,国内での出場選手を決める大会など,真剣勝負が行われる。多くの,いや,五輪を目指す全てのトップアスリートは,世界大会に出場する。だから,レベルは高い。

 で,今回の世界陸上。
 五輪の前年に行われる大会は,来年を見すえて,トップアスリートが集結する。興行側としては「世界のトップアスリートが大阪に」と宣伝できるが,その分,日本人選手は苦労する。結果は皆さんの承知の通り。
 辛い結果かもしれないが,受け止めるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】世界陸上大阪。国内大会が遺したもの

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【BigWednesday】。

 今週も,世界陸上の話題からしようか。
 今大会,メダルを期待していた選手は軒並み不調。予選落ちが目立ち,メダルを期待されていたハンマー投げ,室伏も6位(8/27,記録80m46)入賞止まり。私は,池田久美子に注目していたが,彼女も予選で姿を消した(8/27,記録6m42)。

 しかし,私はこの結果は,順当のようにも思えてきた。世界大会で視聴率を稼ぐためには,出場する日本人選手をクローズアップして,視聴者の期待を煽るしかない。これは,日本のマスメディアの常套手段。かつてのトリノ・オリンピックがそうである。
 このやり方,ある意味,仕方ない。注目を浴びなければ,昨年の世界バスケのように,世間のニュースに埋もれてしまう。ただ,マスメディアに振り回された選手は,練習時間を割かれ可哀想だ。

 ただ,今回の世界陸上,気になるというか,興味深いことがある。今回期待された選手の多くが,「黄金世代」と呼ばれる1980年生まれ。実は,彼らが11歳の時,1991年,東京で第3回世界陸上が開催された。当時は日本テレビが世界陸上を連日放映。世界トップクラスの競技をテレビで見ることができた。長嶋茂雄さんの「カールゥ~。」は有名なエピソード。

 もしかしたら,この東京での世界陸上が,今回の黄金世代を生み出したきっかけになったのではなかろうか。
 テレビで目の当たりにするハイレベルの陸上競技。その姿を見て,自分も走ってみよう,飛んでみよう,投げてみよう,思ったのではないか。そして,始めた陸上競技。いつかは,自分も世界レベルの大会でメダルを取ろう。その気持ちが16年の時を超えて,今回の大阪に繋がったのではないだろうか。
 と言っても,その裏付けをするものは何もないが。

 今回,大阪での世界陸上を見た少年少女たちが,10年後,いや,もっと後かもしれないが世界大会でメダルを取り,
 「大阪の世界陸上を見て,陸上選手になろうと思いました。」
 と言ってくれれば,今回の惨敗も決して無駄にはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京ウォーキングマップ,「風景印から始まる/御岳」

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「風景印から始まる/御岳」(放送日:07/08/26)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:吉沢 保(ライター・風景印研究家)『風景印散歩』(日本郵趣出版)の著者


スタート JR沢井駅
 ↓
・沢井駅前郵便局で風景印をゲット。
 合わせて,風景印のロケ地(?)を尋ねる。
 風景印とは,風景や名物などをデザインした,郵便局固有の消印
 ↓
・青年の像(朝倉文夫・作)
 楓橋
 ↓
・カヌーを発見。明治大学3年,北島武さんに話を聞く。
 ↓
・JR御岳駅
 ↓
・御岳郵便局で風景印をゲット。
 ↓
・玉堂美術館
 河合玉堂(1873~1957)
 晩年をこの地で過ごし,この地を愛した日本画の巨匠。
 ↓
・御岳登山鉄道
 ↓
・駒鳥山荘
 ご主人 馬場喜彦さんの案内で綾広の滝へ。吉沢さん滝にうたれる。
 ↓
・武蔵御岳神社
 で,ゴール。

今日のお土産
 朱印帖@武蔵御岳神社

by OD

★今日の感想
 久々の登場,吉沢さん。風景印から旅が始まるというのも面白い。我が家のそばにも風景印を押す郵便局はあるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「美内すずえと『ガラスの仮面』」展

Ca330490

07/08/11
「美内すずえと『ガラスの仮面』」展
世田谷文学館

 世田谷文学館,今年(2007年)夏のお子様向け展示は美内すずえ。
 美内すずえ,と聞いてぴんとこない人は,漫画「ガラスの仮面」と聞けば,思い出すであろう。
 なんと,この一作品だけで企画展をやるというのだから,驚きだ。

Ca330492

 でも,行ってみてビックリ。面白い面白い。
 まず,入り口。この日は,劇団つきかげの公演をしていた。劇団つきかげは,作中に登場する,月影先生の劇団。今回の企画展に合わせ,劇団員を募集したのだそうだ。公演の席は,事前申込制でソールドアウト。当日立ち見もソールドアウトだった。
 公演の作品は,劇中に使われていたもの。これも,企画展に合わせて戯曲1本,きちんと美内先生が仕上げたそうだ。ここまでくると意気込みが感じられる。

Ca330494

 館入り口には,作中に出てきた各芝居のポスターがずらり。

 また,企画展入口には「大都芸能」と「紫のバラの人」から生花が届いていた。これには爆笑。

 展示は,作品の年表を中心にまとめてある。直筆原稿,舞台化,アニメ化,TVドラマ化された作品の紹介。
 最後には,実際に「紅天女」が舞台化されたときの衣装まで飾ってある。

Ca330493

 唯一,展示場内で撮影が許可された場所は「北島マヤの部屋」。これは,昨年,ウルトラセブンがいた部屋だ。
 こういう,お遊びも徹底してくれると,非常に面白い。

 唯一,残念な点は,今年も2Fフロアを全て企画展会場としたため,常設展会場が狭くなったこと。これは,別の日にぐるっとパスで行くしかないかな。

 そうそう,ここのいいところは,ガラス張りの窓から,邸宅の池が拝見できるところ。

Ca330496

 今年のような,暑い夏は涼しくていい。

Ca330495

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぐるパ07春】その11+ 「パルマ-イタリア美術,もう一つの都」展

07/08/03
「パルマ-イタリア美術,もう一つの都」展
国立西洋美術館

 【ぐるパ07春】その11+は,国立西洋美術館とした。
 【ぐるパ07春】その11が,森美術館でのル・コルビュジエ展。このル・コルビュジエの設計した建物が,国立西洋美術館。建築家つながりで,ここを選ばせてもらった。

 国立西洋美術館は,ぐるっとパス2007には入っていないので,急に訪問の機会が減ってきた。
 ぐるっとパスで入館できないものは行かない。何とも現金なものだ。国立西洋美術館は,毎月第二・第四土曜日が常設展無料。そのときに行けばいい。そんな風に思ってしまっている節もある。しかし,無料入館日は混雑していて,あまり好きではないのだが。

 「パルマ-イタリア美術,もう一つの都」展。
 何も前知識を持たずに訪問。NHK教育「新日曜美術館」でも紹介されていたらしいが,見る機会を逸してしまった。
 見学。う~ん,どこかルネサンス期のようだが,作風が違うのか。それはよく分からない。それぞれが,独特の雰囲気を持っている。とりあえず,こういうときは「私が選ぶ,この作品」でも探そうか,と館内を物色。

 後半,心を引かれた作品を発見。
 バルトロメオ・スケドーニ 《キリストの墓の前のマリアたち》。
 絵の大きさもさることながら,作品の色遣い,まるでポップアートのような空気に飲まれてしまった。私の選ぶこの作品,これで決まり。


 常設展にも顔を出した。もうこの頃は,少しバテてきた。この8月は暑かったせいか,歩くとすぐバテる。常設展は,新収蔵作品を中心にチェック。
 また,館内の配置もあらためてチェックした。ル・コルビュジエが中心から外側へ,ぐるぐると回りながら見ていく設計を再発見。

 久しぶりの西美。
 そう言えば,入り口の"open museum"という言葉に惹かれたが,何か意味があるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

祝!!70,000アクセス突破。(先週のアクセス解析)

2007年8月27日(月) 97 ★★★★★ ★★★★★ 
2007年8月28日(火) 37 ★★★★
2007年8月29日(水) 74 ★★★★★ ★★
2007年8月30日(木) 90 ★★★★★ ★★★★
2007年8月31日(金) 99 ★★★★★ ★★★★★ 
2007年9月01日(土) 64 ★★★★★ ★
2007年9月02日(日) 99 ★★★★★ ★★★★★ 

 28日(火)のアクセス数には,正直驚いてしまった。
 何でこんなに少なくなってしまったのか?何かサーバーなどにトラブルでもあったのか?心配してしまった。

 その後持ち直し,先週のアクセスは80アクセス/日となった。正直ホッとしている。

 また,累計アクセスも7万を超えた。これはうれしいニュース。これも,皆さんがアクセスしてくれたおかげ。何も特徴のないブログに,これだけのアクセスがあるというのは,嬉しい限り。感謝申し上げます。

 今月末には,目標の1,000日毎日更新が達成できる見込みとなった。ラストスパート,気を抜かずに,無理しない程度に頑張っていく所存。

 さて,アクセス解析に戻って,先週もトップページと「月イチあミュージアム」へのアクセスが多いのは勿論だが,3番目に多かったのが「Schedule of 翔太」へのアクセス。9月のお薦めを載せたことが大きな要因だろう。

 検索ワード/フレーズのトップは「ギリシア神話を知っていますか」&「感想文」での検索。おそらく夏休みの宿題だろう。申し訳ないが,「ギリシア神話を知っていますか」の感想文は書いていない。残念。
 同数1位は「辰巳悦加」。世界陸上の記事を書いたせいだろう。彼女にはスポンサーが付いてくれることを希望する。

 今週もできるだけ,溜まっている記事を書かねば,とは思っているが,今月は,私的多忙モードに突入するようだ。記事の更新が鈍るかもしれないがご容赦を。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「失われた文明 インカ マヤ アステカ展」

07/08/03
「失われた文明 インカ マヤ アステカ展」
国立科学博物館

 今回,招待券をいただいたので行ってきた。
 したがって,【ぐるパ07春】にはカウントしないでおこう。

 いつものとおり,特別展会場に入るとイントロダクション,大型映像が始まる。最近の特別展は,主催者のご挨拶なる看板ではなく,大型映像などで興味を引くようにしているようだ。
 中の展示は,基本的にNHKスペシャルで放送されたものをなぞるような展示。展示を見ながら,あぁ,そう言えば,こんな内容だったなぁ,と思い出した。

 各所の薄型テレビの内容をじぃっと見る客は多いものの,それぞれの展示をじぃっと見る人は少ない。
 テレビで育った世代が多いせいか,モニターばかりで見た気になってしまうのだろう。

 展示の最後,物販のスペースが特別展を重ねるごとに増えているのにはちょっと閉口。
Ca330476

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【来週何スル?】9月3日(月)~9日(日)

 夏休みも終わり,博物館は夏の企画展・特別展が終了する。見逃しなきように。

●3日(月)

●4日(火)
・かはく・たんけん教室@国立科学博物館(~9日(日))
「クモの体の秘密を調べよう」
・開館11周年記念 第37回企画展「いまから ここから」開催@相田みつを美術館(~11月25日(日))
・パ・リーグ 千葉ロッテvs西武@千葉マリン(~5日(水))

●5日(水)
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク京都・禅林寺所蔵 国宝「金銅蓮華唐草文磬」@東京国立博物館
・Xリーグ開幕 鹿島vs東京ガス@東京ドーム
・「繭から9」
出演:立川志の吉,神田京子
@しもきた空間リバティ
・アベックホームラン4「セプテンバーホール」(~11日(火))
出演:大堀こういち,温水洋一
アイデア提供:大竹まこと,五月女ケイコ,シンコ,三木聡
@ザ・スズナリ

●6日(木)
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク「黒田清輝の作品について―日本近代初期の洋画が目指したもの―」@東京国立博物館
・NFL開幕 ニューオリンズ・セインツvsインディアナポリス・コルツ@RCAドーム
・Xリーグ 富士通vsオール三菱@東京ドーム
・「ヨージ単独ライブ」
出演:ヨージ
@しもきた空間リバティ

●7日(金)
・夜の天体観望公開@国立科学博物館
・キュレーター・トーク@東京国立近代美術館
「日本彫刻の近代から現代へ」
・防災訓練15時~@ブリヂストン美術館
 防災訓練を開館中に行うのにはビックリ。
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・東京芸術大学学生ボランティアによるギャラリートーク「東南アジアの彫刻」@東京国立博物館
・北海道日本ハムvs西武@札幌ドーム(~9日(日))
・オオタスセリワンマンライブ「リクエストにお応えするライブ~!」@四谷コタン

●8日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「クジラの話」「地震学のあけぼの」
・教育ボランティア特別企画@国立科学博物館
「サイエンス・ラボ~変形菌を見よう」
 毎月第2土曜日に開設される,中高生以上のための「科博を楽しむ大人の空間」です。月替わりの実験コーナー,科博の最新情報を紹介するコーナーがあります。
「はっぱ博士」
 上野の公園で見られるような草花の名前を調べてみませんか。調べたあと,押し花にして記念品としてお持ち帰り下さい。
・「没後50年 川合玉堂展」開催@山種美術館(~11月11日(日))
・「海の男のギャラリートーク」@船の科学館
「航海術の概要とその歩み」
・映画「一万年,後・・・。」公開@ポレポレ東中野
・Xリーグ オービックvsルネサス,アサヒビールvsROCBULL@川崎球場
・「Nの方向」ライブ「二〇〇七年九月三軒茶屋」(~9日(日))
 たまたま三茶のカフェでお茶してたら隣の席の人がコントを始めたので見ていたらちょっと面白かった,ぐらいの公演になる予定です。
出演:尾関 高文(THE GEESE),高佐 一慈(THE GEESE),春山   優(モダンレコーディング),小舟 純一,ふじき みつ彦
@三軒茶屋「RAIN ON THE ROOF」
▲気軽に志ん輔@お江戸日本橋亭
▲志の吉の文鳥舎の落語の夜なの@文鳥舎

●9日(日)
・Jサテライト
Bグループ第12日 14:00 F東京 vs 横浜FM 江戸川
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「日本列島における昆虫の多様性と進化」「人類進化研究の動向」
・日曜コンサート@旧東京音楽学校奏楽堂
・Xリーグ ON-SKYvs富士ゼロックス,IBMvs明治安田@川崎球場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月26日 - 2007年9月1日 | トップページ | 2007年9月9日 - 2007年9月15日 »