« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月22日 - 2007年7月28日 »

2007年7月15日 - 2007年7月21日の記事

【ぐるパ07春】その7 日本科学未来館

Ca330389

07/06/13
企画展 『サイエンスニュース!アジア展 ~アジアの力、科学の力、を伝えます』
日本科学未来館

 船の科学館へ行くなどと行っておきながら,今回,日本科学未来館のご紹介。
 申し訳ない。しかし,ゆりかもめ・テレコムセンター駅から歩いていくと,船の科学館の前に日本科学未来館へ,つい,行ってしまうのだ。
 (実は,個人的にはここが,今回の主目的の訪問地なのだが。)

 この日は,遠足などで見学している子どもたち,幼稚園児から中学・高校生まで幅広い子どもたちがいた。
 が,こういう科学系の博物館は,一歩間違えるとただの子どもの遊び場と化してしまう。ここも,それに近い。まじめに展示をすると客が集まらない。視線を低くした展示にすると遊び場になり,身に付かない。その辺が悩みの種と言えば悩みの種だ。

Ca330394

 今回,企画展開催中なので覗いてみた。
 企画展 『サイエンスニュース!アジア展 ~アジアの力、科学の力、を伝えます』

 【注意】
 ぐるっとパス2007をお持ちの方,企画展を観る際,利用する券種により料金が異なるのに注意。
 ぐるっとパス2007には,「常設展入場券」(青色部分)と「企画展割引券」(緑色部分)の2種類がある。
 「常設展入場券」(青色部分)を利用した場合,企画展料金(常設展料金含む)900円-常設展料金500円=400円で入場が可能。
 しかし,「企画展割引券」(緑色部分)を利用した場合,団体料金適用で800円支払うことになる。
 (6月13日訪問時。)
 チケット売り場で,料金について必ず確認をすること。

 会場内は,アジアと科学を様々な視点から展示していた。面白かったのは「慣習と科学」の展示。
 アジアでは,普通に行われていた針や灸のツボを科学的に解明するために,WHOが世界基準でツボを決めたこと。
 もう一つは,宗教上の理由で特定の種類の肉(牛肉・豚肉)を食べないアジア人のために,食品中の成分を検出する機械を作っていること。
 アジアの慣習は,欧米のそれトコロとなる部分が非常に多い。そのため,欧米に合わせた基準では,アジアには馴染まない点が多々ある。それをフォローするために,科学を用いる,というのはユニークな発想であるとともに,人間のために科学を用いる,まっとうな発想だと思う。

 中国におけるパンダの展示もあり,かつて,上野動物園にいたパンダも剥製で登場。
Ca330390
 確かこのパンダの剥製は国立科学博物館所蔵。

 常設展は時間の都合(子どもたちの走り回るのに閉口したというのもあるが),5階のみを回る。
Ca330393

 画面左奥の「スーパーカミオカンデ」の模型,画面右手前の「しんかい6500」の展示。
 この二つが並んで展示してあるというのは,よくよく考えるとユニーク。このユニークさが,日本科学未来館の特徴だと言っていい。

 残念ながら,この日はメガスターを見ることができず。
Ca330391

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「joyの家族社会学」 第10回

 今回は,いよいよ前期試験の問題発表。
 今までのノートを見て,果たして,問題が解けるか,私自身非常に悩んでいる。
 試験問題は,95年7月6日当時のものだ。その事象や現象等,現在と変わっているところもあるかもしれないがご容赦を。

 問題は全4問。
 持ち込みは一切不可。
【問題】
1.破綻主義と有責主義の違いを女性の自立の視点から自由に述べよ。(30点)
2.超高齢化社会を「生涯現役」の立場からどう捉えるか。(30点)
3.マドンナを素材にして,ユニセックスとバイセックスについて自由に論ぜよ。(30点)
4.映画「クレイマー・クレイマー」はなぜ,このようなタイトルがついたのか。(10点)


 採点に際し,5つのポイントも発表されている。
1.内容の把握力
2.構想の大きさ,視野の広さ
3.創造性,発想力,独創性
4.表現力,説明力
5.熱意


 ちょうど,来週は「【Monthly翔太】8月のお薦め」を紹介し,再来週は「7月の目標その後」をお届けする予定だ。その間,お時間をいただくことにしよう。
 実は,試験前に私が試験に向けて,問題の解答を考えた文章が残っていた。恥ずかしながら,その時の文章を8月の「joyの家族社会学」でお届けすることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぐるパ07春】その6+ 東京みなと館

Ca330378

07/06/13
東京みなと館

 【ぐるパ07春】第6回は,「プラスワン」から紹介しよう。
 今回はお台場に行ってきた。
 「東京みなと館」。ゆりかもめに乗ってテレコムセンター駅で下車。直結している青海フロンティアビルの20階にある。
 行ってみると,お客さんは誰もいない。私一人きりの貸し切り状態。
まずは,江戸時代の江戸みなとの風景。

Ca330380Ca330381

 ジオラマのボタンを押すと,約15分程度の説明のテープが流れる。それはそれで興味深いが,一人で聞いていると,空虚な空間に語りが響き渡る。ちょっと寂しい。

 その他,展示を見て回る。途中,期間限定のパネル写真の展示があったが,会期が終わっていた……。終わったなら終わったで,「好評につき,継続展示中」みたいな文言を貼って欲しかった。

 後半は,現在のお台場の開発に関する展示。
Ca330387

 お台場のジオラマ。
 これが,

Ca330386

 こうして,

Ca330385_1

 高く浮かび上がる。
 浮かび上がる途中,手などに触れると故障の原因になるので,くれぐれも触らないように。

Ca330384

 日本科学未来館と共同で,こんな面白い,太陽系に関する展示があったり。
 同じネタは,科学技術館,ユニバースでもあり。

 さて,今回は「プラスワン」だが,では,ぐるっとパスでどこに行くのか。
 東京みなと館。
 みなと。港。
 港には,船が来る。
 そして,東京みなと館から見下ろせる博物館。
Ca330382

 期待せずにお待ちを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企画展「美人のつくり方 石版から始まる広告ポスター」

Ca330376

07/06/03
企画展「美人のつくり方 石版から始まる広告ポスター」
印刷博物館

 先日,印刷博物館へ行ってきた。
 美人画ポスターの歴史にまつわる展示で,意外なものを発見した。
 カルピス,昔懐かしい,あの女性がカルピスを飲むポスターが展示されていたのだ。
 直線をモチーフにし,特徴あるカラーリングのあの女性は,1953年頃からボトルデザインなどで使われるようになった。1969年のボトルから,彼女の絵は消えている。しかし,それ以降に生まれた私でも覚えていると言うことは,よほど印象的なデザインだったのだろう。
 偶然,再開したこの女性,誰がデザインしたかというと,オットー・デュンケルという人。生没年不詳と書いてあったから,当時,無名だったのだろう。思わず懐かしくなり,メモ帳にメモしてしまった。

 そこへ,博物館の係員がやってきて「申し訳ございません,館内では鉛筆でメモをお取り下さい。」
 私はボールペンでメモをしていたのだった。

 とは,以前のAD翔太でもとりあげた。
 実は,職場に印刷博物館の招待券が届いたので,行ってきた次第。駅から離れていたが,行って良かった。
 VRシアター「プランタン=モレトゥス博物館」も堪能できたし(VRシアターは,土日と土日に続く祝日のみ開催)。
 先述の記事,AD翔太ネタもできたし。
 残念なのは,レストランとカフェが休みだったこと。仕方ないか。

Ca330377

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Feria】第104回ワイン会のお知らせ

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)。
 今日はもう一本ご紹介。といってもいつものワイン会だ。

=================================================================

第104回ワイン会
日時:2007年7月25日(水)19:00~
会場:フェリア(といっても六本木ではない)
会費:5,000円

=================================================================
テーマ:イタリア カンパーニャのワイン

素晴らしいタウラジを造るアントノオ・カッジャーノとサン・グレゴリオの飲み比べです。タウラージはアリアーニコで造るワインとしては、名実ともにNo.1のDOCGです。また、カンパーニャの白ワインも、最近評価が上がり、グレゴ・ディ・トーフォとフィアーノ・デ・アベリーノもDOCGになりました。サン・グレゴリオのグレコはDOCGに、なる前のDOCです。

出品ワイン
【アントニオ・カッジャーノ】 ()内ハDOCG名 <>ブドウノ品種
・デボン 2005 (グレコ・ディ・トーフォ)<クレゴ 100%>(白)
・ベシャール 2005 (フィアーノ・デ・アベリーノ)<フィアーノ 100%>(白)
・サラエ・ドミニ 2003<アリアーニコ 100%>(赤)
・タウラージ 2000<アリアーニコ 100%>(赤)
【サングレゴリオ 】
・グレコ・ディ・トーフォ 2000<クレゴ 100%>(白)
・タウラージ 1998<アリアーニコ 100%>(赤)

 お申し込みは,武蔵屋酒舗まで直接メールでお願いします。
 その際,メールのタイトルは「ワイン会の申込(ブログを見て)」としてください。
 締め切りは,7月23日(月)18:00まで。なお,満員の際はお断りする場合があります。


====================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節野菜のバーニヤカウダ2007春

Ca330260

 毎度通う,Feria(といっても六本木のではない)の定番メニュー,季節野菜のバーニヤカウダ。
 2007春バージョン。
 一番下は春キャベツ。

 これだけ食べてもお腹が適度にいっぱいになるというのは,年齢のせいだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-18,鬼門のカシマで勝った!![6/30]

 6月30日(土),サッカーJ1第18節が行われた。今節をもって,J1はアジアカップのため,中断期間に入る。
・名古屋 1-1 甲府
・横浜FC 0-1 千葉
・大宮 0-3 G大阪
・柏 1-3 清水
・新潟 2-1 広島
・川崎F 2-1 神戸
・磐田 0-2 浦和
・大分 0-3 横浜FM

・鹿島 1-2 F東京
 鬼門のカシマサッカースタジアム。今までリーグ戦へ勝った記憶のないスタジアムで,なんと勝ってしまった。これは嬉しい誤算だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-17,東京,万博で惨敗[6/23,24]

 6月23日(土),24日(日)の両日,サッカーJ1第17節が行われた。

・清水 0-1 浦和
・川崎F 2-3 磐田
・千葉 1-2 新潟
・横浜FC 2-4 柏
・甲府 2-0 大分
・神戸 3-2 広島
・大宮 0-0 横浜FM
・鹿島 2-1 名古屋

・G大阪 6-2 F東京
 立ち上がり,2点取ったのに……。惨敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-16,冷や冷やながら甲府に勝利[6/20]

 6月20日(水),サッカーJ1第16節が行われた。
・浦和 2-0 神戸
・柏 0-1 鹿島
・横浜FM 0-0 G大阪
・新潟 3-1 横浜FC
・磐田 0-0 大宮
・名古屋 1-2 清水
・広島 1-1 川崎F
・大分 0-1 千葉

Stadium 07-14
07/06/20
・F東京 2-1 甲府
味の素スタジアム

 何とか勝ちを拾ったと言うところですが,リチェーリの退場はいただけない。試合の流れを読まないプレー,しかもラフプレーは流れを相手に渡してしまう。途中出場のせいというのは言い訳になる。
 運が良かったのは,茂原が退場してくれたこと。甲府のサポーターからは,「あれは主審が家本さんだから。」なんて声も聞こえそうだが,1枚目のイエローを出したのは,確かに家本さん。しかし,その後の茂原の態度に対し,アピールしたのは副審だ。1枚イエローをもらって,自分を見失ってはいけない。
 それまで,甲府の攻撃の起点となった茂原がいなくなれば,逆転の勝機はなくなる。茂原よ,君は甲府にとって大事な選手なんだ。不服のある判定でも大人になって対処しなければ。
 この試合,審判で勝たせてもらったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-15,格上浦和には当然負けるわな[6/16,17]

 6月16日(土),17日(日)の両日,サッカーJ1第15節が行われた。

・神戸 1-3 大分
・川崎F 0-0 柏
・清水 1-1 横浜FM
・鹿島 5-1 広島
・G大阪 3-1 名古屋
・大宮 2-1 新潟
・横浜FC 1-2 磐田
・千葉 3-2 甲府

Stadium 07-13

07/06/17
・F東京 0-2 浦和
味の素スタジアム

 開始3分,ケガから復帰の田中達也に決められる。その後,攻撃を組み立てようにも,A3明けの浦和より動きが鈍かった気がする。
 動きが鈍いというか,ボールウォッチャーになるのは,いつの試合でもそうだ。
 計22本のシュート。しかし,そのうち,何本枠内へ行ったのだろうか。打てばいいものではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-14,外弁慶?東京アウエーで勝利[6/9,10]

 6月9日(土),10日(日),サッカーJ1第14節が行われた。

・柏 0-0 大宮
・G大阪 2-1 横浜FC
・新潟 3-1 神戸
・大分 2-2 鹿島
・横浜FM 1-0 千葉
・名古屋 2-2 川崎F
・甲府 1-6 磐田
・清水 1-3 F東京
 FC東京,アウエーは強いなぁ。

・浦和-広島
 この試合は,8月1日(水)に行われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】アメフトW杯,日本三連覇を逃す[7/15]


 米国 23-20 日本

 7月15日(日),川崎市,等々力陸上競技場において,第3回アメリカンフットボール・ワールドカップの決勝が行われた。初出場のアメリカ合衆国が第1回から連覇をしてきた日本は,本家アメリカに屈した。

 しかし,試合は日本リードのまま第4クォーターまで続いた。第4クォーターでアメリカが同点に。その後のタイブレークで日本はフィールドゴールを失敗。一方のアメリカがフィールドゴールを決め,優勝を手中にした。いわゆる「延長戦サヨナラ負け」だ。

 私は1試合も見に行けなかったので,試合のことについて詳細には書けない。スコアから感じたことというと,
・本家のアメリカはNFL選手がいなかったのに強い。
・日本もアメリカ以外の国には強い。
・他の国にはアメリカンフットボールは浸透しているのか疑問に思うようなスコアだった。

 このままでは,アメフトはアメリカ人と一部の日本人のスポーツにしか過ぎない。ワールドカップの存続も危うい。まずは,アメフトの普及に力を注ぐべきではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,元横浜FCアレモン交通事故死[7/8]

 昨年まで,横浜FCに在籍していたブラジル人選手,アレモン(本名:カルロス・アドリアーノ・デ・ジョス・ソアレス,23歳)が8日,自動車事故で亡くなった。(7/10,ロイター他)

 J2優勝時の選手が交通事故でなくなるとは,現在苦しい位置にいる横浜FCの選手,スタッフ,サポーターには,精神的に大きなショックとなるであろう。

 ここは,心を一つに残留に向けて選手・フロント一丸となって,中断明けに臨んで欲しい。でも,FC東京にはお手柔らかに。


 合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】木下,NFLキャンプ挑戦

米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の下部組織NFLヨーロッパ(NFLE)のアムステルダムに今季所属したWR木下典明(24)=立命大卒=が、NFL・ファルコンズの夏季キャンプに招集されたと、NFLジャパンが4日発表した。日本人選手が招集されるのは、03年のフォーティーナイナーズ(49ers)に招かれたLB河口正史=現アサヒ飲料=以来2人目。木下は日本人初のNFL選手誕生に向け大きく前進した。(7/4,毎日新聞より)

 なんだ,まずは,キャンプのメンバー入りが決まっただけで,キャンプで振り落とされるのか,なんて,ちょっと自虐的に考えていた。実は,すごいことなんだ。このまま,NFLロースターに残る可能性も高いし,練習生として1年間帯同できることもあり得る。そうか,夏休みの思いでづくりのキャンプじゃぁないんだ。
 これはビックリ。
 また,ファルコンズの場合,エースWRはいるものの,その次がいないとなると,当然,木下にもチャンスが巡ってくる。
 せっかく掴んだチャンスだ,思いっきり楽しんできて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【Big Wed】Hoop!!bj League!!エクスパンション動向,カンファレンス制

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 まず最初は,bjリーグ,エクスパンションの話題を。

 2008-2009年シーズンの加入を目指す団体の応募は,全部で7件(秋田県,★長野県,浜松・東三河地域,滋賀県,兵庫県,島根県,その他1件)あった。
 浜松・東三河地域は,オーエスジーだろう。
 ちなみに,2007-2008年シーズンの応募は全てで8件(茨城県,★長野県,群馬県,奈良県,※福岡県,※沖縄県,その他2件)あった。
 ※福岡県,※沖縄県は2007-2008年シーズンからの加入が決定している。

 お気づきの方もいるかと思うが,★長野県は,2回連続の応募。それだけ意気込みが感じられる反面,茨城県,群馬県,長野県からの応募がなかったのが残念。一度加入できなかっただけで,諦めてしまったのだろうか。


   *   *   *


 また,来季からbjリーグはカンファレンス制を導入することが決まった。これにより,プレーオフの方法も変わった。一発勝負のトーナメント方式は変わらないが,少しでも早くホーム&アウエーによるプレーオフが導入できるよう,bjリーグ人気ができて欲しいものだ。

 開幕まで3ヶ月強。各チームの準備が気になってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京ウォーキングマップ「実は開かれていた/平河町」

 町田忍ファンの人お待たせ。7月8日の東京ウォーキングマップ。

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「実は開かれていた/永田町」(放送日:07/07/08)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:町田忍(庶民文化研究所所長)


スタート 四ツ谷駅
 ↓
・都電3系統(飯田橋~品川)の専用軌道跡 から 都電唯一のトンネル跡を眺める
 ↓
・清水谷
 ↓
・グランドプリンスホテル赤坂「旧館」
 昭和5年に建築された16世紀イギリスチューダー様式の洋館
 ↓
・平河町 から 最高裁判所へ
 ↓
・国立国会図書館
 総務課 樋山千冬さん,図書課 大塚菜菜絵さんがご案内
 1層(地下5階の書庫)で石川啄木『一握の砂』(明治43年刊)を拝見
 明治時代の広告暦
 国立国会図書館蔵 町田忍著作33冊を一同に並べる。但し,1冊不足。購入するという。
 ↓
・国会議事堂 参議院参観受付から見学
 見学に際し,事前の予約が必要。
 中央玄関 ~ 中央階段 ~ 参議院議場 と見学。
 御休所には,檜の本漆塗りの天井や徳島産大理石「時鳥(ホトトギス)」の一枚岩で作られた御休所入口を見る。
 ↓
・総理官邸前を素通り
 ↓
・警視庁前
 で,ゴール


今日のお土産
 国会手帖@参議院別館売店

by TD

★今日の感想
 そうか,町田さんは元警察官だったんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぐるパ07春】その5 芸大コレクション展新入生歓迎・春の名品選

Ca330375

07/06/03
芸大コレクション展新入生歓迎・春の名品選
東京藝術大学大学美術館

 【ぐるパ07春】,第5回は東京藝術大学大学美術館とした。特に意味はない。ここの美術館の常設展は,期間が限られているため,会期終了と聞くと,つい,行ってしまう。

 ここの展示に,朝倉文夫の猫の彫塑があった。

Ca330373

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年7月09日(月) 89 ★★★★★ ★★★★
2007年7月10日(火) 58 ★★★★★ ★
2007年7月11日(水) 97 ★★★★★ ★★★★★
2007年7月12日(木) 86 ★★★★★ ★★★★
2007年7月13日(金) 75 ★★★★★ ★★★
2007年7月14日(土) 77 ★★★★★ ★★★
2007年7月15日(日) 81 ★★★★★ ★★★

 先週一週間も様々な方にアクセスしていただいて非常に感謝感激。
 特に多かったのは,「ラ・シブレット」に関する記事。
 最近どこぞの雑誌にでも載ったのだろうか,最初に訪問した記事へのアクセスが多い。ま,まだ写真掲載が良かった頃なので,記事として見栄えもいいが。

 それ以外では,アメリカンフットボール・ワールドカップの話題に関して,アクセスが多い。この試合の結果については,水曜の【Big Wed】で取り上げる予定。でも,書く時間があるかな?


 そして,皆さんお気づきかもしれないが,ここのところ,記事を一日2回(19時と21時)以上アップするよう心がけている。これは,訪問日と掲載日が離れすぎたための調整の意味を込めて。記事を書くのは大変だが,今頃,ゴールデンウィークの記事を書いても終了している企画展もあるので。
 しばらくは,一日2回アップ続けようかと思う。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」 その2

Ca330371

07/06/01
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」 その2
東京国立博物館

 ダ・ヴィンチ展と言いながら,常設展の写真で申し訳ない。何せ,特別展の展示場内は撮影できないもので。
 開催期間が6月17日までと迫っていたので,もう一度行ってきた。前回は招待券で,今回はパスポートを使って。そして,今回は夜間開館(20時まで)を利用して行ってきた。

 この作戦が見事に成功。会期終了まで約半月というのに,会場には列もなく,ゆっくりと「受胎告知」を鑑賞することができた。
 およそ30分弱。
 さほど,じゃまされることゆっくりと見ることができたのは幸せ。


 その後,本館を回った。国宝と本館16室「歴史資料」の「雛形に学ぶ」は面白かった。
Ca330372

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」

Screen 07-18

07/06/01
「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」
シネアミューズ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「全米で公開されたとき,まさか,これは日本では公開されないだろうと思っていた。しかし,公開されてある意味安心した。お馬鹿映画。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】7月16日(月)~22日(日)

 さぁ,みなさん,夏休みですよ。どこ行きますか?
 でもその前に,宿題は早めに片付けようね。博物館では,宿題ネタのイベントも多いようだ。

●16日(月)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「日本のアザミ」「小さな珪藻がすむ大きな海」
・海の日クイズ──大海原を探検しよう!@恩賜上野動物園
・園長による特別ガイド──海の動物たち @恩賜上野動物園
・パシフィックリーグ 東北楽天vs西武
 @フルキャストスタジアム宮城(~18日(水))
・紀伊國屋寄席@紀伊國屋ホール
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「オスとメスの不思議」「動物たちの食べるもの」

●17日(火)
・特別展示「青木繁と《海の幸》-青木繁6作品」開催@東京国立近代美術館(~9月30日(日))
・「それぞれの『お菊の皿』」
出演:柳亭市馬、三遊亭白鳥、柳家喬太郎
@国立演芸場
 チケットは完売。

●18日(水)
・臨時休館(特別展準備及び整理のため)@一葉記念館(~20日(金))

●19日(木)
・木曜コンサート@旧東京音楽学校奏楽堂
・落語研究会@国立小劇場

●20日(金)
・夜の天体観望公開@国立科学博物館
・特別展「一葉の灯り―模型でみる一葉の世界―」@一葉記念館(~9月17日(月))
・船の科学館無料公開
・プロ野球 ガリバーオールスターゲーム
 @東京ドーム
・にっかん飛切落語会@イイノホール
▲ギャラリートーク@損保ジャパン東郷青児美術館(一般対象)
▲ギャラリートーク&スライドトーク「パルマ―イタリア美術、もう一つの都 展」@国立西洋美術館

●21日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「隠れる魚・化ける魚」「日本人の頭蓋形態の時代的変化とその要因」
・「あかりと音の夕べ」@向島百花園(~8月19日(日)中の毎週金、土、日曜日)
・「モンドヴィーノ」「ダーウィンの悪夢」@早稲田松竹(~27日(金))
・J2
第29節第1日 19:00 湘南 vs 愛媛 平塚
・プロ野球 ガリバーオールスターゲーム
 @フルキャストスタジアム宮城
・「志の輔らくご21世紀は21日」
出演:立川志の輔
松元ヒロ「今日のニュース」
お囃子・松永鉄九郎社中
ロビーゲストあり
@新宿明治安田生命ホール
・「SWAクリエイティブツアー」
出演:昇太、白鳥、喬太郎、山陽、彦いち
時間:14:00~と18:30~の2公演
@新宿明治安田生命ホール
 確か,21日から池袋演芸場でトリの喬太郎師匠。途中抜け出しか?
・上野鈴本演芸場7月下席(夜)(~30日(月))トリ:雲助
・池袋演芸場7月下席(~30日(月))トリ:喬太郎
・朝日名人会@有楽町朝日ホール
・さん橋を聴く会@深川江戸資料館
▲ギャラリートーク@損保ジャパン東郷青児美術館(小・中学生と父母対象)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月22日 - 2007年7月28日 »