« 2007年7月1日 - 2007年7月7日 | トップページ | 2007年7月15日 - 2007年7月21日 »

2007年7月8日 - 2007年7月14日の記事

絹15セレクト ヨージ単独ライブ

Ca330369
Stage 07-08

07/05/28
絹15セレクト ヨージ単独ライブ
しもきた空間リバティ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「今回のライブは,今まで作ったコントの中から,選りすぐりのコントを上演するもの。そのため,ストーリー性がない。それが少し残念でならない。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「joyの家族社会学」 第9回

 久しぶりの「joyの家族社会学」。2週空いてしまった。しかし,2週空いても,実は,授業のスピードに近いアップ量だ。
 今週は,私の自筆ノートからのアップが中心だが,これが,何が書いてあるか,ほとんど分からない(爆)
 おそらく,立て続けにビデオを見たせいもあり,授業は始めと終わりにちょこちょこと話すだけなのだろう。それをメモしたのだが,断片的で意味が繋がらない。これでも,一所懸命にまとめたつもりだ。意味が分からない人,ご勘弁を。


   *   *   *


・ヘミングウェイ,『老人と海』の原文(英語)の写し
・どの本からコピーしたのだろうか,ヘミングウェイの解説(石一郎氏の文章)
 ともに,著作権の問題があるため,ここでの紹介は割愛する。


   *   *   *


・私自筆のノートから

 (95年5月11日)
 離婚の原因について
 日本:有責主義
 ↑
 ↓
 欧米:破綻主義
 5年以上の別居で離婚を認める。

 (95年5月18日)
 映画『クレイマー・クレイマー』
 原題は,"KRAMER VS. KRAMER"
 Claimer と KRAMER をかけた洒落だろう。

(註)おそらく,5月11日と18日の2日間で,映画『クレイマー・クレイマー』を見たのだろう。


 (95年5月25日)
 マドンナ:Spritualなエクスタシーを求める。

 映画『愛と哀しみの旅路』(原題"COME SEE THE PARADISE")
 パターン・バリアブル

I 日本:Group-Oriented:集団規準(主義)
米国:Individualism:個人主義
II 日本:Self-restrain:自己抑制
   米国:Spoutaniety:自発的
III 日本:Subelecty:婉曲的
 米国:Clirectness:正直・率直

(註)おそらく,5月25日頃から,6月15日までにかけて,マドンナに関するビデオと映画『愛と哀しみの旅路』を見たのだろう。
 登場人物である日系人が,太平洋戦争を通じて,人生の選択で悩む映画なのだろうが,ストーリーを忘れたので,ノートを見返しても意味が分からない。

 (95年6月29日)
・超高齢化社会を迎えて~アーネスト・ヘミングウェイを通してみる生涯現役
 Self Help と世代間 Traveling Culture
 2020年には,65歳以上人口は25%。
 現在,6人に1人が年金生活者が,2人に1人以上となる。→税金・年金が給与の2分の1以上となる計算。
 本日のビデオ"The Old man and the sea" の舞台へ行く。

 ビデオを見て,先生から学生への問いかけ
1 超高齢化社会を如何に生きるか。"生涯現役"の思想に立って考えてみよう。
2 美しく老いるとは,何だろうか。枯淡の境地で生きることか。それとも, flesh な生身の感覚で生きるか。


   *   *   *


 さて,来週は,前期試験の問題を発表する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぐるパ07春】その4 上野の森美術館「アートで候。会田誠 山口晃展」

Ca330368

07/05/28
アートで候。会田誠 山口晃展
上野の森美術館

 先日,テレビ「誰でもピカソ」で会田誠を見てその作風が気になったので,行くことに。思いもかけず,【ぐるパ07春】になった。
 「あぜ道」も面白かったが,他にも面白い作品がいくつかあった。
 山口晃は,ACなどのCMで見たことのある,あの人か。いやいや,こちらも面白い。100円割引だが,素直に楽しめた。

Ca330367

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【ぐるパ07春】その3 朝倉彫塑館

Ca330359
Ca330360

07/05/26
朝倉彫塑館

 【ぐるパ07春】の第3回は,朝倉彫塑館にした。
 特に意味はない。この日,上野駅・日暮里駅でウォーキングが開催され,受け付けたついでに寄ってみただけだ。
 ただ,ここの佇まいは,先日紹介した向井潤吉アトリエ館と同様,生前の芸術家の息吹が感じられ,私はとても好きだ。
 館内は,中庭を除き,撮影不可と言うが,ここはいいだろうと,かつての玄関口,屋上庭園の二カ所を撮影した。
 もし,違反だったら指摘してください。削除します。
Ca330362

 かつての玄関口は,純和風の建築。現在の朝倉彫塑館の入口とは趣が異なる。

Ca330363

 中庭から,寝室を臨む。現在明日ペストが付着しているため,見学不可。

Ca330364

 屋上庭園。
 ここが住宅の屋上とは,とても思えない。


 この後,Jリーグの試合があるため,早々に退散。もっとじっくり見学したかったが,またの機会に。
 そういえば,この朝倉彫塑館の「プラスワン」,まだ来訪していない。どこにしようか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)
 今日は,悪夢の話を。

 先日,にごり酒を買って帰宅。
 さぁって,飲もうかなと思い,開栓した瞬間,まるでシャンパン・ファイトのように,日本酒が飛び出し,部屋中に飛び散ってしまった。

 一升瓶を買いながら,残ったのは3合弱。しかも,食卓のみならず部屋中に日本酒が飛び散り,部屋の中にいるだけで酔っぱらってしまいそう。
 泣く泣く掃除しながら,「酒の一滴は血の一滴」と噛みしめた夜だった。

 その後,日本酒を買った店の大将に,話したら,
「だから言ったじゃん,ガス抜きしなよって。」


 えっ……(汗。
Ca330249

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-YNC-6,FC東京奇跡の予選通過[5/23]

 5月23日(水),サッカー,ヤマザキナビスコカップ,予選リーグ第6節が行われた。
 FC東京は,奇跡の予選リーグ通過。試合結果を見てびっくりした。

A 神戸 2-4 G大阪
A 広島 1-0 千葉
B 柏 3-0 横浜FM
B 清水 3-0 大宮
C 横浜FC 1-2 F東京
C 大分 1-3 磐田
D 甲府 0-3 鹿島
D 新潟 0-0 名古屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-YNC-5,後のなくなったFC東京[5/9]

 5月9日(水),サッカー,Jリーグヤマザキナビスコカップ,予選リーグ第5節が行われた。

Stadium 07-10
07/05/09
C F東京 0-1 横浜FC
国立霞ヶ丘競技場
 たった一度のチャンスで点を入れた横浜FC。東京は,主導権を握るも,得点を入れられず。この敗戦で,後がなくなった。次節,東京が勝利し,大分が負けないと予選突破はできなくなった。

A 千葉 0-1 神戸
A G大阪 0-1 広島
B 大宮 1-2 清水
B 横浜FM 3-0 柏
C 磐田 1-0 大分
D 甲府 0-0 新潟
D 名古屋 1-4 鹿島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-YNC-4,F東京勝利で望みをつなぐ[4/11]

 4月11日(水),サッカー,ヤマザキナビスコカップ,予選リーグ第4節が行われた。

Stadium 07-07
07/04/11
C F東京 2-1 磐田
@国立霞ヶ丘競技場
 この試合は見に行った。試合の入り方が良かった記憶がある。後は……。

A 千葉 0-1 G大阪
A 神戸 0-1 広島
B 大宮 1-1 横浜FM
B 清水 0-0 柏
C 横浜FC 1-2 大分
D 鹿島 2-1 名古屋
D 新潟 2-1 甲府

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-YNC-3,東京,アウエーで勝利[4/4]

 4月4日(水),サッカー,Jリーグヤマザキナビスコカップ,予選リーグ第3節が行われた。

A G大阪 0-1 千葉
A 広島 2-0 神戸
B 柏 0-0 大宮
B 横浜FM 2-0 清水
C 磐田 0-1 横浜FC
C 大分 0-1 F東京
D 鹿島 0-1 甲府
D 名古屋 2-2 新潟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-YNC-2,大分に負けたFC東京,予選突破に黄信号[3/25]

 3月25日(日),サッカー,Jリーグヤマザキナビスコカップ,予選リーグ第2節の結果。

A G大阪 2-2 神戸
A 千葉 2-1 広島
B 大宮 2-1 柏
B 清水 2-2 横浜FM
C F東京 0-2 大分
C 横浜FC 2-0 磐田
D 鹿島 2-1 新潟
D 名古屋 0-1 甲府

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-YNC-1,F東京は引き分け[3/21]

 サッカー,Jリーグ,ヤマザキナビスコ・カップの決勝トーナメントが開催中だ。
 このブログでは予選リーグの試合から掲載していないので,ここに記録を残しておく。

 3月21日(水),グループリーグ第1節
A 広島 0-3 G大阪
A 神戸 1-4 千葉
B 柏 2-1 清水
B 横浜FM 0-1 大宮
C 大分 1-0 横浜FC
C 磐田 2-2 F東京
D 甲府 2-1 名古屋
D 新潟 3-1 鹿島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】2014年冬季五輪はソチ@ロシアに[7/5]

 ソチってどこだ?

 2014年に行われる冬季五輪の開催地として,ロシア,ソチが選ばれた。[7/5]ソチは,黒海沿岸の街で,多くの政治家が別荘を構える場所だ。
 黒海に臨む場所と言うから,東欧に近い場所だ。しかし,あまり馴染みがないと言うことは,国際大会が開かれていないのでは……,と思ったら案の定,国際大会の実績は少ない。

ロシアは国際スキー連盟の国際大会開催の実績が少ない。過去10年でW杯は距離3戦、スノーボード7戦のわずか10戦。ジャンプ、複合、アルペンに至ってはゼロだ。(7/6,日刊スポーツより)

 国際大会開催の実績が少ないのを補うため,ロシアのプーチン大統領が,自らプレゼンテーションを行い,フォローしたのか……。しかし,これは逆にプーチンが失脚したとき,五輪会場の整備に影響を与えるのではないだろうか。政治的な問題が絡むだけに,私も不安視する。

 会場を全て新設,国際大会の実績の少なさ,政治の力による招致。
 開催地が決まっても,私はなぜか,安心できないでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】ツール・ド・フランス2007,開幕[7/7]

 アメフトW杯で,フランスは日本に惨敗したが,おそらく,その惨敗より,ツール・ド・フランス開幕のニュースの方が大きく取り扱われているのではないだろうか。

 私が,ツール・ド・フランスに興味を持つきっかけになった,ランス・アームストロングが引退,地上波でもほとんど取り扱いがないので(CSでは生中継だそうで,羨ましい限り),ほとんど,情報を知るよしがない。それでも,ネット上では,刻々とレポートが報告されている。

 今大会では,フランス国内のみならず,イギリスやベルギーでもステージ設定がされている。認知度を上げるために頑張っているのだろう。
 昨年,2006年大会はドーピングにより,ネガティブな大会になった。今回は少しでもクリーンなイメージを残そうとしているのだろう。

 この原稿を書いている段階では,まだ第2Sが終了したばかり。F・カンチェラーラ(スイス、CSC)がトップだが,大会前半は平坦なコースが多い。山岳コースはまだまだこれからだ。しばらく,時間をおきながら,このツール・ド・フランス,チェックしていきたい。

 ツール・ド・フランス,今年(2007年)は29日(日)まで,全20ステージ開催される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】アメフトW杯,日本開幕戦勝利[7/7]

 続いて,川崎で行われている,第3回アメリカンフットボール,ワールドカップの話題を。
 日本は,7日(土)開催の開幕戦でフランスと対戦。48対0でフランスを圧勝。大会三連覇へ向けて,順調なスタートを切った。
 試合開始早々,セイフティーで得点すると,石野のラン,冨澤から米山へのパスなどが決まり,終始フランスを圧倒した。前回大会では23対6と苦戦した相手だけに,今回の大勝は,優勝へ弾みがつく。

 ただ,不気味なのは,アメリカの存在だ。彼らがどれほどの実力を持っているのか,未知数だ。今大会が初出場のアメリカ。このアメリカを倒して,世界一になりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】アメリカズカップ,チーム・アリンギが防衛[7/3]

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 本日は,まず,ヨットレースの話題から,アメフト,自転車とちょっとマイナーなニュースをお届けしよう。

 アメリカズカップは,7月3日,スペインのバレンシアで第7戦が行われた。
 9回戦制のうち,先に4勝したチームが優勝する同大会は,防衛艇のチーム・アリンギ(スイス)が挑戦艇,エミレーツ・チームニュージーランド(ニュージーランド)を2秒差で4連勝。通算5勝2敗として2003年大会に続き,連覇を果たした。(7/4,サンケイスポーツ他)
 今まで,アメリカ勢が連覇したことはあるが(ニュージーランドは連覇の経験あったかな?),ヨーロッパ勢が連覇を果たしたのは初めてだ。

 しかし,疑問なのは,国が海に面していないスイスにチームがあり,優勝するというのはなぁ。
 湖にヨットがあるからいいじゃないか,などという突っ込みが聞こえてきそうだが,湖には海流はないぞ。潮の流れを計算してヨットを操ると言うことはないと思うけどなぁ。

 これで,次回開催地の決定権をチーム・アリンギが持つことになるが,一体どこでやるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「居心地のいい佇まい/小田原」

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「居心地のいい佇まい/小田原」(放送日:07/07/01)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:志村直愛(建築史家)


スタート 小田原駅から,箱根登山鉄道で一駅,箱根板橋駅
 ↓
・箱根板橋駅の駅舎 昭和10年の開業以来の駅舎
 ↓
・国道1号線から,,板橋鉄橋を見上げる。
 ↓
・小田原上水
 秀吉の小田原城攻めを参加した家康は,後にこれを参考に神田上水を作った。
 ↓
・小田原上水取水口から早川を眺める。
 鮎釣り
 ↓
・旧東海道
 内野邸(明治36年築) 元醤油醸造元
 ↓
・下田豆腐店 ご主人 下田政行さん
 半生揚げは非売品。
 ↓
・松永記念館
 電力王 松永安左ヱ門が昭和21年から晩年を過ごした地
 樹齢400年の大欅
 老欅荘 松永安左ヱ門の自邸 その名は前庭の大欅に因んだ。
 ↓
・山月(明治43年築) 元大倉喜八郎別邸
 大倉喜八郎別(1837~1928)
 明治・大正期に活躍した実業家 大倉財閥の創設者
 ↓
・板橋見附
 ↓
・小田原文学館(昭和12年築)
 元田中光顕伯爵別邸
 田中光顕(1843~1939)
 土佐藩出身。戊辰戦争で活躍。維新後の新政府に参加。
 ↓
・早川橋
 ↓
・小田原漁港
 第一和田丸 選手の和田さん
 で,ゴール


今日のお土産
 捜索がんも(20種以上)@下田豆腐店

by TD

★今日の感想
 小田原は,何度か行ったことはあるが,山側は滅多に行かない。あれだけ,邸宅があるのなら散歩にいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「花・Flower」展

Ca330304

07/05/18
「花・Flower」展
国立科学博物館

 招待券をもらったので,行ってきた。
 日本館がオープンしてから,初めての訪問(というか,私はここ1年で何回訪れているんだろうか?)。
Ca330305

 展示は,「花」を生物学上の分類や,日本人の生活との関わり,嘉堂の展示と幅広い。
 でも,幅広いだけに焦点がぼやけている気もした。
 それを裏付けるかのように,特別展にもかかわらず,観客はまばら。
Ca330306
 展示場内,写真を撮れる場所もあったのでパチリ。
 そそくさと後にし,日本館をざぁーっと眺めてきた。その時の写真はいずれ紹介しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぐるパ07春】その2+ 世田谷美術館分館向井潤吉アトリエ館

Ca330295

07/05/16
「向井潤吉が愛でた季節 早春の武蔵野と遅春の東北」
世田谷美術館分館向井潤吉アトリエ館

 ちょっと,試しに写真のアップの仕方を変えてみた。ま,気まぐれだ。気分が変われば,変える予定。
 先日の世田谷美術館を訪問した後,「プラスワン」として,向井潤吉アトリエ館へ行くことに。
 世田谷美術館は,分館がいくつかあるが,帰り道途中下車すれば,行けるという,その理由だけでこの向井潤吉アトリエ館に決めた。

Ca330296

 が,これが良かった。訪問して正解。

 芸術家の住んでいた家を,その後博物館として保存するという例はよくある。私もいくつか訪問した。気に入っているのは朝倉彫塑館。見事なまでの芸術家の要塞だ。
 対する,この向井潤吉アトリエ館は「芸術家のロッジ」とも形容するべきか。

 駅を出た後住宅街の中を歩く。すると,小学校の向かいに,まるで,そこだけ山小屋のように緑に覆われた邸宅が現れる。それが,向井潤吉アトリエ館だ。

Ca330298Ca330299

 写真を見て分かるように,庭は緑でいっぱい。
 建物の中に入ると,スリッパに履き替え,人の家にお邪魔するように中を見学する。
 奥のアトリエは蔵を移築し,つなげたという。ある一カ所が油絵の具で汚れている。そこにキャンバスを置いて絵を描いていたのだろう。

 館内は,まるで本人が生きているかのような空気に包まれている。それだけ,家と住人が馴染んでいたと言うことだろう。
 すっかり,癒されて帰ることになった。本館の展覧会での感情はどこへ行ったのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年7月2日(月) 084 ★★★★★ ★★★
2007年7月3日(火) 065 ★★★★★ ★★
2007年7月4日(水) 091 ★★★★★ ★★★★
2007年7月5日(木) 104 ★★★★★ ★★★★★ 
2007年7月6日(金) 075 ★★★★★ ★★★
2007年7月7日(土) 080 ★★★★★ ★★★
2007年7月8日(日) 081 ★★★★★ ★★★

 先週の,一日あたりの平均アクセスは,約80。非常に健全なアクセス数で,私自身うれしい限り。
 検索ワードは「SHOWTA.」でアクセする人が多い,というのは分かるが「マドンナ」や「家父長制」でアクセスするとは,ちょっと驚き。それもこの二語,別々に検索するのではなく,「マドンナ」&「家父長制」で検索する。
 何でだろうか?
 以前,大学の授業で,この「マドンナ」と「家父長制」については聞きかじった記憶があるが,それぞれ別のトピックで聞いた気がする。
 この二語をまとめるというのは,どういうことだろうか?

 確か,東京大学出版会刊『知の技法』で,マドンナについて述べた文章があったかと思う。
 「joyの家族社会学」を連載していて,そのことを思い出し,「joyの家族社会学」連載終了後,補講としてお届けしようとは思っていたが,連載終了がいつになるのか分からないので,何とも言えない。

 その他,「東京ウォーキングマップ」で検索してくれるのはいつものこと。ようやく,7月1日放送の志村さんを拝見した。アップは明日の予定。お楽しみに。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぐるパ07春】その2 世田谷美術館

Ca330293

07/05/16
「世田谷時代1946-1954の岡本太郎 戦後復興期の再出発と同時代人たちとの交流」
世田谷美術館

 【ぐるパ07春】の2回目は,世田谷美術館にした。
 世田谷美術館を選んだ理由は,「プラスワン」として,川崎市立岡本太郎美術館で開催されている,岡本太郎の展覧会を選ぶことも,表参道の岡本太郎記念館を選ぶこともできたからだ。

 また,東京都現代美術館では,岡本太郎の「明日の神話」が期間限定で公開されている。こちらへのリンクすることも可能だ。いろいろと可能性が広がるのと,春の砧公園に行ってみたい気もあったからだ(それまで,私にとって砧公園というと"秋"のイメージが強いからだ。)。

 Ca330288
 で,用賀駅から例によって,石畳の百人一首を踏みしめながら,世田谷美術館へ。
 で,当然のごとく「崇徳院」の歌でパチリ。いや,別に落語の「崇徳院」を意識したわけでは……。

 公園では,子どもたちが楽しそうに遊具で遊んでいる。
 長閑な風景だ。
 私も一緒に遊ぼうかと思ったが,やめた。ちょっと恥ずかしい。
 ただ,最近の遊具は私が幼かった頃よりも,お洒落なものが多かったりする。お洒落な遊具を見ていると,つい,遊んでみたくなったりする。
 そういえば,千代田区の公園の遊具は,子供だけでなく,年配向けの遊具もあったなぁ。年をとって,体が動かなくなることを防ぐための遊具だろう。それはそれで,やってみたい気もする。

Ca330289

 入口。
Ca330292

 で鑑賞後の感想だが……。
 なんか,いまひとつ消化不良だ。
 というのも,世田谷時代の岡本太郎は,美術家だけでなく,文士などとも交流があり,雑誌を作っていたとのこと。
 だったら,わざと,文士などとの交流に着目し,この展示自体を世田谷文学館でやった方が目新しかったのではないか。
 「岡本太郎」in「美術館」という図式は,非常に単純な図式だ。
 しかし,「岡本太郎」in「文学館」とすれば,客は"?"と思う。そこを狙った方が受けたのではないか?

 この展覧会,私は前半のパリ時代から途中まではじっくり見ていたが,後半は,「文学館でやれば良かったのに」と考え続け,じっくり,鑑賞することができなかった。

Ca330300
●今日のお土産
 アンリ・ルソーの絵画にちなんだ金太郎飴。結構美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】7月9日(月)~15日(日)

 そうか,今度の週末は三連休か。どこへ行っても混みそうだなぁ。
 混雑が嫌いなあなた,空いているところと言うと,地元の郷土博物館あたりは,夏休み直前でイベントが少なく,空いているかもよ(無責任ですが)。

●9日(月)
・展示替えのため休館@東京国立近代美術館工芸館(~13日(金))
・京子地味な会@銀座区民館

●10日(火)
・サマースクール参加者募集〆切@恩賜上野動物園
・サマースクール参加者募集〆切@多摩動物公園
・特別展「大鉄道博覧会 昭和への旅は列車に乗って」@江戸東京博物館(~9月9日(日))
・パシフィックリーグ 西武vs千葉ロッテ
 @グッドウィルドーム(~12日(木))
・志らくのピン古典落語編@千代田区立内幸町ホール
 前売完売,当日若干
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「オスとメスの不思議」「水辺の動物」

●11日(水)
・上野鈴本演芸場7月中席(夜)(~20日(金))トリ:彦一いち
・月例三三独演@千代田区立内幸町ホール
 チケットは完売
・浜松町かもめ亭@文化放送 出演:喬太郎ほか

●12日(木)
・第3回アメリカンフットボール・ワールドカップ2007川崎大会
 スウェーデンvs日本@川崎球場
・「立川笑志の今夜はかなりE エピソードI 新作ウォーズ」
SF作家梶尾真治作品を落語化
出演:笑志、ゲスト:昇太
@内幸町ホール
・大銀座落語祭2007開催@銀座各所(~16日(月))
 今年は5日間とボリュームアップor水で薄めて……。
・神楽坂毘沙門寄席 志らく四季の会@毘沙門天善国寺

●13日(金)
・パシフィックリーグ オリックスvs西武
 京セラドーム大阪(~15日(日))
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「森でくらす動物」「小獣館の動物」

●14日(土)
・サイエンス・ラボ~夏ですね@国立科学博物館
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「間違いだらけの植物地理」「最新恐竜学」
・失われた文明「インカ・マヤ・アステカ」展@国立科学博物館(~9月24日(月))
・「この夏、磯へ行こう!」@恩賜上野動物園(~16日(日))
・「リリイ・シュシュのすべて」「花とアリス」@早稲田松竹(~20日(金))
・映画「魔笛」公開@銀座テアトルシネマ他
・映画「プライドinブルー」公開@テアトル新宿
・ケン・ローチの映画 1969-2006@ユーロスペース(~27日(金))
・J2
第28節第1日 19:00 東京V vs 山形 西が丘
・ナビスコカップ
  準々決勝 第2戦 18:30 F東京 vs 横浜FM 味スタ
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「日本にすむ動物たち」「動物の足さばき」

●15日(日)
・はじめてのバードウォッチング@国立科学博物館
・万華鏡つくり@国立科学博物館
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「昆虫の進化をたどる」「音と楽器の科学」
・「7月の講演会」~向島百花園再見「隅田川楳屋図」を読む~@向島百花園
・ナビスコカップ
準々決勝 第2戦 19:00 川崎F vs 甲府 国立
・第3回アメリカンフットボール・ワールドカップ2007川崎大会
 決勝@等々力陸上競技場
 この大会があるため,ナビスコの準々決勝,フロンターレ戦が国立なんです,ハイ。
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「動物の足さばき」「鳥たちの世界」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月1日 - 2007年7月7日 | トップページ | 2007年7月15日 - 2007年7月21日 »