« 2007年6月3日 - 2007年6月9日 | トップページ | 2007年6月17日 - 2007年6月23日 »

2007年6月10日 - 2007年6月16日の記事

「joyの家族社会学」 第7回

 キーワード集が終わり,ようやく授業に入る。
 しかし,今レジュメを振り返ってみているが……よく分からん。


   *   *   *


 共生時代の社会学


共生=synbiosisの原義

コンビニラヴァーにスエ女
アッシー君,メッシー君,貢ぐ君と末女の共生関係
(not コンフリクト・モデル)

進化論的(葛藤・支配)から住み分け理論へ(構造主義)
せめぎあいの弁証法 ネオ・コンビニ・ラヴァーとスエ女の出現

【命題】新人類は,進化の過程には存在しない。

(1)家族社会学メインテーマ    家族機能外部化進行
 -半封鎖社会体系としての家族の開城- 果たして落城するか?

(2)時代認識
 現代社会状況:モデルニテ
 曖昧化・多極化・卑属化の視座
 近代主義の挫折(脱近代:ポスト・モダン)
 (中世の暗黒から再生としての近代)
 近代の超越はいかにして可能か?

 前近代家族(生産単位)紐帯=生産力:制度としての家族から
 近代家族(消費単位)紐帯=愛情:友愛の指向・実現の場へ
 現在:家族は,ライフスタイルの選択肢のひとつ
 むしろ個人をサポートする,社会システムのなかの一つへ移行

(3)方法論
 家族行為論に立脚:science humaine(人文科学)
 一人一人の視座で,現状を等身大でとらえ,家族が如何にあるべきかを問う。
 (家族空間の間主観性=inter-subjectivity)

Doing Family(family role taking)
 相互の役割創造の関係構築=performance
 固定的な役割関係でなく,互いに役割拡大的に役割を期待・認知・取得関係=家族する

Doing papa,mama,kids,grandpa,grandma,etc...
TPOで,doing lover,sweetheart,etc...

(4)原点回帰
 オーギュスト・コント(社会学の鼻祖)の社会学の本質
 「愛を原理として,秩序を基礎として,進歩を目的とする。」
 愛を育む基盤(愛のインフラ・ストラクチャー)としての家族関係
 (依存期間の長さ:生物一,年間通しての発情)
 CP.動物との違い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ナイトミュージアム」

Ca330259
Screen 07-16

07/05/01
「ナイトミュージアム」
シネマイクスピアリ15

評価は(★10個で満点)
★★★★

一行批評
「博物館を舞台起こる様々なトラブル。突っ込みどころ満載の脚本。子供を連れて行くにはいい。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日飲んだお酒

Ca330140

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)。
 斎彌酒造店さんを囲んでの名酒の殿堂に参加した後,いつもの日本酒を買う酒屋で,
「雪の茅舎のお酒ない?」
 と言ったところ,大将が出したお酒。

 味は……,忘れたけど,忘れたと言うことは,悪くないと言うこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,三浦淳宏,監督批判で謹慎処分

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 今週は時間がないため,この記事だけになりそうだ。ご勘弁を。

 三浦淳宏(神戸)が,監督を批判。その処分として謹慎が下った。
 スポーツ新聞などのサイトでは,「移籍」「引退」などの言葉が並んでいるが,実際はどうなのか。当初の記事から追いかけることにした。

 まず,6月4日付のスポーツ報知の記事。

過呼吸症候群などを克服した先月31日。松田浩監督(46)からカウンセリングの受診を命じられたのだ。「僕も『気持ち』を持った人間。万全でさあ行こう、という時に『カウンセリング行け』はない。本当に寂しかった…」と大きなショックを受けたという。

 この記事を読んで,「あ,なるほど。言葉の掛け違いから,誤解を生んだんだ。」と私は直感で感じた。

 三浦淳宏選手は,人望も厚く,多くの選手やサポーターから信頼されている。その一方で,人一倍責任感が強く,思い詰めるタイプだ(と私は理解している。)。
 その三浦が,今季,なかなか試合に出られず,ようやく,これから(体調面では)万全となった。これからだ!と言うときに,監督から水を差された。それが,心理面で三浦を追いつめることになったのだ。
 監督から言わせれば,
「ほら見たことか。私の一言で,萎縮してしまって,自分を追いつめている。だから,カウンセリングに行け,と言ったんだ。」
 となるだろう。
 確かに,監督の言い分も分かる。三浦の精神面,メンタル面を万全にしなければ,いざ試合に入ったとき,チーム全体に影響を及ぼす。そのためにも,三浦にメンタル面で強くなって欲しい,という考えから,カウンセリングに行って欲しかったのだろう。

 だったら,練習終了後などに,

「これから,後半戦に入り,気候的に辛い状況になる。サブを含めて全員が一丸となって取り組まないと,また,J2降格してしまう。特に三浦アツ,試合中,チームを束ねるのは君だ。君には人一倍,メンタル面で強くなって欲しい。
 そのためにも,カウンセラーとともに,メンタル・トレーニングを受けて欲しい。そして,今まで以上に強いメンタルで試合に臨んで欲しい。
 君は,チーム状況が悪くなると,責任感が強くなり,一人で思い詰めてしまう。それが自身のプレーのみならず,他の選手にも影響を与えてしまう。これは,絶対に避けなければいけない。
 今,メンタル・トレーニングでメンタル面を強くすれば,今後,リーグの展開が,例え悪化しても君を中心にチームがまとめられるはずだ。順位が下がる前に,負けがこんでしまう前に,君には,メンタル・トレーニングを受けて欲しい。」

 と言えば,良かったのに。
 監督や強化部長の言葉が足らなかったのだろう。それはそれで,彼らの責任だ。
 しかし,ほんの些細な言葉で,思い詰めるようなら,三浦よ,それはそれで,君にも問題があるのではないかい。
 少し冷静になって,もう一度考えて欲しい。

 今さら,ボタンの掛け違いは,直せないかもしれない。
 移籍する……。その時は,FC東京に是非来て欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ,「鉄鍋とニワトリ/小見川」

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「鉄鍋とニワトリ/小見川」(放送日:07/06/10)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:菊池仁志(エッセイスト,イラストレーター)

スタート 小見川駅
 ↓
・駅前で「すずめ焼」を発見。すずめ焼って何だ?
 ↓
・床屋2軒をハシゴし,ヘアトニックを試させてもらう。
 ↓
・すずめ焼 高岡商店 二代目高岡登さんにすずめ焼のいわれを聞く。ですずめ焼を食す。
 ↓
・黒部川
 ↓
・須田本店 店長 須田幹雄さんと話す。
 水郷どり:餌に木酢・海藻・ヨモギなどを加え,平飼いで飼育を2週間延長
      つるし切りせずに「手ばらし」で捌く。
 ↓
・食材を買いに……,のはずが,高岡商店で三代目高岡真さんの焼くすずめ焼を食す。
 ↓
・黒部川
 ↓
・鎌形青果店で野菜を調達。
 ↓
・須田本店へ戻る。四代目須田健久さんと話す。
 ↓
・採卵用の鶏舎へ出かける。
 途中須田さんの知り合いのお宅でローズマリーをいただく。
 ↓
・雨。
 農家の庭先で調理。1時間30分後,日が暮れる頃に料理が出来上がる。
 ↓
・庭を貸してくださった日下さん夫妻も一緒に試食。

 で,ゴール。

今日のお土産
 自家製レバーパテ@須田本店

by OD

★今日の感想
 床屋と言い,ダッチオーブンと言い,菊池節炸裂の回。あの料理,食べたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バベル」

Screen 07-15

07/04/18
「バベル」
有楽町朝日ホール

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行(では収まらない)批評

 この映画を見て,高校の先生の話を思い出した。
 授業中に
「『コミュニケーション』という言葉を日本語に訳すと『意思"疎"通』というが,本当にそうなんだなぁ。
 決して,自分の気持ちというのは全て相手には伝わらないんだ。
 『意思"密"通』にはならないんだ。
 そこがもどかしいところなんだ。」

 この映画におけるコミュニケーションもそうだ。自分の気持ちが相手に伝わらない。どうして良いか分からない。何とかしたいのに……。
 銃弾に倒れた妻を前に動転している夫。しかし,老婆は何気ない優しさで,その妻をいたわるシーンがあった。老婆には台詞がない。しかし,その優しさは伝わった。
 コミュニケーションに言葉は必要なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年6月04日(月) 103 ★★★★★ ★★★★★
2007年6月05日(火) 075 ★★★★★ ★★★
2007年6月06日(水) 074 ★★★★★ ★★
2007年6月07日(木) 065 ★★★★★ ★★
2007年6月08日(金) 077 ★★★★★ ★★★
2007年6月09日(土) 059 ★★★★★ ★
2007年6月10日(日) 058 ★★★★★ ★

 月曜,103アクセスで好調かと思いきや徐々にアクセスダウン。
 平均は73とさして変わらない状況に。
 う~ん,まだまだアクセスは増えないか。
 アクセスページも「月イチあミュージアム」関連が多くなった。
 そういや,StageやScreen,昔ほど見に行かなくなったなぁ。映画サービスデーも1日に数本,最も多くて1日5本見た記憶があるが,最近は1本か2本程度。映画を見る人口は増えているようだが,映画そのものの質は確実に落ちているような気がする,というのは言い訳かなぁ。

 私のホームページをたどり着く際の「検索ワード/フレーズ」では,ここのところ「東京ウォーキングマップ」が多い。先週末も「坂道」&「散歩」なんかでアクセスした人が多かったように記憶している。
 昨日(6月10日)の放送,ちゃんと録画しときましたよ。記事は明日アップ予定。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】6月11日(月)~17日(日)

 えぇ,悪夢の9日間も残りあとわずか。ちっと疲れたなぁ。
 さぁってと,休みの日にはどこへ行こうかな?

●11日(月)

●12日(火)
・あじさいまつり開催(~17日(日))@相田みつを美術館
・展示室補修のため休館(~15日(金))@江東区江戸深川資料館・列品解説「古写真-記録と記憶-」@東京国立博物館

●13日(水)
・日本生命セ・パ交流戦 西武vs阪神(~14日(木))@グッドウィルドーム
・イースタンリーグ 北海道日本ハムvsグッドウィル@ファイターズタウン鎌ヶ谷
・「落語教育委員会」
出演:喜多八,歌武蔵,喬太郎
@銀座博品館劇場
★チケットは完売

●14日(木)
・「たい平たっぷりナイト」(~15日(金))
出演:林家たい平
@東京芸術劇場小ホール2

●15日(金)
・ミュージアムトーク@江戸東京博物館
「両国川開き」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
「夜活動する動物たち」「滅びゆく動物たち」

●16日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「ヤマボウシとガクアジサイ」「江戸時代の暦」
・「海の男のギャラリートーク」@船の科学館
「大型タンカー“日石丸”の一生」
・水族園オリエンテーリング@葛西臨海水族園
・「和のあじさいを楽しむ」(~24日(日))@六義園
・日本生命セ・パ交流戦 西武vs広島(~17日(日))@グッドウィルドーム
・J1
第15節第1日 14:00 川崎F vs 柏 等々力
第15節第1日 19:00 大宮 vs 新潟 駒場
第15節第1日 19:00 横浜FC vs 磐田 日産ス
・JFL前期第16節 横河武蔵野FCvs三菱水島FC@駒沢
・「ダメじゃん小出 負け犬の遠吠えvol.16」(~16日(土))
@内幸町ホール
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
「森でくらす動物」「動物の足さばき」

●17日(日)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「黒潮に運ばれる魚たち」「日本館火山展示」
・J1
  第15節第2日 16:00 千葉 vs 甲府 フクアリ
第15節第2日 16:00 F東京 vs 浦和 味スタ
・J2
  第22節第2日 13:00 湘南 vs 鳥栖 平塚
・「はだかの王様LIVE」
出演:松崎菊也,すわ親治,石倉直樹
@日本教育会館・一ツ橋ホール
・「第9回・無限落語~古典の皮を被った新作落語特集~」
出演:三遊亭円丈,柳家小ゑん,柳家喬太郎,モロ師岡,三遊亭ぬう生
@お江戸日本橋亭
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
「動物たちの食べるもの」「日本にすむ動物たち」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月3日 - 2007年6月9日 | トップページ | 2007年6月17日 - 2007年6月23日 »