« 2006年12月31日 - 2007年1月6日 | トップページ | 2007年1月14日 - 2007年1月20日 »

2007年1月7日 - 2007年1月13日の記事

「無花果の顔」

Screen 06-30

06/12/29
「無花果の顔」
銀座シネパトス3

評価は(★10個で満点)
★★★★

一行批評
「桃井かおり初監督作品。桃井かおりの思いが詰まった作品だが,思いのたけと作品の良し悪しは別物。無料で見たことだけが唯一の救い。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

絹13 練り笑い06年 王手!!

Stage

06/12/14
絹13
下北沢空間リバティ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★

1 サンプリアン(佐藤満春・つげ俊治・二宮克裕・吉田誠)
2 ヨージ
3 春風亭栄助
4 ナオユキ
5 オオタスセリ
6 松元ヒロ
7 ナギプロパーティー(凪沢渋次・足立道彦・相馬佐江子・西山えり香・木村尊大)

一行批評
「ヨージ,オオタスセリ,松元ヒロの3人は,2006年に見た単独ライブからのピックアップ。どれも,当時見たときよりも練れた作品で秀逸。栄助も最初は冷や冷やしたが,落語に入ると堂々とした口調に。ナオユキさん,今回の中では一番テレビ向きかもしれない。ナギプロパーティーはいつも通りやってくれる。
 これだけのライブが見られて2,500円は安すぎる。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダメじゃん小出 負け犬の遠吠え 第十五回

Stage

06/12/09
ダメじゃん小出 負け犬の遠吠え 第十五回
千代田区立内幸町ホール

番組
1 将軍様がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
2 日本昔話課
3 組閣人事
4 東京知権が行く
5 タウンミーティング
6 中央線
7 臓器労働組合
8 YOSAKOI

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「見に行く度に成長しているようにも思える。以前は,ネタが進む度に出来が悪くなり,尻すぼみになる傾向があったが,今回はそれはなし。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もらったワイン

Ca330163

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)

 このワイン,実は,ボジョレー・ヌウーヴォーを飲む会に行った際に開けたもの。
 私が行ったのが遅かったせいか,すでに樽は空っぽ。
 そこで,このワインを開けたとさ。

 エチケットには(ピンぼけで見づらいが),MONDAVIと書いてある。
 もらったワインだが,くれた人が「美味しいですよ」なんて言ってた。言うとおり,ホント,美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】今週の編集後記

 別に,編集後記と言うことでもない。
 今週(1/1~1/7)は正月の松の内。とはいうものの様々なスポーツが開催された。
・ニューイヤー駅伝(実業団)
・天皇杯サッカー決勝
・全日本女子サッカー決勝
・箱根駅伝(大学)
・大学ラグビー準決勝
・高校サッカー
・アメリカンフットボール,ライスボウル
・ボクシング世界タイトルマッチ
・NFL最終節
・高校ラグビー
・全日本総合バスケットボール大会

 これだけ,数多くのスポーツがありながら,テレビでの生中継を見損ねると,夜の本の短いニュースの一コーナー,スポーツのコーナーでしか振り返ることができない。
 で,思ったのが,毎年1月3日の夜(21時頃から)に,これらお正月のスポーツ中継のハイライト番組をテレビで放送したらどうだろう。
 約2時間,お正月のスポーツの中から盛り上がったものを1試合につき,10分から15分程度で放送。その試合(大会)に出場した選手のインタビューを混ぜながら,再構成すれば,そこそこ視聴率取れるのでは,と思うのだが。

 ただ,いくつか欠点をあげるならば,生放送(または生放送に近い録画)になるため出演者・スタッフの確保が難しい。
 また,競技により独占中継権があるので,他局に時局のコンテンツを容易く売るとは思えない。例え,この企画をTBSやフジが番組にしようとしても,箱根駅伝の映像は手に入らないかもしれない。そのあたりの問題をクリアーすれば,結構面白いと思うんだけどなぁ。

 視聴率に苦しんでいる放送局さん,どこかやってくれないだろうか?

 実は,天皇杯サッカー決勝の得点シーン,4日朝のNHK「おはよう日本」で初めて見た私だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,FC東京ポスターギャラリーその2

Ca330187

 2006年3月5日(日)
 FC東京(2-0)大分トリニータ
 得点:(東)ササ・サルセード,リチェーリ
 観客:22,531人

 さすがにお客さん少なかったなぁ。開幕戦なのに。せめて30,000人オーバーして欲しかった。開幕戦なんだから。
 ポスターには,ササが写っている(泪
 この日,得点はササとリチェーリ。リチェーリは1得点1アシスト。順風満帆の船出のはずだったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,FC東京ポスターギャラリーその1

Ca330188

 2006年11月26日,サッカーJ1,FC東京のホーム最終戦。
 味の素スタジアムには,その年の全ての試合の告知ポスターが飾られていた。
 せっかくなのでパチリパチリと撮影してきた。
 FC東京はオフシーズンなので,暇を見て,何回かに分けて載せていく。

 この写真は,開幕前に行われる味の素スタジアムでのプレシーズンマッチ。
 料金は1,000円の破格の安さ。ファン感謝デーの意味合いもあったりで。
 私は一度も行ったことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】NFL,プレーオフ出場チーム決まる

 NFLは,レギュラーシーズンが終了。プレーオフ出場チームが決まった。

<AFC>
・東地区
 ニューイングランド・ペイトリオッツ
 ニューヨーク・ジェッツ
・北地区
 ボルティモア・レイブンズ
・南地区
 インディアナポリス・コルツ
・西地区
 サンディエゴ・チャージャーズ
 カンザスシティ・チーフス

<NFC>
・東地区
 フィラディルフィア・イーグルス
 ダラス・カーボーイズ
 ニューヨーク・ジャイアンツ
・北地区
 シカゴ・ベアーズ
・南地区
 ニューオリンズ・セインツ
・西地区
 シアトル・シーホークス

 昨季優勝した,スティーラーズは8勝8敗でレギュラーシーズンを終え,プレーオフ出場ならず。
 台風の影響で,昨季ホームスタジアムを使用できなかった,ニューオリンズ・セインツは,今季地区優勝でプレーオフ出場を勝ち取った。これには,多くのニューオリンズの市民が勇気づけられただろう。
 ニューヨーク・ジャイアンツと同じ勝率ながら,タイ・ブレークでプレーオフ出場を逃したグリーンベイ・パッカーズ。QBファーブが引退を示唆するコメントを発表。

 私がNFLをチェックするきっかけとなったニューイングランド・ペイトリオッツは,地区優勝でプレーオフに臨む。
 個人的には,NFCのベアーズの存在が恐い。ここ数年,プレーオフでこのチームの名前を聞いた覚えがないのに,13勝もするとは。う~ん。ひょっとしてスーパーボウルまで行ってしまうかな?
 スーパーボウルは,2月4日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!1月10日号

 シーズンオフだが,西武ライオンズに関するニュースがいくつかある。気になる話題をチェックしていこう。

・ライオンズの呼称に地域名を検討(スポニチ,1/1)
 チーム名に地域名を入れることを検討中,とスポニチが報道している。
 プロ野球のフランチャイズは都道府県となっている。そのため,地名を冠するプロ野球チームの多くが,都道府県名をチームに入れている。
 北海道日本ハムファイターズ
 千葉ロッテマリーンズ
 東京ヤクルトファイターズスワローズ
 大阪近鉄バファローズ(合併のため現存しない)
 広島東洋カープ
 福岡ソフトバンクホークス

 例外
 東北楽天ゴールデンイーグルス(宮城県)
 横浜ベイスターズ(神奈川県)

 となると,ライオンズは,「埼玉西武ライオンズ」になるのか?個人的には,「所沢西武ライオンズ」の方がまだいいなぁ。

・伊東監督,今年は「魅せる野球」(1/3,日刊スポーツ)
 年初のファンとの集いが各所で開催され,ちょい悪ファッションで現れた伊東監督は,「今年は機動力のある野球」を掲げ,シーズンに臨むと発言。
 かつて,清原和博抜けた際,「機動力野球」を前面に出し,松井稼頭央という新しいスターを輩出した西武。見方を替えれば,投手力や打線に力がない場合は機動力に逃げる,とも取れなくもない。12/30のスポニチの報道では,具体的な戦力補強をしなければAクラスの転落どころか,最下位の可能性があることを示唆している。
 幸運にも,西武の選手には「足」をアピールする選手が多いことから,どの選手が出塁しても,盗塁の可能性があり,相手投手に圧力をかけることができる。その反面,出塁させなければいい,とも取られかねない。
 フロント,早く戦力補強した方がいいと思うよ。その前に,GM就任が先かな?

・炭谷,登録名を「銀仁朗」に。(1/3,日刊スポーツ)
 西武,炭谷銀仁朗捕手の登録名が,2007シーズンから,「銀仁朗」になることが3日発表された。
 昨年,開幕スタメンマスクをかぶった銀仁朗も,後半息切れをした。今季,正捕手争いに割って入って欲しい。
 ただ,大殺界だから変えない方がいいと言われたとか。変えたことが吉と出るか凶と出るか。

・越年組,赤田・三井がサイン(1/5,日刊スポーツ)
 越年組4人の中で,赤田・三井の契約更改が終わった。
 赤田は,事前にサインすることを心に誓って契約交渉に臨んだ。携帯電話がなるアクシデントに取り乱したことを,自身のHPなどでかなり誹謗中傷されたらしい。
 一方の,三井は出来高払いのオプションをつける契約交渉上手(1/6,スポニチ)。
 三井には引退後,フロント入りしてもらおう(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【Big Wed】2007ダカールラリー始まる

 年の初めの海外スポーツというと,テニスの全豪オープンとこのダカールラリー(通称「パリダカ」)。
 少し前まで,テレビ朝日が毎日のようにハイライトを放送していた時期があり,楽しみにしていたが,最近はほとんどハイライトを放送するテレビ局がなく,私は情報収集が辛い。さすがに砂漠を走るラリー。HPを更新するくらいなら,車体や自分の体のメンテナンスに時間を割くらしく,HPもあまり見かけない。仕方なく,あちこちサイトを探すしかない。

 で,今回のコースは,ポルトガルの首都リスボンからセネガルのダカールまでのコース。直前,ゲリラの可能性により,コースが700km短縮されたが,それでも8,000km弱の長丁場。チームの皆さんには,表彰台よりも無事に完走してくれることを祈るばかり。

 参加するのは,増岡(三菱パジェロ),菅原(日野レンジャー)の他,引退宣言を撤回して篠塚がイタリアチームからの参戦があったり,片山が廃植物油のディーゼル車で参戦したりと面白い。

 日程は,1月6日にスタート,21日にゴールという。
 この【Big Wed】でも,折に触れチェックしていきたい。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

【Big Wed】X league 4th down gamble!!60th RICE BOWL

Stadium 07-01

07/01/03
アメリカンフットボール日本選手権 第60回ライスボウル
オンワードスカイラークス(30-29)法政大学トマホークス
東京ドーム

 ここしばらく,一年の最初のStadiumは天皇杯サッカー決勝だった。
 それが,今年はライスボウル。今年,何か変わった一年の始まりだ。

 そのライスボウル,今年は4年に一度のワールドカップ・イヤー。しかも,日本での開催となれば,少しは盛り上がる……はず。今年は,32,598人の観客を集めたこの試合。私が,このライスボウルを見に行くようになってから,今年で7年目。初めて,東京ドームの2階席を開放しての観戦となった(ま,試合途中からですが)。

 今回の試合。いきなりのキック・オフ・リターン・タッチダウンから始まった。
 何か荒れる試合になるのかと,危惧したら案の定,前半は点の取り合い。オンワードスカイラークス(以下「OS」)が点を取れば,法政が追いつくという展開。トライ・フォー・ポイント(「TFP」)もOSが決めれば法政が決める,OSが外せば法政も外す,という仲のいい点の取り合い。前半終了時,20-20の得点。ハイスコアゲームになるのでは,と思った。

 後半,ディフェンスが修正したため,なかなか点の入らない締まったゲームになった。
 4Q,法政がランでこの試合初の勝ち越しを決める。この後のTFPで点が入らなかったことが,結果として大きく出る。
 落ち着いているOSは,その後のシリーズでしっかりと得点を獲り,同点に追いつく。TFPでは,きっちりと決め,30-29と逆転。

 双方一度ずつのシリーズ後,OSのシリーズ。残り時間をゆっくりと使い,4thダウン1で,ギャンブル。1ヤードしっかり進めて,攻撃権を継続すると,後は時計の進むのを待つばかり。OSがチーム発足後初の優勝となった。

 今回の試合で気付いたこと。久しぶり(半年ぶり)のアメフト。OSのQB,冨澤の精彩のなさが目に付いた。それまで,日本代表QBとしてならしてきた冨澤だが,この試合では,パスは2/5=40%の成功率,獲得ヤードは45ヤード。ラッシングに至っては,5回走って,マイナス13ヤード。ちょっとブレーキになってしまっている。

 今年のワールドカップ,QB冨澤の復活があると,盛り上がるんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【Big Wed】From the Pitch,天皇杯は浦和に凱歌

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednewsday】。
 1月1日(月),元日。
 この日,サッカーの公式戦をするのは,男子2チーム,女子2チームの4チームだけらしい。
 元日にサッカーの試合をできるのは,サッカー選手にとって幸福の至りらしい。アスリートでない私には分からない。
 その,天皇杯サッカー,決勝が行われ,浦和レッズが二連覇を達成した。浦和レッズはJリーグチャンピオンを合わせ,年間二冠を達成。浦和レッズがビッグクラブへの道を歩き始めた。

 浦和レッズ(1-0)ガンバ大阪

 浦和は,この日,ワシントン,闘莉王など主力選手が離脱。リーグ戦のスタメンとは異なる選手が出場した。しかし,終わってみれば無失点。まさに貫禄勝ちと言うところ。

 個人的には,1チームが同一年で複数のタイトルのを獲るのは好みではない。多くのチームが群雄割拠する姿の方が,リーグ全体としては盛り上がると感じているからだ。しかし,浦和は尋常ではない。そのチーム運営から選手層まで他のチームが羨むようなものだ。これなら,来季のACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)にも期待できる。浦和には,是非とも,年末のクラブ・ワールドカップまで出場して欲しい。

 もう一試合,女子の日本一を決める,第28回全日本女子サッカー選手権大会は,TASAKIが勝ち優勝した。

 岡山湯郷Belle 0-2(前半0-2) TASAKIペルーレFC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京ウォーキングマップ「風からはじまる2007/渡良瀬・足利」

 毎週日曜日,朝5時15分から,15分間(毎月最終週は午前4時45分~)。東京から日帰りで行ける場所へ散歩する番組。
 何年か前から,毎週(のように)見るようになった。その内容を備忘録代わりに,ここに残しておく。
 なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。

 放送日;07/01/07
 サブタイトル「風からはじまる2007/渡良瀬・足利」
 散歩師(出演者):森田奈央(フリーライター)

・渡良瀬川流域の河原にて
 熱気球レースを観戦。しかし,第10回渡良瀬カップは悪天候のため中止。

・スタート 足利市駅
   ↓
・足利まち歩きミュージアム にて足利市中繪入すごろく
   ↓
・足利学校
 天保9年(832年),小野篁(おののたかむら)が創設。「極東の大学」として,西洋にも紹介される。
 宥坐(ゆうざ)之器:不足でも過分でもない「中庸」を教えるのに用いられた。
   ↓
・めん割烹 なか川でそばをいただく。
 ここのメニュー等は皆,足利出身の書家,相田みつをの書。
 旅館時代の初代女将,中川光子さんが,相田みつをの作品を買ったのがきっかけで,書き物が必要の際は必ず,相田みつをに頼む,とは,四代目中川知彦さんの説明。
   ↓
・足利まちなか遊学館
 八丁撚糸機(足利型)
   ↓
・鑁阿寺
   ↓
・徳正寺
 住職 釆澤良浩さんが,毎年1月13日に開催されるまゆ玉市を説明してくれた。
   ↓
・足利織姫神社
 で,ゴール。


・今日のおみやげ
 ミートサブレ@虎谷

 今日は,私見を。
 この番組のbbsがあり,覗くと「年始め1回目から東京を離れるのは残念。」という書き込みがあった。もともと書き込み自体少ないbbs。数件もか書かれるといっぱい書かれているように思う。
 まぁ,「東京」と名が付いた番組。オープニングの映像も東京を前面に押し出しているのに,最近,東京都から離れてのロケは,少し残念に思うこともあるが,「年始め1回目から東京を離れるのは残念。」については,スタッフの肩を持ちたい,と思う。
 というのは,ある散歩師のホームページで年末に撮影する苦労を読んだからだ。
 年末に,お正月のネタをロケするのは非常に難しい。12月25日まで街は「クリスマス」一色。26日になって急に「お正月」風景へと変貌する。まさか,26日以降に「散歩」するわけにもいかず(編集・先様への納品の都合もあるだろう),どうしても,早め早めの撮影となるのではないだろうか。
 となると,撮影の映像に「クリスマス」が入ってしまう可能性が大きい。それを避けるがためには,東京から離れるのが一番と考えたのではないだろうか。繁華街の散歩が少なければ少ないほど,「クリスマス」を撮影する危険性もなくなる。そんなわけで,今年は,足利を選んだのではなかろうか。

 望むことなら,1月第1週・第2週は放送を休み,第3週に,実際の正月風景を散歩する回を放送してくれればいいのだが,それは視聴者のワガママなのか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「暗いところで待ち合わせ」

Ca330196
Screen 06-29

06/12/01
「暗いところで待ち合わせ」
シネスイッチ銀座

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評
「『クリムト』鑑賞後,どれを見ようか迷ってみた作品。物語に多少無理あるが,案外佳作。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「クリムト」

Screen 06-28

06/12/01
「クリムト」
シネスイッチ銀座

評価は(★10個で満点)
★★★★

一行批評
「眠い。ただ,それだけ。」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

先週のアクセス解析

2007年1月1日(月) 040 ★★★★
2007年1月2日(火) 070 ★★★★★ ★★
2007年1月3日(水) 092 ★★★★★ ★★★★
2007年1月4日(木) 123 ★★★★★ ★★★★★ ★★
2007年1月5日(金) 088 ★★★★★ ★★★★
2007年1月6日(土) 107 ★★★★★ ★★★★★ ★
2007年1月7日(日) 143 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★

 正月休みが開けたら,急にアクセスが増え始めた。
 正月休みはパソコンの前に座らず,仕事するようになってから,ネットを見るようになったということか。

 "pot"と"showta"でブログ検索,と何人かの年賀状に書いたら,その通りに検索する人がいた。なるほど,来年の年賀状はその作戦で行こう。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】1月8日(月)~14日(日)

 三連休,真っ最中。皆さんはいかがお過ごし?
 私は,今日明日と仕事(泣。
 で,そんなことにもめげず,来週のお薦めをば……。

●8日(月)
・ラグビーTOPリーグ 第12節
 日本IBMビッグブルー vs. クボタスピアーズ
NECグリーンロケッツ vs. 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
@秩父宮ラグビー場
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「武器や鎧をもつ魚たち」「哺乳類の進化」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
「森でくらす動物」「鳥たちの世界」
・ガイドツアー@多摩動物公園
「チンパンジーのくらし」「オーストラリアの動物たち」
・ガイドツアー@井の頭自然文化園
「草を食べる動物たち」「野鳥の森ウォッチング」

●9日(火)
・ミュージアムコンサート@東京都庭園美術館

●10日(水)
・「新作派による古典の会」
出演:昇太,喬太郎,白鳥,彦いち,山陽
(SWAメンバーだ~)
@横浜にぎわい座
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
「古代美術の楽しみ方」
・ミュージアムトーク「たてもの園歴史講座[19]『直参・御家人』」@江戸東京たてもの園

●11日(木)

●12日(金)
・朝日いつかは名人会 落語&とっておきトークタイム
出演者:立川志ら乃,立川笑志,立川談春
@浜離宮朝日ホール
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
「サルの世界」「小獣館の動物」
・アーティスト・トーク,秋岡美帆(画家)@国立近代美術館
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
「パブロ・ピカソ:変容の軌跡」
・権太楼ざんまい@お江戸日本橋亭
・月例三三独演@千代田区立内幸町ホール
▲この日は三三を見に。

●13日(土)
・「それぞれの『時そば』」
3人が,それぞれの個性でもって「時そば」を高座にかける。同じネタでも,こうも変わるか。落語の底力を見よ。
@国立演芸場
★チケット完売です。
・bjリーグ 東京アパッチ vs. 新潟アルビレックスBB(~14日(日))
@有明コロシアム
・アジアリーグアイスホッケー 西武 vs. 王子製紙(~14日(日))
@新横浜
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「前葉体はどこにいる?」「人類の進化を考える-ヒトはどこまで動物か-」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
「動物たちの食べるもの」「鳥たちの世界」
・展覧会「土から生まれるもの:コレクションがむすぶ生命と大地」開催(~3月25日(日))
・「そろばんを作って暗算名人になろう!ミニそろばんをつくって,そろばんの極意を学ぼう!」@リスーピア(~14日(日))

●14日(日)
・ラグビーTOPリーグ 第13節
 NECグリーンロケッツ - トヨタ自動車ヴェルブリッツ
東芝ブレイブルーパス - 三洋電機ワイルドナイツ
@秩父宮ラグビー場
セコムラガッツ - 日本IBMビッグブルー
クボタスピアーズ - コカ・コーラウエストレッドスパークス
@駒沢陸上競技場
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「貝類-どんな貝がいて,どんな生活をしているのか」「隕石と太陽系」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
「動物たちの食べるもの」「動物の足さばき」
・ガイドツアー@井の頭自然文化園
「ニホンリスウォッチング」「動物の食べ物」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月31日 - 2007年1月6日 | トップページ | 2007年1月14日 - 2007年1月20日 »