« 2007年4月1日 - 2007年4月7日 | トップページ | 2007年4月15日 - 2007年4月21日 »

2007年4月8日 - 2007年4月14日の記事

「joyの社会学」第1回 履修要覧から

 今週から始まる,「joyの家族社会学」。
 喜多川豊宇先生の「家族社会学」を履修したのは,1995年。20世紀のことだった。
 今回のjoyの家族社会学,第1回は当時の履修要覧記載の授業の予定を紹介する。


   *   *   *


家族社会学 -家族するの社会学-
喜多川豊宇(木曜2限)

講義内容
 共生の家族社会学
 ・・・世代・親子・男女・異文化間の隔壁を越えて・・・
 Let's try to do sociology of family!

 紅花栽培が女性人口を増やした江戸時代の農村家族,妻の死亡の不幸より,馬のそれは農家の破滅という諺が残る前近代ドイツ農村家族など近代家族前史から導入する。ロマンティックラブによってカップルが性の共同体的な監視を退けて,"愛情"中心へ傾斜していった最初の性革命から,より自由な現代の求愛行動,未婚,既婚カップル間のエロチックな関係重視がもたらした第二の性革命や"新不倫関係"といわれる最近の婚姻関係の不安定性までをたどる。
 濡れ落ち葉,粗大ゴミ,熟年離婚,家庭内別居,ホテル家族,冬彦現象,お宅族,結婚しないかもしれない症候群,シンデレラコンプレックス,夫拒否症,フィリピン花嫁etc……これらの現代用語はすべて現代家族や結婚に関係する日常的な,今日の日本の傾向を表すものである。これらにすべて共通にみられるキーワードは何であろうか?その答えは,「隔壁=bariier」である。さらに分類すると,世代間の隔壁,親子間の隔壁,男女間の隔壁,異文化の隔壁などに分けられる。現代家族を,こうした隔壁の視点からとらえ,いかにしてこうした,世代・親子・男女・異文化間などのさまざまな「壁」を超えて,共生を築けるかを探ってみる。家族する=Doing Familyという家族行為論の視点が出発点である。

年間授業スケジュール
 前期,後期通年
 恋愛,性愛や家族の歴史や現代状況,家族の日常世界の観察など具体的なデータを示し,共生の視点から問題展開する。奥さんや家内と古代ギリシャの女部屋(ジナイコニュティス)との共通性,アラブのベールとリエのサンタフェとの関係,マドンナの性の事故商品化,恋のマニュアル化といわれるマニュアル誌にひっぱられたビジネス・ターゲット化した恋愛論分析など,アップトゥデイトな素材を随時使用して,分かりやすく解説する。さらに,家族社会学を通して,生活世界を分析する。

指導方法
 年間1回のレポートがある。テーマは,予め用意したキーワード表から自由に選択する。自分を取りまく生活世界のすべてが教材である。

成績評価の方法
 年2回のテスト,レポート,出席が成績の対象になる。

テキスト
 随時指示

参考書
 随時指示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「硫黄島からの手紙」

Ca330170_1
Screen 07-10

07/02/26
「硫黄島からの手紙」
シネマイクスピアリ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★

一行批評
「淡々と進む前半。合理的な考えを持って指揮を執る渡辺謙。二宮和也の演技も及第点。二宮和也の奥さん役,どこかで見たと思ったら,裕木奈江だ……。」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【Feria】第101回ワイン会のお知らせ

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)。

=================================================================

第101回ワイン会
日時:2007年4月25日(水)19:00~
会場:フェリア
会費:5,000円

================================================================

テーマ:ビオロジー ビオディナミのワイン その5

 先回100回記念イベント,ありがとうございました。これからも200回,300回を目指していきます。よろしくお願いいたします。
さて,今回は,ブルゴーニュのビオのディディエ・モンシェベのワインを飲みます。非常にアーティスティックで,自らの理想を追求する素晴らしい造り手です。お楽しみ下さい。


出品ワイン 
・クレマンド・ブルゴーニュ (スパークリング)(白)
・アリゴテ '04(白)
・オーコート・ド・ボーヌ ブラン '03(白)
・オーコート・ド・ボーヌ ルージュ '02 (赤)
・ポマール '03 (赤)
・その他 

 お申し込みは,武蔵屋酒舗まで直接メールでお願いします。
 その際,メールのタイトルは「ワイン会の申込(ブログを見て)」としてください。
 締め切りは,4月23日(月)18:00まで。なお,満員の際はお断りする場合があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch番外編,どこへ行くFC東京

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 今週も忙しく,まとまった記事が書けないでいる。申し訳ない。
 で,そんな中でもFC東京のホーム戦はできる限り観戦しようとしている。

 しかし,だ。そのFC東京が今,おかしい。開幕ダッシュをできず,苦しんでいる。なぜだろうか。
 ゴール裏のサポーターが待ち望んだ原博実が監督に復帰してきた。
 ワンチョペを海外から呼んできた。
 ジュビロ磐田から福西を獲得した。
 ジェフの阿部が欲しいと動いた。
 フロントは,球団は,強いチームにしようと頑張り始めた。

 しかし,今季,結果がついてこない。

 基本的な問題はただ一つ。「ボールを奪っても動かない。」
 これにつきる。味方がボールを奪っても,味方が何かしてくれるだろうと動かない。
 味方がアーリークロスをあげようとすると前線にへばりつき,こぼれ球へのフォローがいない。
 味方が深い位置からクロスをあげても,反対側には誰も走り込んでこない。

 ボールを持った瞬間に,チーム全体がゴールに向けて有機的な動きを見せれば,自ずと道は開けてくる。スペースを開けるための動き,ボールを受けるための動き,フォローするための動き,選手一人一人が様々な動きを見せれば,相手チームは混乱し,点は取りやすくなる。しかし,今はそれがない。

 2002年の開幕戦,対鹿島戦は今でも覚えている。ボールがクリアーされても,そこになぜかFC東京の選手がいてボールを奪い取っているのだ。次から次へと鹿島ゴールに襲いかかる波状攻撃。4-2と2失点はしたものの,4得点という大量点と選手の動きに感動を覚えたものだ。

 今,FC東京の選手の動きには何も感じられない。動かず,ボールを奪い取られてから焦る姿。相手ゴールに攻め込もうとしても,強引に突っ込むしか方策がない。そんなことをしていては,道は開かれない。
 選手たちよ,いったん頭を冷やし,いつもと違った動きをしてみよう。
 ゴールへがむしゃらに突っ込むだけでなく,落ち着いてボールを回そう。
 味方がボールを持ったら,誰もいないところに動いてみよう。
 相手がボールを持ったら,相手のパスコースを消そう。
 そんなに難しいことを考えなくていい。
 シンプルにサッカーをしよう。
 そして,サッカーを楽しもう。

 今日は,ナビスコカップ,磐田戦。健闘を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「おもしろい噺の話/吾妻橋から吉原へ」

 一週間遅れで申し訳ない,と思ったら,放送はマスターズゴルフのため,お休み。運がいいのか悪いのか,追いついてしまった。

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「おもしろい噺の話/吾妻橋から吉原へ」(放送日:07/04/01)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:立川志らく(落語家)

スタート 銀座線浅草駅
 ↓
・吾妻橋 「文七元結」,「唐茄子屋政談」
 ↓
・雷門 「粗忽長屋」
 ↓
・浅草寺境内 「悋気の火の玉」
 「悋気」とは,嫉妬・焼きもちの意
 ↓
・言問通り ~ 隅田公園 ~ 竹屋の渡し跡 「船徳」
 ↓
・待乳山聖天 「文七元結」
 ↓
・今戸神社 「今戸の狐」,「今戸焼」
 ↓
・洋食 大木
 ご主人 倉島宗四郎さん
 H14.3.17放送の映像
 先代 故松浦謙助さんと立川談志師匠が一緒の写真
 ↓
・見返柳 「明烏」,「ねずみ穴」
 ↓
・明治通り
 ↓
・大関横町 ~ 浄閑寺(投げ込み寺)
 新吉原総霊塔:2万5千人の遊女達が無縁仏として葬られている。

 で,ゴール。


今日のお土産
 元結御守(木札)@今戸神社

★今日の感想
 立川志らくの落語に対する態度が感じられる内容。「文七元結」あたりは知っているが,「今戸の狐」は聞いたことがないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年4月2日(月) 060 ★★★★★ ★
2007年4月3日(火) 044 ★★★★
2007年4月4日(水) 070 ★★★★★ ★★
2007年4月5日(木) 077 ★★★★★ ★★★
2007年4月6日(金) 062 ★★★★★ ★
2007年4月7日(土) 100 ★★★★★ ★★★★★ 
2007年4月8日(日) 073 ★★★★★ ★★

 ようやく,一週間の平均が69アクセスというところまで持ち直した。それでも,全盛期よりは大分少ないアクセス。仕方ないか。
 それでも,7日(土)のアクセスが100というのは驚いた。私の友人あたりがアクセスしたのだろうか。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】4月9日(月)~15日(日)

 そう言えば,いつの間にか映画「ドリームガールズ」の上映規模が縮小されていた。行きたいんだけど,いつ行くか,早めに考えないと。

●9日(月)
・「栄助・天どんの会」
出演:春風亭栄助,三遊亭天どん ゲスト:三遊亭白鳥
@下北沢「劇」小劇場
・「扇遊・鯉昇・喜多八三人会」 ~睦会がやってきた~
出演:入船亭扇遊,瀧川鯉昇,柳家喜多八
@横浜にぎわい座

●10日(火)
・パシフィックリーグ
 東北楽天 vs 西武@フルキャストスタジアム宮城(~12日(木)) 東北楽天には,ルーキー,田中将大が。23日時点では1軍に漏れた。この頃には,登録されているか?
・三遊亭歌武蔵独演会  「らくだ」他1席
出演:歌武蔵,古今亭駒次,三遊亭歌ぶと
@横浜にぎわい座
▲「東京藝術大学創立120周年企画 芸大コレクション展 新入生歓迎・春の名品選」開催
@東京藝術大学大学美術館(~6月10日(日))

●11日(水)
・J2
  第8節第1日 19:00 札幌 vs 福岡 西が丘
第8節第1日 19:00 東京V vs 京都 味スタ
・ナビスコカップ
  Aグループ第4節 19:00 千葉 vs G大阪 フクアリ
Bグループ第4節 19:00 大宮 vs 横浜FM 駒場
Cグループ第4節 19:00 F東京 vs 磐田 国立
Cグループ第4節 19:00 横浜FC vs 大分 三ツ沢

●12日(木)

●13日(金)
・パシフィックリーグ
 千葉ロッテ vs 西武@千葉マリンスタジアム(~15日(日))
 西武,千葉マリン初見参。千葉ロッテは,曜日毎にイベントを設定。ちなみに,金曜日は,ワンコインFriday。ワンコインで買えるグッズ等を販売する。土曜日はキッズSaturday。ベースランニングを試合終了後実施。日曜祝日は,ファミリーHoliday。家族で楽しめるイベントを開催。千葉ロッテ,イベントの数では侮れない。

●14日(土)
・J1
  第6節第1日 13:00 大宮 vs 名古屋 駒場
第6節第1日 14:00 横浜FC vs 鹿島 日産ス
・「はだかの王様」
出演:石倉直樹,松崎菊也,すわ親治
@イイノホール
▲研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「昆虫の進化をたどる」「計算尺を作ろう-計算する機械の歴史-」
▲「モダン品の里帰り」展@東京都庭園美術館開催(~7月1日(日))
▲「藤森建築と路上観察 第10回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展帰国展」開催@東京オペラシティアートギャラリー(~7月1日(日))
▲「マルレーネ・デュマス - ブロークン・ホワイト」 開催@東京都現代美術館(~7月1日(日))
▲「ゆれる」「時をかける少女」公開@新文芸坐(~20日(金))

●15日(日)
・J1
  第6節第2日 15:00 柏 vs 浦和 国立
第6節第2日 15:00 川崎F vs 清水 等々力
・Jサテライト
Bグループ第2日 15:00 横浜FM vs 横浜FC MM21
▲メガマックカムバックデー@マクドナルド(~19日(木))
▲研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「陸上植物の初期進化」「犯罪捜査と人類学」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月1日 - 2007年4月7日 | トップページ | 2007年4月15日 - 2007年4月21日 »