« 繭から10 | トップページ | 地震の科学館 »

先週のアクセス解析

2007年11月26日(月) 227 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★ 
2007年11月27日(火) 254 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ 
2007年11月28日(水) 282 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★ 
2007年11月29日(木) 324 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★
2007年11月30日(金) 208 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★
2007年12月01日(土) 134 ★★★★★ ★★★★★ ★★★
2007年12月02日(日) 084 ★★★★★ ★★★

 先週は,二つの記事で,というか二つのテーマで,アクセスが急増した。
 一つは,訃報。私が10月に見に行った芝居,劇団空晴(からっぱれ)の女優,川下ともこさんが,タイで亡くなったのだ。
 テレビのニュースなどでは取り上げられたようだが,私は機会を逸してしまった。直後に防衛省,守屋前次官が逮捕になったのでマスメディアはそちらに流れていった。

 まだ,旗揚げしたばかりの劇団。第1回公演を無事に終えたばかりなのに。
 旗揚げ公演,彼女は三人兄弟,いや,女性を含むから姉弟?まぁ,いいか。三人姉弟の姉を演じていた。舞台が始まってから出ずっぱり。ずぅっと座ったままで,しかも無言。"?"と思ったら,ラスト,その仕掛けが分かった。なるほど,そう言うことだったのか。

 そう,以前の記事で,この劇団に「文七元結」をやって欲しいと書いた。
 その話でも。
 この劇団,岡部尚子 上瀧昇一郎 平本光司 川下ともこ 小池裕之の5人しか劇団員がいない。小さな劇団である。しかし,それぞれに個性のある俳優陣。見ていて,「文七元結」に出てくる面々に見えてきた。

 岡部尚子さんは,左官の長兵衛の後添いの妻,お兼と,佐野槌(さのつぢ)の女将さんのダブルキャストが良い。どちらも,彼女の「関西のおばちゃん」キャラを生かして欲しい。
 上瀧昇一郎さんは,言わずとしれた,左官の長兵衛。関西劇団の役者なのに,江戸っ子気質を演じられそうだ。出した五十両を引っ込められずにそのまま無理矢理渡す芝居が目に浮かぶ。
 平本光司さんには,文七をお願いしようか。それとも,小池裕之さんの方がいいかな。
 川下ともこさん,左官の長兵衛の娘,お久をお願いしたかった。「お父っつぁん。」と行儀正しく,佐野槌で長兵衛に挨拶する姿が見たかった。

 小さな劇団に,時代劇をやらせるのは難しいとは思った。小道具などそろえるのにお金がかかるから。で,考えたのが,五人分の座布団を舞台上横一列に並べ,俳優陣は浴衣で登場。落語よろしく,扇子と手ぬぐいで演じたら面白いだろうなぁ,とも思った。小道具が少ない分,俳優の演技力が問われるが,劇団空晴のこと,何とかなるだろう。

 いつの日か,この芝居が見たかったのに……。

 現在,劇団のホームページや俳優のブログは閲覧ができない。中には閉鎖されたものもある。事件のニュース直後,亡くなった川下さんのブログの記事が報道されるので,彼らが記事を削除したのだろう。

 インターネットが発達した現在,何か事件があると,ネットで検索,特定のサイトに集中することがよくある。サイトによっては書き込みができるので,サイトが炎上することも。セクシャル・ハラスメント(セクハラ),パワー・ハラスメント(パワハラ)ならぬ,ネット・ハラスメント(ネトハラ)とでも言うべきか。


 もう一つ,アクセスが増えたのは,「【Big Wed】W杯バレー,トップを鍛えるだけでなく」。ちょうど,ワールドカップ男子が行われいる時の記事。タイムリーな話題のせいか,アクセスが多かった。ある意味,訃報記事を忘れさせてくれるくらい多かった(というか,本当に一過性のアクセスだった。)。

 週末には落ち着いてきたアクセス。もう少し地道にブログを運営していくことにしよう。身分不相応なアクセスは,ちょっと……。

 今週もご愛読感謝。そして,合掌。

|

« 繭から10 | トップページ | 地震の科学館 »

Stage」カテゴリの記事

View of 翔太」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週のアクセス解析:

« 繭から10 | トップページ | 地震の科学館 »