« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の記事

先週のアクセス解析

2007年12月24日(月) 085 ★★★★★ ★★★★
2007年12月25日(火) 168 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★
2007年12月26日(水) 101 ★★★★★ ★★★★★
2007年12月27日(木) 085 ★★★★★ ★★★★
2007年12月28日(金) 065 ★★★★★ ★★
2007年12月29日(土) 068 ★★★★★ ★★
2007年12月30日(日) 130 ★★★★★ ★★★★★ ★★★

 やはり,お正月が近いせいか,「新宿山の手七福神巡り(西武鉄道)」へのアクセスが増えてきた。
 今年の七福神巡りではなく,2006年の七福神巡りというも面白い。

 今年一年,色々なところに訪れた。
 まだ,12月分の積み残しがあるが,1月に少しずつ紹介していくことにしよう。
 皆さんの訪問があったから,ここまでブログを更新することができた。今日の記事で,丸三年ブログが続いたことになる。よくもまぁ,こんなに続いたものだ。
 これからも,できる限り,ブログをアップしていく所存。
 今年もご愛読感謝。よいお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】12月30日(月)~1月6日(日)

◆31日(月)
・「にぎいわい座新年カウントダウン寄席」[完売御礼]
出演:志の輔,文都,全楽,笑志,志の吉,伝の会,松元ヒロ,ダメじゃん小出,寒空はだか,玉置宏
@横浜にぎわい座

◆1日(火)
・特別企画展「花の詩画と書の世界 星野富弘・相田みつを展」@相田みつを美術館(~3月2日(日))
・新春館長作品ガイド@相田みつを美術館
 第1回11:00~/第2回15:00~(お申込みの必要はございません)
・新春お年玉プレゼント(オリジナル非売品)ご入館者全員@相田みつを美術館(~3日(木))
・新春書初め 各日先着100名様(申込不要)@相田みつを美術館(~3日(木))
・ミュージアムショップにてお楽しみ・みつを福袋(各日限定50個)と恒例の古印最中、MEETサブレを販売。@相田みつを美術館(~3日(木))・カフェにておしるこを販売。(各日限定30食)@相田みつを美術館(~3日(木))
 2日から開館する博物館を取り上げるだけでビックリしたのに,相田みつを美術館は元日からオープン。頭が下がる。
▲「いのちの食べ方」上映中@イメージフォ-ラム
▲「線路と娼婦とサッカーボール 」上映中@シアターN渋谷(~18日(金))
▲第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝@国立競技場
▲上野鈴本演芸場 正月初席(第一部)(元日~6日(日))
歌る多(松づくし)一九/さん生,一朝,太神楽社中,若圓歌/歌司,菊之丞,ホームラン,ゆめじ・うたじ,文楽,彦いち/白鳥,,カンジヤマ・マイム,志ん五,扇好/歌武蔵,にゃん子・金魚/遊平・かほり,歌之介,南喬/文生,木久扇(仲入り)アサダ二世,馬の助/馬生,(四日~五日)きみまろ,正蔵,小円歌,(主任)圓歌
▲上野鈴本演芸場 正月初席(第二部)(元日~6日(日))
伊藤夢葉,美智,しん平,菊丸/才賀,馬風,喜多八,ホンキートンク/ロケット団/笑組,志ん橋/正雀,文左衛門/圓太郎,喬太郎/たい平,扇遊,ニューマリオネット,川柳,志ん輔,圓蔵(仲入り)ひろし・順子,いっ平/玉の輔/勢朝,二楽,(主任)小朝
▲上野鈴本演芸場 正月初席(第三部)(元日~6日(日))
紋之助,一琴/禽太夫/福治,小袁治/小燕枝,三三/白酒,小さん,のいる・こいる,雲助,〆治/正朝,甚語楼/左龍,世津子/小雪,伯楽,扇橋,さん喬,小菊/紫文,金馬(仲入り),寿獅子太神楽社中,燕路/はん治,小猫,花緑/市馬,権太楼,正楽,(主任)小三治
▲新宿末廣亭 正月初席(第一部)(~10日(木))
夏丸/鯉橋/健太郎/慎太郎/可龍/鹿の子,柳太郎/文月/夢花,米福/歌助/竹丸,右左喜/柳桜/右京,北見伸,伸治/蝠丸/伸乃介,栄馬,夢太朗,スミ,円遊,笑三(仲入り)円馬/遊史郎/遊雀,幸丸/鯉昇/笑遊,京太・ゆめ子,歌春,可楽,今丸,(主任)米丸
▲新宿末廣亭 正月初席(第二部)(~10日(木))
夢吉/べん橋/鯉之助/花丸/ひまわり,歌六,春馬/遊之介/円丸,紅/紫/松鯉,円雀,八重子,円輔,昇太,助六,コントD51,金遊/米助,小遊三(仲入り)歌蔵/米多朗/歌若,右紋/楽輔/小円右
Wモアモア,茶楽,桃太郎,ボンボンブラザース,(主任)歌丸
▲新宿末廣亭 正月初席(第三部)(~10日(木))
円満/きらり/京子/朝夢/里光/錦之輔,昇乃進/鯉朝/柳之助,小南治/金太郎/南なん,寿輔,マグナム小林,右団治/平治/小文治,円枝,小柳枝,ひでや・やすこ,円,鶴光(仲入り)柏枝/とん馬/遊吉,富丸/左遊/円馬,宮田章司,雷蔵,夢丸,北見マキ,(主任)遊三
▲浅草演芸ホール 正月初席(第一部)(~5日(土))
すい平/三寿/せん八/圓龍,我太楼/柳朝/三三,紫文,菊生/馬遊/駿菊,白馬/左橋/圓王,さん馬,菊輔/菊寿/菊千代,のん平/錦平/源平,京二・たかし,菊春/志ん弥/菊龍,才賀/八朝,マギー隆司,馬楽/小団治,歌武蔵/圓太郎,近藤志げる,志ん五,木久蔵/久蔵/きく姫,小菊,(主任)木久扇
▲浅草演芸ホール 正月初席(第二部)(~5日(土))
丈二/さん福/半七/さん枝,ロケット団, 圓十郎/仲蔵/蔵之助,正雀,川柳,ニューマリオネット,圓丈,圓鏡/竹蔵/二三蔵,小満ん,歌る多,一朝,志ん輔/志ん橋,文楽,ひろし・順子,世之介/扇遊,歌之介,伯楽,遊平・かほり,富蔵/半蔵,いっ平,圓菊,(四日~五日),きみまろ,(主任)圓蔵▲浅草演芸ホール 正月初席(第三部)(~5日(土))
志ん馬/らん丈/扇生/清麿,多歌介/歌雀/小歌,左楽/小勝,二楽,小里ん/小燕枝,正蔵,歌司,アサダ二世,小朝,馬生/小ゑん,文生,元九郎/柳月三郎,市馬,喬太郎/たい平,ゆめじ・うたじ,若圓歌/馬桜,馬風,小円歌,(主任)圓歌
▲浅草演芸ホール 正月初席(第四部)(~5日(土))
小きん/小三太/小はん/栄枝,にゃんこ・金魚,喬之助/菊志ん/馬石,扇橋,寿獅子太神楽社中,窓里/勢朝/吉窓,駒三/馬の助/今松,小猫,花緑,権太楼,小三治,正楽,南喬,さん吉,寿々栄/亀太郎,小さん,しん平/鉄平/種平,紋之助,金也/金八/金時,雲助,ひびきわたる/ぺぺ桜井,正朝,小金馬,小雪,さん喬,志ん駒,のいる・こいる,(主任)金馬
▲池袋演芸場 正月初席(第一部)(~10日(木))
昇美依/笑海/月夢/花助/可女次,一矢,歌若/米多朗/歌蔵,笑遊/鯉昇/幸丸,健二郎,小円右/楽輔/右紋,助六,京丸・京平,円輔(仲入り)伸之介/蝠丸/伸治,松鯉/紫/紅,まねき猫,夢太朗,円遊,扇鶴,(主任)笑三
▲池袋演芸場 正月初席(第二部)(~10日(木))
遊馬/遊喜/鯉太/柳太/小蝠,夢花/文月/柳太郎,ナイツ,遊雀/遊史郎/円馬,右京/柳桜/右左喜,美由紀,竹丸/歌助/米福,歌春,やなぎ南玉,可楽(仲入り)円丸/遊之介/春馬,小文治/平治/右団治,ぴろき,円雀,昇太,正二郎,(主任)小遊三
▲池袋演芸場 正月初席(第三部)(~10日(木))
鯉枝/笑好/笑松/桃之助/和光,陽・昇,遊吉/とん馬/柏枝,新山真理,左円馬/左遊/富丸,雷蔵,小天華,夢丸,桃太郎,東京ボーイズ,遊三(仲入り)柳之助/鯉朝/昇之進,南なん/金太郎/小南治,喜楽,茶楽,寿輔,うめ吉,(主任)小柳枝

◆2日(水)

============================================================

・1月2日から開館の博物館等
 国立科学博物館,東京国立博物館,旧東京音楽学校奏楽堂,恩賜上野動物園,多摩動物公園,葛西臨海水族園,井の頭自然文化園,台東区立下町風俗資料館,ブリヂストン美術館,東京都写真美術館,大倉集古館,江戸東京博物館,江東区芭蕉記念館,深川江戸資料館,東京都現代美術館, 浜離宮恩賜庭園,旧芝離宮恩賜庭園,小石川後楽園,旧岩崎邸庭園(台東区)
,六義園,清澄庭園,旧古河庭園,殿ヶ谷戸庭園

============================================================

・「美術館へ行こう~A Day in the Museum~」無料観覧日@東京国立近代美術館,東京国立博物館
 この日,常設展の入場料は無料。
・東京都立の博物館・美術館もいくつか,常設展は無料。
 無料となる都立博物館・美術館
 東京都写真美術館(展覧会による。要確認。映画は4日まで1,000円。),東京都現代美術館

============================================================

・2008新春サイエンススクエア@国立科学博物館(~6日(日))
・奏楽堂ニューイヤーコンサート@旧東京音楽学校奏楽堂(~3日(木))
・使い捨てカイロのプレゼント@恩賜上野動物園,多摩動物公園,葛西臨海水族園,井の頭自然文化園(~3日(木))
・PENGUIN PARK(ペンギンパーク)開催中(~3月31日(月))
・園長と動物たちがお出迎え@恩賜上野動物園(~3日(木))
 9:30-10:00、表門付近で園長小宮輝之とラマなどの動物がみなさんをお出迎え!
・園長と記念写真を撮ろう!@恩賜上野動物園(~3日(木))
 10:30-11:00、表門付近(雨天時はキジ舎前テント内)で実施。撮影用カメラ持参のこと。
・獅子舞@恩賜上野動物園(~3日(木))
 11:00-11:30(東園総合案内所横)
 12:00-13:00(東園および西園の食堂・売店付近)
・タイ舞踊@恩賜上野動物園
 13:00-13:30、14:00-14:30
・新春プレゼント@恩賜上野動物園
 お汁粉と飲み物 10:00から先着1,000名。東園総合案内所横(雨天時はテント内)
 干支柄おせんべい 10:30から先着1,000名。東園総合案内所横(雨天時はテント内)
・動物たちの初詣@恩賜上野動物園(~3日(木))
 お正月らしい飾りつけの容器等に好物の餌を入れて、放飼場にセット。
 ニホンザル11:30から
 ジェフロイクモザル13:00から
 クビワペッカリー13:50から
 コビトマングース(小獣館)15:00から。それぞれ約15分。それぞれ展示舎で実施。
・着ぐるみの動物たちと園長のお出迎え@多摩動物公園(~3日(木))
 9:30-10:00、正門付近でお出迎え!
・新春・おしるこで温まろう @多摩動物公園
 9:30から。ウォッチングセンター前で先着300名
・干支の動物ネズミとそれをとりまく生きものスタンプラリー @多摩動物公園(~4日(金))
 ネズミとネズミをとりまく生物のスタンプを園内に設置。スタンプを集めてゴールすると記念品。受付は9:30-12:00(雨天中止)。正門情報テントでスタンプ用紙を配布します。ゴールはウォッチングセンター動物ホール。記念品の交換は16:00まで。
・干支のキーパーズトーク「だいチューもく!とうきょうネズミだぞ」@多摩動物公園(~3日(木))
 2008年の干支ネズミにちなみ、飼育係が「とうきょうネズミ」についてお話しします。13:30-14:00
・昆虫タッチ・タッチ・タッチ@多摩動物公園(~3日(木),5日(土)、6日(日))
 14:15-14:45、昆虫園本館昆虫ホールにて
・落ちないオランウータンの「げんかつぎ」@多摩動物公園(~2月26日(火))
 樹上生活をするオランウータン。握力は強く、木にしっかりつかまり、めったに落ちません。落ちないオランウータンにあやかり、げんかつぎをしませんか?
・新春寿ペンギンクイズに挑戦@葛西臨海水族園(~4日(金))
 9:30-14:00
・ペンちゃん&ガンちゃんがお出迎え@葛西臨海水族園
 10:30-11:30
・凧をあげよう──凧揚げで迎春(~4日(金))
 13:30-15:00、園内の「芝生広場」で凧を揚げてみませんか。雨天・悪天候時中止。
・新春フロアレクチャー「土田ヒロミのニッポン」展@東京都写真美術館(~4日(金))
・おめでとう写美クイズ@東京都写真美術館(~4日(金))
クイズに答えてすてきな写美グッズをもらおう!
毎年恒例の「写美クイズ」は、展覧会にちなんだクイズを出題。
くじ引きで素敵な賞品が当たります!
※観覧チケットご購入時にクイズ用紙をお渡しいたします
・しゃび雅楽@東京都写真美術館(~4日(金))
・「文学の触覚」@東京都写真美術館(~2月17日(日))
・クイズラリーに参加しよう!@江戸東京博物館(~4日(金))
・ 特別展「北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」開催中@江戸東京博物館(~27日(日))
・「北斎漫画」展@江戸東京博物館(~2月11日(月))
・「新春企画 博物館に初もうで 」@東京国立博物館(~27日(日))
・TNM&TOPPANミュージアムシアター「国宝 聖徳太子絵伝」上映,新シナリオ「不思議な太子」開始@東京国立博物館
・新春特別展示 子年に長寿を祝う@東京国立博物館(~27日(日))
・新春の国宝室 松林図屏風@東京国立博物館(~14日(月))
 07年,初めてこの屏風絵を見たとき,窓から外の景色を除いている錯覚に陥ったのを記憶している。それだけ幻想的な絵だった。
・ 新春特集陳列 吉祥―歳寒三友を中心に―@東京国立博物館(~27日(日))
・陽明文庫創立70周年記念特別展「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」@東京国立博物館(~2月24日(日))

============================================================

・旧岩崎邸庭園「金唐革紙で彩られた旧岩崎邸庭園で新春を祝う」(~3日(木))
 企画展示「金唐革紙展」(~20日(日))
 小岩井農場からのお年玉(2日のみ 9時~ ※無くなり次第終了)
  小学生以下のお子様、先着80名様に限り、クッキーをプレゼント。
 新春祝い酒(2日のみ 9時~ ※無くなり次第終了)
 庭園ガイド(~3日(木))
  各日11時・14時(各回約1時間)
 冬牡丹展示 約15鉢の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。
・六義園「新春を六義園でお祝いしましょう」(~3日(木))
 獅子舞と貫井囃子(3日のみ)
 玉露の会
 新春祝い酒(2日のみ ※無くなり次第終了)
 六義園紅白饅頭(2日のみ ※無くなり次第終了)
  20歳未満の方(新春祝い酒対象外の方)先着100名様に限り、地元の和菓子屋さん特製の紅白饅頭をプレゼント
 庭園ガイド
 冬牡丹展示 約30鉢の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。
・清澄庭園「下町気分でお正月」(~3日(木))
 下町新春落語
 六和囃子響美会獅子舞
 涼亭で過ごすお正月
  ※涼亭は、通常非公開で、集会施設としての利用のみ可
 清澄庭園のいま・むかし
 新春祝い酒とお楽しみ袋(2日のみ 9時~ ※無くなり次第終了)
  東京の地酒をご賞味ください。小学生以下のお子様には、先着100名様に限り、お楽しみ袋をプレゼント。
 庭園ガイド
 その他にも
  お休み処  場所:大正記念館 10時~16時
  冬牡丹展示 約6鉢の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。
・旧芝離宮恩賜庭園「江戸の名園で、落語を聴いて初笑い!」(~3日(木))
 楽寿亭 新春落語
 新春祝い酒(2日のみ 10時~ ※無くなり次第終了)
 冬牡丹展示 約30鉢の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。
・旧古河庭園「大正ロマンの庭園でお正月を楽しもう」(~3日(木))
 獅子舞とお囃子
 新春祝い酒とお楽しみ袋(2日のみ 9時~ ※無くなり次第終了)
  小学生以下のお子様には、先着100名様に限り、お楽しみ袋をプレゼント。
 羽根つきと独楽広場
 庭園ガイド
・小石川後楽園「大名庭園でお正月」(~3日(木))
 新春・初釜
 佃川流・大江戸玉すだれ(2日のみ)
 江戸太神楽(3日のみ)
 新春祝い酒とお楽しみ袋(2日のみ 9時~ ※無くなり次第終了)
  小学生以下のお子様には、先着200名様に限り、お楽しみ袋をプレゼント。
 庭園ガイド
 その他にも
  懐かしい正月遊び 場所:松原
  記念撮影コーナー 場所:しだれ桜前広場
  お休み処 場所:涵徳亭
  冬牡丹展示 約5鉢の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。
・浜離宮恩賜庭園「浜離宮恩賜庭園で華やかなお正月を!」(~3日(木))
 新春の空に鷹が舞う!諏訪流放鷹術の実演
 神田囃子・寿獅子(2日のみ)
 江戸太神楽(3日のみ)
 新春茶席
 江戸伝統工芸展
 お楽しみ広場
  羽根つきや独楽まわしなどの遊び方を庭園職員が説明いたします。昔懐かしい正月遊びを体験してみませんか。
 竹とんぼに挑戦!!
 凧づくり教室(3日のみ 10時~ ※雨天中止)
 新春祝い酒(2日のみ 10時~ ※無くなり次第終了)
 庭園ガイド
 パネル展示~潮入りの池の生物~
 冬牡丹展示 約30の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。

============================================================

▲「マリア」公開中@テアトルタイムズスクエア(~11日(金))
▲「チャプター27」公開中@シネクイント(~25日(金))
▲プロ野球マスターズリーグ 東京ドリームス vs 札幌アンビシャス@東京ドーム

◆3日(木)
▲「オンエアバトルデラックス タカアンドトシの正月か!」@NHK総合 THE GEESE出演
▲「志の輔らくごin PARCO」(~27日(日))@渋谷パルコ
出演:立川志の輔
▲幕張 「幕張大道芸フェスティバル2008新春inイトーヨーカ堂幕張店」
コージ・コーヨー・mamiカノー(ふくろこうじ・山本光洋・加納)出演

●4日(金)
・新春フロアレクチャー「日本の新進作家vol.6 スティル/アライヴ」展@東京都写真美術館
・ミュージアムトーク「ラジオの登場」@江戸東京博物館

◆5日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「葉の裏表」「琉球列島の人たち」
・プチ凧を作ろう@葛西臨海水族園(~6日(日))
 10:00から、本館「東京の海」エリア前にて。各日先着500名まで
・研究員による所蔵品ガイド@東京国立近代美術館
・「吉祥のこころ」@泉屋博古館分館(~2月17日(日))
・和算のひみつ@江戸東京博物館
▲「腰抜けども,悲しみの愛を見せろ」,「キサラギ」公開@早稲田松竹(~11日(金))
▲開館!Esquireシネマテーク@シネセゾン渋谷(~14日(日))
▲「マリア」公開@シネマイクスピアリ
▲アイスホッケーアジアリーグ SEIBUvsクレインズ@DyDo
▲TBS ラジオ土曜ワイド 10時~オオタスセリ出演
「六輔交遊録のコーナーに、呼ばれてないゲストとして……」

◆6日(日)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「ハチの多様性」「ロボットについて」
・日曜コンサート@旧東京音楽学校奏楽堂
・MOMATガイドスタッフによるハイライト・ツアー@東京国立近代美術館
▲アイスホッケーアジアリーグSEIBUvsクレインズ@DyDo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Monthly翔太】2008年1月のお薦め

 申し訳ない。
 今回は,ミュージアム編のみのご紹介だ。あまりに情報量が多すぎて,とても書ききれない。
 このフォローは,【来週何スル?】で。

◆1日(火)
・特別企画展「花の詩画と書の世界 星野富弘・相田みつを展」@相田みつを美術館(~3月2日(日))
・新春館長作品ガイド@相田みつを美術館
 第1回11:00~/第2回15:00~(お申込みの必要はございません)
・新春お年玉プレゼント(オリジナル非売品)ご入館者全員@相田みつを美術館(~3日(木))
・新春書初め 各日先着100名様(申込不要)@相田みつを美術館(~3日(木))
・ミュージアムショップにてお楽しみ・みつを福袋(各日限定50個)と恒例の古印最中、MEETサブレを販売。@相田みつを美術館(~3日(木))・カフェにておしるこを販売。(各日限定30食)@相田みつを美術館(~3日(木))
 2日から開館する博物館を取り上げるだけでビックリしたのに,相田みつを美術館は元日からオープン。頭が下がる。

◆2日(水)

============================================================

・1月2日から開館の博物館等
 国立科学博物館,東京国立博物館,旧東京音楽学校奏楽堂,恩賜上野動物園,多摩動物公園,葛西臨海水族園,井の頭自然文化園,台東区立下町風俗資料館,ブリヂストン美術館,東京都写真美術館,大倉集古館,江戸東京博物館,江東区芭蕉記念館,深川江戸資料館,東京都現代美術館, 浜離宮恩賜庭園,旧芝離宮恩賜庭園,小石川後楽園,旧岩崎邸庭園(台東区)
,六義園,清澄庭園,旧古河庭園,殿ヶ谷戸庭園

============================================================

・「美術館へ行こう~A Day in the Museum~」無料観覧日@東京国立近代美術館,東京国立博物館
 この日,常設展の入場料は無料。
・東京都立の博物館・美術館もいくつか,常設展は無料。
 無料となる都立博物館・美術館
 東京都写真美術館(展覧会による。要確認。映画は4日まで1,000円。),東京都現代美術館

============================================================

・2008新春サイエンススクエア@国立科学博物館(~6日(日))
・奏楽堂ニューイヤーコンサート@旧東京音楽学校奏楽堂(~3日(木))
・使い捨てカイロのプレゼント@恩賜上野動物園,多摩動物公園,葛西臨海水族園,井の頭自然文化園(~3日(木))
・PENGUIN PARK(ペンギンパーク)開催中(~3月31日(月))
・園長と動物たちがお出迎え@恩賜上野動物園(~3日(木))
 9:30-10:00、表門付近で園長小宮輝之とラマなどの動物がみなさんをお出迎え!
・園長と記念写真を撮ろう!@恩賜上野動物園(~3日(木))
 10:30-11:00、表門付近(雨天時はキジ舎前テント内)で実施。撮影用カメラ持参のこと。
・獅子舞@恩賜上野動物園(~3日(木))
 11:00-11:30(東園総合案内所横)
 12:00-13:00(東園および西園の食堂・売店付近)
・タイ舞踊@恩賜上野動物園
 13:00-13:30、14:00-14:30
・新春プレゼント@恩賜上野動物園
 お汁粉と飲み物 10:00から先着1,000名。東園総合案内所横(雨天時はテント内)
 干支柄おせんべい 10:30から先着1,000名。東園総合案内所横(雨天時はテント内)
・動物たちの初詣@恩賜上野動物園(~3日(木))
 お正月らしい飾りつけの容器等に好物の餌を入れて、放飼場にセット。
 ニホンザル11:30から
 ジェフロイクモザル13:00から
 クビワペッカリー13:50から
 コビトマングース(小獣館)15:00から。それぞれ約15分。それぞれ展示舎で実施。
・着ぐるみの動物たちと園長のお出迎え@多摩動物公園(~3日(木))
 9:30-10:00、正門付近でお出迎え!
・新春・おしるこで温まろう @多摩動物公園
 9:30から。ウォッチングセンター前で先着300名
・干支の動物ネズミとそれをとりまく生きものスタンプラリー @多摩動物公園(~4日(金))
 ネズミとネズミをとりまく生物のスタンプを園内に設置。スタンプを集めてゴールすると記念品。受付は9:30-12:00(雨天中止)。正門情報テントでスタンプ用紙を配布します。ゴールはウォッチングセンター動物ホール。記念品の交換は16:00まで。
・干支のキーパーズトーク「だいチューもく!とうきょうネズミだぞ」@多摩動物公園(~3日(木))
 2008年の干支ネズミにちなみ、飼育係が「とうきょうネズミ」についてお話しします。13:30-14:00
・昆虫タッチ・タッチ・タッチ@多摩動物公園(~3日(木),5日(土)、6日(日))
 14:15-14:45、昆虫園本館昆虫ホールにて
・落ちないオランウータンの「げんかつぎ」@多摩動物公園(~2月26日(火))
 樹上生活をするオランウータン。握力は強く、木にしっかりつかまり、めったに落ちません。落ちないオランウータンにあやかり、げんかつぎをしませんか?
・新春寿ペンギンクイズに挑戦@葛西臨海水族園(~4日(金))
 9:30-14:00
・ペンちゃん&ガンちゃんがお出迎え@葛西臨海水族園
 10:30-11:30
・凧をあげよう──凧揚げで迎春(~4日(金))
 13:30-15:00、園内の「芝生広場」で凧を揚げてみませんか。雨天・悪天候時中止。
・新春フロアレクチャー「土田ヒロミのニッポン」展@東京都写真美術館(~4日(金))
・おめでとう写美クイズ@東京都写真美術館(~4日(金))
クイズに答えてすてきな写美グッズをもらおう!
毎年恒例の「写美クイズ」は、展覧会にちなんだクイズを出題。
くじ引きで素敵な賞品が当たります!
※観覧チケットご購入時にクイズ用紙をお渡しいたします
・しゃび雅楽@東京都写真美術館(~4日(金))
・「文学の触覚」@東京都写真美術館(~2月17日(日))
・クイズラリーに参加しよう!@江戸東京博物館(~4日(金))
・ 特別展「北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」開催中@江戸東京博物館(~27日(日))
・「北斎漫画」展@江戸東京博物館(~2月11日(月))
・「新春企画 博物館に初もうで 」@東京国立博物館(~27日(日))
・TNM&TOPPANミュージアムシアター「国宝 聖徳太子絵伝」上映,新シナリオ「不思議な太子」開始@東京国立博物館
・新春特別展示 子年に長寿を祝う@東京国立博物館(~27日(日))
・新春の国宝室 松林図屏風@東京国立博物館(~14日(月))
 07年,初めてこの屏風絵を見たとき,窓から外の景色を除いている錯覚に陥ったのを記憶している。それだけ幻想的な絵だった。
・ 新春特集陳列 吉祥―歳寒三友を中心に―@東京国立博物館(~27日(日))
・陽明文庫創立70周年記念特別展「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」@東京国立博物館(~2月24日(日))

============================================================

・旧岩崎邸庭園「金唐革紙で彩られた旧岩崎邸庭園で新春を祝う」(~3日(木))
 企画展示「金唐革紙展」(~20日(日))
 小岩井農場からのお年玉(2日のみ 9時~ ※無くなり次第終了)
  小学生以下のお子様、先着80名様に限り、クッキーをプレゼント。
 新春祝い酒(2日のみ 9時~ ※無くなり次第終了)
 庭園ガイド(~3日(木))
  各日11時・14時(各回約1時間)
 冬牡丹展示 約15鉢の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。
・六義園「新春を六義園でお祝いしましょう」(~3日(木))
 獅子舞と貫井囃子(3日のみ)
 玉露の会
 新春祝い酒(2日のみ ※無くなり次第終了)
 六義園紅白饅頭(2日のみ ※無くなり次第終了)
  20歳未満の方(新春祝い酒対象外の方)先着100名様に限り、地元の和菓子屋さん特製の紅白饅頭をプレゼント
 庭園ガイド
 冬牡丹展示 約30鉢の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。
・清澄庭園「下町気分でお正月」(~3日(木))
 下町新春落語
 六和囃子響美会獅子舞
 涼亭で過ごすお正月
  ※涼亭は、通常非公開で、集会施設としての利用のみ可
 清澄庭園のいま・むかし
 新春祝い酒とお楽しみ袋(2日のみ 9時~ ※無くなり次第終了)
  東京の地酒をご賞味ください。小学生以下のお子様には、先着100名様に限り、お楽しみ袋をプレゼント。
 庭園ガイド
 その他にも
  お休み処  場所:大正記念館 10時~16時
  冬牡丹展示 約6鉢の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。
・旧芝離宮恩賜庭園「江戸の名園で、落語を聴いて初笑い!」(~3日(木))
 楽寿亭 新春落語
 新春祝い酒(2日のみ 10時~ ※無くなり次第終了)
 冬牡丹展示 約30鉢の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。
・旧古河庭園「大正ロマンの庭園でお正月を楽しもう」(~3日(木))
 獅子舞とお囃子
 新春祝い酒とお楽しみ袋(2日のみ 9時~ ※無くなり次第終了)
  小学生以下のお子様には、先着100名様に限り、お楽しみ袋をプレゼント。
 羽根つきと独楽広場
 庭園ガイド
・小石川後楽園「大名庭園でお正月」(~3日(木))
 新春・初釜
 佃川流・大江戸玉すだれ(2日のみ)
 江戸太神楽(3日のみ)
 新春祝い酒とお楽しみ袋(2日のみ 9時~ ※無くなり次第終了)
  小学生以下のお子様には、先着200名様に限り、お楽しみ袋をプレゼント。
 庭園ガイド
 その他にも
  懐かしい正月遊び 場所:松原
  記念撮影コーナー 場所:しだれ桜前広場
  お休み処 場所:涵徳亭
  冬牡丹展示 約5鉢の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。
・浜離宮恩賜庭園「浜離宮恩賜庭園で華やかなお正月を!」(~3日(木))
 新春の空に鷹が舞う!諏訪流放鷹術の実演
 神田囃子・寿獅子(2日のみ)
 江戸太神楽(3日のみ)
 新春茶席
 江戸伝統工芸展
 お楽しみ広場
  羽根つきや独楽まわしなどの遊び方を庭園職員が説明いたします。昔懐かしい正月遊びを体験してみませんか。
 竹とんぼに挑戦!!
 凧づくり教室(3日のみ 10時~ ※雨天中止)
 新春祝い酒(2日のみ 10時~ ※無くなり次第終了)
 庭園ガイド
 パネル展示~潮入りの池の生物~
 冬牡丹展示 約30の冬牡丹がお正月の庭園に彩りを。

============================================================

◆3日(木)

●4日(金)
・新春フロアレクチャー「日本の新進作家vol.6 スティル/アライヴ」展@東京都写真美術館
・ミュージアムトーク「ラジオの登場」@江戸東京博物館

◆5日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「葉の裏表」「琉球列島の人たち」
・プチ凧を作ろう@葛西臨海水族園(~6日(日))
 10:00から、本館「東京の海」エリア前にて。各日先着500名まで
・研究員による所蔵品ガイド@東京国立近代美術館
・「吉祥のこころ」@泉屋博古館分館(~2月17日(日))
・和算のひみつ@江戸東京博物館

◆6日(日)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「ハチの多様性」「ロボットについて」
・日曜コンサート@旧東京音楽学校奏楽堂
・MOMATガイドスタッフによるハイライト・ツアー@東京国立近代美術館

◆7日(月)

●8日(火)

●9日(水)
・「王朝の恋 ―描かれた伊勢物語―」@出光美術館(~2月17日(日))

●10日(木)
・「王朝の恋 ―描かれた伊勢物語―」列品解説@出光美術館

●11日(金)
・「王朝の恋 ―描かれた伊勢物語―」列品解説@出光美術館
・ミュージアム・トーク@江戸東京博物館

◆12日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「隠れる魚・化ける魚」「日本の鉱物」
・星野富弘・相田みつを展」開催記念・岩渕まこと氏コンサート@相田みつを美術館
・じっくり見よう!アール・デコ-家族でパチリ!写メもOK」@東京都庭園美術館(~14日(月))
 私自身,1月のお薦め。わずか3日しか行われないが建物の魅力を十分味わって欲しい。

◆13日(日)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「トリカブトの話」「アフリカから世界へ広がった人類」
・日曜コンサート@旧東京音楽学校奏楽堂
・トーク・イベント@東京国立近代美術館工芸館
北川宏人×金子賢治
・「アート・サファリ」@ブリヂストン美術館
美術館で動物探検隊。さぁ、出かけよう!
・講談師・宝井梅星さんによる辻講釈@船の科学館

●14日(月)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「貝類-どんな貝がいて、どんな生活をしているのか-」「最新恐竜学」
・江戸和竿制作実演@中川番所資料館
・新春の国宝室 秋冬山水図@東京国立博物館(~27日(日))

●15日(火)

●16日(水)

◆17日(木)
・木曜コンサート@旧東京音楽学校奏楽堂

◆18日(金)
・第14回アーティストトーク@東京国立近代美術館
 画家 菊畑茂久馬さん
・ミュージアム・トーク@江戸東京博物館

●19日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「日本のコケを知ろう」「隕石と太陽系」

◆20日(日)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「日本列島における昆虫の多様性と進化」「海から淡水湖へ進出した珪藻」
・日曜コンサート@旧東京音楽学校奏楽堂
・トーク・イベント@東京国立近代美術館工芸館
橋本真之×唐澤昌宏
・「アート・サファリ」@ブリヂストン美術館
美術館で動物探検隊。さぁ、出かけよう!

◆21日(月)

●22日(火)

●23日(水)

●24日(木)
・「王朝の恋 ―描かれた伊勢物語―」列品解説@出光美術館

●25日(金)
・「王朝の恋 ―描かれた伊勢物語―」列品解説@出光美術館

◆26日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「シーボルトと日本の植物(その2)」「日本列島人の形成」

◆27日(日)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「ワカメの謎」「日本の海生哺乳類化石(その1)-アシカやセイウチの仲間-」
・日曜コンサート@旧東京音楽学校奏楽堂
・ミュージアムトーク@中川船番所資料館

●28日(月)

●29日(火)

●30日(水)

●31日(木)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

絹17 スローフェッショナル

Ca330689_2
Stage 07-23

07/12/04
絹17 スローフェッショナル
しもきた空間リバティ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★

出演者
ヨージ
東京ガールズ
寒空はだか
すわ親治
キン・シオタニ
小林のり一
松元ヒロ

一行批評
「東京ガールズ,キン・シオタニの二組が目当て。どちらも外さなかった。さすが,木村万里さん。次回は08年5月と言うが,その際には,加納さんに出て欲しいなぁ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20071019 名酒の殿堂その2

 先週に引き続き,10月19日,名酒の殿堂のお酒の写真。
Ca330631Ca330632Ca330633

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!,FAビッグ・ベンの人的補償,福地が中日へ[12/21]

 そうか,埼玉西武は東京ヤクルトからFAで石井一久投手を獲得したから,東京ヤクルトへ補償しなければいけないんだ。その補償,人的補償と金銭補償のどちらかが選択できるが,東京ヤクルトは人的補償に動いたようだ。

 結果,人的補償で福地が東京ヤクルトへ移籍することになった。これはちょっと辛いかなぁ。和田が去り,福地が去るとちょっと外野が手薄にならないか。G.G.,赤田,大島あたりがいるかもしれないが,ベテランというのは必要だ。特に,ペナントレース後半やクライマックスシリーズなど,勝負所ではベテランの精神的フォローが必要だ。

 そんな意味でも,福地がプロテクト枠(28人)から外れていたことに驚いている。
 埼玉西武が若返りを図っていることからベテランをプロテクトから外したようだ。
 でもなぁ……。この判断は吉と出ないような気もするなぁ。

  *  *  *

 もう一つ,三井が契約更改で判を押したようだ。
 毎年のように中継ぎの処遇を巡って,球団側と話し合いを持っている。今年はどうかと思ったが,2回目の交渉で判を押したようだ。これで一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】四国・九州IL,石毛コミッショナーを解雇[12/21]

 野球,独立リーグの話題からひとつ。
 四国・九州アイランドリーグは,21日,石毛宏典が今月末(2007年12月末)をもって退任することを発表した。
 石毛本人は,自身のブログにて,自分から退任することを申し出たことはない,と述べている。おそらくは,契約満了を持って,無事退任,という事務局の筋書きで,コトは動いているのだろう。

 石毛さんのカリスマ性はすごい。西武ライオンズの選手時代,選手を鼓舞するため,選手だけのミーティングを開いた際,森監督の意図と同じことを話した,なんてことを聞いたことがある。
 自ら積極的に,若手選手の前へ出て,「俺についてこい」という背中で語る姿には魅了された。

 それが,だ。
 現役を引退し,ホークス2軍監督やオリックスの監督をするようになってから,評判が下がった。

 監督としての評価が下がり,監督やGMとしてお声がかからなくなってから,しばらく,私の耳に飛び込んできたのが「新リーグ発足,四国アイランドリーグ」の報。それからについては,何度かこのブログでも取り上げた。

 おそらく,という推論の域を超えないが,私の考えはこうだ。
 石毛さんの考えていること,想像していること,そう夢は素晴らしいことだと思う。同じ夢を持つ仲間が集まった。しかし,その描いた夢を現実にするための過程で,仲間たちとの間に溝ができたのではなかろうか。だから,途中で監督をやめることになったり,リーグコミッショナーを辞することになったのではなかろうか。
 この考えには根拠はない。ただ,オリックスとしての監督時代,キャンプ地訪問のインタビューを見た記憶,四国アイランドリーグのコミッショナーとして奮闘するドキュメンタリーの記憶,それらから類推した推論にしか過ぎないが。

(参考)四国アイランドリーグに関する記事
【Big Wed】「紀州レンジャーズ(仮称)」誕生[12/3]
【Big Wed】四国アイランドリーグ,来季から四国・九州アイランドリーグへ[10/24]
【Big Wed】日本独立リーグ初代王者は香川[10/28]
【Big Wed】四国IL香川がV2,BCリーグは石川が初代V
【Big Wed】四国IL,高知売却?;北信越BC,福井と群馬が加盟へ。
【Big Wed】千葉ロッテ,四国IL高知を買う?買わない?[6/18-22]
【Big Wed】"四国の星"西山 ホロ苦の初先発
【Big Wed】四国IL4月1日開幕,JFL3月19日開幕
【MondaySports】四国ILから“プロ”誕生!!
【MondaySports】四国IL初年度は赤字見通し
【MondaySports】入団テスト10月に開催 四国アイランドL
【MondaySports】四国独立リーグ、ドラフト制限見直しを要望=管内4県の知事連名で
【MondaySports】四国アイランドリーグ……その後
【MondaySports】四国アイランドリーグ開幕から1ヶ月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,FC琉球・トルシエ・秋田[12/18]

 さて,今度はJFLの話題から。JFLのFC琉球が来季(2008年シーズン),フィリップ・トルシエを総監督に迎えることを発表した。フィリップ・トルシエは2002年,サッカーワールドカップで日本代表監督を務めた。

 一瞬,「おい,選手の給料を払わずして,総監督にトルシエ招致か?」と疑ったが,来季給料が出ないのはKyuリーグ(九州リーグ)の沖縄かりゆしFCで,FC琉球とは別のチームなんだ。
 自分の頭を整理しよう。

・FC琉球=JFL=フィリップ・トルシエ総監督
・沖縄かりゆしFC=Kyuリーグ=来季給料払わず(?)

 こういう図式か。分かった。
 それにしても,トルシエはよくやる気になったなぁ。何か,思うことでもあったのだろうか。
 まずは,自らを宣伝塔として,一つでも多くのスポンサーを獲得してください。あなたが頭を下げれば,少額のスポンサーかもしれないが増えることでしょう。あなたが宣伝活動をすれば,観客が増えるでしょう。そういった地道な活動が,チーム作りに役立っていくことでしょう。

 数年後のFC琉球に,ちと期待。

 一方,どこでニュースが一人歩きをしたのか知らないが,「秋田豊,引退を撤回しFC琉球へ」という記事を見かけた。その後,秋田豊本人が引退は撤回しない,とニュースを否定。誤報と言うことになった。
 最近,時たま見かける誤報。結果的に誤報なら,検証記事を書くとか,お詫びを載せるとか,何らかのフォローをしないと。
 ニュース垂れ流しは無責任すぎるよ>マスメディア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!,グッドウィルと契約解除[12/22]

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【BigWednesday】。
 まず最初は,埼玉西武ライオンズの本拠地,グッドウィルドームの命名権の話題から。

 12月22日,埼玉西武ライオンズの本拠地である,グッドウィルドームの命名権を保有しているグッドウィルから,球団に対し,命名権の返上する旨の申し出があったことが判明した。
 これにより,来季のドームの命名権は白紙状態となった。

 確か,グッドウィルは,契約の残っていたインボイスの命名権契約を奪い取るような形で命名権契約をしたのではないだろうか?

 まさか,またインボイスに命名権を戻すようなことも難しいし,かといって,セゾングループで命名権の売買はしないだろうし(「プリンスホテルドーム」なんて名前になったら宿泊施設と間違えられかねない。)。

 今年,埼玉西武の経営に関する話題は,暗いものが多かった気がする。もっとも,暗い話題の方が印象に残るのだが。昔のインボイスSEIBUドームのまま,にしておいた方が良かったのでは……,というのは結果論なのかなぁ。

 インボイスの代表取締役,木村育生さん,今ではbjリーグに心が傾いているし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ,「なまずをまるごと極める/吉川」

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「なまずをまるごと極める/吉川」(放送日:07/12/16)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:菊池仁志(エッセイスト・イラストレーター)

スタート 吉川駅
 ↓
・駅前のラッピーランド
 ↓
・中川
 ↓
・ますや 横川則雄さん
  なまずのたたき揚げ,蒲焼きをいただく。
 ↓
・糀家 斉藤忠行さん
  なまずづくしコースをいただく。
  なまずの刺身,天ぷら
 ↓
・駅のコインロッカーでスキレットを取り出す。
 ↓
・吉川受託協会でなまずをゲット。
 永瀬隆弘さん
 ↓
・なまずを調理。
 スキレットを表面が白くなるまで熱する。
 無塩バターを溶かしておく。
 表面に溶かした無塩バターを絡める。
 パプリカ・カイエンヌ・ガーリック・オニオン・オレガノ・塩・こしょう(白・黒)・砂糖で作ったスパイスをまぶす。
 熱しておいたスキレットで片面2~4分ずつ焼く。
 溶かした無塩バターとレモン汁をかけていただく。
 ↓
・この料理を食して
 で,ゴール

今日のお土産
なまずキーホールダー@ラッピーランド

by OD

★今日の感想
 この日はなまずデー。なぜ,この時期に"なまず"なのかは不明だ。
 また,なまずばかりで,いつもの,コロッケを食べながらビール,や,床屋に寄って……,というのがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年12月17日(月) 119 ★★★★★ ★★★★★ ★★
2007年12月18日(火) 103 ★★★★★ ★★★★★
2007年12月19日(水) 115 ★★★★★ ★★★★★ ★★
2007年12月20日(木) 091 ★★★★★ ★★★★
2007年12月21日(金) 100 ★★★★★ ★★★★★
2007年12月22日(土) 065 ★★★★★ ★★
2007年12月23日(日) 130 ★★★★★ ★★★★★ ★★★

 だんだんと,年末モードでパソコンに向かう人が減ってきたのだろうか,アクセスが減ってきた。
 それでも,23日にはアクセスが増えたのは嬉しい限り。

 気になったのは,「【Big Wed】アメフト, 富士通,パールボウル優勝へ意欲」の記事へのアクセスが多いこと。どうも,「富士通」と「アメフト」で検索した人が多かったからだ。このブログ,ココログ(@nifty=富士通系のプロバイダ)で行っているので,富士通関連のアクセスが増えた,と推測している。

 先週までのアクセスで,1日アクセス数平均77まできた。ここのところのアクセス好調ぶりには正直驚いている。アルファブロガーまでとはいかないが,無意味だが長く続くブログとして,これからも頑張っていく所存。

 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】12月24日(月)~30日(日)

◆24日(月)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「鳥の形と餌のとり方」「謎の生物シカマイア」
・映画「今宵,フィッツジェラルド劇場で」@新文芸坐(~25日(火))
・ラグビーTOPリーグ 日本IBMビッグブルーvsNECグリーンロケッツ@フクアリ
・サイレントコメディー JAPAN TOUR@神奈川県立青少年センター
・「神田山陽独演会~デュシャンの穴熊戦法~」
出演:神田山陽
ゲスト:斉木しげる(24日昼),大竹まこと(24日夜),きたろう(25日夜)
@紀伊國屋ホール
▲くらぶ歌 三遊亭歌武蔵の会@なかの芸能小劇場
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「動物の足さばき」「鳥たちの世界」

●25日(火)
▲三三・吉弥ふたり会@内幸町ホール
▲神田山陽独演会"デュシャンの穴熊戦法"@紀伊國屋ホール

●26日(水)
・「清水宏のバカ冒険野郎!!ドタバタ体験ルポトーク傑作選vol.1」
@北沢タウンホール
▲落語協会特選会"正楽のラストクリスマス"(第8回)@池袋演芸場

◆27日(木)
・映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」「プラネット・テラー in グラインドハウス」@新文芸坐(~28日(金))
▲落語研究会(第474回)@国立小劇場

◆28日(金)
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「オスとメスの不思議」「草原の動物たち」

●29日(土)
・第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝@国立競技場
・「オオタスセリとだるま食堂忘年会」(仮)2007年ネタ大棚ざらえだー。
出演:オオタスセリ,だるま食堂,京本千恵美
@下北沢「楽園」
▲末廣亭恒例年忘れ余一会"さん喬・権太楼二人会"@新宿末廣亭

●30日(日)
・アジアリーグ・アイスホッケー
 SEIBUvs王子製紙@DyDoドリンコアイスアリーナ
▲エンタメヒットパレード2007年末スペシャル@東洋館
▲紀伊國屋寄席(第516回)@紀伊國屋ホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「joyの家族社会学」 第20回

 第10回 日本国際保健医療学会総会 ワークショップIX 1995.10.29 於 東京大学医学部
 阪神・淡路大震災と在日外国人-災害と被災のモデルとして:災害弱者と社会科学-
 東洋大学 喜多川豊宇(きたがわ とよいえ)

 自然災害である地震は,平等に阪神・淡路地域を襲った。しかし,被害者は、平等に発生はしなかった。低地である長田区の被害は,他に比べて甚大であった。災害は,極めて社会的である。生活構造・居住環境・階層構造など優れて,社会的な地域特性が,そのまま表れている。いわば,災害は,人間社会の矛盾をあぶりだした結果となった。
 自然災害は,平等に人間社会を襲っても,被害発生は,優れて社会的であるという現実を痛いほど見せつけられた。ここに自然災害の社会科学の存在理由を認識させられたといえる。地震そのものは自然科学の範疇にあっても,災害は,社会科学の範疇に含まれることを阪神・淡路大震災は教えてくれた。

【I】在日外国人問題認識のための序論
(1)近・現代史理解は人口爆発・移動がキーワード
 人類史=ヒトの移動(移民・移住)から歴史を再構成
 人口爆発・膨張→人口移動(移住)の連続史(ことに近・現代史)
(2)移民・移住コンセプトの変化
 ライフ・スパン(生涯)→ライフ・ステージ(ライフ・サイクル)へ
 水杯から通勤感覚へ
(3)距離感覚の革命:地理的距離から時間・経済距離へ=遠くないブラジル
 移民・移住をテクノロジーがサポート:ジャンボーによる移動とファックスによる情報伝播
(4)移住者からコスモ・ポライト(世界市民)へ
(5)クニの国際化からヒトの国際化へ(クニからヒトへの急展開)
 国際化(国と国の際)→人際化(人と人の際),文際化(文化と文化の際),地際化(地域と地域の際)

【II】外国人の居住と主要傾向
(1)外国人居住の集中化
 広域化傾向をみせながらも,外国人居住は,一定の集中点・結節点をみせている。首都圏地域での集中化はもちろんながら,地方の中小都市の中でも,特定の都市へ集中化。外国人登録者が最高位にある港区や豊島区と並ぶ地方都市も出現(例:群馬県大泉町人口8.5%外国人。ブラジル村と言われる。)。旧来からの,在日朝鮮・韓国人の阪神地区,特に長田区への戦前からの集中は周知。これに加えて,ニューカマーズが近年,集中。
 民団登録の世帯数を見ると,1994年12月末で,2,359世帯である。これは総世帯数9,192の25.7%,長田区や須磨区など史に神戸に集中していることを示す。
(2)同じ国籍者中心の同心円社会形成
 外国人居住者は,一様に高い言語・文化障壁をもっている。比較的日本語能力のある先住外国人が居住集団の中心(キーパーソン)がいて,同質性の高い,同心円社会を形成している(こうした閉ざされた社会は,移住者に共通にみられる現象である。例:キスト社会,モザイク社会=ブラジル)。
 本調査研究では,在日コリアン(民団役員リアン文化研究者),在日ベトナム人(ベトナム料理経営者,初期留学組),在日フィリピン人(神戸フィリピン・コミュニティー幹事),在日中国人(留学生団体幹事等),在日日系ブラジル人(人材派遣業ルート:群馬県大泉町),アラブ系(イスラム系モスク宣教師)などなど21カ国の外国人にインタビュー。
(3)居住外国人の多国籍化
 阪神・淡路大震災でも,死亡した外国人の国籍は,11カ国に及ぶ。永住者を除く,ニューカマーの多国籍化の進行は著しい。兵庫県に外国人登録された国際総数は,113カ国に達する。また,神戸市・阪神地域だけの登録国籍総数でも96カ国を数える。
 多言語アプローチが必須:日本人から見た外国人は一つのカテゴリー:外国人からみたら,回りは全て外国人
(4)ニューカマーズ外国人の定住化傾向:広域ネットワーク社会形成
 一過性の短期で稼ぎ型から,日本の社会の一角に確実に根付き始めた。大都市,中小都市に限らず,外国人の居住地は,次第に広域化。地方の市町村レベルの自治体でも,外国人居住は広まる。神戸市においても,定住の歴史や程度の差はあれ,様々な外国人のコミュニティーが形成。また,こうしたコミュニティーは,ネットワーク社会と言うべき性質をもち,物理的に隣り合って暮らすというより,一定の結節点(ノード)をもちながら,点在する定住外国人が網み目状に広がりながら,連携を保つ。
 長田区のコリアンや中華街の中国人のような「住み分け社会」の他に,ニューカマーズのネットワーク社会が次第に形成。
(5)外国人と日本人住民との地域社会での高い壁:セグメンテーション
 職場でともに働くことは進んでいるが,職域を離れた,地域社会での日本人社会とのコミュニケーションは少ない。日本人社会との間に人間関係の壁がある。ベトナム人は,彼らだけで,テント生活を送っている。避難所生活でも住み分け。南北ベトナム人は,テント村のなかで,さらに住み分け。

【III】阪神・淡路大震災と在日外国人の被害
#01 研究調査の契機
 災害弱者としての外国人研究委員会所属(自治省:廣井東大教授座長)
 (1994年4月~1995年3月)
#02 外国人火元の火災通報事例僅少
 (言語問題,責任問題,地域社会へのアタッチメント希薄,オーバーステイ問題など)
#03 阪神・淡路大震災外国人被害実態調査(国土庁・野村総研,建設省・建設技術研)委託調査
(1)在日韓国・朝鮮人の1割弱=5万人以上。
(2)加えて,ベトナム,フィリピン,日系ブラジル人などの100カ国に及ぶニューカマーズが居住。
#04 高い在日外国人被災死亡率
A) 全体死亡率   約0.20% 5,373/ 2,658(千人)
B) 外国人死亡率  約0.29%  225/ 76,597(千人)
C) コリアン総数  約0.28%  152/ 53,861(千人)
D) 長田区コリアン 約0.67%  63/ 9,208(人)
E) 長田区外国人  約0.86%  89/ 10,319(人)
F) 長田区総数   約0.58%  728/126,405(人)
G) ブラジル人   約1.33%   8/ 600(人)

【IV】災害弱者の在日外国人
(1)外国人は住宅弱者
 大都市中心部のインナーシティーにおける老朽化した木造アパートへの過密集団居住傾向や,風俗営業ブローカーによる囲い込み居住,中心都市周辺部の社宅や寮や会社契約のアパート,公的な団地の人材派遣業者による集団借り上げなどがある。
 阪神・淡路大震災の死者の多くは,老朽化した木造家屋の下敷きになって死亡。神戸市長田区は,在日韓国・朝鮮人の地場産業であるケミカル・シューズの集中地域。
 民団加盟の9,192世帯の内,1,159世帯が全壊,621世帯が半壊であるが,全壊家屋の54.7%,半壊家屋の32.7%が長田区などに集中している。また、本調査で実施したアンケート調査では,木造一戸建て53.8%,木造アパート10.8%,コンクリート一戸建て8.9%,コンクリートアパート19.6%と,木造が60%を超えていることが証明される。
(2)わけても,高齢外国人は災害弱者
[1]家屋の被害と年齢:60歳以上の家屋の全壊率は70%を超える。
 N=155 区分 全壊,半壊,軽佻,全くない
[2]火災区分と年齢:加齢とともに全焼率が高まる。20歳代15.79%,30歳代10.00%,40歳代24.32%,50歳代35.48%,60歳以上31.25% N=133 高齢者木造家屋居住多い。
[3]けがの程度と年齢:けがは60歳以上に多い。重傷者も60歳以上に多い。重軽傷者率は60歳代以上は42.9%であるN=139
(3)外国人女性は災害弱者
[1]女性の家屋被害が男性を上回る。全壊 男性=48.94%,女性=64.95% N=144
[2]女性の方が避難所へ非難するものが多い。男性=57.14%,女性=74.29% N=161
(4)外国人は情報弱者
 在日コリアンを除いて,外国人の多くが母国語メディアを情報源としていることである。新聞,雑誌,パンフレットなどの,日本や母国で発行される母国語のメディアと口コミが,コミュニケーションの主な源泉である。震災を契機に多言語ミニFM開局。同一の言語・文化団結する形となった。そして*「口コミ」を主に使用した独特の情報回路が活躍するのである。
*personal influence

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨージ単独ライブ

Ca330684
Stage 07-22

07/12/01
ヨージ単独ライブ
なかの芸能小劇場

評価は(★10個で満点)
★★★★★

一行批評
「段取り間違い,イマイチだが内容は伝わる。結婚詐欺にあった友人の話。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20071019 名酒の殿堂その1

 ようやく紹介することができた。
 10月19日,ハクヨーで開催された名酒の殿堂。

 その時の日本酒をご紹介する。
Ca330628Ca330629Ca330630

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】ハンドボール北京五輪アジア予選,仕切り直し[12/17]

 国際ハンドボール連盟は17日,パリで理事会を開いた。その席で,今年8・9月に行われた男女の北京五輪アジア予選をやり直しとする異例の措置を決めた(18日,時事通信)。

 今週の話題だが,気になったのでピックアップした。

 国際ハンドボール連盟がアジア予選をやり直しにすると言うことは,すなわち,先日のアジア予選はイカサマだということ認めたことになる。これにより,クウェートを中心とした中東勢には不利な状況に追い込まれることになる。

 開催に際して,どこで行うか,ということなどいくつか心配な点はあるが,とにもかくにも「振り出しに戻る」ことができて一安心。

 しかし,中東勢がロビー活動などで反攻することも考えられる。
 また,代表チームが解散したため,チーム作りが急務だ。現在,日本ハンドボールリーグが開催中。リーグ戦をどうするかも気になる。

 しかし,拾ったチャンス。ここは一つ,協会・リーグ一丸となって……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】千葉ロッテ,黒木投手,引退を決断[12/12]

 千葉ロッテマリーンズを戦力外となった黒木知宏投手12日,都内で会見し,現役引退を表明した。
 黒木は10月2日,球団側から戦力外通告を受けた。
 その後,トライアウトを受けることなく,他球団からのオファーを待った。

 このニュースは非常にショックだった。横浜FCの山口以上に。

 なぜ,黒木はトライアウトを受けなかったのか。

 自分ができる。十分通用するボールを投げられるのならば,門を叩いてアピールすべきだった。
 何もせずに,ただ待っているだけでは,シーズン中の投球を見るだけで判断されてしまう。
 黒木には,最後の最後まで悪あがきをして欲しかった。正直,宮地克彦のように,最後まで頑張って欲しかった。
 独立リーグで投げて,若い選手とともに試合をして,勝負の厳しさを若い選手に伝えて欲しかった。

 ちなみに,宮地克彦(BCリーグ・富山)は,12月11日付で福岡ソフトバンクホークス管理部(育成担当)へ就任することが決定した。選手,と言う訳ではないが,NPBへの復帰,おめでとう。

 残念,としか言いようがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,横浜FC,山口引退[12/14]

 特に,FC東京の話題ではないが,気になったので。
 横浜FCのMF,山口素弘が,14日,引退を発表した。
 山口は,先に戦力外通告を受けていたようだ。他のチームに行かず,そのまま引退を選んだ。

 何度か,書いたことがあると思うが,日本代表で活躍した選手には,下部リーグで一頑張りしてもらいたい。
 というのも,日本代表で活躍した選手,テレビで見たことのある選手が,地元チームで頑張っている姿を見ると,自分も頑張ろう,このチームを何とかしてやろう,応援していこう,という気になる。これがきっかけで,地元のチームのサポーターが増える。
 たとえ,元日本代表選手が引退しても,サポーターたちは地元のチームに対する愛情が育まれ,そのままチームのサポーターとして残ってくれることもある。チームが地元のコミュニティの中核となれば,幸いだ。

 山口の場合,新潟や横浜FCで,このことを成し遂げたような気がする。
 だからか,引退の記事を読んでも「惜しい!」という気持ちよりも「お疲れ様」という気持ちが大きかった。

 山口選手,お疲れ様。次はピッチの外での活躍を期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】X League 4th Down Gamble!! JAPAN X BOWL,富士通,松下電工の厚い壁に屈す[12/17]

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 まず,最初は,17日(月)に行われた,社会人アメリカンフットボール,第21回日本社会人選手権・ジャパンXボウルの話題から。

 Stadium 07-27
07/12/17
第21回日本社会人選手権JAPAN X BOWL
松下電工インパルス 33-13 富士通フロンティアーズ
東京ドーム

 キックオフ直後,富士通の攻撃。富士通は3人(20,28,80)のRBをうまく組み合わせながら,前進。1st downをとっていく。
 最後,フィールドゴールレンジまできて,さぁ,3点,というところでミスキック。無得点に終わる。

 この試合,ここが試合を分けたと言っていい。
 その後は,松下電工の攻撃はうまくいくが,富士通のそれはミスばかり。結果として,大差の試合になった。
 それだけ,松下電工との力の差が大きかったと言える。
 普段なら最後まで観戦してから帰るが,この日は22時でお暇した。申し訳ない。

 ある人のブログで,やはりこのJAPAN X BOWL を見に来た人の記事を見た。この方はアメフト初観戦だが,観客の多さ(17,000人以上)に驚いていた。
 で,この方,疑問に思ったのが「アメフトは人気があるスポーツではないか?」ということ。

 その答えを少し書いておく。
 この日の観戦者の多くが,富士通及び松下電工の社員だ。残りはアメフトをやっている大学生・高校生が中心。アメフト未経験者かつ二つの会社以外で見に来ている人はほんの一握りだろう。つまり「動員」なのだ。毎回,このJAPAN X BOWL と RICE BOWL は,関係者の観戦者が多く賑わっている。もっとも,RICE BOWL の大学側はOBの有志によるものが多いのだが。

 他の競技に比べ,アメリカンフットボールの人気はまだまだだと思う。見に来れば,「面白い」という人はいるのだが,足を運ぶようになるまでが一苦労。
 それでも,以前,パールボウルの決勝を見終わった後,トイレに入ったら,動員で観戦しに来たサラリーマンが同僚と
「アメリカンフットボールも面白いなぁ。」
 と話していた。
 所詮,アメフトは「食わず嫌い」が多いのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ウォーキングマップ「心を開けば笑顔が交わる/蒲田」

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「心を開けば笑顔が交わる/蒲田」(放送日:07/12/09)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:マギー司郎(マジシャン)『生きてるだけでだいたいOK』講談社刊

スタート 蒲田駅
 ↓
・甘納豆製造元 木村屋
 ご主人 谷口中さん
 ↓
・呑川
 ↓
・アドバンテストヘアー ナカタニ
 代表 中谷人志さん
 1980年 理容師日本一になり,その後弟子を世界一2名,日本一6名など100名以上育てる。
 ↓
・梅屋敷ぶらもーる商店街
 大越 おかみさん 高瀬由紀子さん
 ↓
・京急梅屋敷駅
 ↓
・(株)東京ナガイ 営業部課長 柴原正男さん
 以前,ナガイの海苔のCMに出ていたマギーさん。その頃の写真が出てくる。
 ↓
・環八通り
 ↓
・蒲田温泉
 「リンゴ村から」を熱唱
 ↓
・日の出銀座商店街
 勝栄精肉店で手作りコロッケを頬張る。
 ↓
・七辻
 で,ゴール

今日のお土産
おにぎり弁当とお総菜@大越

by TD

★今日の感想
マギーさんの人柄の出てくる旅。アドバンテストヘアー ナカタニで涙した話は,私も実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年12月10日(月) 156 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★
2007年12月11日(火) 104 ★★★★★ ★★★★★ 
2007年12月12日(水) 126 ★★★★★ ★★★★★ ★★★
2007年12月13日(木) 085 ★★★★★ ★★★★
2007年12月14日(金) 092 ★★★★★ ★★★★
2007年12月15日(土) 090 ★★★★★ ★★★★ 
2007年12月16日(日) 101 ★★★★★ ★★★★★

 とりあえず,数字だけチェック。
 今週もご愛読感謝。

 さぁ,これからキックオフ@東京ドーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『昆虫記』刊行100年記念日仏共同企画「ファーブルにまなぶ」

Ca330682
07/11/30
『昆虫記』刊行100年記念日仏共同企画「ファーブルにまなぶ」
国立科学博物館

 東京国立博物館のVRシアターを堪能した後は,国立科学博物館へ。
 ここの目的は,終了間近の「『昆虫記』刊行100年記念日仏共同企画『ファーブルにまなぶ』」展。
 ロボット博と平行して行われているが,ロボット博は次回以降に,と辞退した。運良くチケットショップでチケットを400円で購入(常設展600円より安い。)し,中に。

 展示について,詳しく覗き込むことはせず,外観をぐるっと見渡した程度だが,「ファーブル昆虫記」が母国フランスでは日本ほど有名ではないことが印象的。

 その後,日本館に寄る。日本館の3階部分には,日本の国土の特徴を映像で紹介している。今までスルーだったが,今回は約15分じっくり拝見。
 また,1階の天文コーナーの太陰暦をチェック。いつ見ても面白い。大の月・小の月の話やうるう月の考え方など,旧暦の考え方は,実は生活に根ざした考え方と実感。

 さぁ,今度は復活名物展示,アロサウルスでも見に行こうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】12月17日(月)~23日(日)

 もう,年が押し詰まってきた。
 早く年賀状を書かねば。元日に着くと嬉しいからね。毎年ほぼ同じ日に年賀状を書いているが,今年も同じかな?
 それにしても,世間は28日で終わり,何てトコが多いが,今年の私は30日(日)まで仕事。今年は最後の最後まで働くようだ。

 さて,残り2週の【来週何スル?】。

   *   *   *
◆17日(月)
・本館(日本ギャラリー)1階11室~20室閉室@東京国立博物館(~2008年1月1日(火))
・Japan X Bowl@東京ドーム
・「ワラシャワ! 笑謝和」公開録画
出演:清水宏,オオタスセリ,すわ親治,寒空はだか,山本光洋,ナギプロ・パーティ
@池袋シアターグリーン内ビッグツリーシアター

●18日(火)
・列品解説「甲信地域の縄文土器」@東京国立博物館
・プロ野球マスターズリーグ
 東京ドリームスvs名古屋80D'sers@東京ドーム
・「風間の杜の落語会」
出演:風間杜夫
ゲスト:柳家花緑・林家二楽(18日)柳亭市馬・立川文志(19日)
@サザンシアター
▲国本武春の「大忠臣蔵」@有楽町朝日ホール
▲愛山・喬太郎二人会@お江戸両国亭
▲東西若手落語家コンペティション2007(第5回)@内幸町ホール
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「サルの世界」「夜活動する動物たち」

●19日(水)
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・プラネタリウム特別番組 Miraikan meets Yappooo 「Yappooo(ヤッポー)!空の向こうに宇宙がひろがる」 (~2008年1月14日(月))
・樹木ツアー@東京国立博物館
▲にっかん飛切落語会年忘れスペシャル@イイノホール
▲風間の杜の落語会@紀伊國屋サザンシアター

●20日(木)
・芸大生による木曜コンサート@旧東京音楽学校奏楽堂
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
▲にっかん飛切落語会年忘れスペシャル@イイノホール
▲ダイアログ・イン・ザダーク立川談春まっくら落語会@赤坂区民センター

◆21日(金)
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・キュレータートーク@東京国立近代美術館
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・ミュージアムトーク@江戸東京博物館
「ラジオの登場」
・企画展 『地下展 UNDERGROUND』関連イベント “Undercurrent”―― 音に潜るクリスマス@日本科学未来館
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・映画「リトル・ミス・サンシャイン」「世界最速のインディアン」@新文芸坐(~22日(土))
・「モロ噺かたるシス」いきなり頂上決戦!?
@上野広小路亭
・新宿末廣亭12月下席(昼)(~28日(金))
こみち/ろべえ,ホンキートンク,甚語楼,玉の輔,元九郎,蔵之助,小里ん,ホームラン,扇橋,川柳,夢葉,小さん(お仲入り),歌之介,ゆめじ・うたじ,南喬,一朝,仙三郎社中,(主任)市馬
・新宿末廣亭12月下席(夜)(~28日(金))
駒次/小駒,志げる,扇治,円太郎,ロケット団,,白酒,馬生,勝丸,白鳥,雲助(お仲入り)左橋,紫文,志ん五,小袁治,アサダ二世,(主任)今松
▲浅草演芸ホール12月下席(昼)(~27日(木))
笑松/笑好,国分健二,小南治,柳桜,八重子,小円右,円枝,京丸・京平,夢太朗,鯉昇,正二郎,可楽(お仲入り)柳好,Wモアモア,歌春,寿輔,うめ吉,(主任)小柳枝
▲浅草演芸ホール12月下席(夜)(~27日(木))
遊喜/遊馬,新山真理,遊史郎,遊雀,マグナム小林,遊之介,茶楽,北見マキ,遊三(お仲入り)円丸,ナイツ,雷蔵,桃太郎,ぴろき,小遊三,ボンボンブラザース,(主任)春馬
▲池袋演芸場12月下席(昼)
司/きん歌,喬之助,三三,世津子,一九,菊之丞(お仲入り)歌彦/あし歌,歌る多,ゆめじ・うたじ,(主任)歌之助
▲にっかん飛切落語会年忘れスペシャル@イイノホール
▲らくだ亭(第4回)"年忘れ団塊四人会"@江戸東京博物館
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「動物たちの食べるもの」「日本にすむ動物たち」

●22日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「網目状に進化する植物たち」「木の葉の化石が語る日本列島の誕生」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・冬至のコンサート2007@ブリヂストン美術館
・体験コーナーイベント「和算のひみつ」@江戸東京博物館
・「海の男のギャラリートーク~奇跡の船“宗谷”」@船の科学館
 島崎里司「恐怖の暴風圏,初めての氷山,ソ連『オビ号』」
・企画展 『地下展 UNDERGROUND』関連イベント 地下の達人に訊く!その4 「長沼毅」 (全4回シリーズ)@日本科学未来館
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・映画「ウエスト・サイド物語」@早稲田松竹(~28日(金))
・bjリーグ 東京vs大阪@有明コロシアム
・ラグビーTOPリーグ 三菱重工相模原ダイナボアーズvsクボタスピアーズ@秩父宮
・ラグビーTOPリーグ 東芝ブレイブルーパス - 神戸製鋼コベルコスティーラーズ@味スタ
▲花形演芸会(第343回)@国立演芸場
▲七転八倒の会(第34回)@毘沙門天善国寺
▲柳家三三と古今亭菊志ん@お江戸日本橋亭
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「オスとメスの不思議」「動物の足さばき」

●23日(日)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「熱帯・亜熱帯起源の植物」「音と楽器の科学」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・「海の男のギャラリートーク~奇跡の船“宗谷”」@船の科学館
 島崎満雄「昭和基地でのテント生活29日,タロ・ジロ,ペンギン」
・展示の前で研究者に会おう!ここまで見えた 宇宙の姿@日本科学未来館
・映画「ルワンダの涙」@新文芸坐
・bjリーグ 東京vs大阪@有明コロシアム
・第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝@埼玉スタジアム2002
▲落語協会特選会"三三・左龍の会"@池袋演芸場
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「森でくらす動物」「動物たちの食べるもの」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「joyの家族社会学」 第19回

 う~ん,すっかり遅れが出てしまったなぁ。
 来年の3月までには終わらせたかったが,あと10回前後しかないんだ。しかし,今お送りしているのは,10~11月頃のレジュメ。少しリキを入れてお届けしよう。

 社会学講義 by 喜多川豊宇 1995年10~11月教材

 ポスト・モダンの自我像

 多重人格と野本医師殺人事件考 -引き裂かれた自我論をめぐって-

 二重人格,多重人格,官僚制,偽装(dissimulation),by Erving Goffman:,同調過剰(overconformity)by R.K.Merton,他者指向(other directed)by David Lieseman,ホワイト・カラー(white collar)by C.W.Mills,イメージの消費,現実の再構成 by Aran Arantes,イドー,エゴ,スーパーエゴ by Sigmud Freud,Looking Glass Self鏡に映った自我・<Me>by G.H.Mead,麻薬社会,ヴァーチャル・リアルティ,エコロジカル・バリディティ,家族機能の外部化,情報疑似コミュニティ,屈折したリビドー,離婚,児童虐待

多重人格の用語例
◆01


 久間十義さん 第3回三島由紀夫賞に決まった(ひと) 90.05.18 朝日 3頁 3総 写図有 (全749字)
 受賞作『世紀末鯨鯢記(げいげいき)』はメルビルの「白鯨」と調査捕鯨を軸にした実験小説。狂気のため多重人格となった語り手が,自ら執筆中の冒険物語に入り込み,言語や物語についての認識を深めていく,複雑な構成だ。個性の強い選考委員5人をそろえた同賞で,初めてすんなり満票を集めた。現代文学の難問に意識して取り組んだ批評性がかわれた。とくに「言語と想像力に対する信頼感を回復させ,元気にしてくれる小説。」と選考委員江藤淳氏は表現する。「先行世代とターム(用語)を共有しているかどうか分からないので」と慎重にかまえる。緊張すると余計に理屈っぽくなるタイプのようだ。

◆02


 多重人格のすすめ 山崎浩一(時評90) 90.08.25 朝日夕刊 13頁 ワイド文化 写図無 (全0字)

◆03


オハイオ州1977年連続婦女暴行事件容疑者
24人のビリー・ミリガン(上・下) キイス著(書評) 92.11.08 朝日朝刊 12頁 読書 写図無 (全1,152字)
「24人のビリー・ミリガン」--ある多重人格者の記録人間の不思議さを考えさせられる。1人の人間の中には,正直と狡猾(こうかつ),愛情と憎悪,高尚と卑猥(ひわい)など相反する感情が同居しているし,さまざまな知的あるいは身体的能力がひそんでいる。それらを1つの人格として統合しているからこそ社会生活が営めるのである。
しかし,それらが独立し,別の人格として顕現すればどうなるか。まるでSFの世界の人物になるが,現実にそのような人がいた。
 イブホワイトとイブブラックが共存した二重人格者は有名だが,この本は24人格の持ち主という想像を絶するビリー・ミリガンなる青年の実話である。混乱して前を読み返すことがしばしばだった。話は3人の女性へのレイプ犯人の検挙から始まる。ミリガンを班員と特定するなぞ解きが推理小説のようにうまく運ばないのは,状況に応じて異なった人格が登場するからだ。

◆04

「多重人格」もしや私も? 本に映画に続々登場(スペクトル) 93.01.30 朝日夕刊 13頁
 「ジキルとハイド」の二重人格から「ビリー・ミリガン」の多重人格へ……ということになるのだろうか。映画「羊たちの沈黙」や「ツイン・ピークス」あたりから始まった昨年来のサイコ・スリラーブームは,また一歩,私たちを心の深部へと導こうとしている。精神の宇宙をさまよっているうちに,私たちの心は,いくつもの人格を持たなければならないところまで追いつめられてしまったのだろうか。
 話題の本,ダニエル・キイスの『24人のビリー・ミリガン』(早川書房)では,レイプ事件の犯人として逮捕されたビリーに男女二十四の人格がそれぞれ独立して現れる。イギリス英語を話し,感情に起伏のないアーサー。ときに暴力的態度を示し,スラブなまりの英語を話すレイゲン。口先のうまいアレン。内気で孤独なレズビアンのアダラナ。さらには,言葉を失った三歳の女の子など。*

◆05


「サクリファイス」(今週の乱読・味読) 93.05.30 朝日朝刊 大阪版
 アンドリュー・ヴァクス 佐々田雅子訳(早川書房・1,900円)
来た,来た,来た。帰って来ましたよ,われらがバーク。ニューヨークの闇(やみ)の奥に生きる無法の探偵が帰って来た。「おれはバランスと集中力を取り戻し,本来の自分に戻っていた。家族という甘い幻想はインディアナにおいてきた」ニューヨークには,血の絆(きずな)より深い絆で結ばれた仲間がいる。パークの連絡先であり,銀行であり,いつもうまいスープを飲ませてくれるママ,音もなく獲物に近付き,殺すモンゴルの戦士マックス,廃品置き場の地下に済む天才的な発明家モグラ,独特の犯罪哲学を説く教授,プロフ……。

◆06


迷路の果てに姿を現す悪意 パルコ劇場 「出口なし!」(演劇) 94.07.19 朝日夕刊 11頁
 二転三転,病院の特別診療室を舞台に展開する心理戦。三谷幸喜作・演出によるパルコ劇場公演「出口なし!」は,味のあるコメディーの作り手として定評のある才能が,サスペンス劇の分野でも抜きんでていることを証明する舞台となった。
 小劇場役者の野村東馬(唐沢寿明)は,精神科医福本イネ(宮本信子)に仕事を頼まれる。鑑定医の資格を得ようとしている,同僚の神宮音彦(増岡徹)のために多重人格の患者になりすまし,精神鑑定を受けて欲しいというのだ。しかし,現れた神宮も,イネの助手,三越柴祐子(森口瑤子)もどこか様子がおかしい。奇妙な依頼のなぞ解きが始まる。三谷は得意の笑いをちりばめ,冒頭から観客を巧みにドラマの中へと誘い込む。だがそこは,至るところに伏線が張り巡らされた迷宮の世界。だれが多重人格で何が真実なのか。その迷路の果てに,ドラマを大本で操っていた無自覚の悪意が不気味な姿を現す。四人の登場人物は立体的に描き分けられている。そのしっかりした造形に支えられて,俳優たちものびのびして見える。適材適所,いずれ劣らぬ好演だが,インテリ医師の役が似合う増岡のエキセントリックな演技が印象的。
 一見,なぞ解き中心に見えながら,この舞台にはそのほかにも多くのテーマが盛り込まれている。医学の倫理,好奇心の功罪,記憶の真偽……。そして「自分は本当に自分なのか」という根源的な問いが最後に投げかけられる。不確実性が増し,バーチャルリアリティー(仮想現実)がはやる現代の不安を,シャープに切り取った二時間十五分だ。


   *   *   *


 多重人格の登場と認知

多重人格:自我を守るメカニズム
     自我がたて割に分割する未熟な自己防衛
     抑圧が少ない現代日本社会で,広まる可能性

「サイコ」 主人公母親の代理人格
「ツイン・ピークス」 悪の化身が幸福な家庭人にとりつく

***多重人格症状:(1)X少年の事例
 登校拒否で心理療法へ。幼い頃父親と死別。学校で虐めに。
 セラピストの間に うつむいてぼろぼろ……。
          帽子を目深にかぶり,人の目を正視しない。
          突然,「キャッキャッキャッキャッ……」はしゃいだ声
 自称"ピンク"   女子の人格が顕現し,少年に乗り移り,少年を支配。
          "ピンク":少年の心の中に生きている別の人格
   "爆発"    「グルグルグルグル……」
          "爆発"と言う名の凶暴な人格
          セラピストをにらみつける。押し殺したような低く太い声。
 少年は,ある時,"本人"とは異なる人格を発見,次いで,複数の人格があらわれる。

***多重人格症状:(2)宮崎勤被告(連続幼女誘拐殺人事件)
 3人の鑑定人の一人から多重人格説提出予定
 「被告は,一人の人間に複数の人格が存在する。」

***多重人格の登場
 1920年代 演技説
 1980年 米国精神医学協会 症例マニュアル DSM-IV 多重人格項目付記
 「明らかに異なる複数の人格が一人の人物行動を支配すること。複数に人格の一つ一つが,自分の固有の名前,好み,感情,行動,歴史を持つ。」
 「人格によっては,別の人格を思い出せない。その存在自体知らない。物忘れとしては説明できないほど,本人の行動,情報について著しい記憶の喪失あり。」
 「特定の物音,食べ物,群衆などが別の人格が出てくるきっかけ。」
 「幼児期に肉体的,性的な虐待を受けていた例が多い。」
 →大人から受けた耐えがたい経験を自分が作り上げた別の人格に引き受けさせる……。
  こんなにひどい目にあっているのはじぶんではなく,他の人格なのだ。……」=自己防衛規制
 1980年代以降 多重人格の論文急増(米国心理学協会データベース) 64件報告
        米国の現状:患者数約1万人
        サークル誌,パンフ,支援団体多い。
 1978年 精神医学 若い日本女性の症例
 「望まない結婚生活をおくるA子さん。夫との同居開始から奇妙な現象。急激に顔つきや言葉遣いや筆跡がかわり,夫に乱暴。普段の自分をアイツと表現。自分の名前はBであるという。アイツはおまえと結婚したが,オイラはしていない。アイツは無視してお前を好きになった。……傍観者の様子。A子にはBの記憶皆無。話しても信じない。BがかくしたA子の持ち物を見つけられない。


【課題】
問1
(1)母親にみせる私
(2)父親にみせる私
(3)友人にみせる私
(4)恋人にみせる私
(5)先生にみせる私
(6)バイト先でみせる私
(7)お酒が入ったときにみせる私
(8)夢の中の私
(9)スポーツでみせる私
(10)一人ぼっちでいるときの私
 についてその違いを具体例を示して延べよ。

問2
 あなたは人が変わったみたいといわれたことがありますか?また,普段と違った意外な自分が存在することに気づいたことがありますか?具体例を挙げて述べなさい。

 課題の回答は,出席確認のために提出したか,もしくは,提出を求められなかったため,手元には残っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20071130 東京国立博物館・常設展

Ca330680

07/11/30
東京国立博物館・常設展

 毎度毎度の東京国立博物館。今日の目的は,11月から始まったミュージアムシアター。
 これは凸版印刷の開発したシステム(多分)で,解説員がコントローラーで画面表示を動かしながら,解説していくというもの。
 普通,映画方式の解説というと,ビデオが流れ,その映像に合わせて解説が流れるが,このミュージアムシアターの場合,その時に応じて紹介する場面を変更したり,アップにしたり,簡単にできる。
 現在上映しているのは聖徳太子絵巻。聖徳太子の一生を襖絵に描いたものだ。参加者に子供が多ければ子供の頃の話をしながら,その場面を描いた箇所をアップにする,と言うことができるのだ。
 このミュージアムシアター,面白いが,開催日は金曜・土曜・日曜と祝日と決まっている。また上映回数も決まっている。行きたい人は要確認を。

 この日は,大徳川展の終了間近と言うこともあってごった返している。人気も高いせいか,整理券をもらわないと入場できない。整理券は1時間から1時間半待ちというもの。雨も降っているせいか,入場までの時間を日本館で迎えている人が多く,あまりゆっくりと鑑賞することができなかった。

Ca330681
 ま,ミュージアムシアターは堪能できたので,この辺で,と早々に退散。
 他にチェックしたところ
・特集陳列 親と子のギャラリー「版でつくる」
 年賀状対策かなぁ。増上寺の冬景色の仕上げの段階を示す展示は興味深かった。
・本館2室 国宝コーナー「観楓図屏風(かんぷうずびょうぶ) 」
 狩野秀頼筆(かのうひでよりひつ)。展示してあるものは秋の風景を描いたもの。春を描いた屏風と一対になると言う話だが,その他の1隻が見あたらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「やじきた道中 てれすこ」

Ca330678
Screen 07-28

07/11/28
「やじきた道中 てれすこ」
シネマイクスピアリ

評価は(★10個で満点)
★★★★★

一行批評
「星の数は辛いかもしれないが,いろんな意味で頑張っている映画。小泉今日子は女優としてこのまま続けていきそうな気も。夏木マリの後継者になれそう。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20071018 広島産カキと春菊のリングイネ@Feria

Ca330624

 どうも,今度はお口直しに,美味しいパスタの映像を。
 この日,夕食をワイン会でお世話になっているFeriaでとることに。
 美味しそうな広島産カキと春菊のリングイネをいただいた。
 カキの濃厚な味がパスタと絡み合って,美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロディズ・ハウスのローストポーク

Ca330621

 イクスピアリ,ロディズ・ハウスのローストポーク。
 このメニューは,月替わりのもの。
 いつも,ここで食事をしているが,たまには目新しいものを,と注文した。

 しかし,店頭の写真に比して,ちょっと量が少ないような感じがした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Hoop!!bj League!!,東京,仙台に薄氷を踏む勝利[12/2]

Stadium 07-26

07/12/02
bjリーグ 東京アパッチ(109-100)仙台89ERS
有明コロシアム

 この試合は面白かった。
 前日,12月1日(土),東京は仙台にボコボコにされ,最悪の敗戦だった(らしい。東京(75-99)仙台)。第1Qで,すでに13点差。その後も追いつかず,敗戦。この2連戦で連勝すれば,首位浮上もあったが,はかなく消えた。
 しかし,同カンファレンスのチームとの対戦は多い。苦手意識が芽生えてしまえば,今後の対戦で不利となる。連敗は避けたい。

 2日の試合も第1Q,仙台のリードで幕を開ける。リバウンドが取れない東京。仙台はうまく点数を重ねていく。この日の第1Qも仙台がリード。
 しかし,第2Q,東京が一気に攻勢をかける。仙台はシュートが入らず,東京はシュートが上手く決まる。ビッグ・クォーターでこのQだけで,35点。逆転する。
 第3Qからはハラハラの展開。東京が点とりゃ,仙台も返す。第4Qギリギリまで,どちらに転ぶか分からなかった。
 最後は,反則の多さで仙台が敗れた感じ。自滅と言うほどでもないが,仙台へ流れを呼び込めなかった。紙一重の勝利と言うところか。

 前日の試合で,レフリーのジャッジが東京にとって不利なこともあったようだが,今回は仙台に不利にあったようだ。これでイーブンと言うには,仙台には可哀想すぎる。
 でも,この日の試合,面白かったので,次回も見に行きたいと思った(と言う前に回数券があと3枚残っているんだ)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】「紀州レンジャーズ(仮称)」誕生[12/3]

 和歌山県に,独立リーグ参加を目指して,野球チームができる。

 プロ野球・元西武投手の木村竹志(旧姓名石井毅)さん(46)が理事長を務めるNPO法人和歌山野球振興協会・夢クラブなどは3日、野球の独立リーグ参入を視野に新球団「紀州レンジャーズ」を来春発足させると発表した。(12月3日17時53分,毎日新聞)

 私は関西圏に野球の独立リーグ構想があるとは全く思わなかった。ただ,この構想の具体性はなく,独立リーグができなかった場合,四国・九州アイランドリーグへ加盟することも考慮している。
 実際にチームが試合を行うのは2009年と言うが,ここへ来てプロ野球独立リーグの動きが活発化してきた。ひょっとすると,NPBを頂点とし,その下部に都道府県に1チーム(以上)独立リーグのチームができ,地方ごとに独立リーグが動き出すのでは,そんなことまで考えるようになった。

 アメリカMLBとは違った,日本独自の野球の姿になるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!,さらば,ビッグベン[12/9]

 即決。
 まさに,この言葉がピッタリなニュースだった。
 埼玉西武ライオンズの和田一浩外野手がFAで中日ドラゴンズへ移籍することが発表された。
 都内のホテルで中日球団社長と交渉を始めてから20分後,もうマスメディアの記者に発表があった。
 相思相愛だから,簡単にまとまるのだろうな。ま,仕方ないと言えば仕方ない。

 しかし,今季,和田の成績には疑問が残る。打率は,.31536だが,得点圏打率は低い(.273)。しかも主軸を打ちながら,打点は49。右の主軸と言いながら,寂しい成績だ。中日にとっては,ポスト福留が欲しかったのかもしれないが,少し高い買い物かもしれない。

 FAの移籍だから補償があるのではないかな。
 埼玉西武としては,金銭補償よりも人的補償を選んでみてはいかがだろうか。ひょっとしたら,意外な選手がプロテクトがかけられていないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】Let's Go Lions!!,カブレラ退団[11/30]

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 まず,最初はアレックス・カブレラ退団の話題から。

 11月30日,埼玉西武ライオンズはカブレラ,リーファーとの来季の契約をしないことを発表した。
 カブレラは,シーズン中から残留を希望していたようだが,年俸が折り合わず,放出となった。
 これを受けて、オリックスが獲得に乗り出したようだが,交渉上手が伺える。真っ先に獲得に動き始めたかと思えば,じらしたり,と心理戦に出ているようだ。

 こうして心理戦に持ち込んで,少しでも年俸を安く抑えようというのだろう。さすがはオリックス。商売上手だ。それに比べて,埼玉西武は……。
 契約更改では何か波乱が起きそうな気配が……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

没後30年記念チャップリンの日本チャップリン秘書・高野虎市(こうのとらいち)遺品展

Ca330675
07/11/23
没後30年記念チャップリンの日本チャップリン秘書・高野虎市(こうのとらいち)遺品展
東京国立近代美術館フィルムセンター

 この日のメインイベント。
 私の好きな映画人,チャップリンの秘書,高野虎市さんの遺品を集めた展覧会だ。
 チャップリンの秘書が日本人だったことはうすうす覚えていた。しかし,彼の遺品が展示されることは最近知った。
 で,急ぎ東京国立近代美術館フィルムセンターへ。ブリヂストン美術館からは徒歩圏内。

 いつものように,ガラガラの展示場。
 常設展を抜けていくと,まずは,高野さんの旅行鞄が目に入る。そして,秘書時代,チャップリンや映画関係者と一緒に撮った写真の数々。チャップリンが活躍していた頃から,アメリカには日本式の料亭を模したレストランがあったようだ。何点か写真があった。しかし,その写真に出てくる風景は,まさにアメリカが描いた日本。笑いそうになった。

 その他,興味深かったのは,五・一五事件の影響で,来日後の日程が狂ったことを詫びる手紙が展示されていたこと。

 そうそう,久しぶりにドラマや映画に出てくるような,椅子に腰掛けたまま,居眠りする警備員を見かけたよ。思わず吹き出しそうになった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

特集展示 セザンヌの4つの魅力-人物・静物・風景・水浴- @ブリヂストン美術館

Ca330674
07/11/23
特集展示 セザンヌの4つの魅力-人物・静物・風景・水浴-
ブリヂストン美術館

 祝日。
 どこへ行こうかと悩んだが,博物館巡りをすることに。世間の休みの日に美術館,それも会期終盤に行くのは,気が引けたが,近所の美術館と抱き合わせで行くことに。

 まずは,東京駅。
 そこから「やえちか」を歩いて数分。そう,ブリヂストン美術館へ。
 ここでは,セザンヌの特集展示をしていた。
 セザンヌが描いた絵画。それを4つの視点から見直していこうというもの。
 人物,静物,風景,水浴。
 人物は,自画像と婦人の絵の2点のセザンヌ作品を展示。
 静物はセザンヌの作品1点だけで,残りはセザンヌの影響を受けた画家の作品。
 風景は,ブリヂストン美術館では有名な「サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」を中心とした展示。
 水浴は……あまり興味がわかなかった。

 いつもは空いているのに,この日は混雑。そのため予定していた作品解説は中止となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20071117 六義園

Ca330662

07/11/17
六義園

 地震の科学館からスタートした,この日もお散歩も時間がきてしまった。
 最後に,六義園で〆,とするか。

 日中ここに訪れるのは久しぶり。ここ数年は,夜の枝垂れ桜を見るだけでに行っている。昼間に行くのは新鮮だ。
 少し早めの紅葉。しかし,日本庭園独特の落ち着きがあるのが嬉しい。
 昔に訪問したときは,池に大量の亀がいたが,冬眠に入ったのか,それとも何かしらの動きがあったのか,亀は見あたらず。

 ぐるりと一周。気持ちよく帰った。帰りには,近所の喫茶店でおいしいコーヒーをいただいて。
Ca330665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年12月3日(月) 091 ★★★★★ ★★★★
2007年12月4日(火) 114 ★★★★★ ★★★★★ ★
2007年12月5日(水) 633 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★
2007年12月6日(木) 152 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ 
2007年12月7日(金) 082 ★★★★★ ★★★
2007年12月8日(土) 095 ★★★★★ ★★★★★
2007年12月9日(日) 083 ★★★★★ ★★★

 先週も水曜日にアクセス大爆発したこのブログ。
 理由は,「【Big Wed】北京五輪へ野球アジア予選,『向こう30年,日本には手を出せないと思わせたい』」の記事のせいだろう。今回の,この記事,スポーツナビプラスにトラックバックした。

 「向こう30年,日本には手を出せないと思わせたい」のセリフは,記事にも書いたが,イチローがWBCの際に言った言葉。今回の北京五輪アジア予選を見終わった後,心の中に思い浮かんだ言葉がそれだ。
 記事のタイトルが挑発的だったためか,スポーツナビプラスから,訪問してくれた方が多かったようだ。感謝。

 それ以外については,やはり,タイで起きた殺人事件に関するキーワードで検索,訪問してくれる方が多い。亡くなった女優の名前や所属していた劇団名など,さまざまな方法でアクセスしてくれる。アクセスが増えるのは嬉しいが,素直には喜べない。

 年末進行,なかなか記事を書く時間は取れないが,徐々にアップしていく所存。
 今週もご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】12月10日(月)~16日(日)

●10日(月)

●11日(火)
・列品解説「刀装具の素材と技術について」@東京国立博物館
・上野鈴本演芸場12月中席(昼)(~20日(木))
初花/金兵衛,アサダ二世,玉の輔,さん喬,順子・ひろし,権太楼,金馬,ニューマリオネット,喜多八(お仲入り)のいる・こいる,圓蔵,燕路,和楽社中,(主任)南喬
・上野鈴本演芸場12月中席(昼)(~20日(木))たっぷり「芝浜」を聴く会
たけ平/遊一,ダーク広和/紋之助,正蔵,「クリスマスの贈り物」しん平,小満ん/小はん,仙三郎社中,扇遊(11・15・20日)雲助(お仲入り)小里ん/小燕枝,正楽,「芝浜」11扇遊,12雲助,13三三,14小満ん,15扇遊,16馬生,17馬桜,18正蔵,19小燕枝,20扇遊
・新宿末廣亭12月中席(昼)(~20日(木))
和光/小蝠,国分健二,春馬,小文治,八重子,鯉昇,蝠丸,東京ボーイズ,寿輔,円遊,スミ,可楽(お仲入り),伸治,ひでや・やすこ,雷蔵,遊三,今丸,(主任)平治
・新宿末廣亭12月中席(夜)(~20日(木))
笑松/笑好,宮田章司,遊史郎,歌助,ぴろき,円丸,楽輔,Wモアモア,,茶楽,桃太郎(お仲入り),柏枝,北見マキ,夢太朗,右紋,うめ吉,(主任)小柳枝
▲浅草演芸ホール12月中席(昼)(~20日(木))
さん弥/麟太郎,一九,ホンキートンク,はん治,さん吉,美智,小里ん,川柳,のいる・こいる,志ん輔,扇橋,和楽社中,吉窓,さん喬(お仲入り)三三,順子・ひろし,権太楼,金馬,小菊,(主任)市馬
▲浅草演芸ホール12月中席(夜)(~20日(木))
朝也/一之輔,白酒,世津子,円太郎,圓蔵,元九郎,勢朝,志ん橋,正楽,雲助(お仲入り)柳朝,ゆめじ・うたじ,正朝,志ん五,ペペ桜井,文楽,仙三郎社中,(主任)一朝
▲池袋演芸場12月中席前半(昼)(~15日(土))
円満,健二郎,とん馬,南なん,今丸,助六,遊三(お仲入り)京太・ゆめ子,金太郎,円,扇鶴,(主任)小南治
▲池袋演芸場12月中席前半(夜)(~15日(土))
可龍,新山真理,鯉朝,円輔,ナイツ,講談交互出演(お仲入り)夢丸,笑遊,歌春,正二郎,(主任)陽子(11,12,13,14)/紫(15)
▲月例三三独演[前売完売・当日券無]@内幸町ホール
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「日本にすむ動物たち」「動物の足さばき」

●12日(水)
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・ 第27回ミュージアムセミナー「一つの風土・二つの世界~星野富弘・相田みつを展の見どころ~」 @相田みつを美術館
・浮世絵版画展示ガイド@東京国立博物館
・樹木ツアー@東京国立博物館
▲柳家紫文独演会@焼鳥ちゃぼ(早稲田)
▲立川志の吉独宴会!その五十@StudioFOUR

●13日(木)
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館

◆14日(金)
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・企画展「日本彫刻の近代」ギャラリートーク@東京国立近代美術館
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・ミュージアムトーク@江戸東京博物館
「大正・昭和の都市生活」
・考古展示室ガイド@東京国立博物館
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・「夕刊フジ平成特選寄席」
出演:市馬,志らく,談笑,彦いち
@赤坂区民センター
▲東京落語会(第582回)@イイノホール
▲渋谷東横落語会(第7回)@セルリアンタワー能楽堂
▲柳家小三治独演会@銀座ブロッサム
▲平成特選寄席(第9回)@赤坂区民センター
▲志の吉の「シブヤ落語」レイトショー10@シアターD
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「滅びゆく動物たち」「小獣館の動物」

●15日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「地衣類の不思議」「日本の天球儀」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・出品作家によるアーティスト・トーク 東亭順@目黒区美術館
・「文学の触覚」@東京都写真美術館(~2008年2月17日(日))
・「海の男のギャラリートーク~奇跡の船“宗谷”」@船の科学館
 滋野千秋「砕氷能力の実態,発破作業」
・ノーベル賞化学者からのメッセージ~白川英樹博士×実験工房~@日本科学未来館
・ウィークエンド・カフェコンサート 第36回「クリスマスソング ~ミュージックベルの響き~」@日本科学未来館
・月例講演会 神護寺の肖像画をめぐるいくつかの問題@東京国立博物館
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・樹木ツアー@東京国立博物館
・映画「 エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」「ダーウィンの悪夢」@新文芸坐
・ラグビーTOPリーグ リコーブラックラムズvsNECグリーンロケッツ@秩父宮
・ラグビーTOPリーグ 九州電力キューデンヴォルテクスvsヤマハ発動機ジュビロ@秩父宮
▲朝日名人会(第75回)[完売御礼]@有楽町朝日ホール
▲三平堂落語会(第100回記念)@ねぎし三平堂
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「動物たちの食べるもの」「日本にすむ動物たち」

●16日(日)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「カメムシあれこれ」「日本人の頭蓋携帯の時代的変化とその要因」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・トーク・イベント(前田昭博×今井陽子)@東京国立近代美術館工芸館
・ファミリープログラム「クリスマス・プレゼント」@ブリヂストン美術館
・出品作家によるアーティスト・トーク 鈴木康広・源生ハルコ@目黒区美術館
・浮世絵版画展示ガイド@東京国立博物館
・考古展示室ガイド@東京国立博物館
・映画「クィーン」「善き人のためのソナタ」@新文芸坐(~17日(月))
・「楠美津香LSD ひとりシェイクスピア 超訳リア王」
ヒトが生まれてきた時,泣くのはね,ひきずりだされて悲しいからなワケですよ。
@横浜人形の家 あかいくつ劇場
・「それぞれの『掛け取り』」(~17日(月))
出演:柳亭市馬,三遊亭白鳥,柳家喬太郎
@国立演芸場
 チケットは完売
▲池袋演芸場12月中席後半(昼)(~20日(木))
遊馬,やなぎ南玉,柳太郎,円馬,小天華,雷蔵,遊三(お仲入り)京太・ゆめ子,春馬,寿輔,扇鶴,(主任)遊雀
▲池袋演芸場12月中席後半(夜)(~20日(木))
夢吉,新山真理,米福,夢太朗,コントD51,講談交互出演,夢丸(お仲入り)笑遊,歌春,正二郎,(主任)紅(16,17,18)/紫(19,20)
▲ガイドツアー@恩賜上野動物園
「森でくらす動物たち」「鳥たちの世界」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「joyの家族社会学」 第18回

10月教材 by 喜多川豊宇 「ブラック・パワーの社会学」,95年10月19日付

 ポストも・モダン社会は,エスニシティ(ethnicity:民族性)がキーワード。アメリカは一つの家族になれるか?

(1)捌かれたロス市警察
 10月3日午前10時,ロス上級審 無罪判決
 10月4日 ロスアンジェルス・タイムズ 大特集「人種と判決」:白人警官*黒人
  判事:ランス・イトー(日系人)
  12名陪審員 男性2,女性10;黒人9,白人2,ヒスパニック1

(参考)
 裁判所が選んだ12名の陪審員が有罪・無罪を決定。
 全員一致が原則
 選挙人名簿か運転免許登録簿から定員の数十倍を無作為に選び,面接して絞る。
 その地域の人種,宗教,性別,職業などを反映

 O.J.シンプソン(48) 黒人アメリカンフットボールプレーヤーで,スーパースター。Mr.U.S.A。引退後俳優へ転身。
 1994年6月 2年前に別れた白人前妻ニコール(35),同ボーイフレンド(25)の殺人容疑

争点:
 人種偏見に満ちたファーマン刑事が令状もなしに見つけた証拠「白人刑事のやり方は,ヒトラーのホロコーストと同じだ。」
 弁護団。ロス社会の日常の根深い人種偏見とロス市警が裁かれる。
 アメリカ国民の半数以上が無罪評決に納得せず。

ユニバーサル・スタディオ メキシコ料理ウエートレス キャリーさん
「断然,有罪よ。人種問題を絡めているわ。」
K女子短大アメリカ人講師(白人)
「日本はオウム,アメリカはシンプソン裁判,もちろん有罪さ。」

判決の伏線
1992年春,ロス暴動 放火・略奪・銃撃戦
交通違反黒人ロドニー・キング氏を白人警官4人がめった打ち。
全米に事件シーンがビデオ放映
ロス郊外州地裁陪審(白人10,非白人2) 無罪判決


(2)アメリカ黒人ワシントン100万人行進開始 Million Man March
 O.J.シンプソン(48)無罪評決で黒人の権利意識高揚
 「大統領選へ力誇示」 10月16日
 イスラム教黒人急進組織 Nation of Isram:N.O.I lead by Louis Farrkhan
 白人からの孤立,反ユダヤ主義:過激な人権分離主義
 "black suckers" Jews,Koreans others who open businesses in minority communities and take the profits elswhere
 「黒人男性が黒人社会と家族への責任感を示し,自らに対する否定的なイメージをくつがえすために」ファラカン師提唱
 ファラカンを大統領に! 1996年 大統領選
 投票登録をしていない黒人 800万人 新たな黒人票


(3)パウエル将軍は救世主か? アイゼンハワーの再来

 ジャマイカ移民の子 コリン・パウエル 湾岸戦争の英雄
 アフリカ系欧州人:茶色キングストン人(イギリス女王から白人の権利)
 CF:ラスタファリン(アフリカへの精神復帰を訴えるジャマイカ黒人)
 水で薄めた黒人 白人社会に身を置くイエス・マン!

 多民族社会アメリカ:人種に関する一定の定義,概念なし
 自然人類学者「生物学的な人種の存在を信じていない。」

 「アフリカ人,イングランド人,アイルランド人,スコットランド人,ユダヤ人,インディオ」の血が流れていることを認知。
 パウエル氏の肖像:コンピュータで様々な人種の顔を合成するとできる?
 パウエル氏「私たちはアメリカを一つの家族と考え始めなければならない」
 アメリカを一つの家族:人種間の結婚増加
 黒人*白人の結婚 1980年比78%増加

【課題】
 あのS.スピルバーグ監督 刑事コロンボ「構想の死角」鑑賞
 犯人フランクリン,コロンボ刑事をWASP(White Anglo Saxon Protestant),カトリック系Latinosの観点から比較し,アッパー・ミドルの白人層とプア・ホワイトの階層性を論ぜよ。
 参考:家族,服装,言葉,住居,車,生活水準,ひとあたり,教養など

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20071117 旧古河庭園

Ca330657
 07/11/17
 旧古河庭園

 地震の科学館,東京ゲーテ記念館を見学した後,本日のメインイベントのひとつ,旧古河庭園の紅葉の進み具合を確認しに行ってきた。

 まだ,紅葉は始まったばかり。秋口の気温が高かったため,紅葉は遅れそうだ。都内での紅葉狩りは12月でないとダメかもしれない。来年,月ごとの目標づくりの際は考えよう。
 秋バラはまだ見頃のものがある。何かきれいなものはないかと,探して見つけたのがこれ。
Ca330658
 マリア・カラスという品種のバラだそうだ。園芸に弱い私には,言われてもピンと来ない。
 ま,きれいだね,くらいか。
 洋館の見学に潜り込めないかと覗き込んだが,この日は世間も休日。無理。13時~の回に出くわしたが,満員御礼だった。今度は平日に潜り込むとするか。

 洋館から,洋風庭園を過ぎ,階段を下りると日本式庭園が。こちらも風情がある。旧古河庭園は,洋風と和風の二種類の庭園が味わえるので好きだ。
Ca330659
 日本庭園には,かろうじて1本,色づいている木があった。写真を撮ったが,ここはこれで勘弁して欲しい。
 さぁ,次は,もう一つのお目当て,六義園だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Feria】第108回ワイン会の報告

 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)。
 ワイン会の案内をするのを忘れていたので,ご報告を。

=================================================================

第108回ワイン会
日時:2007年12月5日(水)19:00~
会場:フェリア(といっても六本木でも湯島でもない)
会費:5,000円

=================================================================
テーマ:2007年忘年会

 今年もワイン会の参加,ありがとうございます。
 本年の最後のワイン会は,都合により,12月5日にさせていただきます。
 例年,パーティー形式で,マグナムやWマグナム等の大きな瓶を開けています。
 今年もマグナムを開けます。お楽しみに!!
 また,くじ引きにて,豪華?景品(もちろんワインです)の抽選会を行いました。

出品ワイン
Ca330690

=================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20071012 今日飲んだお酒

Ca330610

 まだまだ10月の酒を紹介している(汗
 日本酒の店で,これは飲んでいないだろうと思っていたが,実は飲んでいた(汗
 自分の記憶の曖昧さを痛感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,JFL→J2,ロッソ熊本・FC岐阜がJ2へ[12/3]

 12月3日(月),Jリーグは臨時理事会を開き,JFL2位のロッソ熊本,同3位のFC岐阜のJリーグ入会承認した。来季から両チームはJ2に加入する。
 両チームはJFL4位以内という入会条件をクリア,経営面や施設の改善等にもある程度のめどが立った。

 また,来季からJ2は15チームとなり,4回戦総当たりから3回戦総当たりに変更される。

 となると,来季のJFLが気になる。
 ちょうど,12月2日(日)まで,全国地域リーグ決勝大会 決勝ラウンドが行われ,昇格チームが決定した。
 最終順位は以下のとおり。
1位:ファジアーノ岡山 →JFL自動昇格
2位:ニューウェーブ北九州 →JFL自動昇格
3位:FC Mi-OびわこKusatsu →JFL自動昇格※
4位:バンディオンセ神戸
※3位FC Mi-OびわこKusatsuは,ロッソ熊本およびFC岐阜がともにJ2へ昇格したため自動昇格。

 ファジアーノ岡山とニューウェーブ北九州はJリーグを目指すチーム。ようやく,地域リーグから"J"のつくリーグへ上がってきた。

 Jリーグは,2010までにJ2を18チームに増やそうとしている。今回2チームがJ2入りしたが,何度となくJリーグ事務局から指導を受け,経営面の改善を行ったり,施設の改修のために努力をしてきた。それが実った形だ。
 Jリーグは,今までチームの経営危機に陥った場面を何度となく見てきた。それ故に,これ以上の経営危機やチーム消滅の場面を見たくないはずだ。だから,Jリーグ加盟した2チームについても,性急にJリーグ入りさせたのではなく,経営面についてしっかり見極めて加盟させた,ということを切に望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J2-52[12/1]

 12月1日(土),サッカーJ2第52節が行われた。

 札幌が勝利し,東京Vが引き分けたため,札幌がJ2優勝,東京Vが2位で自動昇格。
 引き分けた京都は,J1第16位の広島との入れ替え戦に回る。
・札幌 2-1 水戸
・仙台 2-0 徳島
・草津 1-1 京都
・C大阪 2-2 東京V
・愛媛 2-1 湘南
・福岡 1-3 鳥栖

 また,東京Vのラモス監督が今季限りでの退任,エグゼクティブディレクターへの就任することとなった。後任監督には元日本代表DFの柱谷哲二コーチが昇格する。
 昇格させたラモスがなぜ退任?と疑問に思ったが,経営面で彼のバックアップが欲しいというフロントの思惑からだ。ラモスが営業で頭を下げれば,スポンサーもつきやすいだろう。また,少し休憩して,また監督復帰と言うこともできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-34,結末は劇的に[12/1]

 12月1日(土),サッカーJ1第34節が行われた。

 試合結果は以下のとおり。鹿島が勝ち,浦和が負けたため,優勝は鹿島に。
 この試合結果を見たときは驚いた。鹿島サポの同僚の顔が思い浮かぶ。
 また,降格は横浜FC・甲府が自動降格,広島がJ2第3位のチームと入れ替え戦に回る。


・鹿島 3-0 清水
・大宮 1-1 川崎F
・千葉 0-2 名古屋
・横浜FC 1-0 浦和
・甲府 0-1 F東京
・新潟 0-2 大分
・磐田 4-0 柏
・神戸 0-0 横浜FM
・広島 2-2 G大阪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-33優勝決定は最終節へ持ち越し[11/24]

 11月24日(土),サッカーJ1第33節が行われた。

Stadium 07-25
・F東京 1-2 大宮
@味の素スタジアム

 個人的には大宮にJ2へ落ちて欲しいと思っていた。というのも,首都圏のチームからJ2のチームが無くなると,見に行きたくなったとき,辛いものがある。横浜FCの三ツ沢球技場くらいなら,ギリギリ行けるが,湘南ベルマーレの平塚となると,もう旅行だもんな。
 そんなとき,大宮サポには申し訳ないが,大宮が降格争いをしているとなると……。ちょっと期待していた。

 しかし,私の邪(これで「よこしま」と読むのか)な考えを打ち砕くような結果。レアンドロをあんなにドリブルさせたのは誰だ。
 と怒ってみたがダメ。優勝も,ACL出場権も,降格も関係ないチームには何もやる気がないのだろうか。


 その他の試合結果は以下のとおり。浦和に急ブレーキがかかった。優勝は最終節に持ち越し。
・浦和 0-1 鹿島
・柏 2-1 甲府
・川崎F 3-0 広島
・横浜FM 1-0 新潟
・清水 2-2 千葉
・名古屋 0-0 横浜FC
・G大阪 1-1 神戸
・大分 1-0 磐田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】From the Pitch,J1-32[11/18]

 11月18日(日),サッカーJ1台32節が行われた。

Stadium 07-24
・F東京 1-1 G大阪
@味の素スタジアム
 前半終了間際,マグノ・アウベスが1点を勝ち越しハーフタイム。ひょっとしてこのままG大阪が勝つのではないかと頭によぎった。浦和が優勝するのはどうものあぁ……,でも東京が負けるのも見たくないし,複雑な気持ち。
 後半19分,茂庭が一発退場。やらなくてもいい反則をする。怪我が明けてからの茂庭は,なにか試合にしっくりと入っていかない。
 しかし,一人少なくなった東京はなぜかボールが上手く回るようになっていく。そして,ルーカスが1点を取り,同点のままタイムアップ。G大阪の優勝の望みが……。
 東京としては,そこそこいいゲームだった。しかし,同点に追いつくときの攻撃がなぜシーズン序盤からできない。それだけが気になる。

 その他の試合結果は以下のとおり。
・鹿島 1-0 柏
・浦和 0-0 清水
・甲府 0-0 大宮
・磐田 1-3 川崎F
・広島 1-1 神戸
・千葉 2-3 横浜FM
・横浜FC 0-2 新潟
・大分 1-3 名古屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Big Wed】北京五輪へ野球アジア予選,「向こう30年,日本には手を出せないと思わせたい」

 一週間の気になるスポーツニュースをピックアップ,【Big Wednesday】。
 まず最初は,12月1日~3日に行われた,北京五輪予選を兼ねた,アサヒスーパードライチャレンジ アジア野球選手権2007の話題から。

 直前まで,というか,2日の韓国戦まで,こんなに苦しい大会になるとは予想だにしなかった。
 勿論,テレビなどのメディアに踊らされた感もあるが,韓国戦は手に汗を握った。

 試合開始直前,オーダー表から奇襲を行う韓国。事前に日本(代表チームもテレビ局も)知らされているものとは違うオーダー。
 韓国のあのやり方では,まずい。例え,韓国は負けても勝っても非難される。
 韓国が勝った場合,「奇策のオーダー表で勝った。」と日本から揶揄されるし,後々問題がこじれる。
 韓国が負けた場合,「せっかく奇襲オーダー表作戦を使っても負けた。」と罵られる。ルール上は問題ないかもしれないが,結局,どちらに転んでも,言われるのだ。だったら,正々堂々とオーダー表を提出し,勝てばいいし,負けても潔いとくる。なぜ,そうしなかったのか,疑問が残る。

 そして,実際の試合,韓国はギリギリのところまで追いつめるが,結局は勝てなかった。
 表題の台詞は,昨年(2006年),ワールド・ベースボール・クラシックで,イチローが言った台詞。

 「向こう30年,日本には手を出せないと思わせたい」

 せっかくの奇襲オーダー表作戦で出た韓国。このイチローの台詞ではないが,ひょっとしたら,「向こう30年,日本には手を出せない」チームになってしまったのではないだろうか。
 少なくとも,私はそうなって欲しいと思う。
 いくらあがいても,韓国が日本に勝てない。

 ま,そんなことは夢かもしれないが。

 ちなみに,試合結果は以下のとおり。
12月1日(土)
 台湾 2-5 韓国
日本 10-0 フィリピン
12月2日(日)
 フィリピン 0-9 台湾
韓国 3-4 日本
12月3日(月)
 韓国 13-1 フィリピン
台湾 2-10 日本

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京ウォーキングマップ「街のコラム/市ヶ谷」

N「裏道,寄り道,回り道
 小さな路地の先には,大きな一瞬が待っている。
 ポケットの中を空っぽにして歩いてみよう。
 何かが見つかる,そして,街が見えてくる。」

 今日の東京ウォーキングマップ,「街のコラム/市ヶ谷」(放送日:07/11/25)
 (なお,番組中,いくつかのお店,博物館等の問い合わせ電話番号や商品の値段が表示されているが,ここでは省略。)
 今日の散歩師:亀和田武(作家・コラムニスト)『人ったらし』文藝春秋刊

スタート 市ヶ谷駅
 ↓
・防衛省
 市ヶ谷台見学ツアー 月~金 要予約
 市ヶ谷記念館
 旧陸軍士官学校1号館の一部と大講堂を組み合わせて移築復元された。
 大講堂
 昭和21年5月~23年11月,極東軍事裁判(東京裁判)の法廷として使われた。
 前陸自東方総監室
 1970年11月25日,作家三島由紀夫が「楯の会」のメンバー5人と立て籠もり,割腹自殺を遂げた部屋。
 「バルコニーで演説する三島由紀夫」の写真
 三島由紀夫が日本刀で斬りつけたときの刀傷
 『平凡パンチの三島由紀夫』椎根和著(新潮社)
 平凡パンチ編集部時代は三島由紀夫の担当記者。その後,『POPYE』,『Hanako』などの編集長として活躍。
 陸自市ヶ谷駐屯地時代の旧1号館の写真
 ↓
・四谷4丁目(旧永住町2番地)付近
 『仮面の告白』1949年,河出書房から刊行された,初の書き下ろし長編小説
 ↓
・大日本印刷 → 外堀通り → 千代田区立番町小学校
 ↓
・元 吉行あぐり美容室
 美容室内の淳之介さんとあぐりさんの写真(昭和49年頃)
 前身の「山の手美容室の写真」(昭和4年開業)
 『淳之介流-やわらかい約束』村松友視著(河出書房新社)
 ↓
・市ヶ谷フィッシングセンター
 で,ゴール

今日のお土産
ピクルス王子携帯ストラップ@防衛省共済組合売店

by TD

★今日の感想
 今回のテロップ,元号表示と西暦表示がバラバラ。どちらかに統一感を持って欲しい。
 来週(12月2日)は都合により(録画し忘れ),休載。申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ゲーテ記念館

Ca330656
07/11/17
東京ゲーテ記念館

 地震の科学館を見学後,西へ進路を取る。
 紅葉狩りなら進路を東で旧古河庭園だが,私は西へ。
 もう一つの博物館・記念館,東京ゲーテ記念館へ。

 ここは,年に何度か長期休業する。また開館期間中でも日曜休館する。したがって,訪問する際は,事前に下調べが必要。

 入館すると,左手奥に受付がある。高齢のご婦人が出てきて,
「お名前だけいただいていますのでお願いします。」
 と名刺大のカードを差し出した。ここに名前を書け,という。

 名前を書き,展示場内へ。この時期は,「ファウスト」の特集展示。さまざまな「ファウスト」に関する展示がある。
 1960年代,「ファウスト」を芝居にした劇団があった。その中で市原悦子が魔女役で出演した記録があり,彼女の演じる役の姿の写真が。
 見ると全裸……,に見えるよう全身タイツに裸の図柄。去年の紅白の何十年も前から,全身タイツ全裸はやっていたのだ。去年の紅白ごときに騒いではいけない。

 その他,興味深かったのは,手塚治虫と「ファウスト」の関係。手塚は,「ファウスト」を計3回,漫画化している。
 1回目は1950年代。文字通り,「ファウスト」を漫画化したが対象は子ども向け。漫画家として徐々に売れ始めた頃,昔ながらの丸っこいキャラクターで「ファウスト」を描いた。
 2回目は1970年代初め。ちょうど,虫プロダクション倒産前後の頃。世の中は漫画から劇画へシフトしている中,手塚の漫画が飽きられた頃。手塚は「百物語」と題して,日本の戦国時代を舞台に,「ファウスト」を展開していった。
 そして,3回目。晩年,「ネオ・ファウスト」として描いた。絶筆により未完。まさに,人生の最期に取り上げた作品。
 節目にあたる時期,手塚が「ファウスト」を描いているような錯覚に陥った私。20代から80代まで60年間かけて執筆したゲーテに重なるような気もする。

 展示空間は狭いが,むしろ,空想は広がった。そんな時間を過ごした,東京ゲーテ記念館だった。
(くれぐれも「東京ゲーテ博物館」ではないので注意。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震の科学館

Ca330655
07/11/17
地震の科学館

 先日の記事でも書いたが,この日,紅葉狩りに都内を散策することに。
 とはいうものの,まだ11月の中旬,紅葉の期待はできない。せめて空気だけでも,と散策を開始。

 この日のルートは,JR上中里駅から南へ下りながら庭園2箇所と博物館・記念館を2箇所巡るルート。
 で,最初の目的地がこの地震の科学館。
 地震の科学館は北区の防災センターに併設された地震に関する科学館。
 とはいうものの,展示そのものはかなり古い。あいにく,昼休みの時間帯に訪問したため,地震体験者等の体験設備は昼休み中。展示だけをするっと見学しておしまい。

 受付にいた男性は消防士のようだ。特にやることがないから,受付で新聞を広げていた。
 受付で新聞を広げているのを経験したのはこれで2回目。1回目は東京みなと館。もう,お役所仕事の中年男性は何をしているのか……。

 展示には金がかけられない分,救援活動に行った消防士さんたちが撮影した写真を展示してあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のアクセス解析

2007年11月26日(月) 227 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★ 
2007年11月27日(火) 254 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ 
2007年11月28日(水) 282 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★ 
2007年11月29日(木) 324 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★
2007年11月30日(金) 208 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★
2007年12月01日(土) 134 ★★★★★ ★★★★★ ★★★
2007年12月02日(日) 084 ★★★★★ ★★★

 先週は,二つの記事で,というか二つのテーマで,アクセスが急増した。
 一つは,訃報。私が10月に見に行った芝居,劇団空晴(からっぱれ)の女優,川下ともこさんが,タイで亡くなったのだ。
 テレビのニュースなどでは取り上げられたようだが,私は機会を逸してしまった。直後に防衛省,守屋前次官が逮捕になったのでマスメディアはそちらに流れていった。

 まだ,旗揚げしたばかりの劇団。第1回公演を無事に終えたばかりなのに。
 旗揚げ公演,彼女は三人兄弟,いや,女性を含むから姉弟?まぁ,いいか。三人姉弟の姉を演じていた。舞台が始まってから出ずっぱり。ずぅっと座ったままで,しかも無言。"?"と思ったら,ラスト,その仕掛けが分かった。なるほど,そう言うことだったのか。

 そう,以前の記事で,この劇団に「文七元結」をやって欲しいと書いた。
 その話でも。
 この劇団,岡部尚子 上瀧昇一郎 平本光司 川下ともこ 小池裕之の5人しか劇団員がいない。小さな劇団である。しかし,それぞれに個性のある俳優陣。見ていて,「文七元結」に出てくる面々に見えてきた。

 岡部尚子さんは,左官の長兵衛の後添いの妻,お兼と,佐野槌(さのつぢ)の女将さんのダブルキャストが良い。どちらも,彼女の「関西のおばちゃん」キャラを生かして欲しい。
 上瀧昇一郎さんは,言わずとしれた,左官の長兵衛。関西劇団の役者なのに,江戸っ子気質を演じられそうだ。出した五十両を引っ込められずにそのまま無理矢理渡す芝居が目に浮かぶ。
 平本光司さんには,文七をお願いしようか。それとも,小池裕之さんの方がいいかな。
 川下ともこさん,左官の長兵衛の娘,お久をお願いしたかった。「お父っつぁん。」と行儀正しく,佐野槌で長兵衛に挨拶する姿が見たかった。

 小さな劇団に,時代劇をやらせるのは難しいとは思った。小道具などそろえるのにお金がかかるから。で,考えたのが,五人分の座布団を舞台上横一列に並べ,俳優陣は浴衣で登場。落語よろしく,扇子と手ぬぐいで演じたら面白いだろうなぁ,とも思った。小道具が少ない分,俳優の演技力が問われるが,劇団空晴のこと,何とかなるだろう。

 いつの日か,この芝居が見たかったのに……。

 現在,劇団のホームページや俳優のブログは閲覧ができない。中には閉鎖されたものもある。事件のニュース直後,亡くなった川下さんのブログの記事が報道されるので,彼らが記事を削除したのだろう。

 インターネットが発達した現在,何か事件があると,ネットで検索,特定のサイトに集中することがよくある。サイトによっては書き込みができるので,サイトが炎上することも。セクシャル・ハラスメント(セクハラ),パワー・ハラスメント(パワハラ)ならぬ,ネット・ハラスメント(ネトハラ)とでも言うべきか。


 もう一つ,アクセスが増えたのは,「【Big Wed】W杯バレー,トップを鍛えるだけでなく」。ちょうど,ワールドカップ男子が行われいる時の記事。タイムリーな話題のせいか,アクセスが多かった。ある意味,訃報記事を忘れさせてくれるくらい多かった(というか,本当に一過性のアクセスだった。)。

 週末には落ち着いてきたアクセス。もう少し地道にブログを運営していくことにしよう。身分不相応なアクセスは,ちょっと……。

 今週もご愛読感謝。そして,合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繭から10

Ca330653
Stage 07-21

07/11/07
繭から10
しもきた空間リバティ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★

一行批評(にはとても収まらないが)
「『繭から』,足かけ3年のStageも今回,第10回をもちまして終了。大団円というほどまではいかない,三十数名の観客。私はてっきり満員御礼になるのかと思っていた。しかし,この二人が売れてきたがために,この『繭から』の告知が十分できなかったのではないだろうか。
 帰宅後,ポストには絹産業から『繭から』の告知の手紙。……手紙の発送が遅れたのね。
 売れてきたのだから,今までの繭から飛び出すのも悪くない。

 で,今まで,この『繭から』10回開催中,半分の5回見た,私の感想。
★立川志の吉さん
 最初の頃から,コンスタントに出来不出来の波がないのが特徴。そつなくこなしている感じもするが,フリートークは苦手なようだ。段取り通りいかないと,慌ててしまう。今回の『繭から』では,地道ながら成長した模様。
★神田京子さん
 最初の「繭から1」では,古典講談をビシッと決め,潜在的能力を見せつけてくれた京子ちゃん。これは,と思い,気にはしていた。国立演芸場での定席でも,天性の『華』を持つところを見せてくれた。
 が,ある時を境に急に伸びが止まった。古典もかむ回数が増えたし,新作も練りが不足している。理由は分かるんだけど,理由を言ってはいけないのが,芸の厳しいところ。
 でも,悪いことばかりではない。ラジオなどのレギュラーが多いせいか,相手がある場合のフリートークではガンガン行ってくれる。それはラジオで鍛えた成果か。

 とにもかくにも,彼・彼女たちにとって,ひとつの舞台が幕を閉じた。これからの飛躍に期待したい。
 できれば,『絹』で凱旋公演でもいかがか。そこまでいくには,もう少し修行が必要だが。」

(参考)今まで見てきた「繭から」
「繭から1」
「繭から2」
「繭から5」
「繭から7」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【来週何スル?】12月3日(月)~9日(日)

 少し落ち着いた。落語・演芸を中心に少し補強した。ま,行けるかどうかは別にして。

●3日(月)
・国立競技場における「FIFAクラブワールドカップジャパン2007」の開催のため,博物館及び図書館を臨時休館@秩父宮記念スポーツ博物館(~14日(金))
▲ビクター落語会~蓄音機の犬~DVD発売記念大感謝祭[完売御礼]@紀伊國屋サザンシアター

●4日(火)
・「目黒の新進作家-七人に作家,7つの表現」(2008年1月13日(日))
・「北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」@江戸東京博物館(~2008年1月27日(日))
・列品解説「私撰集の古筆」@東京国立博物館
・「立川志らべ二つ目昇進記念祭り!」
出演:志らく,喬太郎,ミッキー亭カーチス,志らべ
@角筈区民ホール(西新宿)

●5日(水)
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・浮世絵版画展示ガイド@東京国立博物館
・樹木ツアー@東京国立博物館
・THE GEESE ラバーガール合同ライブ「スモールシューズプラネット」@北沢タウンホール

●6日(木)
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
▲浅草演芸ホール12月上席後半(昼)(~10日(月))
花丸,歌六,米多朗,南なん,八重子,助六,栄馬,コントD51,鯉昇,歌春,スミ,笑三(お仲入り),笑遊,京太・ゆめ子,可楽,鶴光,今丸,(主任)歌若
▲浅草演芸ホール12月上席後半(夜)(~10日(月))
花助,美由紀,遊史郎,平治,健二,寿輔,陽子,ひでや・やすこ,遊三(お仲入り)伸治,ぴろき,蝠丸,雷蔵,東京ボ-イズ,茶楽,喜楽,(主任)伸乃介
▲古今亭志ん五独演会@日暮里サニーホール
▲神楽坂毘沙門寄席菊之丞の会(第9回)@毘沙門天善国寺

◆7日(金)
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・ギャラリートーク@ブリヂストン美術館
・ミュージアムトーク@江戸東京博物館
「大正・昭和の都市生活」
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・JBL トヨタ自動車アルバルクvs日立サンロッカーズ@代々木二
・「負け犬の遠吠えvol.17」(~8日(土))
出演:ダメじゃん小出
@内幸町ホール

●8日(土)
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「箱に入った魚たち」「人類進化研究の動向」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・企画展「日本彫刻の近代」パネル・ディスカッション@東京国立近代美術館
・ギャラリー・トーク@東京国立近代美術館フィルムセンター
 語り手:大野裕之氏(チャップリン研究家)
・出品作家によるアーティスト・トーク 屋代敏博・石川直樹@目黒区美術館
・特別展「北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」 関連講座@江戸東京博物館
・「海の男のギャラリートーク~奇跡の船“宗谷”」@船の科学館
 佐々木昭人「宗谷の通信設備,宗谷と基地との通信」
・企画展 『地下展 UNDERGROUND』関連イベント 地下の達人に訊く!その3 「西岡巌・領家邦康」@日本科学未来館・藤原真理 チェロコンサート@東京国立博物館
・本館ハイライトツアー@東京国立博物館
・法隆寺宝物館ガイド@東京国立博物館
・映画「ムーラン・ルージュ」「魔笛」@早稲田松竹(~14日(金))
・映画「PEACE BED アメリカ vs ジョン・レノン」公開
・ラグビーTOPリーグ クボタスピアーズvsリコーブラックラムズ@秩父宮
・ラグビーTOPリーグ 三菱重工相模原ダイナボアーズvs東芝ブレイブルーパス@秩父宮
・第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦 サガン鳥栖vsFC東京@丸亀
・「はだかの王様LIVE Vol.4」
出演:松崎菊也,すわ親治,石倉直樹
@三宅坂ホール
▲うめ吉コンサート@千葉市市民会館

◆9日(日)
・ボランティアフェスタ@国立科学博物館
・研究者によるディスカバリートーク@国立科学博物館
「昆虫たちの擬態の不思議」「鉱物展示について」
・ガイドツアー@恩賜上野動物園
・ファミリープログラム「クリスマス・プレゼント」@ブリヂストン美術館
・出品作家によるアーティスト・トーク 野村恵子・瀧健太郎@目黒区美術館
・東京のウィッシュ・ツリー(願かけの木)@東京都現代美術館
・浮世絵版画展示ガイド@東京国立博物館
▲三遊亭遊雀勉強会"師走会"@お江戸日本橋亭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHiKO

Screen 07-25

07/09/14
SHiKO
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ

評価は(★10個で満点)
★★★★★ ★★

一行批評
「スミマセン。鑑賞映画をチェックしていたら,この作品が漏れていた。今回はアメリカガッシュ合衆国の医療問題を取り上げたマイケル・ムーア監督。今までの戦争や暴力のような派手さはないが,徐々に見ている側にしみこんでいく佳作。それと同時に,日本における高齢者の介護や医療問題にもそのまま当てはまりそうな内容には,背筋が凍る思いも。」

 TOHOシネマズでは,毎月14日は誰でも1,000円で見られるサービスデーとなった(2008年8月14日まで期間限定)。
 今回はそのサービスデーに鑑賞。しかし,その後TOHOシネマズには行ってない(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月の目標,その後

 早いもので今年も残り1ヶ月。でもって,今日は「映画の日」。そういえば,今年は見た映画の本数が減ったなぁ,なんて思いながらの先月の目標を振り返る。

■11月:「(見頃とは関係なく)紅葉狩りに行こう」

 最近,11月でも紅葉になっていなかったりする。ちと心配。

 これは,何とかクリアー。どこへ行ったかは,近々このブログでアップする予定。お楽しみに。

 で,今月の目標はと言うと……。

■12月:「落語を聞こう」

 寄席で「芝浜」を聞いてみたい。

 嬉しいことに,12月中席夜の部は,全てトリが「芝浜」を演じるというプログラム。まさに,私のための企画ではないか。これは行かなきゃ損々。トリを務める落語家は,扇遊さんが中心だが,基本は日替わり。さぁて,誰の「芝浜」を見に行こうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »