« 20070909 アサヒビールの足元で | トップページ | 「joyの家族社会学」 第17回 »

20071019 東京国立博物館・常設展

Ca330627

07/10/19
東京国立博物館・常設展

 昨年,禁断の年間パスポートを購入してしまった東京国立博物館。
 今年はどうしようかと思った。他の博物館・美術館にしようか。国立科学博物館のリピーターズパスも気になるし,お気に入りのブリヂストン美術館もパスポートがあるという。

 と考えている間に,東京国立博物館のパスポートを購入してしまった。
 特に理由というものはないが,ネットオークションで,パスポート引換券が安く売りに出されていたので,つい,手が出てしまった。
 金額は,手数料送料込みで,値上げ(2006年10月にパスポートは値上げされた)前の値段より安かった(笑)

 ま,ここの博物館は季節ごとに展示換えがあるので飽きない。大人向けの展示なので,子どものはしゃぎ回る声に嫌気もしないし。

 で,この日は「大徳川展」をやっていたが,時間の都合であきらめ,常設展を中心に回る。
Ca330625
 常設展(日本館)の展示はこんな感じ。

 私が見てきたものは……
・本館特別2室では「特集陳列 寛永の三筆とその書流」と題し,書が展示してある(11月18日(日)まで)。
 寛永の三筆とは,本阿弥光悦(ほんあみこうえつ),近衛信尹(このえのぶただ),松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)の3人を言う。
・国宝室(本館2室)には,「秋萩帖(あきはぎじょう) 伝小野道風(おののとうふう)筆」が展示。
・「寸松庵色紙(すんしょうあんしきし) 伝紀貫之(きのつらゆき)筆」には,
「秋の月山べ
 さやかにてら
  せるは

 おつももみぢ
  のかずを
   みよとか」
 とある。短歌を色紙に書く場合五七五七七と,きれいに書かなくても良いのだな,と実感。
・「三代目市川高麗蔵(いちかわこまぞう)の志賀大七(しがのだいしち) 東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)筆」。写楽の絵は初めて見るかもしれない。
・本館16室はお気に入りの一つ。今回は「特集陳列 歴史を伝えるシリーズ 江戸をみる-徳川将軍家と江戸城-」と題し,江戸城に関わりのある品々を展示。
Ca330626
「御本丸城園中菊之御茶屋起絵図」,こんな風にミニチュアを作っていたとは,面白くて笑いそうになった。

|

« 20070909 アサヒビールの足元で | トップページ | 「joyの家族社会学」 第17回 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20071019 東京国立博物館・常設展:

« 20070909 アサヒビールの足元で | トップページ | 「joyの家族社会学」 第17回 »