« 20070713 そう言えば,鮎を食べた。 | トップページ | 【Monthly翔太】2007年11月 »

【ぐるパ07夏】その16+ 「館蔵 古地図展」@千秋文庫

Ca330585Ca330586

07/10/11
「館蔵 古地図展」
千秋文庫

 山種美術館の後は,同じ通り沿いにある,千秋文庫へ。
 ここ,日曜・祝日に休むという,ちょっとユニークな美術館。
 元々は旧秋田県藩主佐竹に伝わる古文書・古記録・模写絵などを保存・展示している。
 今まで何度かこの前を通ったことがあり,いつか訪れようと思ってようやく訪問。

 中は,ひっそりしていた。私を含め来館者は2名。館の職員は受付に2名。入館すると,1階だけでなく2階にも展示があると説明を受けた。
 古地図は,かなり古いもの。多くのものに虫食いの跡があったりする。

 ショーケースの中を覗くと,端っこにラーメン屋で瓶ビールを注文すると出てくる,小さなガラスコップがあった。中には水が張ってある。湿度を調整するための水か。って,かなり原始的だなぁ。見ると全てのガラスショーケースの中にガラスコップがあった。ここまでいくつもの美術館,博物館を見てきたが,ショーケース内にガラスコップがあるのは,初めてではないだろうか。

 2階へ上がると……。普通,美術館には監視員がいて,悪さする人を注意したりするものだが,この館内には受付の2人以外職員が見あたらない。これはすごい。まぁ,来館者が少ないからと言えば,それまでだが。
 そうそう,2階へ階段を上がり,展示室内に入ろうとすると,階段と展示室内との境の扉の分厚いこと。扉自体が防火戸よりも厚く,金庫の扉のよう。これにもびっくり。

 ざぁっと見て,次なる目的地へと急いだ。

|

« 20070713 そう言えば,鮎を食べた。 | トップページ | 【Monthly翔太】2007年11月 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ぐるパ07夏】その16+ 「館蔵 古地図展」@千秋文庫:

« 20070713 そう言えば,鮎を食べた。 | トップページ | 【Monthly翔太】2007年11月 »