« 【ぐるパ07春】その6+ 東京みなと館 | トップページ | 【ぐるパ07春】その7 日本科学未来館 »

「joyの家族社会学」 第10回

 今回は,いよいよ前期試験の問題発表。
 今までのノートを見て,果たして,問題が解けるか,私自身非常に悩んでいる。
 試験問題は,95年7月6日当時のものだ。その事象や現象等,現在と変わっているところもあるかもしれないがご容赦を。

 問題は全4問。
 持ち込みは一切不可。
【問題】
1.破綻主義と有責主義の違いを女性の自立の視点から自由に述べよ。(30点)
2.超高齢化社会を「生涯現役」の立場からどう捉えるか。(30点)
3.マドンナを素材にして,ユニセックスとバイセックスについて自由に論ぜよ。(30点)
4.映画「クレイマー・クレイマー」はなぜ,このようなタイトルがついたのか。(10点)


 採点に際し,5つのポイントも発表されている。
1.内容の把握力
2.構想の大きさ,視野の広さ
3.創造性,発想力,独創性
4.表現力,説明力
5.熱意


 ちょうど,来週は「【Monthly翔太】8月のお薦め」を紹介し,再来週は「7月の目標その後」をお届けする予定だ。その間,お時間をいただくことにしよう。
 実は,試験前に私が試験に向けて,問題の解答を考えた文章が残っていた。恥ずかしながら,その時の文章を8月の「joyの家族社会学」でお届けすることにしよう。

|

« 【ぐるパ07春】その6+ 東京みなと館 | トップページ | 【ぐるパ07春】その7 日本科学未来館 »

翔太だって社会学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「joyの家族社会学」 第10回:

« 【ぐるパ07春】その6+ 東京みなと館 | トップページ | 【ぐるパ07春】その7 日本科学未来館 »