« 【来週何スル?】7月9日(月)~15日(日) | トップページ | 先週のアクセス解析 »

【ぐるパ07春】その2 世田谷美術館

Ca330293

07/05/16
「世田谷時代1946-1954の岡本太郎 戦後復興期の再出発と同時代人たちとの交流」
世田谷美術館

 【ぐるパ07春】の2回目は,世田谷美術館にした。
 世田谷美術館を選んだ理由は,「プラスワン」として,川崎市立岡本太郎美術館で開催されている,岡本太郎の展覧会を選ぶことも,表参道の岡本太郎記念館を選ぶこともできたからだ。

 また,東京都現代美術館では,岡本太郎の「明日の神話」が期間限定で公開されている。こちらへのリンクすることも可能だ。いろいろと可能性が広がるのと,春の砧公園に行ってみたい気もあったからだ(それまで,私にとって砧公園というと"秋"のイメージが強いからだ。)。

 Ca330288
 で,用賀駅から例によって,石畳の百人一首を踏みしめながら,世田谷美術館へ。
 で,当然のごとく「崇徳院」の歌でパチリ。いや,別に落語の「崇徳院」を意識したわけでは……。

 公園では,子どもたちが楽しそうに遊具で遊んでいる。
 長閑な風景だ。
 私も一緒に遊ぼうかと思ったが,やめた。ちょっと恥ずかしい。
 ただ,最近の遊具は私が幼かった頃よりも,お洒落なものが多かったりする。お洒落な遊具を見ていると,つい,遊んでみたくなったりする。
 そういえば,千代田区の公園の遊具は,子供だけでなく,年配向けの遊具もあったなぁ。年をとって,体が動かなくなることを防ぐための遊具だろう。それはそれで,やってみたい気もする。

Ca330289

 入口。
Ca330292

 で鑑賞後の感想だが……。
 なんか,いまひとつ消化不良だ。
 というのも,世田谷時代の岡本太郎は,美術家だけでなく,文士などとも交流があり,雑誌を作っていたとのこと。
 だったら,わざと,文士などとの交流に着目し,この展示自体を世田谷文学館でやった方が目新しかったのではないか。
 「岡本太郎」in「美術館」という図式は,非常に単純な図式だ。
 しかし,「岡本太郎」in「文学館」とすれば,客は"?"と思う。そこを狙った方が受けたのではないか?

 この展覧会,私は前半のパリ時代から途中まではじっくり見ていたが,後半は,「文学館でやれば良かったのに」と考え続け,じっくり,鑑賞することができなかった。

Ca330300
●今日のお土産
 アンリ・ルソーの絵画にちなんだ金太郎飴。結構美味しい。

|

« 【来週何スル?】7月9日(月)~15日(日) | トップページ | 先週のアクセス解析 »

月イチあミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ぐるパ07春】その2 世田谷美術館:

« 【来週何スル?】7月9日(月)~15日(日) | トップページ | 先週のアクセス解析 »